『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
ビル街の広葉樹
街路樹

都心のビル街を走っていると、最近は特に美しく広葉樹が植樹されている。




排ガス対策もあるのだろうが、兎に角、季節季節に目を楽しませてくれる。





車に乗って通り過ぎる中、ほっとする一瞬!



春の新緑


夏の蝉時雨


秋の紅葉

街路樹1


冬の裸木



人間の創った近代的なビルディングの合間から覗かせる街路樹、自然を無理矢理持って来たような感もあるが、散歩するワンちゃんが片足上げてオシッコかけたりする光景をみると不思議と心が和む!





有難うございます!
【2017/11/14 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
007?
ヒール発信機

先日、同業の方が面白い記事を書かれていた。


ご紹介しよう、次のような内容だ!

『修理に出した靴が原因で、逮捕されたという。

フランス製の高級スニーカーについているアクセサリーの固定ねじがとれて修理に出したところ、靴の中敷きの下に隠してあった覚醒剤が見つかったというお粗末な事件。

この方は修理をお願いしたところだけが直されると軽く考えていたのでしょう。

しかし、靴修理に携わっておられる職人さんは、見た目の修理だけでなく、きちんとその靴を履けるか確認する。



恐らく、この靴の修理依頼が来て靴を見てみると、装飾の部分はともかく、靴内の中敷き部が妙に膨らんだり、接着が悪かったりするのをみて、きちんと貼り直しておこうと思われたのでしょう。貼り直す際には、一度全部剥がしてから、再度接着をします。果たして剥がしてみたら、例の物が出てきてさぞ驚かれたことと思います』






スパイ映画、007等に靴に仕込んだ、ナイフやヒールにも武器や発信機を仕込んでいる場面がある。






商売柄ヒールに仕込めるとは考えてしまう。





今の時代、GPSの発達で、認知症の方にその靴を履かせたりすれば、朗報になるかも知れない。




そして、既に中敷にもGPSが装着されたものがると、おっしゃっていた。




靴は大切な人間の武器なのかも知れない!




007顔負けだ!

【2017/11/13 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
クリーンセンター
クリーンセンター
先日、木製のカウンターを友人からお借りしたチェーンソーで解体した。





相当の大きさだったので、私用しなくなって庭に放置していたのだが、雨にあたり痛みも激しく、それこそ、鳥たちが巣を作っても困ると思い、早い機会に処分したかった。





一角50cm以内に解体して、福山市に連絡をしたらリサイクルプラザ・クリーンセンターに持ち込んでくだされば処分しますとのこと。





福山市の箕の沖にある、センターに行ってみたら、何とも綺麗な施設ではないか?





JFEの制服を着たスタッフの皆さんが、とても丁寧に親切に対応して下さいました。





車ごと秤に乗って、帰りに、又その車を軽量して差を計る!




50kgまでは無料、そして10kg毎に150円だそうだ!




今回は50kg以内で無料で取っていただいた。




兎に角、車が行列を作って、廃棄に多くの人が訪れていた。





世の中物が溢れているのだと感じた瞬間でもあったが、帰りに落ち着いてクリーンセンターを出ると瀬戸内海が広がっているではないか?




とても風靡で感動した、そして魚釣りをしている人も沢山おられた、何が釣れるのって伺うと、カレーが釣れるらしい!




普段行かないところだが、福山には沢山素晴らしいところがあるものだと改めて感じた!
【2017/11/12 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
赤とんぼ
赤とんぼ


母がこの秋の作品を身に付けて帰って来た!





今回は自分ではもう少しって感じのようだが、トンボのアクセサリーが襟元で光っている。





こうやって、指先を使うことを、デイケアーで教わり、出来栄えは別にして小さな感動を日々味わってくれていることが何よりも嬉しい!





母は若い頃から姉のピアノをバックに時々歌を歌っていたことを思い出す!





『夕焼け小焼けの赤とんぼ♪♪・・・』




久振りに小さな声の母の歌声を聴かせて貰った!




何時までも元気で長生きをして欲しいと願う!




赤とんぼさん!有難う御座います
【2017/11/11 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
恐怖の分岐点
足場

 先日の洒掃の時に、私はいつも梯子に板を乗せた上に上がらせて頂いて天井を拭かしていただいている。





広前の天井を拭くために5段ある梯子の一番上に板を乗せないと天井に届かない、そして脇殿移動すると、天井が30cm程低いので4段目に板を通せば充分に届く高さになる。





この一番上と、たった30cmの一段を下げただけで、恐怖感が全く違うことに驚いてしまう。





ご一緒させて頂いていた建築関係の仕事をなさっておられる方、曰く、怖いと人が感じる分岐点は、自分の身長を超えているかいなかだそうだ!





踏み板の幅は30cm程あるのだが、考えてみると女子体操の平均台、幅はなんと10cm、高さは70cm~125cm!





よくまぁ~こんな幅、そして高さも小さい女性でも自分の身長より低いとは言いながら、怖くないのだろうか?





私は子供の頃は、特に高い所は、そんなに嫌でも怖くもなかったが、年を取るに連れて、高所恐怖症になったかのように足がすく
んでしまうことがある。






車で走っていても何となく高い橋の上は怖いし、子供の頃何ともなかったジェットコースター等には今では乗りたいとも思わなくなってしまった自分いる!
【2017/11/10 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード