『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
猪の季節が来たのか?
猪の季節

日々、朝夕は冷え込んで来るようになった!




動物達も山篭りの準備に入っているのかも知れない!





お墓に参ると、最近まで何事もなかった地所の周りが、掘り返されている。





猪の仕業?





猪は夜行性なのか、日中に見ることはないので、内心ホットしている。





日中に出くわそうものなら、どのように対処して良いのか正直分からない。





墓地所の周りなら、塩を撒く、除草剤を撒く、油を撒く、様々な対処方法もあるが、万一で出没に出くわしたら逃げるが勝ち





こうやって自然が人の生活を脅かしたりするのに、人為的に北朝鮮のように罪もない人を脅かして良いのだろうか?






金さんも、猪さんもお静かになさいませ!
【2017/10/12 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
生きてくれていて良かった!男泣きに感動した!
45日

9日次のような出来事があった!





『静岡県伊東市池の天城高原の別荘地内で7日正午ごろ、東京都足立区六月の美容師、福見悠さん(33)の長男で保育園児の怜輝君(4)が一緒に遊んでいた子供たちとはぐれ、姿が見えなくなった。静岡県警伊東署は事故に遭った可能性もあるとみて、8日朝から地元消防団などと付近の森などを捜索、同日夕に行方不明となった場所から北東に約300メートル離れた草むらで怜輝君の靴を発見した 』




 昨日、朝のテレビを観ていて救助した機動隊員の人のインタビューが放映されていた





ニュースの内容の話ではありません1




記者からの質問に『本当に生きて助かってくれて良かった・・・・』と



『私にも同じ頃の子供がいまして・・・』と泣き崩れてしまった。


とても人間味のある警察官だと私も感動した。

されど、世の中、警察官たる者が、文句をツイートする輩もいる!



母から聞いた話しがある。



町内会で福山の芦田川に潮干狩りに出掛けた、勿論、私達や姉妹も一緒に、そしてその時、同じ町内I君という子供が溺れた、男の人達が皆で手を繋いで川をゆっくり歩いて端から端へと歩く、そこで丁度私の父の足に、その子供さんが、引っかかり抱き上げた、既にI君は息絶えていた。


父は抱き上げたI君のおちんちんを見て、私と同じ年齢でもあり、私のことを思い号泣したそうだ!


何時も毅然としている父の、その人間らしい逸話を母から聞いて親の思いの凄さを感じた。


そんな子供の頃の、話を今回のニュースで思い出した。



涙した機動隊員さんの男泣き、誰がどんなツイーとをしようが、素敵だと私は思う。
【2017/10/11 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
会社では定年退職、町内に帰れば青年部!
2017秋祭
 毎年、この秋祭の時期になると同じようなことを書いてしまう。





昨年は、私共の町内では拙宅の組内が数十年に一度の当番と言うこともあり、私も神輿を担いだりさせて頂いた。





1週間程前から町内には注連縄が張り巡らされて、そして紙垂(しで)が付けられている。





収穫に感謝するお祭が近づいていることを教えてくれる。





街中を昨日車で走っていると、やはり神輿に神主様達はトラックの荷台に乗せられて、町内の人はマイクロバスで後ろを追いかけて街中を練り歩きならぬ、練り走り・・





神輿は担ぐものだと思うのだが、若者が少なく担ぎ手が不足していることもよく理解出来る。





分かっているが、少し寂しい気がする!





地方創生と叫ばれる昨今、町の祭に参加する為に帰省する人達に何らかの補助をしては如何だろうか?





故郷へ帰って来たいと思えるような街に私達が頑張って盛り上げていかなければならない!





故郷の祭の為に、お仕事、休暇をとるのも良いではないか?





還暦を迎えた私達が、若手と言われると少し残念・・・


会社では定年退職、町内に帰れば青年部という川柳もあったように記憶している!




そして、トラックではなく、若者皆で神輿を担ぎましょうよ!
【2017/10/10 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
烈蚊の如き
竹

 来週15日、例年のように暮萩の月見茶会がNPOみちてるの主催で尾道の山波の理事長の旧邸で開催される。





このお茶会は、近年、外国人留学生を招いて日本文化を広く世界にも伝える役目も果たしている。





そして、何よりも素晴らしいのはNPOのメンバー一人ひとりが手作りでお茶会を創っていく、茶席、点心席に、そして庭創りも皆で力を合わせて創っていく。





今日は男性のメンバーが点心席に通じるスロープの手摺を創りかえる為に竹薮に入って竹野に切り出しを行って、その後スロープの創り代えに挑んだ!





今年の秋は何時もより涼しいのだが今日は夏日を思わせるような一日、竹薮に入るなり、やぶ蚊の大群に襲われる・・・




この時期の蚊は、哀れ蚊と言って刺されると強烈に痒い・・





人の世に縁(よすが)を遺そうとしているのか・・哀れ蚊を叩いてはいけないと母親から教えられたこともあった。





それでも、今日の蚊は哀れ蚊でない!





烈蚊ではないか?




今日はフマキラーが大活躍!





そして、蚊から解放されて、スロープ創りに移った、メンバーの中に優秀な職人さんが何人もおられ、私も邪魔をしないようにお手伝い、竹と竹を繋ぐのに竹に穴を開けて、割り箸を釘代わりに使ってとめていく。





鉄の釘を使わない、まるで宮大工さんのようだ・・





一寸したお手伝いをさせて頂くなかで、普段の生活にも充分に役に立つような技を教えて頂けることは有り難い、蚊に刺された痒さ位なんてこと無い!





有難うございます!
【2017/10/09 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
秋のソルボフェア好評スタート
ソルボスニーカ

本日から天満屋福山店1階の婦人靴売り場、靴のナカムラに於いてスタートさせて頂きました、アキレス・ソルボのフェア、予想以上のお客様にご来店頂き感謝しております。





コンバースやニューバランスのスニーカーが、今年の春までは風靡しておりましたが、少し世の中から飽きられて来ているのでしょうか・・・?





例年のような勢いが薄れている中、アキレス・ソルボから発売されました、スニーカー





コンセプトは『大人が似合うスニーカー』





カジュアル過ぎないから『大人のきれい』を楽しむことが出来ると評判です。





今回も注目を頂いております、スニーカータイプのハイカットとローカット双方共ヒールの高さは3.5cm、素材は牛革です。





サイズは22.0~25.0cmで幅は3Eです!色も豊富にございます、是非共実際に足を入れてお試し下さいませ!

ソルボハイカット




そして、靴の場合は一番大切なことは足に良いこと!




昨日もお伝えしましたように



アキレスソルボは硬い道でも土の上のような柔らかさを再現してくれる衝撃を吸収してくれます。



足裏に掛かる負担圧力を分散してくれます。


勿論、定番品もバッチリ品揃えさせて頂いております。
ソルボ定番


アキレスソルボをお買上頂きました皆さまには、特製のミニトートバックをプレゼント致します。


どうぞ、この機会にご利用下さいませ。



お問い合わせは

福山市元町1-1

天満屋福山店1階婦人靴売り場 靴のナカムラまで!

電話084-927-2170
【2017/10/08 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード