『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
土木の必須科目に
歩道段差

 拙宅の前を工事していることは、折に触れてお伝えしている。





歩道の舗装の前に、土をいれて、これから順次最終的な舗装に移っていくのだと推察する。





その土を入れて舗装までの間に、数日の期間そのままにされている。





すると、上がり口の側溝の蓋と仮歩道との間に、小さな段差が出来ている。





均すように土を入れてくれていない





一目見ると特に問題はないように思うが、私の両親などは90歳になって、歩き方がどうしても摺足になり、小さな段差でも躓いてします。





私の姉は、未だ64歳だが、この段差に躓いて転倒しそうになった。





歩き方は父にも姉にも普段教えているが、中々教えたようにはいかない。





殆どの人は、足元を観て歩いてはいないのです。





膝を伸ばして前に脚を軽く上げて蹴りだせば踵から着地できる、そうすれば爪先があがるので、躓き難くなるのだが・・・





そんなリスクを避ける為に、是非とも土木の専門家の皆さんにも、この段差の重要性を危険性を人間の生理の立場から学んで頂きたいと思う。





土木の試験の必須科目に足の生理を入れていただきたいと思う!





今回の工事の業者さんにお話をさせて頂いたら頷いて、即座に対応して下さった。





この小さなことを、大切にして欲しい『足と靴の相談室』として希う!
【2017/02/26 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<何だ!これは? | ホーム | 一斗の醤油>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kknakamura.blog95.fc2.com/tb.php/3145-3eef47cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード