『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
完済して、今度は預貯金に!
福日の出


9月~今月に掛けて、色んな目に会わせて頂きました。






ぎっくり腰は通常、10日程度で完治するのに、今回は3週間もかかってしまった。






治ったら、今度は扁桃腺が腫れて、声が出なくなって、1週間もかかった。






そして、それが治ったら今度は眩暈がして、検診を受けたら疲労による高血圧・・





それでも、お蔭様でそれぞれ元気にさせて頂けました。






次から次に、体調を崩してある人は、お祓いをして貰った方が良いのではと助言を頂いたりするが、私は一寸考え方違う。






一度に大きな病気をしても仕方がないところを、分割して小さくして下さっている。






だから、短期間で一つひとつ治して頂ける。





お蔭様で、体調も万全にして頂いて無事に10月を終えることが出来ます。






業を分割で割賦で完済をさせ頂いたので、今度は徳をしっかりと預金させて頂く番だ!






そんな折に、まさしく幸先よく友人から素敵な福の日の出の写真を頂戴した。






共々に10月を越えさせて頂き、11月もより一層素敵な月にと感謝で迎えさせて頂きましょう!






有り難うございます。
 
【2015/10/31 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
NHKとカマキリとダーウィン!
カマキリ1

先日、庭の剪定を済ませて、とてもすっきりして、改めて明日の早朝、少し庭の掃除をしようと、一寸段取りを考える為に庭に出てみたら、壁にカマキリ?がいる。






私は、虫の類は全く苦手であるが、それでも遠目に観ると、何かが壁に張り付いている程度にしか分からない。






つい見逃してしまう。






特に私に害を与える者でもないの、そっとしておいた。






考えてみると、虫たちも背景の色に合わせて体の色を変えて、外敵から身を護ろうしてしているのだ。





兵士たちの迷彩服も、これらを参考にしたに違いない。






そんなことを考えていると、やはり、ダーウィンの言葉も成程と考えさせられる。






本来は、このようなことを思ったのではないだろうが、やはり、時代に合わせて私達も変化しなければ生きていけない。






NHKの朝のドラマを観ていて、ダーウィンを思い出した!




生き残る種とは、




最も強いものではない。




最も知的なものでもない。




それは、変化に最もよく




適応したものである。

【2015/10/30 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Thank you for your information

ドナ・パーク

先日のブログに対しまして、早速情報を頂戴致しました!






有り難うございます。






ドナ・パークさんが、新幹線のアナウンスをされているとのこと・・・






彼女はクラッシクオペラ出身のオーストラリア人で、東京を拠点にご活躍のようです。





NHK「クローズアップ現代」二カ国語放送時の英語ナレーション






マツダのサウンドロゴ






メルセデス・ベンツ専用カーナビゲーションシステムのナビゲーション音声





数々の場面で、お声を拝聴出来るそうです。






Ladies and gentlemen !



それでも、私は、新幹線だけは、日本人が良いと思いますね!


【2015/10/29 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
掃除三昧

2015一斉清掃

先日の日曜日のことだ、午前7時から福山まちづくり協議会の主催で、福山市の一斉清掃に参加させて頂いた。






1時間程ののことだが、最近福山の街中には殆どゴミが落ちていない。






本当に美しいのだ。







1993年から始めている、この運動によって、多くの企業の皆さんが毎月、日を決めて細かく掃除をされている。






段々と綺麗になる。





綺麗になるから、皆もポイ捨てをしなくなる。





まさしく好循環である。





 同日、8時に急いで帰宅して、今度は地域の溝掃除に参加した。


2015溝掃除



一輪車(業界の人は、猫と言うそうだ)を借りて来て溝の掃除を行った。





そして、今度は拙宅の庭の剪定を友人に頼んで、教わりながら取り掛かった。


2015剪定



結局、一日仕事になったが、市から町へ、町から家と、とてもすっきりした気持ちにならせて頂いた。





折角、治ったぎっくり腰も、少しぶり返しそうになったがお蔭様で、あれから数日様子を診たが大丈夫である。




やはり、心も身体も一緒に掃除をして貰ったようだ!





一つだけ思うことがある。





福山市の一斉清掃と、町内の掃除が同じ日に行われることだ。





縦割りの社会だからしょうがないかも知れないが、お互いに連絡をとりあって、日程を工夫したら、それぞれもっと多くの人達が参加出来たのではないだろうか?
 
【2015/10/28 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
年賀状は、最早、衰退の一途か?

マツコ

日本郵便の年賀状のCMにマツコデラックスが出ている。






17日から年賀状の住所も書いて貰えるそうだ!






オプションとは言いながら、マツコは何もすることがない・・云々なんて言ってる。






年賀状の印刷も、住所も全てJPさんにして頂いて、思いが伝わるのだろうか?






誰が印刷しても一緒という考えがあるが、それでも住所も自分で印刷をしても、その時に、その瞬間には、出す相手の人を思い浮かべて書く筈である。






ネット社会になって来て、多くの人達がメールや、SNS、LINE等で新年の挨拶をする時代になって、段々に年賀状が衰退しまっていることは、理解できる。





丸投げと言えば、フェイスブックでこんな詩を送って下さる方がいる!
丸投げ







しかし、こうやって本当に自分が何もしなくても形だけの年賀状が届けば良いなんて思っていると、恐らく、早晩、日本の一つの伝統でもあって年賀状が消え去るのだろうと思い、少し淋しい気がする。







逆にJPさんは、アナログな提案が出来ないものか? 
【2015/10/27 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
日本人にアナウンスさせて!
電光板


 一寸、新幹線シリーズのようになって恐縮だが、すっきり来ないことがある。






それは、新幹線での英語のアナウンスだ。






女性の英語圏の人が、読んでいるであろう、下記のようなアナウンス・・







Ladies and gentleman, welcome to the Shinkansen.
This is the NOZOMI superexpress bound for Hiroshima.
We will be stopping at Shinagawa, Shin-Yokohama, Nagoya, Kyoto,
Shin-Osaka, Shin-Kobe, Okayama, and Fukuyama stations before arriving at Hiroshima.
The conductor's room, is in car No.8. ・・・・・・Thank you.






日本人でもネイティブに勝るとも劣らない人は、沢山いると思う。





東京の成田空港行きのリムジンバスのアナウンスは、日本人が喋っているが見事な発音である。






是非とも、ここは日本なのだがら、日本人の方に、アナウンスをお願いして欲しいものだ!
 
【2015/10/26 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
検札も紳士的になった!
新幹線検札

 私は電車に乗っていて、一番不快におもうことは、検札を受けることだ!






無賃乗車の人がいるかも知れないという前提で、チケットをチェックしているのだろうか?






疲れている時などは、電車乗るなり、爆睡してしまうことがあるが、揺り動かして起こされて、切符拝見などと言われてた頃があった。






しかし、最近は少し寛容になったように思える。






先日新幹線に乗車した際に、直ぐに検札に来るだろうからと上着の胸ポケットの中にいれて、待機しながらお弁当を食べていた。






車掌さんが近づいて来たので、チケット取り出そうとすると、後程参りますので、ゆっくりお食事をとおっしゃるではないか?






これは、JRが紳士的になったのか?






或いは、その車掌さんの裁量なのか?






出来れば、その両方であって欲しいと思った!
 
【2015/10/25 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
新聞からスマホか

通勤電車

山手線の風景である。






ほんの10年前迄は、サラリーマンの人達は新聞を一応に手に持って読んでいた。






それが、今では誰もがスマホである。






メールをしているのか?SNSか?それともゲームに興じているのだろうか?






先日、ある方に教わったのだが、中国新聞は半分に折って読むことを想定して、丁度半分の処で上手く区切れるような構成になっている。






吊革につかまって、新聞紙を半分に折って、そしてその又半分に折って、揺られながら通勤途上に新聞を読んでいたことがとても懐かしい!






それにしても、何となく皆が、黙ってスマホの画面に向かっているのは異様な感じがしてならない!






さらに、これから10年が経過すると、電車の中はどのような光景になるのだろうか?

【2015/10/24 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
年寄りに見えるのかなぁ~?
優先席

 先日、父が業界の旧友と有馬温泉に旅行をした。






元気に帰って来てくれて、道中の話をしてくれるのだ。


帰りの新幹線が新神戸から平日にも関わらず意外と込んでいたそうだ。




自由席に乗ったら満席、そうしてたら、『どうぞ、お座り下さい』って席を代わってくれた青年がいたそうだ。






『有り難う!』と言って座らせて貰ったそうだ。






そして、福山で新幹線を降りる時に、今度は自分の荷物を網棚から降ろそうとしたら、隣の人が立ち上がって、その荷物を取ってくれたそうだ!






『有り難う!』と言って降りた。






そして、帰って来て、『俺は、年寄りに見えるのかなぁ~?』と私達に聞くのだ!






言葉に詰まり、姉と顔を見合わせた。






父は89歳である。






確かに背筋はピンとして、言葉も標準語を話すが、やはりどう見てもお年寄りであることは、間違いない!






私達は、『お父さん、昔に比べると15歳は違うから、それでも70歳後半には見えるんじゃないの?』と言ったら、一寸怪訝そうな顔し
たが、取敢えず納得をしたようだ!






何時までも自分は若いと思うことは大切なことだと改めて感じた。







ずっと青年の気持ちでいて欲しいけれど、身体は自ら気遣って欲しいものだ!
 
【2015/10/23 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
中国人に教えてあげようか
ニベアソフト

 出張に出掛けて、洗面用具の中に何時も入れているシェービングの後のクリームが、そこをついていることを思い出していた。






私は、ニベアソフトを使っている。






東京銀座にある、『マツモトキヨシ』に飛び込んだ。






安売りで税込¥199であった。






地元のドラッグストアーで安い時には¥270程度はする。





何となく得をした気分になって、レジに並ぼうとしたら、大きな声が聞こえて来る。






振り返ると、中国の人の集団が買い物籠一杯にして、列をなしている。






そして、横にある化粧品のコーナーには、美容部員さんが立って大きな声でこちらも話をしているではないか?
全て中国語である。






一体全体、私は何処にいるのだろうと考えてしまう。






『ワトソンズ』にでもいるような気分になった!

ワトソンズ





 中国の人を中心とした品揃え、POPの整備、私達日本人は、蔑ろにされているように思えて一寸淋しかった!


マツモト




マツモト・キヨシも折角なら『松本・清』と看板を掛けかえれば良いのではと思った。

【2015/10/22 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
血の道が起きる、尾道が起きる
秋の献血

 今回の上京の成果は勿論、良い仕事が出来たことであるが、献血をさせて頂いたことだ!






前回の上京の際には、血圧の数値がよろしくなかった為に、一旦見送られてしまった。






前回、献血が出来なかったことの教訓で、再度病院に行って先生に相談し、薬の料や回数を変更することによって、比較的上手くコントロールできるようになった!






私は、若い頃は血圧はどちらかと言えば低い方だったのだが、30歳の後半から体質が変わってしまったのか、いつの間にか高血圧の部類に入ってしまった。






そう言えば、子供の頃、祖母ちゃんが『血の道が起きる・・・尾道が起きる・・』とよく言っていたことを思い出した。






祖母ちゃんは頭痛持ちで、よく頭を抱えていたことを思い出すが、その時に恐らく血圧が高くなっていたのだろう!






尾道に親戚があったこともあって、尾道に行けば血の道が治まるのかと思っていた。






それにしても、今回400mlの献血が出来たことが、とても有難かった!
【2015/10/21 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
直利歩行

銀座歩道


 中学生の頃『赤頭巾ちゃん気をつけて』という庄司 薫 さんの本を読んだ時の一説をふと思い出した。






主人公が、足の指の爪を剥いで、真っ直ぐ歩けない状況が説明されている。






私も、丁度中学生の頃に、足の親指の爪を剥がしていたので、余計にその本の情景を他人事思えなかったに違いなし。






彼は自分は、人間の基本的に機能である直利歩行が出来ない事を悩んでいるのだ!






先月中旬から痛めた腰で、私も真っ直ぐ歩けない状況が、最近まで続いていたこともあり、改めて直立歩行をさせ頂ける、そんな力を神様から頂戴したことを有難く感謝している。






先日、東京銀座を歩いていたら、多くの人達が銀座通りの歩道を颯爽と歩いている。






素晴らしいと思った。






ビートルズのアビーロードの写真を観ても特に、何も感じなかったが、真っ直ぐ歩けること自体が大変なことなのだと思う。


アビーロード




人は立上った時は比較的安定している、しかし一歩踏み出そうとした途端に実際はバランスを崩すものである。






されど、そのバランスを補うように左右交代で足を出していくことで、一歩一歩前に進むことが出来るのであるとも思う。






歩かせて頂き有り難うございます。
 
【2015/10/20 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
風邪をひいたら・・・
上田

一昨日、薬のことを少し書かせて頂いたが、風邪をひいたら内科に行くより、耳鼻咽喉科へ!






母が私の子供頃には、そうやって耳鼻咽喉科に連れて行ってくれた。






特に、扁桃腺などが腫れている時には、耳鼻咽喉科が良い!






直接患部に触って薬を塗って下さったりするから!






ましてや、待ち時間が非常に短いのが耳鼻咽喉科の特徴でもある。






内科は兎に角、お年寄りの方が多い・・・!






こんな笑話までがある。






病院の待合室で、お年寄り同士が会話をしている。






『最近見かけないわね・・・!病院に毎日顔出さないから、どこか調子でも悪いのかと思った・・・』



皆さんも、風邪だと思ったら、耳鼻咽喉科へどうぞ!




今回も、駄目押しも含めて、耳鼻咽喉科で診察を受けて、完璧に復調させて頂いた!




上田先生有り難うございました。

【2015/10/19 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
有り難うの種蒔き!
コスモス?


 会社の事務所の前に小さな鉢を置いている。






夏場は朝顔が、私達を楽しませてくれた。






そして、朝顔が終わって、少し鉢を休ませてあげていたのだが、ピンク色の花が咲いているではないか?






例によって私は、花音痴だから何の花か分からない!






種を蒔いた覚えは全くない、女性の社員さんに聴いても知らないと驚く。






蒔かぬ種は生えぬと言うが、何かの拍子に紛れ込んだのだろうか?






私達は有り難うの種蒔きをしただろうかとふと、反省の時を持った。






不足の花から咲いた、あだ花に埋もれないように、感謝から咲いた、有り難うの花に埋もれたい!
 
【2015/10/18 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
今年はもう大丈夫
ジキニン1


先週から不覚をとってしまって、急に朝夕冷え込むようになって寝冷えをしたのか、喉が、そして口の中が痛い!






微熱もあった。






そして、11日にお茶会の片づけをしていて、脚立から落下して足を酷く打ち付けた。






それが原因で、身体が痛いのか、熱が出る兆候で痛いのか、分からないまま、先ずは服薬をした。






私はピリン系の薬が合わないので、漢方系統にした。






改めて体調を崩してみて、如何に普段何もないことが有難い事かと気付かせて頂ける。






そして、お蔭様で、打ち身も、風邪も、それぞれ、すっきり良くなった!






今年は、誰よりも早く風邪を頂いたので、もう大丈夫!







これから日々感謝しながら、そして大切にしながら年末商戦をしっかりと戦って参りたい!
 
【2015/10/17 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
次郎物語と村上春樹
次郎物語

今年も村上春樹は、ノーベル賞から落選した!






こんな感じで受け止めておられる方も多いのかも知れない!






それでも、決してノーベル賞にノミネートされて、審査されて、落選した訳ではない。






皆が、自然と村上春樹はノーベル賞、ノーベル賞と唱えるように言っているだけだ。






そして、違う人が選ばれると、落胆してしまう。






今年もそんな、光景を見ていて、下に記す下村湖人の言葉を思い出した。






下村湖人と言えば、あの『次郎物語』の著者である。






村上春樹のことを、考えていて、ついそんなことを思ってしまった。






村上春樹さんが、次郎物語をどのように評価しているか伺ってみたい




どんな嘘も繰り返し説いていると
真理と信じられがちであり、
どんな真実も繰り返し説かないと
心理とは信じられないものである。

【2015/10/16 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホワイトソックス
祭2015

日曜日の地域の祭のお話に戻るが、この祭にはドレスコードがある。






上下、白である。





神様に御礼を申し上げる会だからだろうか?






白であれば、Tシャツでも、ポロシャツでもワイシャツでも何でも良い。





そもそも、ワイシャツはWhiteシャツだから、ワイシャツでとおっしゃって頂けば良いのだが・・





考えてみれば、上下白なら、ベルトはどうなる、当然白だろう!





靴は、白のスニーカー!





ベルトは息子に借りるにしても、白のソックスを持っていない。





考えてみれば、学生時代にはホワイトソックスを履いていた。





理由は、白の運動靴が規定だったからだ!





本来、ソックスはパンツの色か、靴の色に合わせるべきだと思っているからだ。





それでも、やっと一足あった白の靴下を探して事なきを得た。


ホワイトソックス



今でも時折、おられるサラリーマンの方、紺のスーツにホワイト、ソックス、やはり違和感がある!






そんなことを考えていたお祭でもあった!
 
【2015/10/15 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
May I take your cup away ?
2015茶会


 先週の日曜日は、地域の祭りがあったことは、書いたが午後早目に失礼をさせて頂いて、NPOみちてる主催の暮萩・瑠璃茶会に参加した!






会を重ねて、今年で第十三回を迎えます茶会、三年前より国際交流を深めることも一つの柱に添えて、海外からのお客様もお迎えして日本の文化の素晴らしさを発信している。






尾道の新聞社も毎年記事にして下さる。







私は今迄は、会場の設えのお手伝いを中心にさせて頂いていたが、今年は、何故か紋付き袴を着るはめになってしまった。






今から四半世紀も前に上田流のお茶会が福山の福寿会館で開催された際に、お運びのお手伝いをさせて頂いて以来だ。






そして、紋付き袴を着るのはお謡いの発表会の時くらいで、最近はお謡いもサボっているので、どうも着物が着慣れない!






そんな中、6席の中の3席目が外国人の方の席である。





お茶をお出しして、Pleaseと言おうと思ったが、敢えて日本語で『どうぞ・・!』と申し上げた。





そして、さげさせて頂く時に、折角だから客人の名前をそっとお呼びしてみようと思い、学生さんの名札を見て驚いた!





Douglasとなっている、先日、亡くなった、大切なワンちゃんのDouglasと同じ名前だった!





何故か嬉しくて、『Douglas ! May I take your cup away ?』と話したら、『Thank you 』と言ってくれたのである!





心地良い緊張の中で、秋のほんの少し幸せな一時を過ごさせて頂いた。






Thank you Douglas君
 
【2015/10/14 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Iターン
2015祭


一昨日の日曜日は、地域のお祭だった!






来年は、私共の町内が地域の当番ということで14年振りになるのだが、御神輿をお預りする当番だそうだ!






誠に残念なことに、御神輿は皆が担ぐのではなくて軽トラに乗せて町内を巡回する!






鬼さんも、歩いて子供達をつつかずに、軽トラの上から軽く挨拶程度!






全く盛り上がらない!






本来、秋のお祭りは、豊作に感謝して、天皇陛下が新嘗祭を行った後、それぞれの地域で行う。






農業が中心社会だったころが、全盛だったの違いにない・・・






恐らく、若手皆で、神輿を担いで神様に感謝の儀式をしたのだろう。






時が移り少子化、高齢化によって、担ぎ手が段々といなくった。






神輿を軽トラでなんて決して責めることは出来ないのだろう!






せめてもの気持ちと思わなければならない。






それでも、中央に出掛けていった、若者たちが祭の時には、古里に帰って神輿を担ぐような社会になったら何とも素敵なことだろう?






皆で、支え合う素敵な社会の再構築を願う!







自民党さんには、そんな地域社会の再生を政策として考えて頂きたいと思う。 
【2015/10/13 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
誕生日を勝手に変更するなよ!
東京オリンピック

オリンピックポスター
今日は体育の日、でも、一寸ずれている!東京オリンピックが1964年の一昨日、開幕して日本は近代国家の仲間入りを名実共に果たした。






新幹線も開業して、高速道路も順次延長して行く!






そんな、記念日として、今日10月10日を休日にしたのだが、数年前よりハッピーマンデーと称して10月の第二月曜日を体育の日にした訳だ!






東京オリンピックが開幕したのが10月の第二月曜日だった訳ではない。






勝手の人の誕生日を変更していいのだろうか?






恐らく、東京オリンピックが開催された日はいつでしょうと?質問しても答えられない人がいるに違いない!






どうも、この法律を決めた政治家の方々の感性を疑ってしまう。






体育の日は、せめてもう5年、2020年の東京オリンピックが開催される迄は、10月10日しておくべきったのではないか?






大切なのは利便性より、コンセプトだと私は思う!
 
【2015/10/12 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
時蕎麦と、ミスタードーナツ
ミスタードーナツ


時蕎麦という面白い落語あがる一寸内容を思い出してみよう!







ウキペディアから、抜粋する!


ある冬の深夜0時頃、小腹が空いた男Aが通りすがりの屋台の二八そば屋を呼び止める。Aは主人と気さくに「おうッ、何ができる? 花巻にしっぽく? しっぽくひとつこしらいてくんねえ。寒いなァ」とちくわ入りのかけそばを注文する。その後は、看板を褒めたり「いや、実に良い箸だよ。素晴らしい」と割り箸をほめる。更にそばを食べながら器、汁、麺、具のちくわなどを幇間(たいこもち)よろしく、ひたすらほめてほめてほめ上げる。

食べ終わったAは、16文の料金を支払う。ここで、「おい、親父。生憎と、細けえ銭っきゃ持ってねえんだ。落としちゃいけねえ、手え出してくれ」と言って、主人の掌に1文を一枚一枚数えながら、テンポ良く乗せていく。「一(ひい)、二(ふう)、三(みい)、四(よう)、五(いつ)、六(むう)、七(なな)、八(やあ)」と数えたところで、「今何時(なんどき)でい!」と時刻を尋ねる。主人が「へい、九(ここの)つでい」と応えると間髪入れずに「十(とう)、十一、十二、十三、十四、十五、十六、御馳走様」と続けて16文を数え上げ、すぐさま店を去る。つまり、代金の1文をごまかしたのである。

この一部始終を陰で見ていた男Bは、Aの言動を振り返り、Aが勘定をごまかした事に気付く。その手口にえらく感心し、真似したくなったBは、自分も同じことを翌日に試みる事にする。そばを食べる事が目的ではなく、1文をごまかすためだけにわざわざそばを食べる。

待ちきれずに早めに繰り出したBは、Aの真似をするがことごとくうまくいかない。箸は誰かが使ったもの、器は欠け、汁は辛過ぎ、そばは伸び切り、ちくわは紛い物の麩。とうとうそばをあきらめ、件の勘定に取り掛かる。「一、二、……八、今何時でい」主人が「へい、四つでい」と答える。「五、六……」。まずいそばを食わされた上に勘定を余計に取られるというオチ。

当時の時法では深夜の「暁9つ(午前0時頃)」の前が「夜4つ(午後10時頃)」だったことにより、この話が成立している。







最近、少額詐欺がミスタードーナツのお店で生じていると聞いた。





ドーナツを一つ買って1万円札を出すそうだ!




そして、お釣りで千円札を1・2・3・・枚と何枚か来たところで、そうそう、小銭が有ったと小銭を出すそうだ。




そして、その千円札を言葉巧みに客は仕舞って持ち帰るそうだ。




ショッピングセンターの店長さんから、その手口の説明を聴いていて、不謹慎にも時蕎麦の落語を思い出した。






額の大小ではない、人をだましてはならないのだ!

【2015/10/11 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
似てる・・?

カープ中崎

残念ながら、今日からのクライマックスシリーズには広島カープは参戦できなかった。






勝手なことを言えば、今年のカープの責任は、全て監督にあると私は個人的に思っている。






最終戦で一言、ご挨拶があっても良かったように思う。






しかし、カープファンは皆、優しいから決して人を責めない。






 先週は、本当によくカープの試合を観させて頂いた。






カープの中崎選手が出て来た時に、一瞬、六角精児さんに似てると思った。


六角さん



世の中には似ている人が、沢山いる。





タイガーウッズに、錦織 圭!






谷亮子に、竹中平蔵・・!





三十三間堂に行くと自分に似ている像が必ずみつかると言われる。






中崎も六角さんのように縁の下の力持ちの役柄も良いかもしれないが、来年こそは、男になってよ!
 
【2015/10/10 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
トイレのヒーター
トイレヒーター

日本のトイレは、本当に至れり尽くせりである。






ウォシュレット等というものを、よく開発してくれたものだ!






今から数十年前にはトイレの便座が温かくなるだけで、感動したものだ!






一年中、外気温によってトイレの便座の暖かをコントロールしてくれているのだ!






先日、何かの都合で、サーモスタットが上手く機能していなくて、座った瞬間、冷たいって思ってしまった。






人間は贅沢に慣れてしまう、これがやはり怖いと感じる。






当たり前になると、感謝が何処かに引っ込んでしまうからだ!






電気屋の友人から教わった、男性も女性も、兎に角、便座にヒーターがついている場合は、用を足したら必ず便座の一番上の蓋
まで閉めるように・・・!






何時も開けている場合と、比較すると電気代が30%も違うそうだ!






兎に角、トイレ一つにしてもお金がかかっていることを、改めて自覚する。







おしっこだって 0円じゃ出来ない訳だ!
 
【2015/10/09 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
あなたの命をいただきます!
頂く


いつも、面白い話を書いて下さるFBの方がいる。






今回の話もそうだ!






以前、自分で金を払っているのに、何を『いただきます』って言うのかと、世の中変になってると思ったが、未だにこんな人がいるとは驚きである。






それよりも、子供に頂きますということを禁止している親がいるとのことだ!






いただきますの意味を、今一度教えてあげたい。






お牛さん、お魚さん、胡瓜さん、『あなたの大切な命を、私の命に代えさせていただきます』のいただきますだ!






だからこそ、何を食べるにも飲むにも有難く頂く心を忘れてはならない!






今日は、私達の恩人でもあり、徳者でもあった方の、35年の例年祭にお参りをさせて頂いた。






若い頃、色んなお話を頂いことを、改めて思い出させて頂いた今日だった!






有り難うございます。
 
【2015/10/08 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
協働のまちづくり?
自撮り


福山では、協働のまちづくりを掲げている!

少し話がずれるが、JR西日本は、棒の先にスマートフォンを取り付けて撮影する「自撮棒」の使用を、先月から新幹線と在来線の全駅のホームで禁止している。







  確かに、フェイスブックブームなのか、スマートフォンで兎に角、写真を撮っている人を、あちら、こちらで見受ける







 自分で自分たちを写す為に、アンテナのような棒の先に、スマートフォンを取り付けて、写すのだ。






100円ショップに、何故か300円で売っている!






 その光景を、傍から見ていると一寸滑稽だが、、確かに便利なのだろう。






それでも、何となく迷惑な感じも否めない!







JR西日本は、自撮り棒が列車と接触したり、撮影に夢中になって他の客とぶつかったりする危険があるため、混雑が予想された北陸新幹線の管内5駅のホームで、3月の開業時から使用を禁じている。






自撮り棒の普及は、凄まじい勢いで進んでいるが、幸いなことに、JR西日本の管内の駅で、自撮り棒が原因で乗客らがけがをしたケースは確認されていなようだ!








 こうやって、何でも自分で自己完結をすることは、それは、それで良いのかも知れない!






カメラで集合写真を写す時に、三脚にカメラを据えて、タイマーでセットして写すこともあった。






大勢で写真撮影をするのは、楽しい事である。






話は二転三転して恐縮だが、水戸黄門の番組を観ていて、番組冒頭で、悪い奴らに襲われる人を、助さんと格さんが、助ける、するとその人たちが、黄門さま御一行に『何もございませんが、宜しければ、私共に泊って行って下さい・・・』っていう話になって、その方のお宅にとう留して、ドラマが展開していくパターンが多い!






即ち、昔はそうやって、出逢いの縁を大切にしたようだ。






 最近は、人に頼ることが良くないことのように、全てを自己完結させようとして、どちらかというと、乾いた人間関係になっているように感じる。







昔は、傍にいる誰かにお願いして、シャッターを押して下さいって言っていた。






 又、傍にいる人から『宜しければ、シャッター押しましょうか・・』なんて言ったりしたものだ。






 実際にはスマートフォンにはカメラでありますが、携帯電話でもあり、その携帯電話を第三者の手に渡すことには、抵抗があるのかも知れないが、私は互いに助け合おうとすることも大切なことではないか?






 傍にいる人に、申し訳ございませんが・・・とお願いすることは素敵なことだと思うのだが・・?






敢えて言えば協働まちづくりの一歩のように思う。 
 
【2015/10/07 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
REAGAL2235飴色
2235.jpg

この靴をご存知だろうか?






REGALの看板商品だった2235






昔の宣伝のコピー、この2235の靴の裏に80人の靴職人が乗っている。






『リーガルは80人のベテランが130工程を24日も掛けて作るのです・・・』だったろうか?






感動したものだ!






誰しも、この飴色の靴に憧れていた。






今でも、この靴しかお履きにならない、福山でも大手の会社の社長がいらっしゃる。






私に会うたびに、見せて下さる。






先日、商工会議所の会議に少し遅れて参加して、後ろの席に座らせて頂いて、ふと前の席の椅子の下から2235の飴色の靴が見えた!


Tさん




ピカピカに磨きこんである!






Tさんなのだ!







こよなく、一つの靴だけを愛する姿が、とても素敵ではないか?
 
【2015/10/06 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
人は人によって磨かれる
竹割の術


先日、今月開催予定の観月、暮萩茶会の準備の為に、竹の切り出しをしたのだが、今回はその竹の一部を半分に割るお仕事を手伝った。





昨年、教わった方法である。






私は以前は、竹は鉈や斧で割っていくのだと思っていた。






竹は、端を少し、鉈で裂いておいて、そこに竹を突っ込んで二人でぐっと引っ張ると簡単に半分に割れるのだ。






一瞬にして、しかもバリバリっととても良い音を出して割れていくのだ!






竹は竹によって、割られるのである。






ダイヤモンドは、ダイヤモンドで磨くそうだ!






そして、人は人によって磨かれる。






ある徳者の方に教わったことがある。






お店では、値段もそうだが、出来るだけ良い物、質の高い物を売らせて頂きなさい。






良い物(値段だけでは、ない)を買われる方は、質の高い方だから、そのお客様を接客させて頂くことで自らの質も高まる。
人は、その人以上の人とは出逢わないと言う。






だからこそ、自らが学び、自らを更に一歩研き高めることによって、素敵な出逢いを積み重ねて、磨きを掛けていきたいとと思う。
【2015/10/05 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Insurance
元禄の大井戸

Insuranceと言えば、保険のことだが、野球等で、大量得点を取った時に、駄目押し点だと言う、この駄目押し点のことを、Insuranceと表現する。






まさしく、保険といえば、保険だ。






福山の三吉町に、ある陣屋の大井戸がある。






知る人ぞ知るの大井戸である。






元禄年間に創られたもので今でもひっそりと、町内の人が護って下さっている。






福山市内にお住いの方は、是非、ご覧になることをお勧めする。






私は、昔、青年会議所の水野勝成研究委員会の委員長を仰せつかった時に、この井戸を教えて頂いて感激したものだ。






今日、偶然にもこの近くを通って陣屋の井戸を観て先日から思い出していた井戸の水替えの話を実感として味わった!






井戸の水替えをする時には、最後の一汲みまで、決して手を抜いてはならない、最後の一組を怠ると水は又濁って何をしていたか
分からなくなる・・!






先日より、ぎっくり腰で困っていたが、殆ど治りかけている時に、一寸無理して、拗らして、結局もう1週間余分に痛みを持つことに
なってしまった。






完全に治り切る瞬間まで決して手を抜かずに養生をしなければ、ならないと教えられたように思う。






ぎっくり腰からの生還、あともう半歩だ!






完治してから、もう1週間余分に気を付けたいと思う。






これが、Insurance 駄目押し!
【2015/10/04 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
四角い部屋を丸く掃く
2015年10月洒掃

今朝は、教会の洒掃のお手伝いをさせて頂いた。





洒掃は、普段きれいにしてる処も、改めて実意を込めて掃除をすることを言う。






天上を丁寧にタオルで拭きながら、子供の頃、母が私によく言っていたことを思い出した。






四角い部屋を丸く掃いては、いけません!







隅の隅まで丁寧に、しなさい・・!






そして、雑巾をバケツで洗って絞る時には、バケツの中で絞りなさい・・!






そうすれば、バケツの外に水が散ることはありません・・!






そうやって、細かな注意を受けたものだ!






最近はルンバのような、掃除機があって、子供達にどのように親は教えているのだろうと思う。





幾ら便利な世の中になっても、やはり人間が自分の手で掃除をすることは、大切だと思う。







22世紀になっても、真心のこもった心豊かな時代であって欲しいと願います。

【2015/10/03 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
川背・海腹・・?
さんま


次のようなニュースが流れていた。






『民主党代表代行の蓮舫・参院議員が「意外」なところで「批判」された。
ツイッターに投稿した1枚の写真がきっかけで、「マナー違反」を指摘する書き込みが相次いだのだ。


 「釜石の恵!」というコメントの下に表示されているのは、白い皿に乗った焼きサンマ。しかし、一般的な盛り付け方と違ってサンマの頭が右に向いていたため、一部ユーザーから「右向いてますよ。右www」「魚の置き方も分からないのか?」などと厳しく「追及」された。』






丁寧に、ご覧の写真入りだ!






確かに、世の中には常識と言うものがあるが、それを知らずしてつい、勢いで書いてしまって失敗することもある。






唯、蓮舫さんは、一寸失敗が多すぎる、国会議員としてはやはり問題があるようにも感じる。






余り、人様のことを取り上げるのは気が引けると同時に、ファンの方からは、お叱りを受けるかもしれないが、一寸軽率な感じは否めない!





国会議員さんだから、敢えて許し頂きたい!






例の、事業仕訳スーパーコンピューターの時に1位じゃないと駄目なのですか?2位じゃいけないの?






鬼怒川の堤防の問題も、やはり同じだ!





発言の前には深呼吸が必要のようですね!






サンマの話に戻るが、お皿に盛り付けする時には、左が頭が常識のようである。






こんな話を聴いたことがある。






ご神前にお魚をお供えする時に、どちら向きにするのか?






川背・海腹!






川の魚、鮎等は、背中を神様の方に、海の魚、鯛等はお腹を神様の方に向けるのが基本とのことだ!






世の中には決められていることが沢山ある、それには、それぞれ意味があることを知っておかなければならない。






そうやって、常識と言うものが出来上がってくるのだろう!






私は、外国語の文章を対外的に発表する時には、必ずネイティブにチェックして頂くようにしている。





それでも、誤りがあることには注意をしなければならない!






蓮舫さん!お互いに気を付けましょう!

【2015/10/02 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード