『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
一歩づつ
とんど祭

 何年振りだろう?





今日、福山では「とんど」が担ぎ出され、そしてそれぞれ町を練り歩いたり、或いは車に乗せたりだったが、競馬場跡地に「とんど」と持ち寄って焼いた。






今から394年?前になるだろうか?






1619年水野勝成が福山に入って、福山城を築城した。






我町、福山の城は1621年の秋には早々に完成をしていた。






所謂突貫工事で行ったのだ。






その証拠が、現在のお城の石垣をみると顕著に分かる。






様々なマークが石垣に刻印されている。






全国から、集められた石垣なのである。






勝成は、城開きの行事を行いと考えた。





妙案は?






そして、福山、鞆から各町内競い、とんどを担ぎ出して、それをお城の境内に集めて、無病息災、そして永遠の町の発展を願って「とんど」を焼いた。






昭和の時代に入り、戦後、大きな、とんどを担ぐと危ないとか、様々な理由でいつの間にか衰退していった。






それでも今から50年前には、春休みに「とんど祭」が行われていた。






この祭が春休みに移行したことが、一つの衰退の原因でもあると思われる。






話を戻せば1621年の秋に完成した城の城開きの行事を、勝成は、わざわざ年明け迄待って、お正月の祝いと一緒にしたのである。






本来なら、とんどは今日ではなく旧暦の正月、2月8日に成される祭りであるのが本意である。






されど、とんどが復活しようとしていることを私達は、歓迎するべきであろう。






一歩づつ、前進して、何れ近い将来、本来の福山とんどの意味を皆が理解して、旧正月に町内が競い合い、そして、その祭を目指





して福山から出掛けている若者たちが、町にUターンしてくれる程のものになれば素敵だと思う。






先ずは「とんど」の復活一歩に感謝したい!
【2016/01/17 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<人を助けて我が身助かる | ホーム | 上そろり、中ぴっしゃり、下一寸・・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kknakamura.blog95.fc2.com/tb.php/2752-9763f32d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード