『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
女子トイレの出来事
天皇皇后両陛下
一寸考えさせられるお話を聴きました!



ある、女性の実話です。大学4年の春、紺のスーツに身を包んで、 就職活動をしている時のこと 大阪の地下鉄の、暗くて陰気なトイレに入りました。



入っていきなり、出会い頭に驚きました。




そこは女子トイレです。




なのに、ねずみ色の服を着た年老いた男が立っていたのです。





ひとり宙をみつめて突っ立っていました。




私は、あからさまに嫌悪感をもよおし、 (ここは女子専用よ。なんであんたがここにいるのよ!) と、その気の弱そうな男を思いっ切り睨みつけました。





思うようにならない現実にぶち当たっているし、 前日も痴漢に遭って、ほとほとうんざりしていたこともあります。 そんな私に、思いがけずその男は、ペコンと頭を下げました。





その時、個室から「おとうさん、終わりましたよ」と、年配の女性の声がしました。




私の前を申し訳なさそうに過ぎて、男は個室に向かいました。





女性は、ふらつく身体を彼に支えられるようにして出てきました。



肉がそげ落ちた痩せた身体。 筋が走る細い腕の先にある杖。



足元が定まらず、一歩一歩進むのに哀しいほど時間がかかります。



水道の蛇口も彼がひねります。



ゆっくりと手をこすり合わせる彼女の小さな背中。



洗い終わった手を、彼がズボンのポケットから出してきた




タオルで拭いて上げます。 そして、二人は丁寧に私に頭を下げて、




ゆっくりゆっくりと、ホームへ続く階段を降りていきました。






私はただじっと見ていました。





身体が動かなかったのです。






感動と激しい後悔が私の中で渦巻き、熱く火照りだしました。






年老いた彼はどんな気持で、この若い娘の侮辱に満ちた視線に耐えていたのだろう。






気がついたら、頬から涙がこぼれ落ちました。








この女性は、何をどのように感じたのか?








決して、彼女は悪いわけでもなく、そして、老人に対して頂いた感情は当然のこと






 最近、思うのです小さな子供達に親や先生は、見知らぬ人に声を掛けられたら返事をしてはいけません!





名札は人に見られないようにポケットにしまっておきましょう?






私達日本人は、豊かさを享受する代わりに何か大切ものを、忘れて来てしまっている。



結局、犯罪が増えてしまった世の中において、自己防衛も含めて、人に優しくなれない、優しくししたくても、考えてしまう私達がいるのかも知れない!






私達は、このお話しから何を学べば良いのだろうか?







お蔭様で、身体丈夫で共々に無事に8月を迎えさせて頂けました。






何時でも何処でも誰にでもを、モットーに今月も、共々に笑顔を添えて、最高に素敵な8月させて頂きたいと願います。

【2015/08/01 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<Lesson 1 | ホーム | これは、便利だぁ~!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kknakamura.blog95.fc2.com/tb.php/2576-f86916b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード