『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
Jet lag
雲の上

時差ボケのことをJet lagと言う。



イタリアと日本の時差は、8時間。



それをジェット機で一気に飛んで、到着地の時間に合わせる。






日本からヨーロッパに着いた時は、比較的何ともないが、日本に帰って来たら多くの人が、この時差の違いに苦しむ。






しかし、私は運良く時差に苦しんだことがない。






今月の中旬の海外出張は日本を発つ時にはナイトフライトで、現地に朝到着、充分に機内で寝て行けば到着した日に朝から動き回って夜充分に寝すめば大丈夫。




往路は、夜飛んで夕刻付いて、機内で寝ずに頑張って帰国してその晩よく寝られたら成功。






しかし、今回は朝飛んで、朝着いた。





午前10時にフランクフルト飛び立って、飛行機の窓から外観ると雲海から昇る太陽がとても美しい・・・






何時もとリズムが違う・・・






人間の体内時計、時差を戻すのに大体一日1時間だそうだ。






然らば、帰国後1週間程度はやはり体きつい・・・





今回ばかりは、一寸きつい。



つい先日まで厳しかった!






そろそろ体内時計も調整が完了するころだが・・






私は実は時差ボケは時間ではないと思っている。






現地で仕事に飛び回り、そして帰ってくることが多いのでライフスタイルは殆ど日本と変わらない。






しかし、今回は結構ゆっくりとさせて頂いた関係もあり、昼からワインやビールを頂いた。





即ち、普段のライフスタイルと全く違う生活を1週間していた訳だ。






この生活様式の違いこそが時差ボケの原点であると感じている。





時差ボケはJet lagより



Lifestyle lagと訳した方が良いと思う。






初めて乗ったANAのボーイング787の窓は、従来の飛行機に比べてとても窓が大きい。






その窓から幻想的な日の出を拝み、人間が創った飛行機の中ではあるけれど、自然の雄大さ、人間の力なんて及ばないものを感じる。






昔の人がお日様を観て手を合わせたというが、自然と手を合わせる自分がいる。





寒さ厳しい2月もおかげさまで、万事好都合で過ごさせて頂けた。






これも全ては神様のおかげではないだろうか?





共々に素敵な3月を迎えさせて頂きましょう!




ありがとうございます! 
【2012/02/29 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
デパートの役割
ヤフーニュース上野松屋屋上

ヤフーのニュースにデパート屋上の小さな遊園地の写真が掲載されていた。



上野松屋さんのようだ。




この話題は、随分前にも触れたように記憶しているが、半世紀程前は、デパートに行くといったら子供達は一張羅を来て連れて行ってもらったものだ。






私は商人の家で育った関係でデパートに傍に住まいしていたこともあり、デパートは日常茶飯事のように訪れていたので、一張羅という感じはなかったが、友達に聴くとやはり、デパートは子供にとっては特別だったようだ。






福山の天満屋も新幹線型のモノレールや観覧車があった。





そして、子供達はたこ焼きを買って貰って楽しんでいた。





その福山の天満屋の屋上も今は閉鎖されて施錠されている。





しかし、十数年前迄は5月頃からビアーガーデンがあったが、これも居酒屋に押されて今はない。



北海道春の物産展



先週から天満屋さんは、春の北海道物産展を開催している。2月とは言え、お客様で賑わい、春の商戦への入り口として景気づけをしている。


北海道物産展




 以前は、シャワー効果に噴水効果と言った時代があった。






上層階で物産展や文化催事をしてお客様を一旦吸い上げ、シャワー効果として徐々に下層階にお客様を誘導する。






又、デパ地下ならぬ地下で催事をして、お客様を噴水のように上層階に送り込む。






しかし、お客様は段々と目的買いになり、物産展だけで欲しい物を買い、そのまま帰ってしまう傾向がある。






郊外型SCが栄え、デパートの役割も随分と変わって来ている。






デパートにはデパートしか出来ない企画がある筈である。





郊外型SCと戦おうとせず、本来のお客様に今一度視点を戻してみては如何だろうか?





デパートは、文化と共に歩んで来たのではないか?
 
【2012/02/28 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
第9回FMO
桜井久仁子


FMO Fifteen Minutes Oasis




私の所属するボランティア団体では、今期の15分間のオアシスも9回目を迎えた。




様々な分野から、15分づつお話を頂いた。






今回のゲストは、リブ心理教育研究所、所長の桜井 久仁子先生だ。






メンタルヘルスカウンセリングの実施場所に指定され、不登校児童に対する再登校指導をされている。






又、組織行動マネージメント理論に基づいた人材育成・企業研修に取組んでおられる。






「脳をリラックスさせる方法」と題して心理学の側面からお話。






中々興味深い話。






人間はストレスがないと生きていけない。ストレスに弱いか強いかは、心の在り方だそうだ。






相手に謝ろうとする時に、反って相手を怒らしてしまう場合がある。






これは、謝る前に色んなこと考えるからだそうだ。






謝る時には、自分の大好きな女優さんだったり男優さんを目の前に想像して謝ると良いそうだ。





そして、ゆっくりと動き、深く息を吸い込み、吸った時間の倍の時間を掛けて鼻から口にはき出す。






私達の世代は、巨人の星、柔道一直線の時代に育った、そんな世代の人達が「背筋を伸ばして・・・しゃきっと立ち上がれ・・!」って新入社員に命令しても駄目だそうだ。






新入社員さん達の世代はクレヨンしんちゃんの世代。





「だらだらと、しゃきっと立ち上がれ・・」って指導すると良いとおっしゃる。



中々自分の価値観が優先してしまうが、相手を思い遣る気持ちは難しいものです。 
【2012/02/27 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
一日延長
重心計測会天満屋

先日ご案内致しました高感度3D測定器によります、身体の歪み・骨盤のズレ等を測定する。重心測定会、本日26日迄天満屋福山店で開催をさせて頂きました。



今回の測定会は私共と開発者さんとの出会いで初めての試みでしたが、大きな反響を頂きました。



反響の大きさに正直驚いています!






真にありがとうございました!






幾多のお客様から、平日にお友達を誘ってもう一度来たい・・そして計測とアドバイスを依頼されました。






急遽、お願いをしてもう一日延長させていただくことに致しました。






無理をして本日迄の間に時間を調整してご来店下さいました皆様には真に申し訳なく存知ますが、明日27日もう一日午前10時~午後7時迄、無料計測会をさせて頂けると快諾を頂戴しましたので、お時間ございましたらお試し下さい。





詳しくは23日のブログをご覧頂くか下記にお問い合わせ下さいませ!






天満屋福山店1階
電話084-927-2170
 
【2012/02/26 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
無駄話はいけません!
鳩山さん無駄話はおやめなさい!

実らない努力を無駄というと申しますが


民主党さんは無駄を省いて公約をし政権を奪取した。




しかし、結局その公約自体が無駄だったようでもある。






田中真紀子さんのご主人が防衛大臣になられて、沖縄問題が進展することを願っているが、考えてみると、時の鳩山総理が普天間問題を最低でも県外等とおっしゃったことに端を発してここまで拗れてしまったのは事実である。






この鳩山さんの話は、無駄話と言うのではないか?






総理を経験した自身は議員バッチを次の選挙では外すともおっしゃったが、これも撤回された。





結局、これも無駄話だったのだろうか?





これからも場面場面で、出てこられて色んな無駄なお話をなさるのだろうか?



消費税増税の閣議決定の前にも小沢さんと秘かに会合を開いて、「このままでは民主党は駄目になる・・」なんて無駄話・・・




民主党が鳩山さんを総理に据えたことが一番の無駄だった。





無駄を省く一番の方法は既にお分かりであろう・・・




野田総理には、是非共、無駄話はおやめ頂いて実のあるお話をして頂きたいと願っている。 
【2012/02/25 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
木目込み
木目込み

母の姉、私にとっては伯母にあたるが、滋賀県の大津に嫁いでいる。

義伯父も既に他界し、従兄達もそれぞれ独立して今は独りで暮らしている。




若い頃はピアノの先生をしていたと母から聞いている。







今、家でピアノを弾いていたと思ったら、庭にでてモンペ姿で働いている・・そんな素敵な姉だったと・・・







その伯母がここ数年、趣味で作って送って下さる物がある。






木目込み人形である。






辰の木目込み






趣味とはいえ中々の作品だ。







早速、玄関に飾らせて頂いた。






母は、辰年。






年女の妹のことに思いを馳せて創ってくれたと丁寧な手紙にあった。





母は今日が84歳の誕生日・・・





お母さんお誕生日お目出とうございます。




身体丈夫・寿命長久を心から念じている。




伯母ちゃんありがとうございました! 
【2012/02/24 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
要は重心
無料測定会

高感度3D測定器による重心の計測会を先週、フジグランのお店で開催させて頂き、多くのお客様にお喜び頂く事が出来た。





そして、明日から福山駅前の天満屋福山店1階にて第2回目の計測会を開催させて頂きます。



細い鉄の棒状の上に乗るだけの、とても簡単な計測方法。





1回5秒~10秒程度です。






肩凝り、腰痛、猫背、膝痛、不眠等が改善に向うかもしれません。






要は重心をきちんと保こと






計測は無料でお試し頂けます、是非、この機会に天満屋福山店にて体験下さい。






明日24日~26日迄の3日間です。





詳しくは

福山市元町1-1

天満屋福山店1階婦人靴売場

電話;084-927-2170
にお問い合わせ下さい
【2012/02/23 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
アッチッチ・ア
火傷

恥ずかしながら、何十年振りに火傷してしまった。



父が肩が凝るというので、首巻湯たんぽを買って来て毎晩お湯を注いで準備するのは私の役目である。




馬蹄形の湯たんぽだから、平たい台の上に置いて熱湯を注いでも端までお湯が行き渡らない。






つい持ち上げて下にお湯を送ったのだが、それを置きなおした瞬間、注いだお湯が逆流して右手に掛かってしまった。






熱い・・・!アッチッチだ。






熱いは英語でもアッチと言うらしい!






直ぐにアロエを塗って、包帯で巻いて一晩置いた、翌日は流石にお風呂に入った時に手を湯船に浸すと浸みて又、アッチッチ・・






それでも2~3日で良くなった。






「親のことをしていて酷い目に合う訳は無い・・」と心強い言葉を頂いた。






何でもそうだが、誰だって痛い目には遭いたくないのだが、一寸した油断が招く。




瞬間・瞬間を真剣に生きるって難しいが、お湯を注ぐときに父の身体丈夫を念じて注げば良かったのかも知れないと自戒した。 
【2012/02/22 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
皮切り
2012NPOみちてる総会

新しい年が始まり早いもので、もう一月半が過ぎた。



いよいよ、私がお世話になっている会の総会が始まってくる。




NPO法人のNPOみちてる、会計年度が1月1日~12月31日であり、毎年2月には、定時総会が行われ、安部昭一郎理事長の下、昨年の事業そして、決算が審議され、本年度の事業計画並びに予算案の承認を求める。






これが、私にとっては皮切りの総会である。





3月に入れば、次々に総会が開催されて来る。






つい先日、総会があったばかりだと思っていたが、もう一年がと思ってします。





昨年は、ブログでも報告したようにNPOみちてる3rdコンサートを東日本大震災チャリティーコンサートへの衣替えをした大きな事業が行われたり、お茶会も開催された。






毎年同じように事業が繰り返されているように一見思ってしまうが、お茶会も今年は記念すべき10回目を迎える、メンバーも着実に力をつけてこられ、繰り返しから積み重ねになっているように嬉しく思う。






総会も無事に全て承認され、いよいよ今期が正式にスタートした。



今年の活動に乞うご期待である! 
【2012/02/21 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
恨みを晴らさば
広島高等裁判所

山口県光市の本村さん母子殺害の最高裁の判決があった。



大方の予想通り、控訴棄却で極刑が確定した。




この事件は連日の報道のように5回に亘る判断が示された。





ご遺族の本村さん、無期懲役の判決の際には、「被告人を釈放して野に放ってくれ・・・自分が必ず極刑を下す・・」とおっしゃっていた。






マスコミを始めとして、私達は被害者の気持ちを勝手に慮って、好きなことを言うが本人にしか分らない、辛さ、割り切れなさがあるだろう?






ある方は恨みを晴らさば徳を持ってと等と綺麗事を言ったりする。






今回の極刑確定を受けて、彼はどのように感じたのだろう・・






それこそ、慮ることは出来ないが、極刑に処しても大切な人は戻って来ない・・






残ったのは割り切れなさだけなのかも知れない。




しかし、これから彼は心の整理をして新たなるスタート台に立って頂きたいと願う。
【2012/02/20 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
紙一重の様
真実の口

ローマの休日でお馴染みのサンタ・マリア・イン・コスメディン教会、古びた教会だが由緒有る教会でもある。



普段、イタリアに出掛けても全く観光することもなく、仕事・仕事・仕事に追いまくられる生活をしていたが、今回はゆっくりと町全体を見て回る時間があった。



この教会にある、真実の口・・皆が並んで記念撮影のメッカ・・・






嘘吐きは手が抜けなくそうだが、おかげさまで私はちゃんと手を抜くことが出来た。






2月の寒さもあり観光客はとても少なく、スムースに入ることが出来たのだが、夕刻でもあり時間ギリギリの飛び込みセーフ。






丁度、後から来た中国人?の観光客はギリギリアウトだった。






折角来たのだから、担当者の方も融通をと思うのだが、そこがイタリアらしいところでもある。






それにしても中国の人達は、入れてもらえない状況で大きな声で大ブーイングをなさる。






1分の違いでセーフだったりアウトだったり、まるで紙一重である。






今回のイタリア、24年振りの大雪大寒波・・






バチカン市国も入場が閉鎖されていたようだが、私達が訪れた日から、再開された。






とてもラッキーである。




教会でもあり神一重か・・・
 
【2012/02/19 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
リベンジ
比呂嘉

福山の今町、商店街の中にある普通の民家に鴨鍋の「比呂茄」さんがある。


実はこの店、昨年末に忘年会で予約していたにも関わらず予約が入っていないと、あっさり断られた。



あれだけ確認したのに・・・と「のに」がつく





多くの皆さんの期待を裏切ってしまった。そして、今回は事前に何度も何度も電話確認して、当日2時間前にもダメ押しの確認でやっと願いが叶った。





一日一客しか予約を取らない。しかも、鴨がある時ではない、金時人参が即ち野菜が揃った時だけの営業・・・一度、裏切られたら普通なら二度と人は行かない筈だが、それでも行ってみたい店。





飲食店ならではであるが・・・この店、客が勝手に箸を出せない。





全て女将が給仕を取り仕切る。





日本酒も鍋の出汁と混ぜ合わせる鴨酒だ。





予約の管理がきちんと出来ない短所も、素晴らしい金時人参という長所がそれをカバーしてくれるから不思議でもある。





長所が秀でると短所は愛嬌か?



長所練磨の角熟人生!鴨肉が客体、野菜が主体、主客転倒の店・・・
 
【2012/02/18 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
重心バランス測定会
重心バランス測定会


この度、新しい出会いを頂きまして、コンピューターによって、ほんの一瞬で、重心バランスの無料測定会を行います。





日頃見る事の無い骨盤の歪みや、肩・腰・膝などの負担の原因が5秒ほどでお測ることの出来る画期的なシステムです。





ベースは、大手スポーツメーカのシステムで、プロスポーツ選手もこのシステムによって中底を創り、素晴らしい成績をおさめています。







日常の生活の中で、歩くことに対して違和感をお持ちの方、中底を作る作らないは別として、是非、計測だけにでもご来店下さい。







重心バランスの測定は無料で行っています。






また綺麗な姿勢を保つためのアドバイス等も企画させて頂いております。



測定会



フジグラン神辺店のニューヨークタイムス足と靴の相談室では、明日18日~20日迄







そして天満屋福山店1階の婦人靴売場では24日~26日迄です。







詳しくは下記にお問い合わせ下さい。






ニューヨークタイムス足と靴の相談室

電話084-960-3356






天満屋福山店1階婦人靴売場

電話084-927-2170



この機会にぜひお立ち寄りください。
【2012/02/17 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
天満屋ハピータウンポートプラザ冬物最終売り尽くし
ポート2012

毎年恒例になりましたが、バレンタインデーのチョコレートの販売が終わって、ホワイトデーの催事の間隙を縫って、天満屋ハピータウン1階の中央催事場において、冬物最終売り尽くしセールが始まりました。



期間は、5日間限定。



流行に左右されない、吟味された商品を多数取り揃えて60台のワゴンを準備してお待ちしています。






冬将軍が居座っている中、とっておきの一品が必ず見つかります。






価格は、これ以上無い安さでご提案致しております。






勿論、春になったら一旦しまって今年の冬にも充分対応出来るものばかりです。




どうぞ、お早目に天満屋ハピータウンポートプラザ店にてご高覧下さい!
【2012/02/16 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
知らなかった~蜜の味
チーズに蜂蜜

フィレンチェで、ディナーを頂くにあたって、折角なら観光客の行かないフィレンチェらしい素敵なレストランに行きたいと思い。



私共のお取引先のメーカーさんにお願いしてご案内頂いた。




柏田真琴さんとおっしゃる素敵な方が、素晴らしいホスピタリティーを発揮して下さった。






イタリア語のメニューを日本語に完璧に訳して頂いて、とても解り易く先ずは感激からスタート。






トスカーナ地方特有の分厚いTボーンステーキ・・脂が殆どなく柔らかくてとても美味。


Tボーンステーキ



そして、ワインは当然、ハウスワインを・・





そして、出て来たチーズ。






洋梨をスライスしてチーズに載せて、そして蜂蜜を付けていただく。






普段、私もチーズが大好きで夜な夜な、グラスを傾けながら頂くのだがクラッカーに載せて頂くのが常だ。






まさか、蜂蜜をつけてチーズを食べるなんて発想は全く浮ばなかったが、フィレンチェの人たちはチーズをこのようにして頂くそうだ。






蜂蜜の甘さに何とも言えずマッチするチーズに感激した一瞬だった。





極上の蜜の味だ!






そして、チェックの時が来た。






お腹一杯頂いて、ワインも相当量を・・伝票を見て2度驚いた・・・



流石、地元のツーの人のご紹介のお店ならでは・・・・



締めてお一人様¥2,500也である。




柏田さん、真琴に有り難うございました。 
【2012/02/15 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
変わらないもの
大聖堂

世の中には今、生きている人間の勝手ご都合で平気で変えてしまおうとすることがよくある。




鞆の架橋問題も然りである。


皇室の問題だってそうだ・・・・






先日のイタリアを訪問した際に、30年振りにフィレンチェに立ち寄った。






高台から見る景色は、30年経っても何も変わっていない。






東京に出掛ける度に、感じる風景の変化、確かに成長発展の為には、常に変革をすることは大切でもある。






そして、伝統は小さな変革の連続の延長線上にあると言っても過言ではない。






欧州を訪れる度に感じることだが、変えてはならないものを守り続ける勇気には敬服する。




そんな原風景に学ぶべきものは沢山ある。
 
【2012/02/14 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
猫は庭駆け回り、犬は炬燵で丸くなる
まるまるダグラス

この寒空の中、街中を歩いていると結構目にするのが、猫が走り回っている姿だ。



雪やこんこ♪の歌にある、


犬は喜び庭駆け回り、猫は炬燵で丸くなる・・♪






この歌は最近、嘘だということを実感する。






何とも我家のダックス10歳のダグラス君は一日中、家の中で毛布に包まって大人しくしている・・・






時代が変われば、動物の様子も自ずと変わるのだろうか? 



駆け回れ・・ダグラス! 
【2012/02/13 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
いにしえの昔って?
マカロニサラダ

サラダを調べると「生のままの野菜や、ポテト、豆類などの煮たものを冷ましてから盛り合わせ、マヨネーズ・ドレッシング、塩等をかけて食べるもの」とある。



当然、野菜が必須アイテムであると同時に、サラダ=野菜なわけだ。




然らば、野菜サラダというのは変ではないか?





と、つい拘りたくなってしまう悪い癖が小子にはある。






野菜サラダは二重の表現のように感じると思いながら思い出す子供の頃の言葉遊びがある。





「古(いにしえ)の昔の武士の侍が、腹を切って切腹し、あの世に行って死んじゃった。」





詰まらないことを思い出してしまったが、






私は実は、一番好きな食べ物をあげろと言われたら








1.ポテトサラダ





2.マカロニサラダ



である。

【2012/02/12 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
如月
かまくら

イタリアも寒かった・・・



今年の冬はラニーニャのおかげか、特に日本海側を中心にして豪雪だ。




先日も富山の友人が電話を下さり、今60センチ位だけど、翌朝には1メートルになるっておっしゃっていた。






ゴム長が売れて売れてって・・・






地域によって売れる物も随分と違う、そしてREGALだって底材が雪国仕様になっているものもある。






新潟とか、秋田などでは400年以上の歴史のある「かまくら」なんとも優雅で素敵である。






今日は2月11日、蔵開きと言う行事、神事があったと聞く。






元旦から2月11日まで米の蔵出しを休む習わしで、蔵の前に据え膳をしてお灯明をともし、この日から蔵出しを始めるそうだ・・・






やはり2月が一年でもっとも寒い時期でもある。





2月のことを如月と言う。






如月の語源には、あれこれあるようだが2月が特に寒い。寒いから着る、そして更に着る。






従って着更着でキサラギ!






そして、春に向って、元気・勇気の気が更に来る、気が更に気を呼ぶ






気更気・気更来でキサラギ!




共々に皆で、元気を与え合って、この素敵な如月を元気で過ごさせて頂きましょう!
【2012/02/11 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
帰国して迎えてくれた物
電動歯ブラシ

日本のホテルはとても親切だと、海外に出ると感じる。


日本では、安いビジネスホテルでも大抵は、歯ブラシにシャンプーセット、そして櫛まで備え付けてある。




外国人の為に、聖書まで備えているホテルも多い。






海外に行くと、比較的良いホテル☆☆☆☆クラスでもシャンプーセットはあっても歯ブラシはないことが多い。






日本から、旅行用の歯ブラシを準備していくことにしているが、普段、小子はブラウンの電動歯ブラシを使っている関係で、どうも普通の歯ブラシでは、すっきりこない。






この電動歯ブラシ、数年前から私の必須アイテムである。






歯がツルッツルになる。そして、簡単である。






帰宅して最初にしたことは、歯磨き。






とても、すっきりした気分になった。




私を最初に迎えてくれたのは、Brownさんでした!
 
【2012/02/10 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Devo ancora imparare l'italiano
ミラノ風景

Devo ancora imparare l'italiano



私はもう一度、イタリア語を勉強しなおす。





多分、合っていると思う。


英語も片言の私が、半年前からイタリア語を勉強しようと思い立ち、NHKのイタリア語の講座を観て勉強を始めたが、やはり難しい。






五カ国語を自由に操る友人が、第二外国語のドイツ語マスターするのに2年掛かった。





そして次にフランス語は、その半分の期間で済んだ。そしてイタリア語は半年で完全にマスター出来たそうだ。





又、私のフランス語の先生はドイツ語は全く話せないのに、あるバーでドイツ人と話をしていて、30分もすれば簡単なドイツ語が話せるようになったのを目の前で見て感激したことがあった。





今回、4日イタリアに滞在したが、やはり難しい。





福山のある宝石屋さんの相談役さんは、ドイツ語をNHK講座で1年間で完璧に身につけられたとおっしゃった。





今日一足先に、一人で帰国させて頂くが、帰ったら改めてイタリア語に再挑戦したいと誓う。



そして、次回のイタリア出張では英語に頼らず、頑張るぞ・・




アンダーレペレッソAndare per esso! 
【2012/02/09 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
割安感は日本の底力
ローマスペイン広場

1995年だったか、カンボジアに入った日に、円が80円を割り最高値をつけたことがあった。




円の力を、その時感じた。






そして、今回はユーロだ。






1€は100円程である。






ヨーロッパで仕入れをする時に、商品の売価を最近では120円前後で想定して仮の価格を決めて仕入れをする。






数年前160円だった頃と現在では、大きくその価格が違ってくる。






簡単に計算しても6掛け程である。






この割安感に併せて、一寸した買い物をする際には、100円というのは、とても計算しやすい。






ユーロ危機のヨーロッパに来て改めて日本の力に感心する。






イタリアの首都ローマに入って30年前のボロボロのタクシーだった頃から比較すれば車はとても美しい。






しかし、イタリアの国債の利率が上がった背景を考えてみるものの、イタリア人はやはり全てに寛容な気がする。






石の家に暮らしているからかも知れない。






考えてみれば100年以上、家を建てなくても良い訳だ。




スペイン広場にトレビノ泉をみても、皆、ユーロ危機なんか関係ないように、のんびりとされている。




日本人の底力を感じたイタリアの旅だった!
 
【2012/02/08 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
フィレンチェに入った
フィレンチェ

2年程前、ミラノからローマに電車で移動する時にフィレンチェに停車した際に、降りてみたいと思った。




20代の後半の頃、仕事で展示会に訪れて依頼、古い素敵な街並みを忘れられずにいた。



イタリアの街はどこも、素敵だがミラノとかローマとかいった都会と違う趣がこのフィレンチェにはある。






今回、短期間であったがフィレンチェに立ち寄ることが出来た。






数年前よりお取引のあるメーカーさんの本社が工場がフィレンチェにある。明日、工場に時間を作って、一人で訪問させて頂こうと思う。






そして、意見交換をさせて頂く予定だ。






日本の物づくりの技術は、大変素晴らしいものがあるが、イタリアの靴を見る度に、その理屈ではない伝統に裏付けされた素敵なものを感じる。





こんな素敵な街並みを背景に創りだされるものは、何かが違う。






何でも理屈でその良し悪しを決めることが出来ないことを感じる。






人を信じることだってそうだ!






何となく、この人といると素敵なことがあると感じる。そんな感性を大切にしたい。




海外に出て思うことは非日常的な世界に身を置くことで、磨かれることが大いにある。 
【2012/02/07 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
déjà-vu
ヴェネチアカヌー


デジャブは、既視感と訳すのだろうか?





実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じることと辞書に載っている。





フランス語のようだ!






このどこかで体験したことのように感じることって結構ある。





そして、実は体験したことが実際にあったりするものだ。






私はイタリアには何度も出張で出掛けるが、観光したことは殆どない。





そして、何よりもメーカーさんが無い所には、基本的に行っていない。






あれだけ海外に出掛けていて、ハワイに行ったことがないのである。






よく友達から『何処に行ってみたい?』と聞かれて





『ハワイ』と答えると、『あれだけ、海外に出ていてハワイに行ったことないの?』と聞き返されるのだが、






その時には『メーカーさんの無い所に行かない』って基本的に答えるようにしている・・・






実際はチャンスが無かっただけだが・・・






そういうこともあって、ヴェネチアには興味があったものの初めての訪問だ。






そして、運河に浮ぶカヌー・・・?






この景色はなんとも素敵なことか・・






『あれ、一度もヴェネチアに来たことがないのに、この光景は何処かで見た』とこの度思った。






不思議だ・・・






しかし、よく考えてみると実は毎日見ていたのだ。





知人のカメラマンが、ヴェネチアの写真を以前下り、その写真を額に入れて私の部屋に飾っているからだった。




デジャブーと言いながら結構、それを忘れていることも、多い! 
【2012/02/06 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
787
787

これは、快適だ!



東京の羽田国際空港から出発し、凡そ半日、フランクフルト経由してヴェネチアに無事に入った。


羽田--フランクはNH203便ANAボーイング787。





日本の技術が30%以上使われている。






東京広島便に国内線では先に就航したが、何度も乗りたいと思いながら時間が合わず残念に思っていた。






今回は、それが国際線で実現した。






CMのように、確かにLED証明で機内は優しい光に包まれ、窓もとても大きい。






そして、何よりも長時間のフライトでウォシュレットのないトイレは嫌だったのだが、787は、ウォシュレットが完備されている。






機体は炭素繊維で日本の技術の粋だそうだが、日本の飛行機で何時も思うことは、離着陸の映像をカメラを通して映し出される配慮がある。






ハードも然りだが、日本の技術は、ウォシュレットしかり、窓の大きさ然り、映像然り、細かな心遣いではないだろうか?






気圧調整もスムースで耳のツーンも感じない。



今回は、何時もに比べてとても快適な旅のスタートとなった!




ANAさん有り難うございます! 
【2012/02/05 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
南回り
北極通過説明書

今日から、久し振りのイタリアに出張させて頂く。



今回は新しくなった羽田空港からの出発である。



何時もは成田からだから、一寸変な感じがする。





便利になったものだ。




最初に私がヨーロッパに行ったのは、やはりイタリアのタニノ・クリスチーの工場訪問だったように記憶している。






思い起こせば30年近く前になる。






1ドルは360円から変動相場制に移行するかしないかだった。






ソビエトを中心として東側諸国との冷戦の時代で、当時は北極、即ちアラスカ、アンカレッジを経由、そして給油しての旅だ。






10時間程度でアンカレッジに到着して、そこで1時間~2時間?の休憩で一旦空港内に入り、皆、買い物をしたり軽食をとったりする。




そして、北極通過証明書なる物をお土産で売っているのだ・・・






確か、熱いうどんが¥500とか¥800円位だったような気がする。





当時の相場からすれば結構高い・・・





それでも、日本人が行列を作る。






そして、給油した後、ここから大西洋を越えてヨーロッパに向う。






飛ぶのにとんでもない長丁場の旅だった。






最近は、南回りでヨーロッパに直行出来る。






確かに12時間程度のフライトだが、便利になったものだ。






人は、又、それに慣れてくると長時間だ長時間だと不平を言ってしまうものだ。






昔を知っている人は、感謝の気持ちで搭乗出来る。





ANAさん有り難うございます!






では行って参ります。
 
【2012/02/04 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
実意と合理主義
海外旅行のお土産

どうも納得出来ないことがある。



海外旅行に行く際に旅行者を通じて予約をすると、必ずと言って良いほど、お土産サービスのカタログをお持ち頂く。



日本で注文しておくと、帰国した頃、その注文品が家に届くというシステムだ。






決して営業妨害をする積もりはないが、値段もそれ程、安い訳ではない。






どうして、お土産を出発前に注文するのか?




お土産は、現地で感動した物を、大切な人たちに実意を込めて買わせて頂くものではないか?








重たい思いをして持ち帰るからこそ、意義がある。






その土地が産んだ物が土産の筈だ。





日本的合理主義、儲け主義か?





確かに、旅行に出掛けてお土産を心配するのは一つの苦痛の種でも有る。






しかし、それでは意が通じないではないか?



これは、あの人、これは、この人と悩むことこそ、大切だ。





初めて旅行される方にはひょっとして便利なのかも知れないが、私はとても違和感がある。






実意をこめて、全てを大切にする生き方をしたいものだ・・・






今日は節分、新たなスタート!


実意をこめて、全てを大切にしたい。
 
【2012/02/03 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
意図が明確なら
京浜川

時刻表を中心にしたサスペンス劇がある。



犯人のアリバイを崩すために、時刻表を駆使しする内容だ。




俳優の橋爪 功 さんと真野響子?さんが得意な番組でもある。






先日、横須賀を訪れた際に、どうしても午前11時迄に目的地に着かなければならなかった。






広島空港を7;35amANA672便で羽田空港に向い8;55am到着






京浜急行に乗り換えて、京浜川で快速に乗り換えて10;30に横須賀市のYRP野比に到着の予定だった。






京浜蒲田に到着と同時に車内放送・・






「現在、京浜川の先で沿線火災の為、消防車が線路を塞いでおります・・・」






「JRに振り替えを・・・と放送があった矢先、JRも止まっております・・・」





「復旧の目途は立っておりませんので、京浜川まで走ってそこを終点と致します・・・」






京浜川に到着後、皆、一斉に電車から降りた。




困ったと思った。



振り替えキップ


そして、対策を考えなければならない。






橋爪さんはいないし・・・






そして、






京急川崎からJR川崎へ、駆け足で移動し





南武線に乗り換えて武蔵小杉へ





武蔵小杉から東横線に乗り換えて横浜へ





横浜から京浜急行に乗り継いで、三崎口へ、





更に乗り換えて野比へ


YRP野比




恐らく、この方法が最短・・何とか滑り込ませいただいた。





考えてみれば、そこに辿り着こうとする意思が明確であれば、方法は無限大であることに改めて気付く。






しかしながら、都会ならでは交通網の発達のお陰でもあった。





普段、何気なく乗っている電車だって、何か事が起こると自分の思うようにはならない。






幾ら、電車の運転手さんがベテランで運転が上手でもだ・・・




世の中には、人には判断出来ない不思議な力が働いている。 
【2012/02/02 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
こいつぁ~春から縁起が良いわい
金のかえるさん

 かえるの置物を上海で買って来ていたのだが、何気なく放置していた。



ふと先日、玄関先に目をやると、その時のかえるさんが置いてある。



このかえるさん、お金を呼ぶ不思議な置物だそうだ。





上海でお茶のお店に入った時に、その時の営業の方の口八丁手八丁のセールストークに皆が感動して、私も一匹買わせて頂いていた。




同行の友人は2匹、3匹と買っていたことを思い出した。





その友人、曰く、玄関に置くと本当にお金が貯まって来たって!




写真が上手く撮れていなくて申し訳ないのだが、普段の色は、真っ黒なのだ!






そした熱いお湯をかけてあげると、一気に金色になる。


金のかえるさん



それを思い出して、先日から毎朝お湯をかけてあげる。






偶然に遭遇した父が、「それは縁起もんか・・?」と笑いながら尋ねたので、訳を説明した。






すると迷信も信じない、縁起も担がない父が「それは面白って・・・」





父も年を取ったのかと思ったが、何となく人を嬉しくさせてくれる、かえる さんに感謝の一瞬だった。






しっかり、お金も貯まり、皆が豊かに幸せになりますように、時には楽しく縁起を担いでみるのも素敵かも知れない。





元気で有難く、無事に2月を迎えさせて頂いた。





共々に、素敵な2月を過ごさせて頂きたい。




間も無く立春、「こいつぁ~春から縁起が良いわい・・」
 
【2012/02/01 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード