『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
感謝すること沢山
2013献血

今月の中旬に、上京した際に三ヶ月に一度の恒例の献血に行かせて頂いた。




前日も前々日も、お神酒さんを頂き過ぎていたこともあり、肝機能γに問題があるかと心配していた。



何時ものように、献血の際に一緒にして頂ける血液検査の結果が届いた。






お陰様で、数値は全て問題なかった。






それにしても、献血をすると血液検査を無料でして下さることには、感謝である。






そして、以前、ドクターに言われたことを思い出していた。






「あなたは、元気な体に生んでくれた両親に心から感謝しなければ、ならない・・」






本当にその通りである。






改めて両親に感謝をしたい。






そして、6月もお陰様で身体丈夫で無事に万事好都合で過ごさせて頂けた。






感謝しても感謝しきれない程、感謝することが沢山あった6月。






7月もより一層素晴らしい月になりますね・・・!



ありがとうございます!
 
【2013/06/30 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
老舗
麻生さんアイスクリーム

 最近、ネット上に面白い写真が掲載されているのをみつけた。


麻生副総理のダンディズムが叫ばれて久しいが、麻生さん72歳には見えない、若さである。




コンビニローソンの前でアイスクリーム洒落込んでいる。






当然、SPが囲んでである。



鴻池



麻生さんのJC時代の愛弟子、鴻池祥肇さんが、それを真似てか、同じようにコンビニ、こちらはファミリーマートの前でアイスクリームを食べている。






素敵な先輩の真似をしたいものだが、やはり、一寸イケてない。





 老舗とは師に似せるという意味だが、やはり、同じアイスクリームを食べても、その人の後ろにあるダンディズムが違うのかも知れない。



日本の副総理が、コンビにてアイスとは素敵ではないか・・・!?
【2013/06/29 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
勘違い
新旧交代

 東京都議会のポスター?


先日、東京を歩いていたら選挙だと思われるポスターが目に飛び込んで来た。



みんなの党の渡辺さんが写っている。







新旧交代を銘打っている。






渡辺さんと石島さんが新旧で交代するように思ってしまったが、実は違うようだ。






渡辺さんが旧で、石島さんが新?






渡辺さんも最早、旧になってしまったかと勘違いしてしまう。



ポスターはもっと解り易く、勘違いされないように工夫が必要ではないか?
【2013/06/28 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
一歩一歩の積み重ね
雁行橋

兼六公園の話の続きである。



兼六園の中にある、雁行橋。


赤茶の石の橋。






ガイドさんが、雁が飛んで行く姿を表現しているとか、色々親切に説明して下さった。





それでも、何故か変なことが気になって仕方がない性分である。







よく見ると中央が窪んでいる。






ボランティアガイドさんに、伺ってみた。






あの石の橋は、どうして真ん中が窪んでいるの?






すると、ガイドさんの意外な答えが返って来た。






観光客の女性の皆さん、ハイヒール履いてこの橋を渡る、その内に、踵で石橋が削られていったのです・・・
恐るべし、女性の足の力。






一歩一歩は、大したことはなくても何年も何年も、人が歩いていけば、あの硬い石も削られていくのだ。






丁度、水滴が岩を割るのと同じようものだ。







辛抱して神抱して行けば、必ず目に見えて結果が見えてくるものだ・・



一歩一歩の積み重ねって凄い力を生むのだ! 
【2013/06/27 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
縁起物
七福神

今月の半ば、金沢に出掛ける機会があった。



会議の前の間隙を縫って、折角来たのだからと兼六園を訪れた。



ボランティアガイドさんが、案内をして下さった。






兼六園は、金沢のお城の接待場所であったようだ。






庭の中は、とても素敵だった。






流石は、日本の三公園に上げられているだけはある。






七福神の山を拝見した。






見事なものだ!






左の帽子のような形をした岩は、大黒様の帽子のように見える。






中央には、布袋さんが寝そべっていると言われると確かにそのような感じがする。






昔の、お殿様、特に戦国時代を勝ち抜いて来た人たちは、明日をも知れない自分達に対する心の拠所は、縁起担ぎだったのかも知れない。






 私達の金光教では日柄、方位方角を言わない。






天に地に、生かされている私達は、全ての事柄に感謝して今を大切に生きれば良い。






全てが神の住処だと!






特に縁起を担ぐ必要もない。






方位を気にする人、東に引越しをしてはいけないと言われたら、一旦南に移って、それから、ぐるっと回るようにして、引越しをするなんて人もいるようだ!






縁起を担ぐと、結構ストレスがあるのではないか?



皆、もっと楽に暮らせば良いと思う。 
【2013/06/26 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
温風ヒーター
温風ヒーター

ペチカの響きと温風ヒーターの響きは、全く違うが、寒い冬には、とても助けてもらった。




今の時期はクーラーに、扇風機の組み合わせ。




しまい忘れた温風ヒーターを見ると、それだけで汗が出てしまうように気がする。






毎朝、朝参りをさせて頂くが、長袖来ている人はいない。






つい、数ヶ月前は、長袖に上着、そして膝掛けまでしていた人が、ノースリーブや半袖のポロシャツ。






誰が、そうしろと言った訳で無いのに、皆が自然とそういう服装に変わってくる。





季節とは不思議なものだ。






こうして、体も夏に向けて着々と準備を進めていく。






遅くなってしまったが、今日は感謝の気持ちを込めて丁寧に、温風ヒーターを掃除して来る冬に向けて奥座敷に移動して頂こう!





有難うございます!




See you again!
 
【2013/06/26 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ペチカ
ペチカ


この暑いのに、ペチカの話で恐縮です。




ロシアの暖炉のことをペチカと言う。



子供の頃、北原白秋のペチカの歌を学校で習った。






最近、聞くところによると、このペチカは学校では教えないらしい。






どうしてと疑問を持つと、ペチカ自体を最近では見ないからだそうだ・・・






その答えには違和感を覚える。






メダカの学校は、最近でも見ているのか?






お猿の籠やさんは、今でもいるのか?






最近見なくなったからと言って、素敵な歌を教えないのは如何なものか?







この歌は、ペチカのことを教えているのではないと思うのだが・・・







本当に大切なものを、どこかに置き去りにしている今の教育に一言物申したい









雪の降る夜は 楽しいペチカ
ペチカ燃えろよ お話しましょ
昔 昔よ 燃えろよペチカ

雪の降る夜は 楽しいペチカ
ペチカ燃えろよ 表は寒い
くりやくりやと 呼びますペチカ

雪の降る夜は 楽しいペチカ
ペチカ燃えろよ じき春来ます
今にやなぎも もえましょペチカ

雪の降る夜は 楽しいペチカ
ペチカ燃えろよ だれだか来ます
お客さまでしょ うれしいペチカ

雪の降る夜は 楽しいペチカ
ペチカ燃えろよ お話しましょ
 
【2013/06/25 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
奇跡は起きた
奇跡は信じる人に起きる

奇跡は、信じる者にのみ起こると言うが、まさしくその奇跡が起きた。



昨日、金光教高須教会がベースに「みちてる文化市」が開催された。


準備前日迄の雨と打って変わって、準備の日は晴れ、準備にそして、今日も全く支障がないと言うより、それまでの雨が降ってくれたからこそ、埃もたたず、素晴らしい日和を迎えさせて頂いた。


文化市




天地に守られているようだ!






「天は我に味方した・・」











実際は、何時も味方をしてくださっている!





文化市の為だけに、空は晴れたよう。






そして、当日は、最高気温も25℃前後で、快適、併せて、文化市が終了して、テントを仕舞った後から、小雨で、全員で後片付けが段取りよく出来た。






世の中に、不思議はないというが、奇跡としか表現しようがない!






そして、今朝は雨が降った。






これら、一日ずれていたら、どうしよもなかったに違いない!






文化市の成功の為に、実行委員会を重ねて来たが、当日雨だったらと梅雨の季節にも関わらず、誰も心配する者はいなかった!

文化市1





この文化市、ボーイスカウトを中心としてジャンボリーに支援をする、青少年の育成、そして、金光教国際平和センターが推進する国際平和活動KPAC等への応援が大きな目的の一つ。






美味しい料理、お買い得の商品を数多く揃えてのバザー、そして、NPOみちてるの支援を頂戴して、「子連れ狼と
水戸黄門様の演劇」参加された方、皆が楽しまれたことが、何よりも嬉しい!






奇跡は信じる者に起きるのだと確信した!



これから、次々と素敵な奇跡が起こるような予感がします!





神様・・ありがとうございます! 
 
【2013/06/24 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ファイト一発!大当たり・・・
ファイト一発リポビタンD

姉が以前、薬局をしていたこともあり、父はリポビタンDを愛飲している。




私も日中眠気に誘われたりした際には、このリポビタンDを頂く、効果覿面である。



大学を出て、サラリーマンに成りたての頃、毎晩のように飲み歩き、二日酔いになることがよくあった。






それでも、会社に遅れられない、しかしムカムカする。






そんな時に、リポビタンDを2本続けて飲むと、吐き気に襲われ、胃の中の物がすっきりと外に運ばれる、そんな常備薬であったことを思い出す。






 リポビタンDのボトルに付いている、小さな赤いシールを集めて台紙に貼って送ると、景品が当たる。





毎日のように父が飲んで、几帳面に冷蔵庫に貼っている。






それを見つけて折角なら台紙に貼って送ってみようとトライした。






何と、大当たりで、昨日、リポビタンDが10本届いた。






有難うございます!






幸先が良い・・・





ついているのです!




ファイト~一~発! 
【2013/06/23 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ちりし
ちり紙

 
先日、福山駅の前を歩いていたら、さんすてに開店したお店がティッシュペーパーに広告を入れて配っていた。




このティッシュの広告は、効果があるようだ。



捨てないからだ。






 そして旅行者に寄ってチケットの手配をして貰っている時に、カウンターの上の籠に、ティッシュがあったので、一つ頂戴した。






 ティッシュって便利がいいものだ。






母が、その日私に「ちりし 持ってる?」






と聞いた。






一寸可笑しかった!






そう言えば、昔、ちり紙のことを ちりがみ ではなく、ちりし って母は言っていた。






ちりがみ より ちりし の方が一寸上品な感じがするらしい。






 今はトイレットペーパーだが、昔は「落し紙」って言っていた。






水洗式が普及してからも暫くは落し紙と言っていたような気がする。






時代によって、呼び方も変わってくるものだ。




母に、鞄の中に入れておいたらってポケットティッシュを一つあげた。
 
【2013/06/22 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
そら恐ろしい!
ボーイング787

 先週、出張に出掛けていつものように航空機を使わせていただいた。


私は国内では基本的にはANAしか乗らない。
 



 ラウンジ待っていると、先日から運行が再会された787が、誘導路を滑走路に向って走っている。






バッテリーに問題があって、それも解決されて大丈夫と太鼓判を押されての再開だが、何となく乗るには勇気がいる。






不思議なものだ。






 787が就航して、私はその機材でドイツに行ったことがある。






前宣伝通り、とても快適な飛行機であった。






 そして、国内線でも一時は、わざわざ787を選んで乗っている人もいたほどだ。






それが、一旦、トラブルがあると、考えて込んでしまう。





 汚名返上は、難しいものだ!



しっかり自ら進んで乗ってあげたいと思うが、やはり、一寸ではない、空恐ろしい感じもする! 
【2013/06/21 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
60日の恩返し
カラスの巣
 
先日、カラスの巣が電柱に作られていることを書いた。


そして、数日前、中国電力さんが、その巣を撤去された。




誠に残念なことに、その巣から一羽の鄙が落下してしまった。






可愛そうなことをした。






 カラスは、親鳥が約2ヶ月にわたって、卵から孵った鄙に餌を運んで食べさせる。






そして、60日が経過すると、鄙は自らの力で巣立っていく。






そして、それから60日は、その子供が今度は餌を、自分達に巣に運んで来ると、ある徳者の方に伺ったことがある。






親への恩返しである。






 人間は如何だろうか?






万物の霊長と言われながら、独り立ちをした後、親にどれだけの人が、恩返しをしているだろう?






勿論、親は子供に見返りなど求めず、至上の愛を尽くすが、最近は、カラスにも劣る人がいることが残念である。



 私達は人間は自然界から学ぶべきことが沢山ある! 
【2013/06/20 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
横入り
横入り

空港のセキュリティーチェックのところは、平日の昼間でも結構行列が出来ている。




パソコンを出して、金属のあるものは全て取り外して、鞄をX線に通してと、しなければならないことがあるから、大変だ。


特に、団体旅行等が入っていると長蛇の列が出来ることもある。






そして、そんな時に、CAやパイロットのクルーの人たちが、横からゾロゾロと来て、一番前の人に、頭を下げて、先に行かせて下さいと言って、通っていく。






 こんな光景をよく見かけるのだが、私は違和感がある。






行列の一番前の人の前に入るのだから、その人に頭を下げて頼むのは結構だが、列を作っている人、皆待っているのだ。






 然らば、並んでいる人全員に向って、お願いするべきではないか?





3番目の人が、横は入りは認めないと言ったら、4番目に入るのだろうか?




 特に、気にするべきことではないのかも知れないが、横入りには、然るべきルールがあって良いのではないだろ
うか?
 
【2013/06/19 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ならぬものは ならぬ
ないものはない


今、NHKの大河ドラマ「八重の桜」が放映されている。



会津藩で思い出す言葉は、「ならぬものは ならぬ」



即ち、いけんことは、いけん!






子供を教育する時には大切なことだと改めて思うのだが、先日、福山市内を車で走っていて面白い幟を見つけてしまった。






 「ないものは ない果物屋」さんである。






これは、どっちの意味なのだろうと考えてしまった。






全ての果物が、この店にはあるということか?






然らば、万一ない物があったら偽りになるではないか?






ないものは、ない!






あなたが、どれだけ頼んだって、ないものは ないのです!と言っているのか?






恐らく、前者の意味なのだろうが・・






その心意気に敬意を表することにして、深く考えないことにする!



無いものねだりを、しては、いけない! 
【2013/06/18 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
草臥れた
草刈

昨日、朝7時~10時迄の3時間、山で草刈をさせて頂いた。



夏を控えるこの時期になると鬱蒼と茂っている。



つい、先日、草刈をさせて頂いて山も綺麗になっていたと思っていたが、早一年が経過していた。






前日の大雨で、土も丁度良いお湿り状態で、比較的楽に作業が進んだ。






昨日の草刈の為に、鎌をキチンと研いで下さる方が陰におられる。


草刈2013




切れ味抜群であった。




これを万事好都合と言うのだろう。






万事好都合の後ろに、段取りをつけて下さるかたがあってこそだろう。






午後からの暑さを思えば、とても好都合な草刈でもあったが、やはり草臥れ~た・・!って感じる。






草臥れるって、草が入っているのが面白い。






それにしても街中で育った私にしてみれば、どの草を刈って良いのか分らない。






恐らく、刈る必要のない草もあったに違いない。




小さな草でも一生懸命生きている、時期に時期にちゃんと芽を伸ばしてくる自然の力を感じた昨日だった。
【2013/06/17 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
統一球にサイン
統一球

 プロ野球で使っているボールが問題になっている。



昨年迄と違って、飛ぶボールに戻ったそうだ。




それをコミッショナーが知っていた、いなかったと問題視しているようだ。



わざわざ、ボールにコミッショナーのサインがあるではないか?




今更、知らなかったとは言えないのではないか?






確かに、野球においてはボールが命であることには違いない。






それでも、私は不思議に思うことがある。






試合において、それぞれのチームが使うボールに違いがあるのなら大変なことだが、双方、同じ条件のボールを使っている訳である。






 飛ばないボールなら投手の配給も、守備位置も違って来るとは言うが、本当にそんなにデリケートなものなのだろうかと素人の私は思ってしまう。





同じように、官僚からの天下りのコミッショナーは、野球は素人だったに違いないと答えが出てくる。




又、投手陣にとっては、被打による、成績で年俸も変わってくるというが・・・






 もっと、ワイルドで良いのではないか?





この度の問題、コミッショナーの肩を持つわけではないが、私は大した問題ではないと思っているのだが、それは違うだろうか?


 フェアーかフェアーでないかが、判断基準なのではないか?
【2013/06/16 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
創業祭
創業祭


昭和25年に私の父が、弊社を創業して今年でお陰様で63年を迎えさせて頂きました!




感謝の気持ちでいっぱいです!




そして、創業して10年後の6月に株式会社として登記させて頂いた。






毎年、6月に今までのご愛顧に感謝して、創業祭を開催させて頂きます。






今年は、今日から全店で6月30日迄。






今回は、生活必需品のプレゼントを中心とした抽選会を実施しています。






 夏物の商品も充実し各店、華やかに品揃えをさせ頂いて、感謝の気持ちでスタッフ全員でお待ち申し上げております。




福山市内にお住まいの方々、是非共お近くの各店にお立ち寄り下さいませ!





天満屋1階婦人靴売場、同じく5階紳士靴売場



さんすてふくやま1階 MRKシューズ


天満屋ハピータウン緑町店 ニューヨークタイムス



天満屋ハピータウンポートプラザ店 足と靴のナカムラ REGALSHOES



フジグラン神辺店 ニューヨークタイムス REGAL SHOES
【2013/06/15 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
秘伝の化粧水
化粧水

 私の父は、大正15年生まれ、今年87歳。



先日、病院に検診に行ったら、ドクターが60代に見えますね・・・・


父は、一寸気持ち良かったというか、誇らしかったに違いない。






傍で、父をみていて、思うことがある。






確かに、肌がつやつやしている。






大体90歳近くなると、カサカサ肌でも仕方がないと思うだが・・






もう何十年も、父は、自分が庭で作ったドクダミを獲って来て、縁側で干して、そして焼酎?につけて独自の化粧水を作っている。


どくだみ




 それを先日、伯母や叔母達に送っていた。






そして、伯母や叔母は、皆、良い感じと喜んでくれているようだ!





でも母は、自分の銘柄があるようで、決して父の化粧水は使わない!




 お肌すべすべの秘伝の化粧水が父にはあるのだ! 
【2013/06/14 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホスピタリティー
FUEL.jpg

 思いやりは、サービス業の基本であると改めて感じた。



先日のことだ、ドライバーとして一番恥ずかしいことをしてしまいそうになった。





毎朝の、朝参りのことだ。






午前5時前に家を出て、何時ものように教会に向った。






前日、明日はガソリンを入れなければと思いながら、何とか朝参りの往復は大丈夫だと高を括っていた。






そして、朝出掛けて計器を見ると、燃料切れのランプが点いている。






 何と、前日、息子が私の車に乗っていたらしいのだ。






そして、航行可能距離が一桁になっている。






往復約40キロ、これでは絶対に走って帰ってこれない。






 どこかで給油をしなければと思った。






しかし、朝のことで生憎何時ものスタンドは開いていない。






家を出て15キロ位走っている。今更、引き返すことも出来ない。
 





 セルフのスタンドを探すしかない。






そして、ポケットに触って気が付いた。






財布を忘れている。






大体、朝参りの時にはお金は持って出ない。






ダッシュボードをみたが、小銭で500円。






 そうこうして、セルフのスタンドが見付った。






取敢えず、500円分入れたら、30㌔程度は走ることが出来る。





さすれば、何とか帰り着くことが出来るだろう・・・






 スタンドに入ったら、何ともお札しか使えないではないか?






すると、スタンドの当直の老人が、出て来た。






『何か困ったこと?』と聞いてくれた。






『500円分だけ入れたいのだけれど・・』と言うと、






その老人、1000円出して






『これを使って500円分入れて、その後、精算機で、精算して500円返してくれたら良い』






素敵な老人の心遣いに助けられた。





そして、無事に帰還できた!






ボーイスカウトのポリシー






備えよ常に・・・






を思い出したが、それにも益して、老人の優しさが身にしみて嬉しかった!




ありがとうございます!
 
【2013/06/13 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホテル西洋銀座
マカロン

 西洋銀座のマカロンを頂いた。



中にレーズンが入り、卵だろうかとても美味しかった。



マカロンと聞いただけで、とても粋な感じがする。






 あの銀座にあるホテル西洋銀座、間も無く閉店すると聞いた。






学生時代に、時折銀座に出掛けて、西洋銀座の前を歩いたものだ。






文化的な催事もよくされていた。






流石、西武って思ったものだ。





時代の流れか・・西洋銀座の灯が消えていく。




 何とも言えない、このマカロンはノスタルジックな味がする。
【2013/06/12 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
双眼鏡の先にあるもの
カラスの巣1

 先日のことだ、中国電力の車が拙宅の前に停まった!



お兄さんが突然、車から降りて来て双眼鏡を覗いている。



その先には、なんと電柱の上に、カラスが大きな巣を作っている。



カラスの巣



そして、ヒナが孵ったばかりのようだ・・・






中電さん、1週間に何度も来て観測されているとおっしゃった。






 何れにしても、危険なので、どこかで巣の撤去をお考えのようだ






しかし、ヒナがある程度大きくなって飛べるようになってからと思っておられるのだろう






 鳥や動物に対する優しさが嬉しいではないか




そんな気持ちを大切に、原発のこともお考え頂ければ、素敵な世の中になるように感じる!
【2013/06/11 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
トンネルは車は大敵かも知れない
高速道路の信号機

 ある人から昔聴いたことがある



関門海峡も然り、長距離の横断のトンネルは、車は通さない。




車を通すと火災の不安があるからだそうだ。






確かにおっしゃる通りかも知れない。






先日、息子と九州・博多に車で出張をした。






関門橋を超えて、八幡トンネルの手前で驚いたことがある。






高速道路に信号機があるではないか?






どうして、高速道路に信号機があるのだろう?






あれこれ、息子と車の中で話してみた。






考えてみれば、長いトンネルで渋滞があった場合に、交通量をコントロールするには、この方法しかないのかも知れない。






それにしても、高速道路に信号機がある方が危ないように思うのだが、ノロノロ運転で、渋滞した場合に一定の車量を超えた場合にはトンネル内に車を進入させないようにする手立てなのだろうか?






日本道路交通情報センターに一度伺ってみたいと思うのだが





世の中には、思いもしない方法で物事をコントロールすることがあるのだと改めて感じた九州出張だった!


この年になって新しい発見があることが嬉しく感謝でもある。 
【2013/06/10 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
意図を明確に
R2.jpg

先日、国家公安委員長が、道路交通法について触れていた。



交通の取締りを改めて考えてみたいとの内容だ。



スピードの上限について、確かに60キロ制限のところを、バイパス等であれば80キロ位で多くの車が走っている。






暴走は許されないが、ある程度はと考えるのも不思議ではない。






そういう私も、高速道路から下りたバイパスで一年ほど前にスピード違反で捕まったが、正直に言えば、特にスピードを出している感じもしなかった。






 車の流れが80キロなら反って流れに沿って走った方が安全でもあると思う。






しかし、悪法と言えども法は法!






遵守しなければならない。






以前にも、ブログに書いたことがあるが、交通取締りで許せないことがある。






それは、一方通行の標識の後ろの電柱などに隠れて、止まらなかった飛び出して、その車を捕まえる警察の所作である。






 本来は、事故を未然に防ぐのが目的の筈、然らば標識の前に立って、一旦停止をして下さいと呼びかけるべきであって、陰に隠れるのは如何なものか?






取り締まるのが目的なのか?






事故を起こさせないことが目的なのか?






取締りの意図を明確してほしものだ。






国家公安委員長さんは、意図を明確させて頂きたい。



素敵はジョッキーポリスさんもいるのだから 
【2013/06/09 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
商品名
日本の工場

 時々、100円ショップに行くことがある。



確かに多くの品揃えで、安い感じがするが、やはり中国製が多いのだろう?



ある方に伺ったことがある。






中国製の割り箸、漂白剤に浸してあるから、その箸を金魚鉢に入れると金魚が浮んでくる。






中国製は信用できない・・・






 実際は別として、確かに私もそのように感じる。






中国人の皆さんごめんなさい!






 そして、ハンドソープのパッケージを見て、つい可笑しくなってしまった。






日本の工場で・・・って書いてある。






 この日本の工場で作ったというのが、強烈なセールスポイントなのだろう。






それでも、日本で作ったなんて変な商品名ではないか?






何となく安心感がある。





 私もつい買ってしまった。




やっぱり、Made in Japanは素晴らしい 
【2013/06/08 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
慣れとは
為替

慣れとは、一寸怖いと感じた。


今朝のニュースを観ていて、急激な円高・・・



1$が、95円、1€が127円






株価も恰も私の血圧のように乱高下の昨今。






つい先日まで、1$80円前後、€も101円だったのが、100円に130円と、輸入業者としても私としては、一寸諦めの境地だった。






 3カ月前に比べたら、2割以上の円安の筈なのだが・・・






株にしても、為替にしても、取敢えず調整局面のようだ。






従って、政府も特に何もコメントもない。






良い状況の時に、調整が入るのがベターなのだろう。






それてにしても、物事に慣れてしまうのは問題だと改めて感じた。






変動為替制度からの脱却を視野に入れていかなければならないでは・・・




アメリカに行くとバドワイザー1本は、1$、それを基本に決めたら如何だろう?
【2013/06/07 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
鑑識が来た
鑑識


2日、鑑識を呼べなんてブログに書いてしまった。


昨日、鑑識が来てしまった。



 昨日の朝のことだ、目の前の会社に空き巣が・・






ガラス戸を破って侵入。






 警察官が来て、早速捜査を開始した。






つい先日、この地域に空き巣が横行していると新聞に載ったばかりだ。






 朝から、会社に足を踏み入れられない、足型を取るために鑑識が来るまで皆、足止め。






誰も怪我もなく、盗まれた物も殆どなく、事なきを得たようだが、何とも気持ちが悪い。






しっかりと、防犯をしなければならない。





空き巣に入られたら、その後が大変だということがよく分かった。






皆さん、気をつけましょう!






念には念を入れて。



罪を犯させないことが一番、大切だ。
【2013/06/06 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
PKは、祈りのキック
WC.jpg

 昨日の、ワールドカップ予選、オーストラリア戦は、本当に良かった。



日本人の誰もが喜んだことだろう。



今日も、テレビでその模様が何度も何度も放映されている。






 以前、PKについてブログに書いたことがある。






ペナルティーキックは、どうも頂けない。






Peace Keeping ではと・・






今回、改めて思う。






確かにハンドの販促によるペナルティーだから、ペナルティーキックで良いのだが。






アディショナルタイムになってからのPK






本田も然り、選手も、サポーターも、そしてテレビを観ていた人たち、そして私達もそうだ。






祈りながら観ていたのではないか?






そして、祈りは通じた。






然らばPKは、Pray(祈る)Kickでは如何だろう?




祈りは、最後の手段ではない






最善の手段だと思う。
【2013/06/05 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
距離感
ポルトガル

 距離に対する間隔は、遠方に出掛けると確かに違う!



福山から大阪に行くのは、そんなに遠い感じがしないが、九州となると一寸・・



 私の函館に住んでいる友達が、折角東京まで行くのだから、一寸広島に寄ろうかと言ったことがあるが、東京に行くのも広島に行くものあまり大差ない感覚だろうか?






 私達が海外、ヨーロッパに行った時に、展示会の最終日にイタリアから、他の国に移動して一泊して帰ることがある。






コストも、イタリアから英国に飛んだって5,000円程度。






不思議と、イタリアから英国、フランス、ドイツと飛んでもそんなに違和感もないから不思議だ!






 先日、ポルトガルから新しいメーカーさんが、私共の店を訪問して下さった。






東京まで来るから、寄らせて頂くと・・・






 やはり、飛行機で1時間程度だと、とても近い感じがするらしい。






全く、移動するという感覚はないようだ!






このメーカーさん、男前だ。






私共スタッフの一人が、握手して下さいって手を行き成り握った。





外国人は一様に格好良いと思っているようだ!




何でもそうが、人は感覚によって左右されるものだと感じる。
【2013/06/04 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
ベスト9
博多通りもん

ベスト10は、よく聞く。



そして、高校野球等は、ベスト8ととかあるが、ベスト9は、野球選手の時くらいか?


先月、広島で開催された菓子博は、相当な人出で、地元広島県にお住まいの方も充分に買い物や、見学が出来なかったとおっしゃる方も多かった。






そこで、福山商工会議所は、粋な計らいをしたのだ。






福山の本通商店街にある、商工会議所のアンテナショップの「ふくふく」に菓子博でのベスト9の商品が並ぶ。






そして、買い物も出来る配慮をして頂いたそうだ。






何でベスト10ではないのか?






商工会議所の専務理事に聞いてみた。






すると、博多の通りもん さんは、販売は人の手に委ねないそうだ。






従って、ベスト10の中の「博多通りもん」を除外してベスト9になったそうだ!






それぞれ、プライドもあろう。





そして、妥協をしない姿勢も中々立派ではないか?



そう言われるとやっぱり、食べてみたいものだ!
【2013/06/03 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
鑑識を呼べ
福山市一斉清掃

 今日は、福山市の一斉清掃だった。



明るいまちづくり運動の一環で、私も所属しているボランティア団体を通じて、参加させて頂いた。





朝参りを中座させて頂いて、午前7時の集合で約1時間。






毎回報告させて頂いているが、最近の街中はとても綺麗だ。






しかし、側溝の蓋の下には、煙草の吸殻がやはり落ちている。






仲間達と、商店街の一角にある小さな公園の隅に行ってみると、何と、JAFのカード、病院の診察券、そして薬に、煙草、ライター、ボールペンと一般的な鞄の中身が、そっくりと落ちているではないか?






 鑑識を呼べって言いたくなった!






恐らく、置き引きとかトンでもない輩が、盗んで現金を抜き取って、捨てたのだと容易に推測出来る。






 兎に角、新しいゴミ袋に、その品を詰めて今回の受付に届けさせて頂いた。






それにしても、一寸不気味な感じがしたが、この方に怪我等がなかったことを祈りたい気持ちでもある。






 帰宅して、新聞に目を通したが、特に事件もなかったようで安心した。



 6月の最初の日曜日、何れにしても爽やかな小雨のスタートだった!
【2013/06/02 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
プロフィール

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード