『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
やれ暑し
やれ暑し

8月も晦日を迎えた。


今年の夏は、例年に無く強烈だった。






と昨年も同じようなことを感じた。






今年の冬は寒かった。






朝参りの時には皆、セーターを着て羽毛のジャケットを羽織っていた。






それが、段々と暖かくなるに連れて、皆、半袖になり、シャツ一枚になっていく。






今、セーターを着ている人は、特別な人を除いていない筈だ。






これから、数ヶ月もすれば、今度は半袖姿にビーチサンダルの人は間違いなくいなくなる。






この季節の移ろいをどのように捉えているのだろう?






生かされていればこそ、と有難く、やがて終わり来る夏に感謝しなければならない。






そして皆で元気で秋を、そして冬を迎えさせて頂きたいものだ。






8月もお陰様で無事に万事好都合で超えさせて頂けた。






9月から又、皆、共々に元気で素敵な月にさせて頂きたい。




ありがとうございます! 
【2012/08/31 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
一寸した油断は手抜き
補正

先日、ある方のサンダルの補正をさせて頂いた。



脚長差(右と左の足の長さに差がある)の補正である。




出来るだけ軽い材料を使わせて頂こうと思い、細かく採寸して併せて底に張り合わせる準備をした。






いつもなら、その採寸した材料に、接着剤を塗布する前に、靴本体と併せて所謂、墨だしのように線を入れるのだ





が、これ位で大丈夫だろうと、忙しかったこともあり、つい目検討で貼り合せた。






すると、左の内側の角が、ホンの数ミリ足らず、右が少し余る結果になった。






ここで妥協するとお客様に失礼でもあり、勿論、自分のプライドも許さない。






結局、一から遣りなおした。






お陰様で綺麗に仕上げることが出来たが、一寸した油断は、手抜き以外の何者で無い。






反省の一瞬だった。






そう言えば、急がば回れという諺もあった。



実意・丁寧・正直が大切だと改めて気付かされた!
 
【2012/08/30 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
二度殺すな
BBQ

先日BBQを頂いた。



バーベキューのことをBBQと言うのは一寸面白い気がする。




海老が載せられているのを見て、ある尾道の徳者の方の教えが、ふと浮んできた。






その徳者の方のご学友が、有名なハムの会社に就職され、その会社で教わったことだそうだ。






ハムを作るのに、牛さんや豚さんを加工する。






その時に牛さんや豚さんは一度殺されてしまう。






だからこそ、頂く時には、残さず頂かないと、その動物を二度殺すことになってしまう。






人間は食事をする時に頂きますと手を合わせる。






あなたの命を私の命に代えさせて頂きますという意味の頂きますだ。






出されたものは、残さず全て自分の命として生かし、活かさせて頂くことこそ、私達の為に犠牲になった動植物に対する最低の礼儀であるように感じたBBQだった。



ごちそうさまでした!
【2012/08/29 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
この夏最後の大奉仕
ポートプラザ

長かった夏休みも終わり、ほどなく、2学期がスタートする。



子供たちの運動靴も、新しく買い替えの時期ではないでしょうか?



明日から天満屋ハピータウンポートプラザ店の1階中央広場において、この夏、最後の大奉仕をさせて頂きます。






夏物の婦人靴、そして子供さんの為のスニーカーを充実させてお待ちしています。






又、紳士靴も信じられない価格で沢山品揃え致しております。






どうぞ、この夏の最後の締め括りを、ポートプラザの天満屋ハピータウンでお楽しみ下さい。






詳しくは

福山市御船町 



天満屋ハピータウンポートプラザ店



足と靴のナカムラ



電話 084-971-1225にお問い合わせ下さい 
【2012/08/28 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
TA
エリックバーン

交流分析Transactional Analysis,TA)




断捨離をしようと、久振りに部屋の書棚を片付けていたら、交流分析の本が目に留まった。





随分と前になるが、まじめに勉強したことがあった。







とても有名な心理学の理論で、敢えてここで説明する必要も無いが、精神科医エリック・バーン(Eric Berne)によって提唱された。







人には皆、P親、A大人 C子供の部分がある。







一言でいえば、とても分りやすい面白い手法だ。







今日は、このTAを論じたいのではなく、彼の言葉が頭の隅に残っていたことが、フェイスブックで何方が書かれていたことと合致した。







人間関係を円滑に送る為には是非、この交流分析を学ばれることをお薦めする!







他人と過去は変えられない!




自分と未来は変えられる!





改めてこの言葉を噛み締めて全ての事柄に挑んで行きたい。






そう言えば、こんな教えもあったぞ。



ヒンズー教の教え





自らが変わろうとすれば、自然と世の中も良くなり、そしてビジョンも達成出来るに違いないと確信を持つ。
【2012/08/27 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
もっと学ばないと
竹島

それにしても、日本と韓国は戦争になってしまうのではと思うほど、騒ぎになっている。




島根県竹島への李大統領の上陸、そして親書の受け取る受け取らないの問題。




何れにしても、この度の件、李大統領は正気の沙汰とは思えない。






テレビで韓国人へのインタビューでは、一応に竹島、韓国流に言えば独島は、自らの領土だとはっきり言う。






しかし、多くの日本の若者は意外と無関心である。






私は、韓国との問題が生じるたびに1991年、大韓民国浦項青年会議所と姉妹縁組をする為の準備協議を思い出す。






最初に会った、当時の浦項JCの事務局長が私に言った言葉。






「私達には辛い過去があるが、それを乗り越えて参りましょう・・云々」






彼らは、皆、ちゃんと歴史教育を受けている。






それが正しいか正しくないかは、別にして。






私達日本人は、例えば古代国家、高句麗からの歴史事実をどれだけの人が理解しているのだろう?






先ずは改めて日本人は、歴史の勉強をしてそして、日本を愛する心を持って、海外と接するべきではないか?





日本の若者達よ「もっと学ぼうよ、私達の歴史を!」
 
【2012/08/26 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
刺青
刺青の文様

子どもに刺青を見せて脅した職員に端を発した大阪市職員刺青問題、刺青に関しては様々な意見があるだろう。




最近の若者間ではファッションのように体の一部にマークのように刺青をしている人もいる。




親から貰った大切な体に墨をいれるなんって許せない・・・と私は昔人間なのかも知れない!




そういえば、オリンピック水泳男子で、胸に5輪のマークの刺青をしている選手がいた。





遠山の金さんは、公務員ではなかったか?






私は、子供に見せて脅した職員の話は、言語道断であるが、違う側面から刺青について考えてみたい。








日本の縄文時代に作成された土偶の表面に見られる写真のような模様は、世界的に見ても古い時代の入れ墨を表現したものと考えられており、縄文人と文化的関係が深いとされる蝦夷やアイヌ民族の間に入れ墨文化が存在した証でもあるとされる。







刺青は、青を刺すと書く。







この刺すというと紅を刺す、刺すと同じか?







振り返れば、現代のように衣服や装飾によって自らの、或いは民族の個性を表現出来なかった時代の遺物なのではないだろうか?







敵を威嚇し、生き残りの為の手法か?








刺青を一つの文化とするならば、







私は、刺青をする若い人達、或いは大阪市の職員で刺青をなさっておられる方に伺いたいのは、何の為に、刺青をしたのか?






その意図を聞いてみたい!




橋下市長も、唯、刺青が悪いというのでは、物事を真剣に考えない人にとっては、何故良くないのかも理解出来ないに違いない!
【2012/08/25 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
置かれた場所で咲きました!
ばらの挿し木

先日、尾道の親戚で頂戴した薔薇






拙宅の庭で、父が挿し木をした。




すると見事に白い花が咲いた。






自身の思惑とは違ったかも知れないが、我家に、嫁いで来た白い白い薔薇の花。






一生懸命に生きていたら、やがて美しい花を咲かす。






まさしく、置かれた場所で咲きました!



ヤンキースイチロー



イチローだって、暮らしなれたシアトルから思い切ってニューヨークへ



思惑とは違ったのかも知れないが、間違いなくニューヨークでも美しい花を咲かすに違いない・・
【2012/08/24 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
置かれた場所で咲きなさい!
置かれた場所で咲きなさい

先日、本屋さんで素敵な本をみつけた。



ノートルダム清心の渡辺理事長が書かれた本。



「置かれた場所で咲きなさい!」






40万部近いベストセラー。






特にベストセラーだから手に取った訳で無い。






題名が素敵だったのだ。






解り易く、とても読みやすい本だった。






この題名を見て、サラリーマン時代に東京から大阪に転勤を言い渡された日のことを思い出した。






勤務先の常務さんが、私を呼び出した。






若い私にとっては、雲の上の人。






常務が私に「中村君、君は人生いたるところに青山あり・・という言葉を知っているか?」






はい、どこでも一生懸命生きていれば、そこが墓になる・・・って答えたような気がする。






今を最高に喜んで生きろということか?






そして、次に出て来た言葉が、「君、大阪支店に行ってくれ」だった。





内心、嫌々大阪へ赴任したが、今改めて振り返ってみて、あの大阪時代が私を支えていると言っても決して過言ではない!



置かれた場所で精一杯咲きましょう!
【2012/08/23 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ゆっくりと
亀さん

母が、今度は亀さんを創って帰って来た。



子供のように、楽しそうに眺めている。




昔の標語を思い出したように私に呟く母






「せまい日本、そんなに急いで何処へ行く・・」






こんな標語があったなぁ~って






戦後、私達の父の世代は必死に働いて今日の繁栄を築いて来た。






それが、何時の頃からか、GDPは中国に抜かれ、そして早晩韓国にも抜きされるのではと言われる。






GDPだけが、国の繁栄を表すように言われるが、一寸違うのではないかと思っている。






人口が8000万になっても、もっと心が豊かな国であって欲しいと思う。






大津の教育長の殴打事件があった、全国の学校で同じようにイジメの問題がある。





今まで急いで生きて来た日本人に何らかの警告ではないか?



亀の歩みの如く、ゆっくりと、じっくりと、進むのも悪くないように感じるのだが
【2012/08/22 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
やくざな監督
やくざな監督と呼ばれて


白夜書房、野々村直通著の「やくざな監督と呼ばれて」友達に薦められて、一気に読んだ。




中々面白い。




この野々村直通さん、最近、大阪読売テレビの「たかじんのそこまで言って委員会」に時折出演されている。





ご覧になられた方も多いと思う。






直接、この野々村氏のお話を聴きたいと思っていた。






例の21世紀枠の学校に負けるなんて末代迄の恥と発言して物議を呼んだ男だ。






野々村直通





1951年島根県生まれ






広島大学卒業後、府中東高校に赴任、野球部監督に就任






6年目の1979年春、選抜で甲子園出場






松江日大高校監督、1年の浪人を経て、






1986年松江第一(現在の開星)高校に美術教師として赴任






1988年、硬式野球部創設に伴い監督






そして、6年目の1993年甲子園に初ひ出場。






以後、春2回 夏7回 甲子園に






2010年に「末代までの恥」発言で責任をとって辞任






しかし、8000人に及ぶ監督復帰嘆願の署名が集まり、2011年から監督に復帰






同じ年、甲子園で復帰勝利。






2011年定年退職






本年3月で監督を退任、今後は画家、教育評論家として活躍予定。






まぁ見事なまでの経歴である。






本を読んでみて改めて思うが、彼は命がけで子供たちと向き合っていた。






勿論、暴力も何でもあり。






そして、彼を支えた校長先生の熱き思いも伝わってくる。






本気でやれば、必ず誰かが助けてくれるものだ・・






イジメの問題で悩んでいる先生方に対する、一つの教科書になるかも知れない。






縁あって、野々村直通さんを、私が所属するボランティア団体にお呼びすることが出来そうだ。




改めて、この機会を創ってくださった友達に感謝したい。
【2012/08/21 19:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
新進気鋭の職人
上田明彦


新進気鋭の職人が福山に帰って来た。




私の友人の子息、上田明彦さん30歳



あのオバマ、小浜市福谷の国の伝統工芸士、古井正弘さんの弟子だった。






若狭塗箸の貝殻の輝き、鮮やかな模様に魅せられ、師匠・古井さんの家に住み込んで、毎日夜まで箸と向き合う生活をした。






三十層に重ねられた漆に上田さんの熱き思いが染み込んでいく。






 彼は、父の故郷の福山に戻り、長男としてこの福山に骨を埋める覚悟だとおっしゃる。








地場の技術と、彼の若狭塗りとのコラボレーションが見られる日は、そんなに遠くない。




福山発の漆の世界を舞おうとしている彼のことを皆で応援したいと思う。
【2012/08/20 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
似てませんか
寺本綾・坂東玉三郎

ロンドンオリンピックが終わり、連日メダリスト達はワイドショーに引っ張りダコだ。



メダルととれた人、そうでなかった人、皆よく頑張りました。




明日は銀座で凱旋パレード・・・


メダル取れなかったひとも、参加すれば良いのに・・・



今度は、パラリンピックを楽しみにしたいと思う。






そのワイドショーを観ていて、世の中には似た人がいるものだと感心する。






水泳の寺川 綾 中々の美人スイマーである。






このオリンピックで、もう一つお目出たいニュースが陰に隠れてしまったが、坂東玉三郎が人間国宝になったこと
だ。






寺川選手と玉三郎を観ていて、どことなく似ているように感じる。






女形を演じさせると素晴らしい玉三郎に似ているのだから、やはり寺川選手が美しいのだと私は思う。

谷亮子





そして、似ているといえば、既に過去の人になってしまった二人は随分とマスコミでも似ていることが話題になっ
たが谷 亮子さんと、竹中平蔵さんだ。


竹中平蔵




素敵な人に似ていると言われると嬉しいものだ。



子が親に似ると言われるが、多くの子供は親に似ていると言われることを余り好まないようだが、親に似て嬉しい
と喜んでくれるような親になりたいと思う。
 
【2012/08/19 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
鬼のいぬまにか?
尖閣

香港の活動家?が尖閣に不法に入国、侵入して結局、政府は何も出来ないまま、又もや強制送還




彼らが、香港で祝杯を上げたニュースが入って来た。



それにしても、上記の写真FBで頂戴したものだが、日本の海保の腕は大したものだ!








小泉総理時代のやり方を踏襲したようだが、その節の野田民主党国対委員長の発言は、どうだったのか?






竹島に上陸した李大統領を逮捕し、強制送還したのなら理解出来るが・・



李承晩 ライン以来勝手なことを許して来たことが今更ながら後悔される。



私のような凡人には理解出来ないことだが、菅政権以来、舐められてしまっている日本、今の民主政権も早晩終焉を迎えるだろうが、その間にどれだけの既成事実を作っておけるかが、中国や韓国の狙いなのかも知れない。






然らば、後、数ヶ月の間に未だ未だ同等の事件は起こって然るべきではないか?






まさしく、鬼のいぬまに、既成事実を重ねろか?






少なくとも、今回は刑事事件として送検するべきではなかったか?






野田さん!






法によって厳正に対処するとは強制送還とは如何なものか?






この度の事件は、間違いなく民主党政権でなかったら起こりえなかったに違いない!



日本の領土と主権を守るのは、時の政権の最大の仕事であると同時に、国民の安全を守る気概を見せて頂きたいと思う。 
【2012/08/18 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
さんすて・ふくやま夏物売り尽くし
さんすてふくやま夏物売り尽くしセール

お盆休みも終わりました。



今年は残暑が厳しいようです。




お陰様で夏物商品も好調な売れ行き、皆様のおかげと心より御礼申し上げます。






只今、JR福山駅のさんすて・ふくやまのローズガーデン特設会場におきまして、日頃の皆様のご愛顧に少しでも恩返しと、夏物商品の完全売り尽くしセールを開催しています。






どうぞ、福山駅にお立ち寄りいただき、ローズガーデンでお買い得なサンダル、そして年中お履きいただけます、有名ブランドのスニーカーをご高覧下さい。






半額以下でのご奉仕品を準備致しております。


詳しくは



さんすて・ふくやま



MRKシューズ



電話 084-927-2323にお問い合わせ下さい
 
【2012/08/17 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ポートプラザ夏物最終売り尽くし
ポートプラザ売り尽くし

天満屋ハピータウンポートプラザ店の1階催事場では、この夏の靴の最終売り尽くしセールを開催中。



日曜日8月19日迄




兎に角、お値打ち品を大幅にプライスダウンで、お求めいただけます。






サイズにも限りがございますので、出来るだけ早目にご来場下さい。






夏のレディースサンダル、そして、紳士靴はビジネスシューズ(年間を通じてお履き頂けるお値打ち品ばかり)を取り揃えてお待ちしています。





詳しくは

福山市入船町



天満屋ハピータウンポートプラザ店



足と靴のナカムラ



電話084-971-1225
 
【2012/08/16 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
粋なことを
献血記念品

日本赤十字社の献血センターから献血10回記念の記念品を頂戴した。



造形作家の多田美波さんの作品だ。




彼女は女子美大の油絵学科を卒業され、帝国ホテルに多くの作品が展示されている。




多田さん曰く


「みんなが幸せに生きていける世の中であるよう、何か少しでも人のお役に立ちたいと思うのは誰しも同じでしょう。
 

 例え何かしても中々目に見えて来ないと、本当に人の為になっているという意識がはっきりしないものです。


それを見ることが出来るようなものがあれば、自分の心も楽しくなって自信が涌いてくるのでは・・・そんなものを作ってみたいと思いました」





頂いた作品は、お猪口、素敵だ。






早速、今度は20回を目指して今夜これで大吟醸のお神酒を頂戴して造血に励みたいと思う。









それにしても日本赤十字も粋なことをなさるものだ!






有り難うございます!




大切に使わせて頂きます。
 
【2012/08/15 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
花火
福山の花火

先日、フェイスブックで福山祭企画実行委員長さんが花火の映像をUPしてくださっていた。




こんなにも美しいものかと、シェアさせて頂きたいと思う。



今日8月14日は、姉の21年祭でもある。






お盆を締め括る福山の花火が明日、開催される。






1万発が打ち上げられると言う。






花火にスポンサーがついている。






この花火は○○会社が・・・云々






何となく変な気もするが、遠い昔、花火は亡き人を想い個人がお金を出して打ち上げたそうだ。






現代のような宣伝の為ではないが、確かに花火にはスポンサーがいた訳だ。






全国各地で開催されるお盆の花火は、特に東日本大震災で退まかれた方々の追悼の意味を込めるものも数多くあるに違いない。






花火は打ちあがっている時ではなく、打ち上げた後、暗黒の中の静寂に思いを馳せるのが本来と聴く。






ある地域では、この暗闇で静寂の時にお経を唱えたりもする。






改めてご先祖様に感謝する花火大会にして頂きたいと願う。





姉さんありがとう!
【2012/08/14 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
野田総理粛々となさいませ
竹島

竹島に韓国の大統領が上陸した。



日本に入国許可を取らずして入国するなど問題である。



サッカーの韓国代表が、オリンピックで銅メダルを取った後、竹島は韓国の領土だとプラカードを持って競技場を




走ったことで、表彰式へ辞退するように指示された。






当然のことである。






外務大臣も総理も不快感を示したようだが、恐らく全く効果なしだろう。






総理大臣が今こそ出来ることがある。


靖国神社




明後日15日、総理が閣僚を連れて靖国神社に参拝することだ・・






日本国の代表として胸を張って是非共、国家の為に散っていった英霊の為に






天皇陛下でも勅使が毎年参拝されている。






勅使と言えば、ご自身と全く同等である。




野田総理、本当に日本国を大切に思い、消費税増税を果たしたのなら、ここで日本人として真価を示して頂きたいと願う。 
【2012/08/13 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
量は質を包含するか・・?
フジ夏の福引

恒例のフジグラン神辺店の福引セールが始まった!


7月19日~8月16日迄だが、いよいよ福引三角くじを引いてもらう期間が抽選がスタートした。



回を重ねて、定着して来てお客様も皆お喜びである。






1位は沖縄旅行、2位は液晶テレビ、そして自転車と豪華景品が揃っている。






兎に角、空クジなし。






多くの買い物をされたお客様が一度に20枚30枚とくじをひかれる。






残念ながら末等賞も多い。






しかし、たった一枚をひいた子供さんが見事1位を引き当てることもある。






確かに沢山抽選すれば、当たるチャンスも増えるのだが、たった1枚でも高位の方がいる。






これは、運なのだろうか?






量は質を包含すると言う。






よくこんな話をする。






東京には、美男美女が多い。






これは、人口が多いからだと言えるが、都会で垢抜けていることもある。






くじを引かれる時に、おっしゃる言葉が実は大切だ。






当たらない人は、大抵「どうせ、はずれよ・・・!」






当たる人は「当たれ当たれ・・」って






運は言葉によって引き寄せられるのかも知れない・・






良い言葉を使いましょう。



そして、どうぞ、フジグラン神辺店の当店でお買い物頂きまして、この夏の運試しを・・
【2012/08/12 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
扇げば尊し・・
団扇

お盆休みを迎える前に、母が何時ものように陶芸教室で創った作品を嬉しそうに持って帰って来た。



今回は団扇に金魚が泳いでいる。



本人にすれば、中々だと思っているようだ。






母も今年84歳を身体丈夫で迎えさせて頂いたが、娘時代は、自称、美しかった母・・?






商売している我家に来て、仕事三昧の父を上手く操縦しつつ、三人の子供を育ててくれた。






最近は、少し物忘れや同じことを何度も聴き直すようになって来たが、子供の頃に戻っているのかも知れない。






子供時代には、可愛いと言われ






娘時代には、美しく






母になったら賢く、






そして婆さんになったら可愛くか・・






嬉しそうに作品を手にする母がカワイと感じる。






母を仰げば尊く




何時までも元気でいて欲しいと願い、持って帰った団扇は、扇ぐには、尊しだ。
【2012/08/11 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハラハラどきどき・・安心して
なでしこ銀メダル

今日、午前中友達と電話で話をしていて、思った。



その友達、「今日は早く帰って、なでしこ観なくっちゃ・・・!」


このようにおっしゃる。






「確か、なでしこ、今朝負けちゃって銀メダルが決まった」と告げたら






「そんな筈はない・・」






「新聞のテレビ欄に夜放送になってる」






そうこう話をしていて、車に乗ってテレビをつけたら、今朝未明の試合をテレビで放映しているではないか?






Liveなのか、録画なのか、今、実際に何を試合をしていて、どうなってるのか、オリンピックよく分からない。






なでしこは、負けてしまったから仕方がないが、勝ちが決まっている試合を録画みるのは安心して観ることが出来る。






でもやはり、Liveの緊張感がたまらない。






放送局各社は、テレビ欄に掲載される時は、大きく録画とかLiveとかを書かれることを希望する。






それにしても、今回のウーマンパワーは凄い。






心から拍手を送りたい。






皆、素敵な顔をしておられる。





民主党の仕分けをなさった大臣に申し上げたい。




確かに、2位だって一所懸命頑張る姿は素晴らしい、でも一番が良いのではないか 
【2012/08/10 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ここは洗車場ではありません!
水汲み場

お盆が近くなってくると、流石にお墓の掃除に訪れる人が日々多くなっている。




私は出来るだけ毎日、墓参をさせて頂くように努めているが、毎日通うと色んな光景に出会うものだ。



ある三人の家族・・・?






お父さんと子供さん(中学生位)そして、お母さんらしき人が黒の日傘でテキパキと指示を出しておられる。







何ともまぁ~奈良津霊園のお墓の水汲み場の前に、ブルーの車を停めて、洗車をなさっておられるではありませんか?






長いホースをチャンと繋ぎ替えて、洗剤もしっかり準備万端で臨まれておられる。






何とも不思議な光景である。






ここは、ご先祖様のお墓を綺麗にするところ、洗車する場所ではありませんよ・・






かと言って、注意差し上げるのも、こんな場所で文句を言ってはならないと思い。






見過ごしてしまいました。






ずっと観ていた訳ではないが、車だけではなくてチャンとお参りもなさったのだろうか?



余計はお世話でしょうか・・・?
 
【2012/08/09 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
お恥ずかしいかぎり
交通違反

先日、山陽自動車道福山西ICを下りて、尾道バイパスを尾道方面に向う途中、ふとバックミラーで後ろを観たら、白のクラウンがサイレンを鳴らしながら近づいて来る。



特に何も思わなかったのだが、私の右側に来て合図を送っている。




「しまった・・スピード違反をしてしまった・・・」






思った時には、時既に遅し。






スピードメーターを見たら何と90kmを超えている。






誘導されるままに、高須トンネルを伴走されて、その後、側線に止まった。






免許証を持って覆面パトカーに移動。






警察官に「お急ぎでしたか?」と問われた。






「はい、申し訳ありません」






申し訳ありませんと言いながら、一体全体、私は誰に謝っているのだろう?






警察官に?そんなことはない






社会全体に?






自分自身に?






神様に?






結局、33㌔オーバーで反則切符を頂いた。






考えてみれば、高速道路から下りたばかりで、つい同じ調子で走ってしまったのだ。






考え事をしていたこともあったが、反省しきり、恥ずかしい限り。






よく、たまたましてしまった時にたまたま捕まったと言ったりする人がいるが、恐らく何時もそうなのだろう。







たまたまスピード違反をしたのではなく、何時もしている自分がいたことに改めて気が付いた。






これを機会に自らを戒め、安全運転に心掛けたい。




大難は小難・・小難は無難。
【2012/08/08 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
何の為のラジオ体操
ラジオ体操

6;30am頃、丁度この時間にはNHKの放送でラジオ体操が始まる時間。



地域の広場に子供達が集まって夏休みが始まって少しした頃、ラジオ体操が始まっていた。




私の子供の頃は、商店街に暮らしていたこともあり、アーケードの下に集まって、そして上級生の人達や町内会のおじちゃん達の掛け声で、きちんと整列してラジオ体操をしていたものだ。






そして、上手な人が最前列で皆の方を向いて手本を示してくれる。






8月15日のお盆迄毎朝行う。






そして、カードに印鑑を貰ってお盆明けに町内会で小旅行をして、そこで表彰式が行われる。






挙って皆勤賞を目指したものだ。






 ふと、昨日の朝気付いたのだが、先日まで子供達が集まっていた広場に子供の影が見当たらない。






ラジオ体操をしていないのだ。






おかしいと思って聞いてみたら、7月末で終わるのだそうだ・・・






最近は1週間位みたい。






そして、整列することもなく唯、集まって輪を作って勝手にしているだけ・・






折角なら、せめて一月は毎朝、規則正しく規律を持って子供達を躾ける意味でも厳しいラジオ体操をしたら如何なものかと思う。






大人が、子供に、そして先輩が後輩に人としての規律を教え込む良いチャンスだと思うのだが・・・






併せて、コミニティーの絆創りには最適だと感じるのだが如何思われるだろう?




何の為に、ラジオ体操を町内でしているのだろうか? 
【2012/08/07 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
敵ではない
中心市街地連絡会議

先日、福山商工会議所において、「福山市中心市街地活性化連絡会議」を開催した。




連絡会議としては3度目になる。




全国的に地方都市においては、中心市街の地盤沈下が叫ばれて久しい。






現実をみると、中心市街にマンションが乱立するが、そこに暮らしている人たちは、車に乗って郊外に買い物に出掛ける。






昔は、郊外から車に乗って街中に買い物に来ていた筈だ。






何時の頃からか、逆転してしまった。






モータリージェーションの変化であろう。






中心市街にある、天満屋デパート、さんすてふくやま(駅ビル)、そごう後のロッツ、シティーホテル、商業施設、そして商店街は以前は、競合し互いに客を奪い合う、即ち敵同士で、それでも、それぞれの魅力を求めて人は街中に集った。






以前は、天満屋とさんすては、敵同士、しかし今こそ互いに力を合わせ、街としての魅力を高める努力をしなければならない正念場でもある。






駐車場の問題が、恐らくネックにもなるであろう?






それぞれの得意分野を活かし、そして、街中の人の滞留時間を如何に伸ばせていけるかを今こそ力を合わせたい。
もはや、敵ではない・・




お客様に喜んで頂ける為に、戦う同士なのではないか?




昨日の敵は今日の友・・・・
ドーム



嘗て日本に原爆を投下した米国も今では大切な同盟国・・・






あの原爆投下を指示した、トルーマン大統領のお孫さんも参列されていた。






どんな思いをもたれたろうか?







原爆の日に改めて不戦を誓いたい!
 
【2012/08/06 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
頑張れカープ
カープ子供写真展

私は、ここ数年プロ野球に対しては、余り興味がなくなっていた。
学生時代は、阪神タイガースが好きでよく観にいったものだ。



広島市民休場でも、いつも3塁側のダッグアウト側の席に陣取ったものだ。



東京にいる時も、巨人-広島ではなく、巨人-阪神だった。






中学2年の時に担任の先生が、車で広島市民球場のナイターに連れて行って下さったのが、最初。






1塁側の内野席がとれず、否応なしに3塁側だった。






そして、あの田淵が新人で、監督は村山だった。






偶然にもダッグアウトの側にいた、阪神に顔の利くおじちゃんが、「オイ、田淵よ・・この子にサインしてやってくれ・・」って頼んで下さって、ボールを頂いたのだ。






子供心に感激し、それ以来、阪神ファンだった。






そして、大人になり年を取るにつれ、やはり、広島カープだよなって地元をだしと思いながら、何となくカープが勝てば嬉しい気持ちになっていた。






しかし、昨今のこの体たらくで、プロ野球ニュースも観ない、翌朝の新聞で、また、負けたかっか・・と思う程度。






それでも、やっぱり勝ってくれたら何となく嬉しい。






今年は鯉幟が終わって、ここ最近頑張っているではないか・・・






ひょっとすれば、ひょっとするぞと思いながら、改めてカープを応援した気持ちになった。






福山の駅ビルでは将来の広島カープを背負って立ってくれそうな子供たちが勢ぞろいしている。




是非、ご高覧下さい
【2012/08/05 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
草刈
草刈

今朝は、山の草刈のお手伝いをさせて頂いた。



朝7時からスタートしたが、もう既に暑い。



水分補給も考えながら取組んだのだが、やっぱり堪える。






暑くて、辛くて、腕も痛い・・・






しかし、辛いことを楽しくさせて感謝の意を載せてさせて頂くことこそ、人生の醍醐味・・・






一御用終えて、これからシャワーを済ませてPOSのシステムの会議。






不思議と脱力感もなく、段取り良く充実した会議にさせて頂けた。






やはり、暑いときこそ、しっかりと汗をかくことが、大切でもあり結果、健康の為であると実感した朝の一時であった。







それにしても、自然の力と言うか半年前に草刈をしたのに、しっかりと根が張っている生命力には驚かされると同時に、生かされている自分を発見することが出来た。









有り難うございます! 
【2012/08/04 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
カンボジアの暑さは何だったんだ?
金魚

先月、梅雨明けと同時に行き成り30℃を超えて、体が急にはついていけない感じだった。




少し年を重ねたことも影響しているのかも知れないが、徐々に暑くなって貰わないと、こっちの都合もあるのにと思ったりする。




8月に入り、灼熱感も2週間が経過すると慣れてくる。








否、諦めと言った方が良いかも知れない。






1995年、福山青年会議所の創立35周年記念事業で国際貢献をコンセプトにカンボジアに学校を作るお手伝いに出掛けたことを思い出す。






カンボジアに着いた日が、円高を更新した日だったのでとても良く覚えている。






当時、現地のことを事前調査するに、カンボジアは35℃以上あるから、水とか充分な準備が必要だと思うと同時に、35℃40℃なんて未曾有だし、私達が経験したことのない気温で随分と心配したものだ。






毎日35℃の中で学校を作るお手伝いをさせて頂いたが、考えてみると15年以上も経過した今、日本も正しく時のカンボジアのような気温になっている。






日本は舗装された道路、コンクリートに囲まれた中の35℃、カンボジアは土に囲まれた35℃体感温度は日本の方が暑いぞ・・・






カンボジア驚くになかれ






あの暑さは何だんだ・・・?




日本の暑い夏、工夫して心涼しく共々に過ごしたいものだ。
【2012/08/03 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
日本人らしく
澤選手

ロンドンオリンピックが開催されて一週間近くなる。



金メダルを獲得した選手に対して、彼らの国家が流される。


何とも言えない、国を背負って成し遂げた雄姿に国境を越えて皆に拍手を送りたい。






最近、スポーツを観戦していて思うことがある。






野球やサッカー等の競技の開催前に、互いの国の国家を流す。






外国の選手は、右手を左の胸に当てて国家を聴き、斉唱し、国旗に敬礼をする。






素敵な姿である。






昔、日本人は君が代が流れ国旗に敬礼をする際には直立不動をして低頭したものであるが、最近は、諸外国の選手のように右手を左胸に当てる光景がよく観られる。






私には何か違和感を感じる。




日本人は日本のスタイルで国家を、国旗を崇めたら良いのではないか・・・? 
【2012/08/02 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
プロフィール

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード