『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
Remember Pearl harbor
雷雨

寺田寅彦は、「災害(天災は)忘れて頃にやって来る!」と言ったが、忘れてもない頃、又広島に土砂崩れとしてやって来てしまった。






日々、行方不明者が増えていくことが、とても忍びない。






幾ら、天気予報で、雲の位置をレーダーで示して貰っても、人間の力は自然には及ばない。






以前、北京オリンピックの時だった、雲を爆破して雨を先に降らすなんてことをしていたが、自然への冒涜以外の何ものでもないと思ってしまう。






今朝のことだ、私共の福山でも突然雷鳴が響き渡り、空が真っ黒に、するとバケツをひっくり返したような豪雨が襲った。






ほんの15分程の出来事。





これが、1時間も続けば、どうなったか?




広島の安佐北区、南区の被害が頭に浮かぶ。






私共の会社は、海抜が低い関係で、床下浸水を何度も経験しているが、通常は浸水するまでには、若干の猶予がある。







以前は、よく浸かったものだ!





しかし、今朝は、ほんの数分で、あわや会社の中まで雨水が入ってこようとしてた。






実は、私には魔法の言葉があるのだ・・
その言葉を3回唱えたら、不思議と雨足が弱まり、そして、今度は雨が上がってくれた。






そんな馬鹿なと笑われる方もおられるかも知れないが、何度も何度も不思議なことを経験している。






 忘れた頃の話に、少し戻すが、私達には忘れてはならないこともある。






二度と同じような被害を出さないように心掛けなければならないことがある。






話が逸れてしまうが、中学校の英語の先生が授業中によく話してくれたことがある。






戦争中に、アメリカ軍のB29の空襲にあった時に、逃げ惑う最中、空を見上げたら、爆撃の翼の下に大きく『Remember Pearl harbor』と書いてあったということだ。






先生は、その印象が強烈であり、あれはどういう意味かと思い、英語の先生になったそうだ。






私はアメリカ人でも英語のネイティブでもないので、Remember という感覚はよく分からないが!






唯、『真珠湾を忘れるな!』いった簡単な感じではないと察する。






ハワイの真珠湾にある、パールハーバー記念館になっている、戦艦アリゾナ!






当時の日本の攻撃によって沈められた兵士たちの遺骨を未だに引き上げていないらしい。






日本人とアメリカ人の死生観は違うのだろうが、そうやって、彼らはこの真珠湾を忘れないようにしているのかも知れない。






『Remember Pearl harbor』には、これだけの重さがあるのだろう!







私達には、忘れられない物もあれば、忘れられない人もいる。






そんな、思いを大切にRemember の本来の意味を考え直したい!
 
【2014/08/22 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<いくら、法律で決めても | ホーム | 一寸の虫にも五分の魂・・!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kknakamura.blog95.fc2.com/tb.php/2234-e0322653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード