『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
頑張れ!福山駅前組、中心市街地
駐車場会議

 地方創生が叫ばれて久しい!



国では担当大臣まで置かれ、そして地域振興券なるものまで、登場したが、中々地方における中心市街地が厳しい情況が続いている。





中心市街地が厳しくなった情況には、幾つかの原因がある。





特に商店街はシャッター通り化しているのが、今の一般的な地方都市である。





それでも、頑張ってる地方もある。





それは、街にある出口と入り口の機能が、どのようになっているか?





例えば広島市を見てみると、広島の本通りの入り口には、福屋、三越があり、出口には、そごうがある。





そして、中間地点にはアンデルセンもある。





一般的には、商店街の入り口には駅があったり、バスの乗車口、出口にはバスの降車口がある。



即ち歩く動機創りが出来ている。





福山を見た時に、入り口には天満屋がある、福山駅がある。



しかし、出口になるものがない。



もしもという言葉を使いたくないが、



もしも入り口に天満屋、そして出口、福山本通り商店街の横にある市場に、そごうデパートが西町ではなく、本通に沿って出店したら、福山の商店街は間違いなく再生出来たと思う。




そして、その出口の向こうにポートプラザあれば、街中は賑わっていたに違いない。




そうは、ならなかったことには、時の指導者の判断ミスもあったのかも知れないが、これからが大切であり、何が出来るかを考えなければならない。




中心市街地において、大切なことは、交通体系の変化に如何に対応していけるかだ?




郊外のショッピングセンターは、常時駐車場は無料で開放されている。




今、駅前は車に乗れない、乗らない人の町になっている、即ちお年寄りと中高生の街!


富山のように電車網がない、福山では現在の『まわローズ』のバスの抜本的に見直し、そして駐車場の在り方だと思っている。



現在、中心市街地で頑張っている仲間たちが集まって、駅前地区の駐車場の無料化、そしてお店のモール化の実験に向けて努力している。





7月1日~2ヶ月間の実験が開始されることが、この度決まった!


行きやすい駅前を目指したいと奮闘している街中の皆さんを応援して頂きたい!


【2016/05/19 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<完全復活! | ホーム | かかとの無い靴 ロシオ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kknakamura.blog95.fc2.com/tb.php/2870-5082b3a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード