『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
明眸皓歯
原節子

明眸皓歯とは、美女の形容であり、美しく澄んだ目もとと、白く美しい歯並び、唐の詩人杜甫とほが作った詩の語である。






昨日、女優の原 節子さんが9月に逝かれたとのニュースが飛び込んで来た。






原さんの御霊の安心を祈念させて頂きます。






明眸皓歯とは、原さんの為にあるような言葉だと思う。






テレビのワイドショー、そしてNHKニュースでも取り上げられていた。






私の懇意にして頂いている人に、原さんによく似た方がおられる!






以前、東京物語をテレビで観た時に、とても素敵な女優さんで、その方によく似ていると思ったことを思い出している。






私の母のような世代の方だが、ある種の憧れを頂いたことを覚えている。






写楽のように謎を秘め、山田洋二監督に言わせたら神様。






美しい日本語を使い、そして、一旦退いたら山口百恵のように決して公に姿を現さない。






永遠の大女優!





様々な形容詞を彼女に当てはめられる。






そんな中で、彼女の生きざま、はなんて言ってるコメンテーターがいたが『生きざま』とは如何な表現かと一寸がっかりした!






テレビに出て、しかもプロのコメンテーターなる者が、生きざまといった、言葉の切り売りをしないでい頂きたいと思う。







死にざまという言葉あろうが、生ざまなんて言うのは、相手が何方であれ、不遜すぎないか?
 
【2015/11/27 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<誰を護るのか? | ホーム | 晴れでも曇りでも、雨でも>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kknakamura.blog95.fc2.com/tb.php/2697-09ccc6a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード