『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
ヤンキーなお姉さん
ばら公園のお地蔵さん

福山の花園町に、ばら公園がある。


その東南の一角に、お地蔵さんがいらっしゃる。



先日、車でこの交差点で信号待ちをしていた時のことである。






表現が余り適切ではないが、ヤンキーのお姉さんが、自転車で南から交差点に入って来た。






左右に大きくハンドルを切りながら、軽いジグザグ運転・・・






オイオイ大丈夫かって思った。






そして、右折する為に、この一角に自転車を停めた時に、彼女の目にお地蔵さんが飛び込んで来たのだろう。






そのヤンキーなお姉さん、お地蔵さんの方に自転車を振り向けて、丁寧に両手を合わせている。






彼女の格好と行動との落差に違和感というより、とても素敵な感じを覚えた。






そして、彼女が瞬間輝いて見える。






そして、信号が青になったら又、彼女はジグザグ運転で東に向って走り去った。






人は見かけで判断してはいけないと感じると同時に、恐らく、彼女は親から神仏を大切にする心を教わっていたのだろうと思った。






お陰様で2012年 7月も共々に身体丈夫で万事好都合で過ごさせて頂いた。



感謝の気持ちで、灼熱の8月を更に一層素晴らしい月にして頂きますよう心涼しく迎えさせて頂きましょう! 
【2012/07/31 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
尊厳
新茶

江戸時代の習慣に村八分というのがある。



仲間はずれにするということだ。



村の掟や秩序を乱した個人や家族に村をあげて、申し合わせ絶好するということになろうか?






交際には十分、冠・婚・出産・病気・建築・水害・年忌・旅行・葬式・火事






この内、葬式と火事を除外して、皆で無視する訳だ。






まるで、現代版の虐めのようだ・・・?






しかし、恐らくこれは日本の一つの文化だったのかも知れない。






皆が助け合って暮らしていくための智慧だったかも知れない。






村八分にするには、村全体の創意が必要であったに違いない、又、そこには良識ある人も沢山いたであろうと考えられる。






その上で意図的に行われた習慣か・・・?






しかし、滋賀県の大津で起きてしまった事件、これは全くそれらとは意を異にする。






人の人としての尊厳を無視している事件ではないか?






ニュースで取り上げられる度に悲しい思いがする。






何時から日本人は、このようになってしまったのだろうか?






批判を受けることを敢えて承知しながら申し上げれば、学校では先生の体罰が、家では親の体罰がなくなった頃からでは無いだろうか?






決して体罰を肯定している訳ではない?






体罰とは、人のいたみを教えるものであった筈だ。






それが、体罰=暴力に置き換えられてしまったのではないか?






良識ある、愛ある親や、先生は同じぶつにも力加減も場所もタイミングも心得ていたに違いない。






全てが飽食になってしまったのかも知れない。






もまれて、こそ美味いお茶になる



親も先生も、子供達に人としての尊厳を教えなければならない。 
【2012/07/30 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
夏の風物詩
薪能八幡宮

毎年、この時期には福山八幡宮で薪能が催される。



昨夜は久振りに堪能させて頂いた。



1683年八幡宮の鎮座奉祝の落慶能楽が毎日のように開催されたと聞く。






時は移り、1986年、福山市制70年を記念して開催されたこの薪能は27回目を数える。






薪への火入れ式を終え、






舞囃子、大島衣恵氏による、養老、とメインイベントの能、大島輝久氏の鞍馬天狗との間の狂言は、暑く疲れた体を癒してくれる。


薪能




今回は、茂山千三郎による清水。






この薪能から本格的な夏がやってくる。






夏の夜のジャズも素敵だが、私達日本人が大切にして来た日本の伝統文化に改めて身を寄せて、明日の日本についてゆっくりと考える夏の夜の一時を楽しませて頂いた。






福山もいよいよ、市長選が告示された。






そういえば、最近は選挙は夏に多い・・!





選挙も夏の風物詩みたい・・






一週間後の8月5日には、選挙である。





1989年、福山八幡宮の境内の西側にある聡敏神社に祀られる福山の開祖の水野勝成公の前で「もしも私が水野勝成だったら・・・この福山をどうしたいか?」についてシンポジュウムを開いたことを思い出した。



福山に暮らす皆が、水野勝成だったらこの街をどうしたいかを考えて、素敵な福山の為に皆で選挙に行きたいものだ!
【2012/07/29 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
棚から牡丹アイスクリーム?
ヤンキースイチローデビュー

先日の、イチローがシアトルマリナーズから名門、ニューヨーク・ヤンキースに電撃移籍を果たした。




そして、今日からヤンキースのストライプのユニフォームを身にまとっての本拠地でのデビュー戦。



見事に第二打席でヒットを放ち、移籍後4試合連続ヒット。






どの場所に居ても、彼は全力で力を尽くす。






天晴れである。






そして、背番号は31






イチローは多くのスポンサー契約をしているが、近い将来サーティー・ワン・アイスクリームのCMに出演するのだろうか?


サーティーワンアイスクリーム31




31アイスクリームにとっては、棚から牡丹アイスクリームではないか?






一所懸命努力していると、幸運は向うからやって来る。



いやいや、幸運を引き寄せるに違いない。
【2012/07/28 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
期待に応える
庭の朝顔

昨夜の、五輪男子サッカー眠い目を擦りながら応援された方も多かったと思う。




グラスゴーの奇跡等とおっしゃる方がいるが、試合を観ていて、奇跡でもなく今回は勝つべくして勝ったと思える。





なでしこに続いてサムライも見事に期待に応えてくれた。






幸先よいスタートである。






併せて、広島カープ昨夜は何とも雑な試合だったが兎に角流れに乗ってくれているようだ。






期待と言えば、昨夕、庭に水をあげている時、朝顔のプランターを観て、元気の無い朝顔達がいた。






明日の朝はしっかり咲けよと念じながら、お水をあげたら、今朝起きて驚いた。






見事に期待に応えてくれて咲いている。






やるべきことを、キチンとすれば相手は必ず期待に応えてくれることを確信した。






日本選手団、今日まで一所懸命努力した自らを信じて、自らの期待に自らが応えて欲しい・・・




頑張れ!ニッポン
【2012/07/27 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
叩けば直る
昔のテレビ

私達の地域では明日は不燃ごみの回収の日である。


前日の夜には、ゴミ・ステーションには色んな物が集まってくる。


動かなくなったプリンターが出されている。






本当に動かないのだろうか・・






最近はテレビや冷蔵庫、エアコン等は、業者さんにお金を出して引き取ってもらわなければならない。






電気機器の殆どは最近はコンピューターで制御されている関係で一旦、故障が生じると面倒なものだ。






昔を思い出しても仕方がないが、テレビの映りが悪くなった、ラジオの音がオカシイ、洗濯機が回らない・・






こんな時には箱の上や横を叩いてやると直ったものだ。






「オイ!動いてちょうだい・・」なんて心を込めて叱咤すれば応えてくれたものだ・・






叩けば直るというのも素敵ではないか?




しかし、暴力はいけません
【2012/07/26 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
名は体を表す?
国民の生活は二番

ここ最近、フェイスブックで面白い画像が流通している。



色んなこと考える人がいるものだ・・・



民主党を揶揄・・?否、





パロディー化している。






小沢さんが「国民の生活が第一・・・」と新党を結成した。






先日のブログに書いたが、本当に、その名は相応しいか・・?






改めて考えてみて頂きたい。






理念が名に表されていなければならない。


民主党パロディー




自由民主党は、結党当時は自由で民主主義の社会の達成を願ってつくられた筈だ。






国民の生活が第一って当たり前では無いか?






そして、民主党は本当に民主主義的な党であるのか?






こんなパロディーが受ける時代は如何なものかと思うが、実際に、面白い・・




次の選挙では、もう国民は騙されない、それぞれの党が政治家自身が、真実を伝え思いを伝えなければならない。
 
【2012/07/25 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
包丁を研いだら
グラインダー

最近は、自動包丁研ぎ器なる便利なものがある。


昔、時折、母が私に包丁を研いで欲しいと頼んだ。




数種類の砥石で、順番に包丁をバケツの水を少しづつかけながら磨いだものだ。






そして、包丁を研いだ後、母は手を切っていた。






そして、研ぎすぎたことを反省したものだ。






母は私に話してくれた。






「包丁を研いだ後は、よく手を切るものだ・・研いで貰った人への感謝の気持ちが足らないからか・・・」






と言って「ありがとう!」の言葉をくれた。






私は中底を作る為に、グラインダーを毎週末には使う。






グライダーのヤスリも、何度も使っている内に、磨耗し1~2ヶ月一度は新しい物と交換する。






すると、その切れ味の良さでつい、私は利き手を一寸削ったりして軽い怪我をしてしまう。






実は、今回も右の薬指の先を削ってしまった。






痛ッって思った時は、既に皮膚を削ってしまった後だった。






やはり、私も何時も私を助けてくれるグライダーに対する感謝の気持ちが無かったのかも知れないと反省した。






グラインダーさん!





ありがとうございます。



恐らく、これでもう手を削ることはないと思う。
【2012/07/24 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
宇宙の法則
宇宙の法則

先週から橋下大阪市長が、随分とマスコミに攻撃されている。



不倫問題だ。



誰かが仕掛けたに違いない。






とても日本的である。






勿論、個人の資質に関わることがだから公人として、攻められても仕方ないこともあろう。






果たして、政治力とどんな関わりがあるのだろう?






マスコミはもっと創造的な取材方法はないのか?






先日、FBを観ていたら素敵な宇宙の法則なるものがUPされていたのでご紹介したい。






人は同じ論理で殺されるとよく言われる。






織田信長は人によって、徳川家康は組織によって、全て同じ論理で殺される。






どちらかと言えば攻撃的な橋下さんも、内容や理由はどうであれ、人によって攻撃される。






改めて共々に自らの性格を省みたいと思う。





橋下さんも今後は、コミニケーションのスタイルをお考えになられたら良いと思う。



こんな言葉もあったぞ!





思考に気をつけなさい いつか言葉になるから





言葉に気をつけなさい いつか行動になるから





行動に気をつけなさい いつか習慣になるから





習慣に気をつけなさい いつか性格になるから





性格に気をつけなさい いつか運命になるから
 
【2012/07/23 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
町名
寺町

先週の日曜日の日経のコラムだったか?



こんな記事があった。



東北地方の沿岸部、女川や小名浜のように「おな」がついている地名が点在している。






高く打ち寄せる男波が語源。






昨年の震災の時と同様に、昔もこの地を津波が襲った証拠である。






地名には、その土地の成り立ちや、いにしえの人々が残した教訓が隠されている。






その地名の多くが1962年、住居表示法の施工をキッカケに多くが消え、道路で囲まれた地区ごとに統廃合し、丁目や番地を使う方式に改めた・・・云々






最近は、住所を書かなくても郵便番号があれば届く。




記号化された町は色気もない・・・



私は、昔の町名に何故か哀愁にも似た懐かしさを覚える。






その町のアイデンティティーが、町名にはあった筈だ。






寺が沢山集まる寺町、お医者さんがいる医者町、大工さんの集まる、大工町。






私の子供の頃、今の福山の天満屋のある元町は新馬場町と言っていたことを思い出す。






恐らく、お城に来る侍達が馬を停めていたのだろう・・・






流石にお寺は時代の流れに左右されないから、寺町は以前の場所にちゃんとある。






時代と共に、福山の町名も統合された。





医者町・奈良屋町・大工町を一緒にして、医奈大(いなだい町)が、昭和町になってしまった。




結局、その町に相応しい名前を残すべきではないか? 
【2012/07/22 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
野田さん電話して下さい
野田総理

オスプレイがいよいよ、岩国にやって来る。



アメリカの申出は断れなのだろうか?



それにしても、事故に対する不安が払拭出着ないまま、日本への配備は幾らなんでも如何なものかと思ってしまう。






どうも、アメリカの押し付けを日本はNOと何時もはっきりと言えない。

オスプレイ





日本はアメリカを同盟国と思っているが、アメリカの高官は、日本を同盟国等と思っていないのが現実のようだ。






そんな中、日本のプロ野球選手会の新井が、WBCに参加しない旨の決断をした。



WBC



個人的には勿体ない気がすると同時に、あのWBCでの感激をもう一度と思ってしまうが、はっきりとNOを突き
つけた態度には敬意を表したいと思う。






さて、オスプレイの話に戻るが、はっきりと安全性が確認出来るまで日本上陸は待ってくれと、野田さんオバマ大統領に今夜あたり、キチンと電話で入れて申し入れをするべきではないか?



そんな、毅然とした態度をオバマ大統領に示すことが出来るのは、今になっては野田総理をおいては他にいない筈だ。 
【2012/07/21 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
必ず晴れる
薪能

今年で、27回目になるのか



福山の夏の風物、薪能が福山八幡宮の境内にて、7月28日(土)に開催される。




この日は、雨が最も降らない特異日と八幡宮の吉川宮司から伺ったことがある。






私の記憶でも過去、一度雨で順延、中止になったことがあった記憶しかない。






1989年、福山JCの私の担当委員会の出事業を、同じく八幡宮が管理されている総敏神社で開催した時、雨が気に





なって仕方がなかった時に、吉川宮司に一喝されたことがある。






「俺が大丈夫と言ったら大丈夫・・気象庁と俺とどちらを信じる?」






迷わず私は「吉川先輩です・・」と申し上げたことを覚えている。






話は戻るが、この薪能






私の子供のころは、今の福山の図書館にあった音楽堂で、そして何度か福山城の境内でも薪能があったことを覚え

ている。






私の父は謡楽を学んいた、そして私も喜多流のお稽古に通っていたこともあり、お能にはとても馴染みが深い。






福山の薪能は、観世と喜多で毎年当番が交代する。






今回は喜多流である。






狂言の茂山氏もさることながら、喜多流、初の女性能楽師 シテ方の大島 衣恵さんの舞囃子






そして、大島家長男、喜多の宗家で修行を積まれた大島 輝久氏は、圧巻である。




演目は、



舞囃子;養老    大島 衣恵



狂  言;清水    茂山 千三郎



 能  ;鞍馬天狗 大島 輝久






福山の城主、水野勝成がこよなく愛した能を是非、楽しんで頂きたい!
【2012/07/20 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
海の見える風景
尾道海フェス

林 芙美子の詩にもあるが、尾道という町には同じ海が見える風景でも、どこか他の町と違って素敵だ。



先週末から、福山、三原、そして尾道で海フェスタが開催されている。




福山は、街中から何時の間にか港が遠くなってしまった。


海王丸




私は毎日のように尾道に行っているが、千光寺から観る瀬戸内の風景もさることながら、尾道は駅を降りると眼前
が海。






ウォーターフロント・ステーションだ。


アヒルラバーダック




そして、いまこの海フェスタでアヒル君が尾道の駅前の海に来ている。






このアヒル君、どこから来たのだろう・・・?






どうやって来たのだろうか・・・






面白い風景だ。






そして、伺うところによると尾道青年会議所の尽力で、この週末はミッキーマウスがやって来ると言う。






そして、尾道に秋篠の宮様が来られる!






そして、東日本大震災で被災された子供達を招待して共にフェスティバルを楽しむそうだ。



頑張れ!尾道






頑張れ!東日本
 
【2012/07/19 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
シンクタンクみたいだ
校長

連日ニュースになっている滋賀県のいじめの問題!



先生も親も他人事のようだ。



特に、校長先生の笑みを浮かべての話し振りに対しては、怒りを誰もが覚えるのではないか?






いじめをした親が、この度の問題で自分の子供が自殺したら先生の責任だと言いたい放題には、開いた口が塞がらない。






それにも益して、私が不思議で仕方がないことがある。






生徒達に対する学校のアンケート調査である。


アンケート調査




よく、民間のシンクタンクや商工会議所が、景気動向のアンケートを企業に送ってくることがある。






アンケート調査は、普段余りコミニケーションがない相手の情報を欲しい場合に行うことではないか?






学校の先生が、子供達にアンケート・・・






何故、アンケートを取らなければ子供達の動向が分らないのか






マスコミはアンケートの結果ばかりを取り上げるが、アンケート取らなければならない体質を何故問わない?






親が子供にアンケートを取るだろうか・・






今の時代、ひょっとしたら、そんなことが起こり得るかも知れない!






何時も何時も、子供の中に入って行っていれば、アンケートなど必要ない。






この体質こそが、いじめに目を閉じていることの元凶ではないか?






学校はシンクタンクではないぞ!






校長先生、あなたは、懲戒免職ものではありませんか?




あなたは子供の命を預かっているのです!
【2012/07/18 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
自然の要塞
天地の生理

この瀬戸内に生まれて、改めてこの度のような豪雨災害を目の当たりにして、何と私達の地域は恵まれていることかと感激すると同時に感謝の念が沸いてくる。



「天災、地変は正しく天地の生理、我々非力な人間には、幾ら科学が進歩しても全く手を出せないことが多くある」




瀬戸内は、四国、中国山地山脈に囲まれて、恰も自然の要塞の中で守られているようだ。






だからこそ、その温暖な環境に甘えてしまうこともある。






勿論、台風によって拙宅も水害に遭ったこともある。


水害2009




しかし、今回の九州の映像を観て、想像を絶する。






恵まれているからこそ、感謝しなければならない。






感謝の反対語は、当たり前。




これが、当たり前にならないように・・・ 
【2012/07/17 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
どうして見に行くの?
2012.7月豪雨

今回の今まで経験したことのない、豪雨とまで気象庁に言わせた九州北部の豪雨




正しく未曾有の豪雨だ。



私の業界の仲間も大分や久留米で頑張っておられるが、幸いに営業店舗は大丈夫だったようだ。






それにして、台風や今回のような水害が生じた際に、沢山の行方不明者や残念なことに犠牲者が出てしまう。






ニュースを聞いていて、よくあるケースが「田んぼを見に行っていた」






「家の屋根に上って状況を見ていた・・」






「川の増水の状況を見に行って・・・」






そんな人たちが残念ながら被害に遭われている。






どうして、見に行くの?






と他人事のように思ってしまう。






当事者にとっては、止むに止まれずなのだろうが・・・






水害とは中々教訓が生かされないものだ。






拙宅も以前はよく床下浸水したものだ。


大正8年福山水害
大正8年 7月福山の水害


水の怖さは、あっと言う間に来て、そしてあっと言う間に引いて行く。





決して、状況を見に行かれることのないようにお願いしたい。



この度の被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。 
【2012/07/16 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
6回連続
パンダ

今週の大きなニュースの一つに、パンダの赤ちゃんが亡くなったニュースがある。



人間の智慧を結集しても、中々動物の命を守ることも儘なら無い。



会見をされていた人たちも涙を流していた。






勿論、パンダの命も大切だろう。






しかし、私達は人の命の大切さをモットモット子供達に教えなければならない。






大津の虐め事件をそのままには捨て置けない。






丁度、今サマージャンボ宝くじが売り出されている。






今回は5億円・・



(キムタクが、5円置くなってCMしてる!)






この宝くじが6回連続で当たる確率で、人はこの世に生命を受けると聞いたことがある。






そうまでして、来てくれた命に私達はしっかりと報いていかなければならない。




人の命を愛することは、学校ではない親の家庭での教育だと私は思う。
【2012/07/15 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
朝顔って
朝顔

雨上がりの朝、庭を観ると朝顔が美しく咲いている。



朝顔につるべとられて、もらい水・・・



そんな句を思い出すが、朝顔は蔓を伸ばして行く。






プランターの傍に何気なく立てているネットや柵に添って、上へ上へと伸ばして行くではないか?






まるで、朝顔にには目がついているように感じる。






信じるものを信じきって身を任す・・・





何と素晴らしいことか・・




暑い夏、心を爽やかにしてくれる草木や花達も大自然に生かされていることを教えてくれる。
【2012/07/14 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
行き当たり
行き当たりばっちり

先日、私の友人の宝石の豪商が面白い文字を書いているのをみつけた。



彼は、敬虔なるカトリックでもある。




私とは宗教を異にしているが、神を信じ、任せきることが出来れば素晴らしいと何時も考えている。






人間は呼吸一つにしても自分の思うようにはならない。






浄土真宗でいう他力本願と相通じるところもあるのかも知れない。






人間としての無力さを知り、そして謙虚に日々世の為人の為と願いながら暮らせていけたら何と素敵なことだろ
う。






今ここを大切に、決して無計画ではなく、人としてやるべきことを成し、




そして、信じる神にすがりきれば、行き当たりバッチリですね 
【2012/07/13 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
本当に騒いでいるのは
原発反対のデモ

特に芸能界でのゴシップ等で感じることがある。



小林幸子氏の問題もそうだが、有名芸能人がマスコミの前で「お騒がせ致してまして申し訳ございません・・・」と会見する。


別に、国民皆が騒いでいる訳ではない。






お騒がせしたのは、マスコミなのだ。






従って「お騒がせして申し訳ございません・・」はマスコミ各社のトップが言う言葉ではないか・・?






水戸黄門の最後の印籠を出す前の、助さん格さんの台詞






黄門様が「助さん、格さんもういいでしょう・・・!」






すると、二人が順番良く「静まれ・・静まれ・・こちらに、おわすを何方と心得る・・・畏れ多くも・・先の副将
軍」と来るが、誰が騒がせて、静まらせているのか?


印籠




黄門様が、「懲らしめてやりなさい・・」と言って騒いだ筈だ。






別に騒ぎを起こさず、さっと印籠を出せば良いのに・・






 しかし、こちらは一寸違うぞ






今週も予定通りに開催されるのだろう・・・






毎週金曜日に官邸前に集まる、原発反対のデモ集団・・






回を重ねる度に人が増えている。






結局、何もしてくれない政府や民主党に対する国民の怒りか・・・?






これは、国民の良識かも知れない。






それが証拠に基本的に、8時の終了時間になると皆、ちゃんと引き揚げていく。



本当に騒いでいるのは、何なのか、各々その本質を見極めなければならないと感じる。
【2012/07/12 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ダイエット
ダイエット

一寸気を抜いてしまうと、ウエストがきつくなってしまう。


私のベスト体重は65㎏だが、数ヶ月前体重計に乗って驚いた。




74㎏になっているではないか?






これは、大変だと思い、そして血圧も上昇気味・・・






そこで、徳毛内科の院長から教わった徳毛流ダイエットに再挑戦。






以前にも書いたことがあるが、この徳毛流ダイエットは全く苦しくない。






兎に角、することはお腹が空いたら食べる。






逆に言えば、お腹が空いていなければ食べない。






唯、それだけ






人間とペットはお腹が空いていようがいまいが、時間が来たら食べる。






お腹が空いていないのに食べるのが大敵なのだそうだ・・・・





人間はお腹が空いたと思えば、大脳が脂肪を分解する指示を出すそうだ。






そして、もう一つは夜食べて3時間は起きておくこと。






すると、必ず適正体重でストップする。






改めて挑戦した。






2ヶ月で7㎏の減量に成功。






おかげ様で今は、67㎏。






血圧も低目安定・・・



結局、ダイエットは痩せることではなく、適正な体重を保ち続けることに他ならないことが改めて分った。
 
【2012/07/11 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
馴染んだ言葉
庭の剪定

一昨日から、梅雨の貴重な晴れ間を縫って、拙宅の庭、夏の準備の為に庭譚の方が剪定に入って下さった。



間も無く梅雨明け、床屋さんに行ったようにすっきりとした庭を眺めて梅雨を爽やかに、そして夏を心涼しく過ごしたいものだ。



樹木達も、確実に成長していることが分る。












そして、次のシーズンの準備を私達がきちんとしてあげなければならない!






私もそろそろ散髪屋に、大体一月に一度の割合で行く。






最近は、髪の毛より眉毛が伸びるのが気になる。






村山総理のように、眉毛が伸びるとどうしても老けてしまうような気がしてならない。






だから、顔の毛剃りの時に、お願いして眉毛をカットして頂く。






年を取ると眉毛の伸びが早くなるのかと聞くと、決してそんなことはないとおっしゃるが、科学的に研究されておられる方はいないか?






そう言えば、以前パーマ屋さんって言って友達に「あなたは昔の人のよう・・・」って笑われたことがあったことを書いた。





「今は、ヘアーサロン」って言う。






でも、何故かパーマ屋さんとか、散髪屋さん方が長閑で私は、このパーマ屋とか散髪屋、床屋という馴染んだ言葉の響きが好きなのだ。





こうして、毎月変わらず髪を切ることが出来る身の上に感謝だ。
【2012/07/10 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
寿命
奇跡は信じる人に起きる

 金曜日に久振りに広島の伯母に再会した。



90歳を超えんとする伯母は、パソコンを自由に扱い、80歳を気に、中国語を勉強し北京に留学をした。




見事な生き方だと会うたびに啓蒙される。






 時折、メールやブログにコメントを書き込んだり、父にも電話を掛けて来て近況を知らせたり兎に角、前向きな伯母だ。






 今回は、またまた、その伯母に驚かされた。






何と、一月半程前に胃癌の手術をして3分の2摘出、そして大腸にも腫瘍が見つかり合わせて取り除いたそうだ。






 最初、喉の調子が悪く耳鼻咽喉科で診察を受けた時に、この機会に胃カメラを飲んだらと勧められて、診察を受けて分ったそうだ。






 即座に手術、そして、未だ2ヶ月も経っていないのに、以前と変わらないような食欲、そして大きな元気な声で私達に話をしてくれる。






まるでスーパーウーマンではないか?






伯母曰く






「私は癌になって良かった・・・」






屈託もなく言い放つ、幾ら年をとっても普通、癌を宣告されたら気持ちが萎えてしまわないか?






私なら恐らく落ち込んでしまうだろうと思う。






そして、一昨日伯母と別れ際に彼女は私達にこう言った。






「人は病気じゃ死にゃせんわ・・寿命を死ぬんよ・・だから、私は与えられた寿命を、貰った命を精一杯、有効に生きる・・」






寿命って寿の命だ。






今を最高に喜んで生きることって素敵だ!






すべは気持ち次第と言ってしまえば、それだけだが、奇跡は信じる人にのみ起こり。






そして、前向きな人生が幸福を引き寄せるのだと感動した一時であった。



軽く、100歳を超えて頂きたいと念じている。
【2012/07/09 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
万事好都合
広島

昨日、一昨日と私の祖父の本家の先祖祭に両親と親戚の叔母夫妻を乗せて、広島に出掛けた!



ご周知のように、朝から雨模様・・足の悪い母は充分に歩けず雨が降ったら車の中で遥拝させて頂く他はないかと思ったりしていた。



広島で合流した、伯母や従姉達と墓参に向ったが、お墓に着くなり雨が上がり皆でご先祖様のお墓にお参りすることが出来た。






そして、車に乗ったら又、激しい雨・・






そして、直会に向った。






到着すると雨が上がり、食事の会場には全く濡れずにお陰を頂けた。






夕刻、早目に宿に入り、親戚の人達と皆、温泉に浸かり夕餉を楽しませて頂いた。






すると、外は激しい豪雨に雷雨。






そして、昨日の朝、帰路に就く時には既に雨も上がり、その場、その時々において万事好都合。




親孝行、先祖孝行をちゃんと神様はみて下さっているのだと改めて感謝の気持ちで一杯になった、今年も素敵なお祭させて頂いた。
【2012/07/08 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
人は人によって磨かれる
補正

毎週週末には、今週一週間お客様の足を計測した結果を元に足底板を制作する時間を創らせて頂く。




障害とまではいかなくても足に対するお悩みをお持ちの方の何と多いことか・・・



お一人おひとり、全てその状況が違う。









私も足と靴の科学研究所ネットワーク、「足と靴の相談室」を立ち上げて20年近い歳月が経過する。






悩んで悩んで、一つひとつ課題をクリアーして来た。






そして、10年が過ぎた頃、標準化したシステムを作り上げ特許迄取得させて頂いた。






しかし、それでも毎日毎日が学びと戦いの連続である。






一人ひとりのお客様に向き合うことによって、必ず最善の方法が見つかる。






否、見付って来た。






これからも、日々研鑽である。






今振り返って気付くことは結局、私を成長させて下さったのは、出会ったお客様一人ひとりであった。






人は人によって磨かれるのだと感じる。






そして、一寸でも手抜きがあったら間違いなくその報いがある恐ろしさも併せて感じた。



さぁ~、これから今週のお仕事です・・・
 
【2012/07/07 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
記録的
記録的大雨

昨今、テレビニュースや新聞を観ていて目に入るコピーは「記録的○○」



記録的豪雨であったり、災害であったりする。



所謂、未曾有である。






昨年の東日本大震災でも然りである。






改めて、人類全体の人間としての自然への畏敬の念が薄れている結果だろうか?






そう言えば、あの震災の時に、石原東京都知事が天罰だと言い放った言葉の重みを改めて感じる。






記録的○○は、大体言い内容には使われない。






是非共、来るロンドンオリンピック・パラリンピックでは記録的なメダルの数を獲得して欲しいとも思う。






特に、天満屋の女子マラソンには、記録的はタイムで優勝を狙って頂きたい。






良い意味で使いたいものだ!




記録的・・・
【2012/07/06 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
甲子園
甲子園

全国高等学校の夏の甲子園大会の県予選が、そろそろ始まる。



沖縄では一足先にスタートしたようだ。



今から30年前、大阪の梅田から30分程のところにある、ゴルフの打ちっぱなしの跡地に、金光大阪が設立された。






いざ開校してみると落穂を拾ったような、表現は良くないが所謂、行く学校のない子供達が寄せ集まったような状況だったとうかがった。






 世の中なのお役に立つ人の育成を理念に、見事なまでに育った現在の金光大阪がある。






当時は、運動場には、野球が2面取れるほどの大きさだったようだが、整備も出来ず、淀川の河川敷で体育の授業が進められていたそうだ。






そして、5年後、金光桐蔭、そして金光八尾と開校し、この八尾では不登校や引きこもりの子供達の為のクラスもある。






挨拶日本一を掲げ、金光八尾は美術に特に優れ、そして有数の進学校にまで成長した。






そして、それから10年、関西福祉大学が創られた。







大学院も併設されている。






 金光大阪はご周知のように三度の甲子園に出場している。






金光教の信奉者としては嬉しい限りだ。






そして、30年の歴史を振り返る中で、30年あれば物事は変わり、成就出来ると自信も涌いてくる。







 甲子園今年も頑張ってくれることを期待したい。






そして、岡山県からも是非共、金光学園が出場して欲しい。






決勝大会で金光大阪と浅口市の金光学園の対戦でもあろうものなら感動ものだ。



そして、希わくば、福山のどこかの高等学校も優勝に絡んで、応援する私達を困らせて欲しい! 
【2012/07/05 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
OZW48
OZW48

小沢さん結局、新党結成は48名とのことらしいが、やはり民主党のやり方には違和感を覚えてしまう。




反対票を投じた人に対しての処し方にルールが見えてこない。



菅さんの不信任の時と、又今回の処分が違うではないか?






会社で言えば就業規則があるが、これに順ずるものが恐らく、党の綱領がない位だから、その場その場で対応しているのだろう・・・






会社組織の場合、何か問題を起こしたら就業規則によって、その良し悪しがフェアーに判断される。






離党届を出した人に、それを受け取らずに除名・・






今更という感がある。






そして反対票を投じた人は党員資格の停止が課せられたが、これも又、変。






そして棄権者は、注意処分とは如何なものか






組織外の者がトヤカク言う問題ではないが・・・






野田さん、あの採決の当日に反対票を投じた者、棄権した者、即座に除名処分にしていたら彼の覚悟を国民に知ら


しめ名を残せたのではないか?






小泉総理が、そうであったように






小沢さんに離党を一任して、後に撤回した人達も覚悟が理解出来ないのは私だけか・・


7.04





AKBに準えてOZW48と揶揄される程、政治は失墜してしまったのか・・・




AKBよろしく、総選挙で誰が選ばれるのか
【2012/07/04 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
幼児体験か?
アンパンマン

私は心理学の専門家ではないが、消費税増税法案の採決後の民主党の小沢騒動を観ていて感じることがある。



造反した人に残って欲しい為に、あれこれ相談するなんてやはり違和感がありますね。




この地域では「はぶてる」という言葉あります。






「すねる」と言った方が分りやすいでしょうか?






子供の頃、玩具屋さんの前で、玩具を買って欲しい子供が、お母さんやお父さんに泣いて駄々をこねる。






すると、毅然とした親は、「駄目なものは駄目」って子供に接するところ、泣く子と地頭には勝てないとか言っ
て、ついつい買ってしまう親。






子供は、駄々をこねれば家の親は欲しい物を買ってくれるのだって学習する。






こんな幼児体験を持って大きくなった人は、大人になっても所謂「はぶてる」癖が残る。






恐らく、小沢さんも輿石さんも、このような体験を持っているのかも知れない。






唯、鳩山氏は何でも買って貰っていたから、又違うのだろう。






欲しい物を手に入れて、飽きたら又次ぎ直ぐ買って貰う。






こんな幼児体験を持っていると、最低でも県外って言ってみたり。






総理経験者は、次の選挙に立候補しない方が良いと言って、自ら引退表明していても、やっぱりそれは止めたなんてなってしまうのだろうか?



幼児体験って大切だ 
【2012/07/03 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
夏越祭
教会ご神前

先月末からここ最近に掛けて、各地の神社等では夏越の祭が仕えられている。


私共の氏神さんの神社では来週、そして私がお参りして金光教の教会では、曜日に関係なく毎年日を変えずに6月30日。



神様には曜日は関係ない筈。












人間の都合で日を変えるというのは些か頂けない気がするが、時代の流れか?






この夏越祭は、夏を元気に乗り切らせて頂きたい、そして上半期の感謝のお祭だと言われる。






教会でも、神社でも大幣でお祓いがされる。






罪穢れを祓え給え、清め給えと祝詞が上がる。






人は皆、素晴らしい天地宇宙に生かされている、それをネガティブに否定的になって、光り輝く思し召しを包みこんでしまう。






その罪とは、包みこむのつみ!






穢れとは、汚れではなく、気が枯れるの気枯れだ






それを祓え給え清め給えと奏上し、有り余る神のお陰に気付き改まることだと理解している。






金光教では、不浄はないとする。






然らば、大幣での祓いは、気付き改まる為のものだと心得ている。



さぁ~上半期に感謝し、そして皆さんで元気でこの夏を乗り越えさせて頂きましょう! 
【2012/07/02 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード