『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
ホノボノとして良いではないか?
ヨハネ

先日、ガリレオの名誉回復をした、ヨハネパウロ2世が素敵だと書いた!



丁度、その頃、下記のようなニュースが流れて来た!





2005年に死去したローマ法王ヨハネ・パウロ2世がポーランド系米国人で哲学者のアンナ=テレーザ・ティミエニエツカ氏に送った数百もの書簡や写真をBBCが閲覧し、2人が親密な関係にあったことが明らかになった。



書簡はポーランド国立図書館に保管されていた。ただし、30年以上にわたる2人の関係において、法王が独身の誓いを破ったと示唆するものはない。ティミエニエツカ氏は既婚女性だった。

2人が出合った1973年当時、ヨハネ・パウロ2世はカロル・ボイティワの名前でポーランド・クラクフの大司教を務めていた。ボイティワ大司教が書いた哲学書についてティミエニエツカ氏が問い合わせをしたのをきっかけに、当時50歳だったティミエニエツカ氏は在住していた米国からポーランドを訪れ、ボイティワ大司教と本について話し合っている。


ヨハネ・パウロ2世に出合った頃のティミエニエツカ氏






ほどなくして、2人は手紙をやり取りするようになった。ボイティワ大司教は当初、あらたまった調子で書かれた手紙を送っていたが、友情が深まるにつれて親密になった。




2人は、ボイティワ大司教の本「行為する人格」の続編を一緒に準備することを決め、何度も会合を持った。大司教の秘書が同席することもあれば、2人きりの時もあったという。また、頻繁に手紙をやり取りしたという。







法王も人間ではないか?




聖人をどのように定義する?




これをスキャンダルにしないところが、良い!



民主党さんや、文春さんが聞きつけたら、どうするのだろう?




ホノボノとした素敵なお話だと思う!



天国で寄り添っておられるのだろうか?

【2016/02/27 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<あっ晴れ!慎太郎 | ホーム | 意外な程、空いてる>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kknakamura.blog95.fc2.com/tb.php/2784-97e920ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード