『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
頑張れ!商店街
商店連合会

一昨日、高田健司理事長率いる、福山市商店街振興組合、連合会の総会に出席させて頂いた。




私は、商店街出身者だと言って来た。



今から30年前に駅前市街地再開発で、商店街で一緒に商売させて頂いていた人たちと、天満屋さんを核とする再開発ビルに出店し、それ以来、商店街には所属していなかった。






 あれから30年!






この度、30年振りに天満屋百貨店さんと一緒に、地元を束ねている、私が社長をお受けしている管理会社は、商店連合会に加入させて頂いた。






 地元の商店街で頑張っておられる皆様とは、顔馴染みでもあり、改めて加盟させて頂いて良かったと思った。






総会で、理事長さんのスムースな運営に、そして懇親会では市・商工会議所・福山東警察署署長さんに、衆議院議員の小林さんも参加され、大いに意見交換をさせて頂いた。






 そういえば、30年程前、JC時代に米子である勉強会に参加して、パネルディカッションのパネリストをさせて頂いたことを思い出していた。



今井書店



 時に、コーディネーターをされていたのが、米子の今井書店の社長さん、今は会長さんになられていると伺ったが、永井伸和さん。






 当時から、才に長けた人だと感じていた。






今、米子は少しづつ商店街に人が戻って来ていると言われている。






 今井書店さん、30年程前から郊外に積極的に出店をされ、大成功をされておられる。






その今井書店が、最近、当時の商店街にあったお店に戻ってこられてお店を開けておられるそうだ!






 地域の老人や、子供達のコミニティーを形成する新しい形態の本屋さんとして・・






今井書店の永井さんのことを思い出しながら、福山の商店街も何時の日か、再生されるであることを期待したい。






 商店街は、その町の一番の地場産業である。






その町で生まれた人が営業し、その町で生まれ育った人がお客様である。






私達を育ててくれた、商店街を捨て置くわけにはいかない。






 皆で、努力したいものだ。






先ずは、商店街に感謝を意を持つことから始めたい。






 五月もお陰様で無事安泰に万事好都合で過ごさせて頂いたことに改めて感謝します。




そして、六月がより一層素晴らしい月でありますように心から祈念致します。 
【2013/05/31 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
同じ論理
橋下市長

橋下大阪市長、維新の会の共同代表が、慰安婦発言でバッシングを受けている。




そして、先日、説明(釈明?)の為に、先日外国人記者クラブで講演を行った。








この講演、会見の評価は、各社、各人、各様だ。









この発言内容については、敢えて申し上げる積りもない。






客観的に眺めていると、幾つかの気付きを頂く。






 人気は何時までも続かないのか・・・?






「何でも釘付けではない」と、ある徳者の方がおっしゃった言葉を思い出す。






何時までも悪い状態は続かないのだ、着実に地道に努力さえ前向きにしていれば、必ず浮上してくる。






逆も真なりであろう。






そして、人は同じ論理で殺されてしまう。






織田信長は、人によって






徳川家は、組織によってである。






橋下さんも、結局、多すぎる口によってか?





口は災いの元とも言うが、公人の口は、もっと大きな意味を持つ。




橋下さんは、人を論破して勝って来た、改めてその意味を再考されるべきではないか?
 
【2013/05/30 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
中国新聞イケテルじゃない
中国新聞テレビ欄

今日は、広島と日本ハムのセパ交流戦。



中国新聞のテレビ欄を観て、中々粋なことをするものだと中国新聞の編集者に心から敬意を表したい。



そして、ウィットも感じられる。






何と、左の一文字目を縦に読むと






「大谷もみたい」と読めるではないか・・・?






こんな粋な記事をテレビ欄と言えども作れるとは驚きである。






是非共、大谷選手投手として出て来て頂き、カープの底力をルーキーに見せ付けて差し上げたいものだ!



頑張れ!カープ
【2013/05/29 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
年齢への挑戦
三浦雄一郎

 三浦さんが、80歳にしてエベレストに登頂されたニュースが先週流れた。



心臓手術を克服してのことだ、この世代の人は確かに凄い。


どうして山に登るのか?と聞かれた登山家が、「そこの山があるからだ・・!」と答えた話は有名だが、80歳になって、そこに山があるからもないだろうと思う。






恐らく、三浦さんは、自らの年齢へ挑戦されたに違いない。






年齢への挑戦は、命への挑戦であり、






人間の可能性への挑戦だろう!






そして、私はこの世代の人の凄さを何時も身近に感じている。






我が、尊敬する親父殿だ。






50年も毎日、乾布摩擦を寒い朝も、当然真夏もである。






そして、ここ近年、毎朝1時間近く、拙宅の洗面所の前にある和室で、丁寧に丁寧に体操をしている。






自分の体を大切にする生き方は、私は神様の生き方に副っていると何時も陰ながら感心している。


身体丈夫で寿命長久を心から祈念する! 
【2013/05/28 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
本も嗜好か?
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 」の新刊が先程発売されたが、書店に行列が出来たり、凄いと感じる。


 未だに書店では山積みになっている。



文芸春秋社も、打ち出の小槌を持っているようなものだ。






そして、月初めだったか村上春樹の講演会ではない、インタビューのような会があったと新聞でみた。






 確かに、ノーベル賞候補者であるし、時の人には違いない。






村上春樹さんが「三島由紀夫や川端康成は、余り好みではない」ような発言をされていたことが、私には引っ掛かる。






勿論、その人その人のお考えだから結構である。






 私は、三島由紀夫や川端康成の文学、文体が好きである。






だからと言うわけではないが、村上春樹氏の今回の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 」も「1Q89」も余り面白いとは思わなかった。






 先ずは、話題作だから読んでおいた方がと思って読んではみるが、やはり村上さんに好みがあるように、私達にも好みがある。



 そう考えると本も嗜好品の一つかも知れない。
 
【2013/05/27 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
一つづつ丁寧に!
銀座教会

神道では、春の例大祭が各神社で仕えられる、それぞれ大きな意味がある。




私共の金光教も春と秋には、それぞれ大祭が仕えられる。



4月の初旬に、先ずは岡山県の金光教の本部で、そして全国各地の教会で大祭が始まっていく。






私の参拝させて頂いている尾道の高須教会は、5月14日、そして、親教会の大阪玉水教会は4月20日、そして銀座は、昨日だった。






多くの人達と丁寧に、団体参拝をさせて頂く。






大阪の玉水教会は、文化財のような素敵な教会である。






そして、銀座教会は、現代的な造りの教会。






 高須教会は、本部直の出社であると同時に、大阪玉水・東京銀座、それぞれの教会を親教会として頂いている。








 普段、人間は皆、多くのお願い事ばかりをしている。






勿論、私もそうだ。






 そして、つい御礼が疎かになってしまう。






人間社会でもそうだ、いつも親に世話になっていながら、そして子供の頃から色んなこと親に頼んでおきながら、御礼を言うのを忘れたりしている。






 この大祭は、しっかりと日頃の御礼を申し上げるお祀りだと私は個人的に位置づけている。






一つひとつ丁寧に全てに接して参りたい。





大祭が一段落すると、来月には、もう夏越のお祭、今年も折り返しに入っていく。




半期の締め括り、しっかりと今日を大切に生きて生きたい! 
【2013/05/26 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
吉本隆明「共同幻想論」
共同幻想論

日本の言論界を長年リードし、「戦後思想界の巨人」と呼ばれるた、吉本隆明氏




東工大の先生だった。



あの、江藤淳に対して当時は左派の先鋒として有名な方だ。






先日、私の姉の学生時代の友人で、宇田亮一さん、大阪大学を経て、麒麟麦酒に入社して、現在は立教大学の心理教育相談所にお勤めの人がいる。






 私も学生時代に、何度も姉と一緒にお目に掛かったことがあり、弟として可愛がって頂いたものだ。






その宇田さんが、菊谷文庫から「共同幻想論の読み方」という本を著された。






姉が、この本を持って帰ってきてくれたので、一寸借りて読ませてもらった。






吉本隆明氏は、名前だけは昔から聞いたことがあったが、共同幻想論なんて難しくて挑戦する気にもならなかったが、優しく解説してくれていると思い読み進んでいった。






 人間の本質を探求し、そして最後の章には親鸞を用いて説明をしてくれている。






ここ最近、読む本には人間を学び求めていくと最後には、サムシング・グレイトの力に行き着くということが、よく書かれている。






 決して宗教の本ではないのだが、先日、京セラの稲盛さんの話を伺うチャンスがあったが、稲盛さんもJALを短期間で再興出来たのは、サムシング・グレイトの力だとおっしゃる。





 信じきる、遣り切る、祈りきった先には、神のような存在に人は気付くのかもしれない!





皆さんも一度、「共同幻想論の読み方」を手にとってみられたら如何だろうか?
【2013/05/25 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
読み方は難しい
今治

 今日、車で走っていたら丁度目の前を今治行きのバスが信号で停まった。




つい、思い出し笑いをしてしまった。




 数日前、地元のあるショッピングセンターにいたら、館内の案内放送が流れた。






タオル売場の催事の案内であった。






「いまはるタオルが、今とてもお買い得になっています・・・云々」






一瞬、何を言っているのか分らなかったが、後で考えてみれば、






「今治」のことを「いまはる」と言っているのだと気が付いた。






私の悪い癖で、ついショッピングセンターの担当者に注意をしてしまった。






「いまばり を いまはる って放送してましたよ・・・」






すると、担当者の方が






「勉強不足で申し訳ありません・・」と詫びてくれたのだが、一寸変な気持ちでもあった。






そして、翌日、ある先輩にこの話をした。






「雑木林を「ざつもくりん」と読んだアナウンサーがいたが、先日、今治を「いまはる」って読んだ人がいたよ・・・」






すると、その先輩が






「今治は、今ではいまばり って言うが、昔は、いまはる って言ってたよ!どちらも正解だよ」






自分の浅学を恥じ入った瞬間だった。






 早速調べてみると、その通り、大正9年に9月8日に市議会で決議されてから、「いまばり」と言うようになったそうで、それまでは、どちらでも構わなかったようだ。






 そういえば、今治水「こんじすい」なる虫歯の薬が昔あったが、今はどうなったのだろう?






話が横道に逸れてしまったが、相手に注意をする時は、今一度よく調べてからにしなければならないと、改めて自省した。



 読み方も、注意の仕方もは難しい・・・! 
【2013/05/24 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
机上の道路行政
道路

 福山にお住まいの方であれば、天満屋福山店と三菱東京UFJ銀行の前の通りを車で走った方もおられるだろう!



福山駅前が改装された際に、バスの停留所が、天満屋前から撤去されて久しい。




この天満屋前は、天満屋の駐車場に入るために左側路線に催事等の際には多くの車が行列を作る。






そして、駅前に行くためには右側の右折レーンへと






この交差点は、3車線になっている。






バス専用の右折レーンと一般の右折専用レーンと、左折+直進レーンである。






天満屋さんに行かない人も左折又は、直進する場合は、左側レーンを走るしか方法がない。






単純に曲がりたい人も、真っ直ぐ行きたい人もその行列に巻き込まれるのである。






左折レーンが混むのは、本来ないことだ。






右折レーンの右側はバス専用となっていて、兎に角、福山で最も不便な交差点である。






誰が、このレーンの線引きを考えて決めたのだろう。






①車を運転したことがない人。






②全く、交通工学を理解していない人。






③小学生






④お年寄り






⑤福山に住んでいない人






⑥人を思い遣る気持ちのない人






これらの中の、どの人だろう・・・?






何れにしても、机上の道路行政であることは間違いない!






もっと住む人の気持ちになって、車を使う人の気持ちになって頂きたい。






そういえば、今から10年も前、駅前にミニ・ばら公園があった時に、駅に車で送って来た人は、左回りで駅前に車を着ける設計から、車道側に人を降ろさなければならなかった。






 私達は、福山の駅は左ハンドルの外車の為に設計された駅だと揶揄したものだ。






昔から、福山は、交通体系を創るのが下手である。






答えは簡単なのだ、右折レーンを一つにしてしまえば良い。






そして、真ん中のレーンを左折と直進に、一番左のレーンは左折専用レーンにすれば解決する。






 普通のことが、どうして理解出来ないのだろう?



 道路行政の基本は、思いやりだと私は思っている。
【2013/05/23 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
KPAC(KONKOKYO PEACE ACTIVITY CENTER)
Kパック

私達は、親や国や、地域を選んで産まれてくることは、出来ない。



神様からのご指名である。



たまたま貧しい国や、地域に生まれた。






それだけの理由で、教育を受けるチャンスを失ってしまう。






色んなチャンスを逸する。






 娘が小学校の時に、一食を捧げる運動をして、お弁当をおむすび一つにして、幾らか募金をしていたことを思い
出す。






 金光教平和活動センターが、アジアで将来の可能性を危ぶまれている子ども達に、支援をしていることをご存知
だろうか?






写真のような、牛乳パックにも似た、募金箱、あなたの浄財でアジアにいる子ども達が一人ひとりが救われる。






私共も各店舗にこのKPACを置かせて頂いている。






お目に留まった方は、是非、ご協力を頂きたいと願います。






私達は、何も苦労もなく食べることが出来る幸せを実感しているだろうか?






美味しいもの沢山頂いて、






「あぁ~食べ過ぎた・・・」何て言っていることはないだろうか?






恵まれて過ぎている自分を、客観的に見てみたい。






感謝の反対語は、当り前だ!






何もかも当り前になっていないか?






このKPACの活動の素晴らしいところは、直接現地の子供たちを自分達の手でケアーしているところだ。






北のあの国に対するODAとは、違う・・



詳しくは



金光教平和活動センター



KONKOKYO PEACE ACTIVITY CENTER



電話0865-42-3434 
【2013/05/22 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
美味しい珈琲を飲んでいるのは誰だ!
ネスカフェアンバサダー

ずっと以前になるが、こんなCMがあったように思う。



「美味しい珈琲を飲んでいるのは誰だ!」




刑事コジャックが、素敵な低音で言うのだ。






最近、一世を風靡しているネスカフェ・アンバサダー






愛娘が応募してくれて、先日、弊社に届いた。






そして、早速、カフェ・ラテにエスプレッソと会社の皆で頂いた。






結構いける。






そうこうしていると、ネスカフェから、新たな贈り物が届いた。



ネスカフェ



至れり尽くせりである。






我社の珈琲ブレイクが、待ちとおしい時間になった。






今までは、ドリップ式で珈琲が出来るまで少し待ち時間があったが、これは早い・・






時代は変わったものだ。






一寸刑事コジャックになった気分を味わっている



美味しい珈琲を飲んでいるのは俺だ! 
【2013/05/21 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
時には脇見も
119.jpg



一昨日のことだ。



車で弊社、本部から本店への移動中、何時もの線路沿い道を車を走らせていた。



すると、左の路肩に何か黒くて長い何かが目に留まった・・






一瞬、何か分らなかったが、サイドミラーでみると、どうも人のようだ。






急停止して、駆け寄ってみた。






すると20歳を少し超えた年頃だろうか、黒いジャージーに身を包んだ女の子が倒れているではないか・・・!






声を掛けてみた。






何の返事も無い。






手に触ってみた。






冷たい・・






一大事と思い






119番に通報。






偶然にも隣がアパートで、看板に大きく住所が書かれてあった。






消防署の方が、息していますか?と聞く






脈はとれない、顔色も真っ白・・






そして、じっくりと看るとお腹が微かに動いている。






息しています!と答えた。






少し、安堵した!






ほどなく、救急車が来た






 そして、ストレッチャーに載せられたとこで、気がつかれ、その彼女、涙を浮かべて声を上げて泣いた。






本当に良かったと思った。




 私は医者ではないから原因は分らないが・・早く回復されることを祈りたいと思った。






しかしながら、彼女が倒れている姿を発見した際に、救急車を呼ぶのが精一杯で、直ぐに祈ることが出来なかった。






知らない人の為に祈るって、難しいと改めて感じた。



それにしても、脇見運転も時には許されることがあるかぁ~・・・?! 
【2013/05/20 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
誰に言われたわけでない
ばら

福山では、昨日今日と「ばら祭」が開催された。



昨日は、素晴らしい天気に恵まれたが一転、今日は天気予報通りの雨模様だった。



準備をなさった、祭企画実行委員会の方、出展者の方、そして、祭りを観に来られた方々には生憎の天気だった。






 それにしても不思議に思うことがある。






この、ばら祭には、ばら公園は勿論のこと、家の庭や、街路にも多くのばらの花が咲く。






自然とは不思議である。






 五月を迎えれば、五月が咲き、そして来月には紫陽花。






誰に言われたわけではないのに、時期がくればチャンと花が咲く。






それまで、万端の準備をしておけば、花を神様が咲かせてくれるのだ。






日々怠りなく努力をしなければとバラの花々を観て、思った。






 バラは、祭に雨が降ったってなにも不平や不満は言わない。






相田みつお さんだったか






「花はいい、ただ、黙って咲いて 黙って散っていく・・」



花から学ぶべきもは、沢山ある!
 
【2013/05/19 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
イメージは大切だ
イメージコンサルタント

 例年のことだが、この時期は、色んな会の総会シーズンである。


ここに来てやっと一段落、後、3つ総会を残すばかりとなった。



最近のショッピングセンターのテナント会、名店会等の総会は、少しづつ工夫を凝らし参加者の方にお喜び頂ける企画が盛り込まれて来ている。






 ある、テナント会の総会では、総会終了後に著名なゲストをお呼びして講演を頂く。






今回の講師は、イメージコンサルタントとして、インスタイルを主宰されている。






進藤さぎり先生をお迎えして、「海外ブランドから学ぶファッション哲学」と題してお話を頂いた。






ご自身の体験に基づいたお話は、中々興味深かった。






今は影を潜めてしまった、ジャンヌ・シェレヌを中心に話を割いていただいた。






わざわざ歩き難いシルエット、この服を着ることで服が歩き方を教えてくれる。






そう言えば、ロールスロイスの後部座席、ドレスと着て車に乗り込んだ時に、裾がスッと車の中に引き込まれるように、ドアがカットされていると聞いたことがある。






 それぞれ、物創りには、哲学が生かされているのだろう。






イメージコンサルタントが脚光を浴びたのは、ケネディー大統領が誕生した時と聴く。






あの、マーガレット・サッチャーも政界に転じたときに、イメージを大きく転換したそうだ。






物を売ることは、お客様を知ることだと、進藤先生はおっしゃる。






そして、人の年齢は見た目年齢が正しいともおっしゃった。




 結局、ファッションとは、人の生き方そのもののようだ!
 
【2013/05/18 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
尾道が起きる
高血圧の日

 今日17日は、何と高血圧の日だそうだ!



こんな記念日?があるなんて驚きだ。




私は、ここ数年高血圧で、日々血圧の乱高下で、近年、降圧剤のお世話になっている。






そして、朝晩、毎日計測して、グラフをパソコンに入力して管理している。






 生活習慣を改めていかなければならないと思っている。






小さい頃、私の祖母が時折言っていた。






 テレビでプロレス、力道山を観たりすると血圧が上がる。






当時の老人の代名詞のように、高血圧が使われていたことを思い出す。






 そして、高血圧のことを、血の道と表現していたと記憶する。






血の道が起きることを、捩って、尾道が起きると洒落のように言っていたのだろう。






 尾道に私も多くのご縁を頂いて好きな街である。






尾道は起きるものではなく、訪れる街であると確認しながら、血圧管理に努めたい。




それでも、元気で今日まで過ごさせて頂いていることに感謝したいと思う。
 
【2013/05/17 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
目に青葉
新緑の桜

 目に青葉、山不如帰なんて言われる。



新緑の五月を迎え、これから夏に向って行くのだと実感する時期になる。




 桜の季節には、墓参の度に、山を見上げ、桜の膨らみを観察していたが、散ってしまった後は、山を見上げることが少なくなっていた。







流行を過ぎると、等閑にしてしまうのが、人の常かも知れない。






 そして、今日、何時もの桜を見上げると、見事に青々とした葉が・・・






桃色の桜の花を付けた樹も美しいが、青々とした、まさしく新緑に包まれた、この桜の樹も美しい。






春に素敵な、桜を楽しませてくだれた、この緑一杯の桜の樹を愛でながら、美しい物の後ろ側にある、本当に大切なものを見落としてはいないかと感じた。





自然は、いつも、素敵なメッセージを私達に伝えてくれている。



それを、見逃さないように、聞き漏らさないようにしたいものだ!
【2013/05/16 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
夏のSale
20135ポートプラザ

 ゴールデンウィークも好天に恵まれ、もう灼熱の夏がそこまで来ています。




天満屋ハピータウンポートプラザ店と緑町店では、20日迄夏の靴の大売出しを同時開催しています。




お買い得の商品が、勢揃い・・・






一足お先に、夏の準備をお進め下さいませ!






天満屋ハピータウンポートプラザ店並びに緑町店、両店共、一階のサービスカウンター前の特設会場にて、皆様のご来店を心からお待ち申し上げております。






詳しくは


天満屋ハピータウンポートプラザ店



電話 084-971-1225



天満屋ハピータウン緑町店



電話 084-931-9142
【2013/05/15 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ぴったりのハイヒール
チョコ靴

相手を思い遣る気持ちに、プレゼントには現される。



先日、ある著名の方からプレゼント頂戴した。





 開けてみて驚いた、とても可愛いパンプスが出て来た。






私の仕事をご存知で、このプレゼントを下さったのだ。






菓子博の創作菓子も、素晴らしいが、相手を思い遣る、私にぴったりの贈り物。






素敵ではないか・・!






一寸食べるのは勿体ないが、食べない方がもっと勿体ない。





先ずは爪先から、頂戴することにした。




チョコとした心遣いがにくい・・・! 
【2013/05/14 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Fare adjustment
座席

このFare adjustmentは、運賃の精算の意味だが、FareとFairには、類似点があるように感じる。




運賃は、大人と小人とで区分けがあるが、体の大きさでは分けられていない。



このゴールデンウィーク、飛行機で旅行された方も多かったのではないか?





飛行機に乗ると、お相撲さんなんかは、一人分の席では肘掛を下ろすと座れなくて、二人分の席を取ることがある。






満席等の際には、特に二人分の席を取る程ではない大きな人でも、肘掛をどっちが先に専守するかが、旅の快適さを左右することがある。






 先に、肘を置いた方が勝ちなのだ。






何れにしても、特に飛行機など場合は、持ち込む荷物は20キロ以上を超えると超過料金を支払わなければならなかったりするが、人は体重には関係ないようである。





そうそう、先日ANAから手荷物に関する基準が、6月1日から変更なるお知らせが届いていた!








 60キロの人と120キロの人が同じ航空運賃は如何なものか・・






そんな矢先、面白いニュースを新聞で目にした。






南太平洋の島国、サモアの航空会社が、体重によって航空運賃を決めるそうだ。








フェアで良いと思うが、異論のある方も多いかも知れない






これぞ、Fare adjustment Fair adjustment  
【2013/05/13 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
喜田紘平
喜田紘平

福山に、学校法人 喜田学園 東林館高等学校がある。


現在の喜田理事長は、31歳




28歳の時に、突然、ご尊父を亡くされ、後を継がれたそうだ。





人には、言えぬご苦労があったに違いない・・







その喜田紘平先生に、福山ライオンズクラブの例会でFMOの講師として先日、15分間のご講演を頂いた。






多くの問題を抱えた子ども達、不登校の子ども達を中心に学校を運営されている。






教員と生徒2者の関係を如何に構築していくかが、喜田先生の一番の課題だそうだ。






集団の中で、どれだけ個人に戻れるか?






助成金の問題もある。





公立高校では、一人120万





私立高校では、一人 30万





通信制では、一人   6万円だそうだ。






本当に、援助が必要なのは、通信制で頑張っている子ども達かも知れない。






全日制は、教育・訓練。






しかし、喜田学園のコンセプトには癒しが最初に来る。






喜田先生、子ども達の為に、頑張って下さい!
 
【2013/05/12 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
怒る勇気
鯛網

 5月になり、恒例の鞆の浦の鯛網が始まった。


このゴールデンウィークも多くの人出賑わったのではないだろうか?



毎年、チケットを送って下さるが、以前に一度、青年会議所時代に観せて頂いてから、ご無沙汰している。






古式に則り、乙姫様の舞と優雅に鯛網漁が行われる。






古来、海の幸に、海の神様に感謝を捧げていたのだろう。






 今から、30年も以上も前になるが、東京である人に言われたことがる。






「中村君は、福山の出身だったね・・・




 福山と言えば、鞆の鯛網があるね・・・




 あれは、鞆のヘラヘラ鯛って言うんだろう・・





 養殖の鯛を、投げ入れておいて、観光用に見せているだよね・・」






その時、私は返す言葉を持っていなかった。






その方、大先輩でもあるし






実際に、鯛網を見たこともなかったからだ。






 福山特有かもしれないが、我が郷土を貶された時に、私達はどのような反応をするだろうか?






「福山には、ええとこは、ありゃへんで・・!」





と言われたとき、





「そうなんよ・・」って答えている人はいないだろうか?






我が郷土の話は、毅然として自身を持って、そして、それでも貶されたら、怒るくらいの勇気は必要でないだろうか?



 いま一度、あの方にお会いして汚名返上をしたいと、ふと思った! 
【2013/05/11 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
嗜好は変わる
五色豆

 先日買って来た、五色豆!



五色に彩られて、結構美味しい。



そして、懐かしい味がする。






シナモン・・・






所謂、ニッキの味だ。






 子供の頃は、ニッキの味は苦手だったように思う。






大人になったのかも知れない。






年齢を重ねるに従って、嗜好は変わるのだろう。






子供の頃、いただけなかったものが、美味しいと感じることがある。






 ビールの苦味だってそうだ・・






 京都の八橋もそういえば、ニッキの味。






栄太郎飴にもニッキ味があった。






 京都らしい、上品な味の代表がニッキなのかも知れない。





五色豆、一つひとつ味わっていただいた。



 緑の抹茶のような、シナモンがいける!
【2013/05/10 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
夏のファッションフェスティバル
ファッションフェスティバル

 明日、10日~19日迄、福山市元町の天満屋福山店において、2013年夏のファッションフェスティバルが開催されます。



 私共、この度、素敵なメーカーさんとご縁を頂戴しました。


開催スタートの10日・11日の2日間限りですが、靴創りとバックのプロの職人さんをお招きして、靴とバックのオーダー会を開催致します。






 色、素材、そして、皆さんの足の形に合わせて、お手頃価格でオーダーシューズとバックをお創りします。





是非共、天満屋福山店1階の婦人靴売場、特設会場にてご高覧下さいませ。






詳しくは、


天満屋福山店 1階 婦人靴売場



電話 084-927-2170 
にお問い合わせ下さいませ!
 
【2013/05/09 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
好きです・・・
すはま団子

 先日、広島の菓子博で買って来た、すはま団子に五色豆。



ご神前にお供えして、お茶請けにさせて頂いた。


私の両親も、すはま団子が好きなようだ・・






 考えてみれば、今から30年も前、サラリーマン時代に大阪に勤務したことを思い出す。






一週間に一度は、京都高島屋さんに仕事でお邪魔していた。






京都での仕事を終えて、京都高島屋の地下に乗り入れている阪急電車で大阪に戻るのだが、高島屋さんを出て電車に向う、丁度横に、すはま団子と五色豆を売っている小さなお店があった。






 母が、よく言っていた。






同じ買うなら小さくても頑張ってらっしゃるお店で買い物をしてあげなさい・・






 このお店で、すはま団子と五色豆を買わせて頂いて、そして、地元に戻る時には、お土産として持って帰ったものだ・・




一寸懐かしい味がする。




 団子を食べて美味しいって感じる、ささやかな幸せって、とても好きな時間である!
【2013/05/08 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
掃除日和
2013洒掃

 昨日のゴールデンウィークの最終日、素晴らしい天気に恵まれた。



金光教の高須教会では、春の大祭が5月14日に仕えられる。




その大祭に向けて、信徒会の皆さんが、連休の最終日に勢ぞろいして皆で教会の、大洒掃(さいそう)をさせて頂いた。
 





 教会は、いつも行き届いた手入れがされているが、それでも念入りに、普段、手の届かない天井や、欄間等を丁寧に、行う。






洒掃とは、汚れていないところまで、きちんと手入れをすることを指すと言う。






 実意丁寧である。





実意とは、心を揃えること





丁寧とは、形を整えること。






 皆が、実意を込めて、とても爽やかに終えた洒掃・


201305溝掃除




そして、拙宅に帰って午後からは、田植えに備えて、溝、側溝の掃除を町内の皆で行った。





 教会であれ、町内であれ、家であれ、会社であれ、全ての実意を込めて丁寧に行えば、溝掃除だって、立派な洒掃と言えるのではと感じた。




 暖かな、洒掃日和の心も磨かれた一日であった!
 
【2013/05/07 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
原因の一端は、君達だ!
2013GW渋滞

 ゴールデンウィークも終わり、明日から普通の生活が皆に戻って来る。



確かに道路の渋滞はあったが、連続の休みが少なかったこともあり、比較的楽であった。




それにしても、テレビを観ていて、何時も思うことだが、取材班が、車に乗って高速道路の渋滞状況を、伝えている。






ヘリに乗って、上空から、渋滞の状況を知らせるのは結構だが、実際に高速道路に乗って、伝える必要があるのだろうか?






唯でさえ、混雑した高速道路に、わざわざ取材クルーの車を乗り入れる必要は無いと思うのだが。






混在の原因は、下り坂ら緩い上り坂に差し掛かったところが多いと言われるが、無駄な車を走らせることは、もっと罪なことではないか?






 伝える方法は他に幾らでもある筈である。






混雑の、原因の一端を担ってらっしゃる自覚はあるのだろうか?




もっと工夫をなさったら如何なものだろう・・・ 
【2013/05/06 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Lucky
菓子博

連休の合間の平日に、広島に出掛ける仕事があった。



仕事を終えて、外に出てみると早夕刻近い・・




先日、ある会から送ってこられた広島の菓子博のチケットが、偶然にも車の中に置いてあることに気が付いた。






連日の、ニュースでは、行列・行列でとても入れる状況ではないと思っていた。






そして、当然、広島市民球場跡地には、近づけもしないと思っていたが、訪問先から帰路の途中、傍を通過したら意外にも意外、車はスイスイと、そして、会場横の駐車場も空車・・






とてもラッキーだと即座に、決断して車を停めて会場に行ってみた。






確かに並んでいるパビリオンもあるが、15分程度の待ち時間。






15分の待ち時間と言うことは、5分程度で入れるということだと思って並んだ。






実際に、10分掛からず、入ることが出来て、もみじ饅頭を頂いた。






そして、相当混雑しているであろうと予測したテーマ館は、全く並ばず入ることが出来た。






そして、京都の銘菓の私の大好きな、すはまダンゴと五色豆を購入することが出来た。






今回の博覧会の役員を務めておられる方と偶然にお会いして、お話を伺った。






明治時代、時の政府は菓子に税金をかけようとして、それに対する反対運動から始まったそうだ。






広島で開催されるのは、92年振りと伺った。






考えてみれば、87歳の父が生まれる前のことだ。






 こんなにも歴史があるとは知らなかったと同時に、菓子で創られた作品に目を奪われる。


菓子博1




チョコレートでこんな創作が出来るとは、やはり菓子は芸術に他ならない。






お菓子の美味しい処は、文化レベルが高いとも言われる。





 一寸した間隙を縫った、時間に大きな感激を頂いた。




とてもラッキーで有意義な、一時であった。 
【2013/05/05 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
朝令暮改
日本国憲法

 昨日は、憲法記念日だった。

今、日本国憲法について改正が、クローズアップされている。


安倍総理の永年の思いが、いよいよ実を結ぶかも知れない。





先ずは、96条の改正条項をと作業が進んでいるようだ。





 憲法が発布されて、70年近い月日が経過しようとしている、日本は今まで一度も改正したことがない。





憲法改正といえば、即座に第9条のことが取り上げられ、あの戦争を2度と繰り返してはならないと、それぞれの思いがあったことも事実であろう。




 私は、日本国憲法において、一番大切で一番好きな条項は、第13条である。



すべて国民は、個人として尊重される。





生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。 





 私達は、もっと幸福追求について、真剣に考えるべきではないか?





第9条の先にあるものではないか?





 ドイツにおいては、60回近く、フランスでは30回近くも憲法を改正している。





変だと思ったら、何時でも改正すれば良いではないか?





 朝令暮改という言葉があるが、この言葉余り良い意味ではないように誤解されているが、私は、とてもプラス思考の言葉だと思っている。





 今後、10回でも20回でも、改正を重ねていけば良いと思っている。





その為には、やはり先ずは安倍さんのおっしゃるように96条をクリアーする必要がある。





 国民の過半数で、改正出来るのなら、発議も議員さんの過半数で良い。





然らば、既存憲法を一旦、全て破棄して、新しく創り直すのも一手ではないだろうか?





 今は、国民皆が、日本国憲法を読み直してみる必要がある。


安くて分りやすい本が沢山出版されている。
【2013/05/04 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
立場によって 
5月カレンダー

 同じ事柄でも、立場によって捉え方が違う。



以前、天気の話を書いたことがあるが、日照り続きで干ばつに悩む人にとっては、雨降りが良い天気である。



今回のゴールデンウィーク、休みの連続の仕方が良くない。






4月28日29日と続いて、1日・2日と仕事、そして4連休。






商売する私達にとっても、休みが多い方がお客様が沢山出て下さるから良いのだが、昨日、ある方とお話をしていたら、今回のゴールデンウィークは良いね・・とおっしゃる。






間にウィークデーがあると銀行に行ったり、役所に行ったり出来るから・・






立場が違えば、受け取り方が違ってくるのだと改めて感じた。






それにしても、この方、素晴らしいプラス思考の持ち主である。



素敵ではないか・・・!? 
【2013/05/03 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
いんどき・・・!
タージマハル

先日、テレビを観ていたら関西のテレビ局の番組だったと思うが、大阪の特集のような一寸ふざけた番組をしていた。





大阪弁を取り上げている。




関西と人括りにしても、大阪と神戸、そして京都では、全く言葉が違う。








私達の地域で帰ることを「いぬる・・」と言ったりする。






最近の若い人たちは、テレビ弁だから恐らく分らないと思う。






大阪弁で「帰っておきなさい」のことを「いんどき・・」と言うそうだ。






雰囲気が伝わってくる。






丁度、そんな矢先である。






私の姉からメールが届いた。






彼女は、年に何度も海外旅行に出掛ける。






愛娘とである。






今回は何を思ったか、インドに突然出掛けた。






そして、タージマハルの写真が添付されている。






この写真を見ていて、その番組のことを、ふと思い出した。






「いんどき・・」






「インド期・・」






駄洒落のようなことだが、何故か、偶然、インドから届いたメールに苦笑してしまった!



それでも、わが息子は、「いんどき」と聞いたらインドを連想するかも知れないと思うと余計に面白い!
 
【2013/05/02 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード