『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
とんど
とんど2

 とんどと言えば、福山の城開きの行事だが、1月15日、私の子供の頃は、家の出入り口を飾ったしめ飾りを、松が明けて外したものを、家の角で焼いて、その灰を川や溝に流したものだ。






近年環境問題が、叫ばれ、屋外で火を点けて焼くなんてとんでもないことのように言われる。






 そして、溝や川に流すんなんて、犯罪のように非難をされる変な時代になってしまった。






最近では、スーパーマーケットが『しめ飾りをお持ちくださいと一緒にお焼きします』ってサービスをしている






現代では許されず、どうして昔は許されていたのか?






昔は、基本的に自然の物をつかって多くの物が創られ、道路も舗装されず、土のまま、多くの意味で自然が全てを包み込
んでくれていた時代があった。






だから、焼いた灰を川や溝に流しても、自然の力で浄化してくれていたのだ!






そして、そのことが自然に戻す行為でもあった筈だ。






 拙宅も周りに溝が走っているが、まさか注連縄を焼いた灰を流す訳にもいかず、庭の木々の根っこに撒いてあげるのだ!







木々も喜んでくれて「えへっ嬉しい」て言ってくれているように感じる。






人間は、もう少し自然と親しむ生き方を目指せないものだろうか?
 
【2015/01/15 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<日本のMACは感謝を忘れてないか | ホーム | 今年最初の作品>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kknakamura.blog95.fc2.com/tb.php/2376-07f16f1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード