『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
先駆者
松太郎

 どこの町にでも、その地の先駆者がいる。



有本松太郎翁もその一人である。




有本翁は大正時代、皆生温泉の発見に伴い、それを事業として集中的に安全に配湯するシステムを作ったばかりではなく、一帯の土地を整備し、本格的な都市計画を作り上げ、米子から電車を電車を走らせ広域的に町を設計したとされる。






 いつも思うことだが、私共の会社でも、或いは地域でも、どこでもそうだが、素敵な思いつきや発見をされるケースがあるが、それを売上に利益に繋げることが出来るのは、ほんの一握りである。






 小さな思い付きを地域社会の発展に結びつけることは、とても大変なことだ。






今回の小保方晴子さんおSTAP細胞然りだ!


この発見が大きく貢献されることを期待する! 
【2014/02/07 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<< 雪かき | ホーム | ご当地お菓子>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kknakamura.blog95.fc2.com/tb.php/2033-988285ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード