『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
日々がさら
寒山寺

今年も後、数時間となった。



今年も色々ありました。




それでも、こうやって元気で、万事好都合で大晦日を迎えさせていただけることに心から感謝の気持ちで一杯である。






自分で打った、年越し蕎麦を頂いて新しい年に希望を馳せたいと思う。





毎年、思うことであるし、そして教えられるが中々襟を正せないことがある。






その一つに、朝起きたら元旦と思え!




夜寝る時には、大晦日と思え!





お正月から怒る人もいないし、皆、新たな気持ちで希望を持ってスタートする。






そして、大晦日には今年の煤を払い落とし、感謝し除夜の鐘を聴いて心静かに年越しをする。






先月、上海に出かけた時に寒山寺を訪れた。






ここの鐘が除夜の金の原点だそうだ!





何でも原点がある。






この原点を見直して、そして日々が新しい気持ちで臨んで行きたい。



聴いた話で恐縮だが、除夜の鐘は新年へのカウントダウンではない!



(4X9)+(8X9)=108

四苦八苦である。


この苦しみから解放され、新しく生まれ変わる為の儀式・・・




来年からはより素晴らしいことが沢山ある・・・・



一年間、ブログをお読みいただきまして有り難うございました。




皆様にとりまして、来る2012年が、共々により一層素敵な年でございますように




感謝の気持ち一杯で





ゆく年!来る年!
 
【2011/12/31 09:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
迷信も
勧学祭

今日12月29日は、お餅をついてはいけないという迷信が有る。



9のつく日に餅をつくと9餅=苦持になるとか、或いは大晦日に注連飾りをしてはいけない。所謂、一夜飾りは良くないとか・・



まぁ色々と日本人は迷信好きでもある。






私のお向かいのお宅では毎年12月30日にご家族お揃いで餅つきをされる。





今年も楽しくなさっておられた!




拙宅は商売家である関係で、年末は皆、総出で仕事の関係で、家族で餅つきは余り記憶がないが、私の子供の頃は、確かに餅つき屋さんが、30日に来てくれてお店の裏でぺったん、ぺったんしていた。






大安・赤口・先負・先勝・仏滅・友引・・・





そして方位まで言えば切がない。






これを、統計学と捉えると又違うかもしれない。そして、確かに科学的根拠のあるものもあるが







金光教の教えでは、方位方角迷信に迷わされてはならないと教える。





今年もあと僅かになった。






今、与えられた環境に感謝して日々を喜んで生きることこそ大切である。 
【2011/12/30 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
U.F.C.C.
UFCC

The Union of Fukuyama Central City



年の瀬も押迫って一昨日、福山商工会議所において、賑わいの広場創出プロジェクトの会議が開催された。



12月23日にアイネスふくやま・ロッツ・天満屋福山店・さんすてふくやま の4つの大型店で持ち回りでクリスマスチャリティーミュージックライブ行った事業の報告が先ずあった。






街中の大型店が力を合わせて一つのイベントをするのは始めてのことだ。





各店において、それなりの成果があったようだ。





倉敷に三井不動産のアウトレット等が出店したり、郊外との街中組との戦いが激化している中で、福山のキャスパも来月には閉店と地盤沈下が叫ばれている今こそ、街中組の商店街、大型SC、そしてホテルなどが力を合わせるべき時が来た。





しかしながら、それぞれの利害もある。先ずは緩やかな連合体で様々な提案をさせて頂ければと思っている。






唯人が集まれば良いから、それぞれが成果がキチンと上げられなければならない!





時代は売上げ直結、そして売上げはお客様のお喜び量でもあることを忘れないでいたいものだ!




乞う、ご期待・・・!
【2011/12/29 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
6頭の皆さんお疲れ様
動物カレンダーZOO

今年も御用納め、一年の間沢山のことがありました。


振り返れば、今年のニュースは誰もが3.11の東日本大震災を取り上げられるのではないだろうか・・・



景気も回復基調にあった時に震災が起こり、一旦下降傾向に戻ったものの、恐らく来年からは元気な年に向けて反転してくれると願っています。






やはり、日本人としてのここ数年の一番の間違いは民主党政権を選択したことに尽きるよう感じる。






こんなにも稚拙であったのかと誰もが感じたのではないだろうか?




沖縄の人を翻弄させた鳩山さんが、総理になってしまったこと、これも全て国民の責任でもあると思う。





菅総理然りである!




そして、北朝鮮の独裁者、金正日の幕引きで今年が暮れるのも不思議な気がする。





金正日をブッシュジュニアが、悪の枢軸と揶揄したことがあった。




しかし、少し厳しい表現をすれば、鳩山さんだって、菅さんだって、能力以上の役割を与えられてしまったことによって、国民が苦渋をなめさされることには、大きな違いはないようにさえ感じる。






何れにしても、2012年は明るい年であって欲しいと願う。






今年も6頭の動物君達が、しっかりと時を刻んで下さった。

動物カレンダー2012





そして、毎年、素敵な人から頂戴する動物カレンダー、今年も新しい2012年用を頂戴した。






とても嬉しい賜り物だ!




後数日の出番を待ってくれている。 
【2011/12/28 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ルナ・ロッタリーROTERRY DELUNA SHIMONO
ルナ

福山を拠点に活動されている、素敵なジャズ・オリジナル・バンドがある。



ルナ・ロッタリーROTERRY DELUNA SHIMONO




2009年結成だから、未だ2年程だが、尾道ライオンズクラブ、福山葦陽ライオンズクラブそして、JA祭等数多くのイベントに出演されている。






ボーカルはルナさん。






現在はご主人の仕事の関係で福山に在住、井原市を中心に英語塾を運営の傍ら、ジャズ・オールディーズ、ディスコミュージックまで幅広く、多言語が飛び交う国際派バンドして活動を続けておられる。






又、音楽活動の収益金は全てフィリピンの子供達の学費に寄付をしているそうだ。






今回ご縁があって、クリスマスに因んだ曲を幾つかご披露頂いた。





特に、私達の世代にはジャズは何故か心が打たれるものがある。





音楽文化が中々福山では育ち難いと言われるが、皆、こうやって地道に努力されている。






私達に出来ることは、ほんの小さなことばかりだが、頑張っておられる方の姿を伝えて参りたいと思っている。
【2011/12/27 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
我家にもいる家政婦
家政婦のダグ

先週、話題になっていた「家政婦のミタ」なる番組が終わったそうだ!



一度も観たことがなかった。

フェイスブックでも随分と取り上げておられる方がいて、その人気に驚いている。






一度位は話題の番組は観ておいても良かったかと反省している。






先日、面白い恋人のチョコレートの話を書いたが、テレビ番組でもパクリなるものがあるのかと想う。






『家政婦は見た』を捩ったのではないか?





一寸ふざけているように想う。






昔、「なるほど ザ・ワールド」という番組を捩って、ある商店街の人が「なるほど ザ・バーゲン」って大きな看板を出しておられたのを思い出した。






確かに、行き渡っている名前を少しだけ変えれば、人の耳には入りやすいのかも知れない。






そうそう、拙宅にも家政婦がいます。





名前はダグラス、この間、庭から帰っていたら私のことをカーテンの陰に隠れて見張っているではありませんか?




家政婦・・・家政犬のダグです! 
【2011/12/26 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
残さず、焦がさず、腐らさず!
お茶碗

 ご飯粒は、一粒も残さず食べなさい・・



子供の頃、優しかった婆ちゃんから教えられた。




残すと目がつぶれるよ・・・って


お百姓さんが手に汗して丹精込めて作ったお米から出来たご飯。




一粒一粒大切に食べなさい・・






お弁当を頂く時も先ずは蓋の裏に付いた、ご飯粒から食べる。





これらは、私達にとっては当たり前だが・・・






最近、お弁当を食べる光景を見ていて、蓋のご飯を食べる若者を余り見かけない。






そして、お茶碗に米粒がついていても平気でご馳走様も唱えずに席を立つ人がおられる。






TPPの問題を議論するのも大いに野田さん結構だが、今一度子供達に対する教育を見直すことが先ではないか?





「動植物に対し、あなたの命を私の命に代えさせていただきますの思いを込めて」






いただきます!ごちそう様!が言えない人達が、農業問題を論ずるには無理があるように思えてならない。






禅寺にお邪魔した際に、朝、少しご飯を頂戴した後、沢庵でキレイにちゃわんを拭うことを教えられたことを思い出す。






料理の基本は、レシピではない!






『 残さず、焦がさず、腐らさず』ではないか?





クリスマスの日に、私達は改めて神様の恵みについて考え直してみたいと思う。 
【2011/12/25 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
お土産のチョコレート
ベルギーチョコレート

姉がベルギー旅行から帰って来た!



チョコレートの土産を買って来てくれた。


チョコレートの名前は芸者(Geisya)である。




扇の形をした流石にチョコレートの本場だけあって味も良い。





日本人観光客目当てのネイミングだろうか?




面白い恋人


吉本興行の子会社が、白い恋人ならぬ、面白い恋人を発売して商標権が問題になった。






白い恋人の石屋製菓は、損害賠償まで求めるそうだ!






パロディーでさえ、許していただけない時代のようだ。






相手が中国であっても、そのように日本人は戦えるか?






勿論、名前も大切であるが究極は味とうか中身ではないか?



新平家物語



新・平家物語というお菓子があるが、このロールのカステラに餡が入っている。






このロールのカステラに餡が包まれているお菓子は結構沢山ある。






こちらは、名前を変えて中身は粗同じだと思うが、名前さえ変えれば問題ないのか?






赤福に御福だってあるぞ・・・





平家物語の所以は、ロールのカステラの切り口が十二単衣だからだそうだが、真意は知らない!






味+ネイミングが勝負の分かれ目か・・・






お菓子の世界もブランド・ブランドで少し残念な気がする。


今日はクリスマス・イブ、クリスマスケーキでは商標はとれないのだろうか? 
【2011/12/24 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
六覚燈
六覚燈

大阪と東京に六覚燈と言う串揚げのお店がある。



先日、再開発の事業に関わっている方々とご一緒させて頂いた。



この店、ミシュランの星を頂いているお店らしい・・・






飲み物はワインに日本酒に焼酎にビールに何だってあるのだが、ワインの銘柄等は聞いてくれない。






重いか軽いか程度だ。






兎に角、料理に合う酒はこれだと自信を持っておられるのだろう・・・!?






そして、串揚げは、もう結構ですとストップを掛けるまで永遠に出てくる。






そして、この串は醤油で、塩で、辛子でとご指示がある。




串にの柄の部分が、何をつけて食べるようにと差している。






天麩羅にしても串揚げにしても奥行きが深いことが分る。





過日、NHKの「ためしてがってん」で天麩羅は揚げ物ではない!





蒸し物だ!




と話していたことを思い出した。





揚げ方、食べ方、私達がそうだ思い込んでいることは実は非常識なこともあるようだ。






しかし、食べ方くらい自由にさせて頂きたいと思う。




先ずは、何を飲むにも食べるにも有難く頂く心が肝要だ!
 
【2011/12/23 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
五時
5時

最近、ブログを書いていて特に誤字、誤植が多くなっているようで反省している。




私の信頼するお方から、その度に優しくご指摘を頂ける。




真に有り難いと感謝していると同時に、最近少しだけ睡眠不足かと自分の生活を振り返ったりする。





私は基本的には朝5時過ぎに朝参りの為に出掛けるのだが、その前にその日の下書きをして、夜8時にUPさせて頂いている。






丁寧に読み返したり、じっくりと時間を掛けて一字一字大切にするのが本意なのだが、ついキーボードもブラインドタッチで打ち出された画面すら確認しないことすらある。






先日、少し触れたが『都市環境層』と『都市間競争』等の言葉は誤植がありそうだから気にしているが、『厳粛』を『原則』‥と完全に間違って打ってしまうことがある。





昔、ある方に教えられたことがある。





手紙は出来るだけ手書きが良い。




しかし、漢字や送り仮名に誤字がないように先ずはワープロで下書きして、それをきちんと見て一字一字大切に心を込めて書けば良い。




すると驚くほど誤字が減る。






私は靴のインソール即ち中底を作る仕事もしているのだが、仕事柄ボンドをよく使う。





この中底制作の時に、ボンドで手が全く汚れないこともあれば、ベタベタと手にボンドが纏わり着くこともある。






実は気が散っている時、或いは片手間にしているとてき面に、手が汚れるのである。






誤字も全くそれと同じかもしれない。






一字入魂・・・






それと、原因はもう一つある。



午前五時頃書くから誤字が多いのかも知れない 
【2011/12/22 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
成長を知らない子供達



今年も色々と素敵なことが沢山あったが、何といっても3.11の東日本大震災は、日本を衝撃の渦に巻き込んでしまった。


自粛、節約、そんなムードがマスコミの大合唱のように起こった。


今の子供達は、この震災をどのように受け留めただろう?






1995年の阪神淡路の際には津波の被害はなかった。





しかし、今回は地震の揺れよりも、津波の恐ろしさを誰もが実感したに違いない。






今の子供達は成長をしらない子供達と揶揄される。






成長は確かに素晴らしいことではあるが、日本の人口も1億を切り8000万6000千万となっても、それぞれが心豊かに暮らしていける筈だ。





そして、その豊かさを時の若い人たちが実感した時に、結婚してこの豊かな国、豊かな心を子供に伝えたいと真に思った時に改めて人口増加に転ずるのではないだろうか?






1970年、杉田二郎が森下治郎?と組んで戦争を知らない子供達を歌った。






何故か心を打たれた記憶がある。




その杉田二郎さん、今は金光教の島原教会の副教会長をお努めである。



杉田さんの修行時代のすてきなお話は、改めて書いてみたいと思う。







金光教の願いは『世界真の平和達成という神願成就』である。



今一度、戦争を知らない子供達を聞いてみたい!
【2011/12/21 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
迷子
カーナビ

最近のカーナビゲーションは本当に見事である。


一方通行の情報も全て分っているようで、距離優先、時間優先、一般道路、高速道路優先と多くの選択肢が盛り込まれている。





挙句に一々、音声で指示を出してくれると同時に、曲がらなければならない角の手前でチャイムまでなる。






そして、確実に目的地に連れて行ってくれる。






少し前の話になるが、大阪の親戚に両親を乗せて車で出掛けた時のことだ。






サラリーマン時代に大阪に暮らしたこともあり、土地勘があったものだらから、つい昔の記憶の方がナビゲーションより優秀であると思い、ナビを無視して走ったら随分と事情が変わっていて結局、道に迷い、改めてナビに従った記憶がある。



便利さは人の脳を退化させるようさえ思う。



最近は、迷子にすらなることが出来ない時代になったようだ。





時には道に迷うのも楽しいとも思ったりする。




便利さは一寸無機質な感じさえると同時に、便利=幸福ではないように感じる。 
【2011/12/20 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
確率は50%
福引2



年末恒例のショッピンセンターでの福引セールが始まった!

凄い人の行列である。





今回はフジグラン神辺店のテナント会で、お手伝いをさせて頂くことにした。






300円でスタンプ一つ、10個で抽選1回が出来る。






即ち3,000円お買上げ毎に1回三角くじをひけるのだ。






1等から7等までのそれぞれ、景品が並ぶ、テレビにゲームに、そしてお菓子と各種だ。

福引





実際は7等が一番多い。






どこの抽選でもそうだが、はずれが特に多い訳だ。






フジグランは、残念賞の代わりに7等でお菓子を準備している。







考えてみれば10万円買われた方は30回以上、くじをひける。





そして、全部7等だとお菓子だけでも相当の量になる。






多くのお客様は『どうせ、はずれだ・・・』とか





『当たれ当たれ・・』とおっしゃりながらひかれる。






偶然、私がお手伝いしている時に、56回の抽選をされた方がおられた。





申し訳ないことに殆どが7等だった。





勿論、6等もあれば、5等もあるが、それ以上はなかった。






そして、暫くして、私の前にこられた若い奥様・・抽選はたった1回の資格。


福引




静かに一枚の三角くじを抽選箱から出された。





そして、私がそれを切らせていただいた。





するといきない3等賞・・・・凄い!






そして、また暫くしてもうお一方主婦の方、この方もたった1枚の抽選の権利。







この方は、何と1等を引き当てられた。






量が質を包含するとは言うものの、当たる人には当たるのだ。






運の良い人はおられるものだ。






そして、この状況をみて辿り着くのは確率は結局50%






自分の思っているものが当たるか当たらないかである!






当たる人は恐らく当たると心中で思ってひかれるのだろう・・・






想いは願いであり、願いは実現するものだ・・






私は今回の年末ジャンボ宝くじ、当たると心中で想って買わせていただいた。






3億円当たったらご報告いたします!






乞うご期待!
 
【2011/12/19 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
文句から感謝の気持ちに
比呂嘉

先日、私が関わらせていただいている会社の役員忘年会があった。



市内の隠れやと言うか、一日一客しかとらないお店である。


一般のお宅のようなところで、お姑さん大女将とお嫁さんと言っても70歳位の若女将とそして、もう御一人給仕のお手伝いをして下さる方、三名位でまわしておられるお店だ。






今回は敢えて、そのお店の名前は申し上げないことにする。






週末の夜7時に役員会を終えて、顧問の先生とゲストをお迎えする為に、そのお店に先乗りをした。






すると、何と今日はお料理が出来ませんとおっしゃる。






事務局は間違いなく前日に予約の確認をしていたのだが・・・






出来ないものに幾ら文句を言っても始まらない・・・






実は、このお店に裏切られたのは2回目なのである。




私共だけではなく、結構同じような経験をお持ちの方が多いらしい・・単純に女将が忘れていたことが原因のようだが・・






そして、当日、次の店を予約する為に手分けして急遽の段取り、週末の年末の一番のかきいれ時に空いているお店は殆ど無い。





逆に、この時期に空いてるお店は特に大したことはない訳だ。





しかし、予想外にも一軒のお店が何とかして下さった。





天にも祈る思いで神様に助けて頂いた。






既に、当初のお店に入ることが出来なかったことは忘れてしまい、新しいお店に感謝の念だけが残る。





そして、素晴らしい設営をして頂け、皆さんにも何とかお喜びいただけた。





それにしても、急遽店側からキャンセルされ、お客が如何に困っても、そのお店はちゃんと営業していける。






これは、他にない魅力を持った飲食店だからこその話かも知れない!






そして、私共、次回からこのお店に行く時には、一週間前、前日、そして当日の2時間前には予約の確認をしなければならないと互いに戒めた。





とってもポジティブに受け留めた瞬間であった。



今回の事件で、サービス業を営む者として、又一つの学びを頂戴した! 
【2011/12/18 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
確率33%
献血車

福山にある銀河学院に私の所属するボランティア団体が、掃除用具を寄付させて戴いた関係で、ご挨拶に参上した。



当日は、ボランティア団体では他の行事もあった関係で学校にお邪魔したのは3名だけになった。





銀河学院は日頃お世話になっている大門町の地域を清掃しているそうで、真に立派である。





そして、銀河学院の高等学校では卒業記念献血が同時に行われていた関係もあり、お邪魔した3名で献血をさせて頂くことにした。


銀河学院献血



私は年に2~3度させて頂いているが、ご一緒した方は今から30年も前に1回しただけとかおっしゃっておられたが、今回は人数も少ないので一緒に挑戦した。





問診表の記入、血圧測定にドクターの問診。





この段階でお二人は高血糖や複数の薬の服用で結局、献血不可!







しかし、献血をさせて頂こうという心、気持ちが素晴らしい!






最終的に私だけが、お陰さまでパス。






血圧は少々高かったものの400mlの献血を無事に終えた。






何時も献血をさせて頂いて思うことだが、体が軽くなったような感じがする。







そして、何時もは東京の有楽町の献血センターで出張の合間を縫ってだが、今回は地元でさせて頂いたことが何よりの喜びである。








微力な私達が地域に出来ることから少しづつさせて頂きたい。







お陰さまでパス。血圧は少々高かったものの400mlの献血を無事に終えた。








何時も献血をさせて頂いて思うことだが、体が軽くなったような感じがする。









そして、何時もは東京の有楽町の献血センターで出張の合間を縫ってだが、今回は地元でさせて頂いたことが何よりの喜びである。








微力な私達が地域に出来ることから少しづつさせて頂きたい。






それにしても50代になると、献血可能なのは。3人に1人の確率になるだろうか?





皆様、健康には呉々もお気をつけ下さい!
【2011/12/17 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
犬が人を噛む
JR東海

昨日、JR東海のニュースが次のように載っていた。


『シカの鉄道車両への衝突対策として、先日先頭車両に装着する「特殊スカート」を開発したと発表した。



車のバンパーのような形で、シカを軌道外に押しのける。





同社は特許を申請中だ。12年5月、紀勢線の特急「ワイドビュー南紀」に初投入する』







このニュースを聞いて先日、私のサラリーマン時代の会社の社長がご来福された際に昔話に花が咲いたことをふと思い出した。






今から30年以上も前のことだが、私の部署のトップのHさんの話しだ。






彼が、大変だ大変だって会社に戻って来た。






京都に車で出張された際に事故に遭った!





『何と聞いてくれ!路面電車が、俺の車にぶつかってきた・・・・』






その時に皆口を揃えて言ったのだ。






『路面電車がぶつかって来たのではない、車が路面電車にぶつかった・・』






事実そうだ!





今回のシカの話、電車が鹿にぶつかるのか?





鹿が電車にぶつかるのか?はっきりさせて欲しいものだ!







鹿が列車に衝突が正しいように思うのだが・・・






何でも相手が悪いでは可哀想だ!





犬が人間を噛んでもニュースにならないが、人間が犬を噛んだらニュースになると子供頃教えられた! 
【2011/12/16 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
FMOクリスマス
山口神父

後、10日程で今年もクリスマスがやって来る。



待降節と言えば、クリスマスを迎える4週間の準備期間と教わったことがある・・・?




今回のFiteen Minutes Oasis F.M.Oの15分間は、福山カトリック教会の主任司祭でもあり、福山暁の星中学・高等学校の校長先生の山口 道晴 神父をお招きした。






福山カトリック教会といえば、福山聖園幼稚園でもあり、園長先生も兼務され山口神父におかれましては、大変多忙の方であり、間隙を縫って来て下さったことに改めて感謝の気持ちで一杯である。





山口神父は半年程前に尾道から福山に赴任されたのだが、聖園幼稚園は私の母園でもある関係か?





とても親しみを感じる。




今回は「クリスマスの正しい迎え方」についてお話を賜った。





高校2年の宗教の時間で、親にクリスマスプレゼント貰わない人はと質問したら3人の学生さんが手を挙げたそうだ。






その三人の方、大人はプレゼントは、必要ない!私を育ててくれた親にお手伝いをすることこそが大切だと・・・






又、イエス様の誕生日に私達が余っている物やお金を出すのではなく、欲しい物を少し我慢して、欲しいお菓子を買うのを少し我慢して、そしてそれを募金箱にと教えられるそうだ。






飽食の時代において、改めてこのクリスマスの本来の意味を考え直してみたいものだ!





山口神父、ご多用の中を時間を創って下さった気持ちも正しく、それだと思い感謝の気持ちで一杯である。




宗教に関係なく、私達の心をお供えすることが大切であり、それを供える為には心が先ずは澄んでいなければならないと思うのだが・・・





Merry Christmas 
【2011/12/15 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホテルの格差は段違い
ビジネスホテル


先日、出張であるビジネスホテルに宿泊した。


外観は中々のホテルである。





ロビービジネスホテルとしては掃除も行き届いているし、設備も○。






そして、部屋の広さもまあまあだ!






一泊、朝食付きで5,000円を切る安さだ。




東京のシティーホテルだと恐らくその数倍はするだろう。






ホテルのサービスは、勿論、ホテルマンのホスピタリティーというかソフトに依存する部分も大いにあるが、ハードだって勿論大切である。




実は、その日は11名のグループでの研修の出張だった関係もあり、夜の懇親会で少しお酒を頂き過ぎて軽い酩酊状態であった。






私はどんなに酔っ払っていても、お風呂に入って頭もちゃんと洗わないとゆっくり眠れない。






その日も何時もようにお風呂を頂いて、頭を洗って、バスルームから出た時に気付いた。






先日来より、少し腰を痛めていたこともあり、バスルームから部屋に戻る際に10センチ程度の段差があった。






それを無視してバスルームから出た為にガクンと腰に負担が掛かった。





一流と称されるホテルはバスルームと部屋との段差がないのだ。




この段差こそが、ホテルの格の違いと確信した! 
【2011/12/14 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
『絆』
絆

今年の漢字が決まった!



『絆』だった。





私の予想とは少し違っていたが、確かに頷ける。





この絆、馬をつなぐ紐をイメージしたのが語源のようである。




つなぎとめるとか、所謂、束縛をするネガティブなイメージがあるようだ!





しかし、この絆にはポジティブに皆が捕らえているようだ。






フェイスブック等に絆を求めている現代、最近思うことだが、このフェイスブックにはまり込んで、FB中毒のようになっている人を心配する。






人は何かに繋がっていないと心配だと同時に、何かに繋がっていれば安心でもある。






馬をつなぎとめる綱から、可愛いワンちゃんのリード位の感覚が素敵ではないか?





私達は心を解き放ち、もっと気楽に日々を暮らしても良いと思うのだが・・・




心にはしっかりと『絆』感じながら・・・
 
【2011/12/13 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
短所と長所
いなむらや10割蕎麦

先日、全国市街地再開発協会のビルマネージメントの企画委員会に出席の為に上京した。




前回の会議の時にブログにも書かせて頂いたが、砂場というお蕎麦屋さんの先に十割蕎麦のお店をみつけていたので、今回は少し早目に虎ノ門に向い、お昼を是非共、この十割蕎麦に挑戦をして、会議に臨もうと思った。



確かに十割蕎麦は蕎麦らしい。





そして、蕎麦屋の大将も相当の自信とプライドをお持ちである。





だが、しかし人間も何でもそうだが、「すき」がないのは少し疲れる。






人間には短所が必用なのだと思う。





そして、長所がしっかりと秀でていれば、その短所さえ、その人の魅力に変わるとも言う。






私は、やはり蕎麦は2・8が良い。蕎麦粉8割に薄力粉2割である。






私達に素人には、つなぎの薄力粉が2割ある方が打ちやすいからでも実はあるが、この2割が何となく蕎麦を優しくしてくれると思うのだ。








十割は蕎麦はそれで良いが、一寸だけ人間同様「すき」があっても良いように思う。





それは、さておきご馳走様でした!





そして、肝心の会議はすきのない、とても有意義な会議であったことに感謝している。 
【2011/12/12 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
つき出しって
つきだし

料理屋さんに行って、先ず最初に出てくるのはつきだし!



大相撲の突き出しとは違うが、特に注文もしていないのに勝手に出される。




居酒屋さんだってそうだ。






そして、これに誰も?文句は言わない。





暗黙の了解か






自分の好きな物だったら良いが、そうでない場合もある筈。






地域によって表現は違うが、お通しとかとも言う。





初夜の後付とかに、その語源があるようだ。






飲み屋さんのテーブルチャージの代わりだろうか?






唯、席に就いただけで、取られるテーブルチャージより、一品添えてあるだけ良いのかも知れない?






このつき出しって断ったら怒られるだろうか?






何だか料理屋さんのグレーゾーンのような気がするのだが・・・!






注文した料理がテーブルに届くまでのつなぎと思えばよいのかもしれない。 
【2011/12/11 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
銀の道ものがたり
銀の道ものがたり

私の恩師でもあり現在、福山で塾の経営の傍ら、郷土史への興味を広げる運動を積極的にされている

杉原耕治先生。





先日、新しい随筆『銀の道ものがたり』を送って下さった。




私は、この先生から本を読むことの大切さを教わったと言っても過言ではない。






世羅の甲山の生まれ、あの駅伝で有名な世良高校を卒業なさって当時から歴史や文学の話をよく聞かせて頂いたものだ。






今回の『銀の道ものがたり』は石見銀山から尾道市までを銀を運ぶルートとして栄えた銀山街道を細かく紹介してくれている。歌人の中村憲吉や彫刻家の円鍔勝三の生涯も伝えてくれている。





私は1987年に青年会議所の中国地区協議会で青年経済人会議において中国地区の歴史を辿りスライドを作る為に当時随分と郷土史を勉強させて頂いたことがあり、この銀の道については当時より相当の興味を頂いていたことを改めて思い出した。






郷土史を学ぶことは郷土に誇りを持つことにつながる。





こうやって地道に活動をなさっておられる姿に敬意を表すると共に、陰ながら応援させて頂きたいと思う。



そして、少しでも恩返しが出来れば幸せでもある。 
【2011/12/10 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
グリコ
グリコ

息子が友達からグリコの詰合せを頂いて帰って来た!



いいお兄ちゃんがグリコ、改めて息子ってかわいいと思った。



グリコで思い出すことがある。





小学校の頃、学校の階段を三人位でジャンケンをして上り下りをして、ぴったり上りきった者が勝ちになる簡単なゲーム。





皆さんも経験がお有りになるだろう。





ジャンケンでグーで勝ったらグリコって言って3段進む






チョキでかったら、チヨコレイトと言って6段。






パーで勝ったら、パイナツプルと言ってやはり6段進む。






子供は否、大人も皆、ジャンケンが好きだ。





ジャンケンは、言葉に出し、手を動かし、そして相手の心を読む。






身体・心・言葉の三位一体となった素敵なゲームである。
 
【2011/12/09 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
REGALクリスマスプレゼント
REGAL クリスマスプレゼント

今年も間もなくクリスマス、REGAL SHOES恒例のクリスマスプレゼントセールが明日、12月 9日金曜日~25日のクリスマス迄開催されます。



例年のようにREGALオリジナルの2点をどちらかを、プレゼント





Aとして、リーガルオリジナルの、テディーベア






今年のクリスマス厳冬「ブーティー」はリーガルらしく、トラッドをベースにしたボタンダウンに白いベストに赤の蝶ネクタイ。




体長は31センチ。




 又はBとして、リーガルのオリジナルメモパッド。



しっかり握れる手のひらサイズ。カバーの裏ポケットはペーパーホルダーです。






さりげない大人の小物。




税込みで1万円以上お買い上げの方皆様にプレゼントいたします。





但し数に限りがありますのでお早目にご来店下さい。


2011年REGALクリスマス




REGAL日本上陸50周年の今年は商品もとても充実しています。


2011REGALクリスマス



是非共、クリスマス、そしてお正月をREGALで装い下さい。




詳しくは、直接REGAL SHOESにお問い合わせ下さい。


REGAL SHOES 天満屋ハピータウンポートプラザ店


電話;084-971-1224




REGAL SHOES フジグラン神辺店


電話;084--960-3156
  
【2011/12/08 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ピンクピクルス


円谷幸吉というオリンピック選手がいた。




自衛隊出身で東京オリンピック男子マラソンの銅メダリスト。


ゴールの国立競技場に2位で戻ってくる。






だが、後ろに迫っていたイギリスのベイジル・ヒートリーにトラックで追い抜かれた。






これについては、「男は後ろを振り向いてはいけない」との父親の戒めを愚直にまで守り通したがゆえ、トラック上での駆け引きが出来なかったことが一因として考えられている。








とはいえ、自己ベストの2:16:22.8で3位となり、銅メダルを獲得した。






栄光の銅メダリストと賞されたが、彼は堪えられなかったのかも知れない!






子供心にこのシーンを覚えている。





そして、彼はメキシコオリンピックを前に悲しい最期を遂げてしまう。






高校の時に、この円谷のことをピンクピクルスが「一人の道」のタイトルで歌った。






覚えておられる方もおられるだろう。






私の高校時代の親友の三島君が『エエ曲見つけた・・』と言ってオープンリールで録ったこの歌を聞かせてくれた。







このオープンリールは大切にとっておいたのだが、時代はカセットにそして、MDにCDにと移り何時の間にかオープンリール再生のレコーダーは無くなってしまった。






バレーボールやサッカーのオリンピックの予選をみるにつけて、


『見て欲しかったもう一度、表彰台の晴れ姿♪




日本の為のメダルじゃない♪・・





走る力の糧なんだ・・♪』の詩が蘇る。






そんな中、ユーチューブで見つけてしまった。






改めて聴いて当時に一気に回帰すると同時に、涙を誘われる。






円谷さんが両親に残した手紙を読み興してみても、特攻隊で散っていった若者とダブってしまう一面がある。




彼は、誰よりも親を大切にした人生だったのだろう!
【2011/12/07 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
よろずや
よろずや商店
最近の店舗のスタイルは私の若い頃に比べると断然と違う。



兎に角、美しく、そして専門性が高まっている。



百貨店ですら、先日、有楽町マリオンにオープンした男だけに特化したビルに返信している。





百貨から五十貨、三十貨店に業態変更を進めて久しい。





先日、金光教の本部の門前町を歩いていて、懐かしい響きを感じる店をみつけた。




よろずやである。




所謂、何でもあるお店。



昔、物が不足していた時代の店舗の名前だが、何だかこのよろづやの響きには心牽かれるものがあった。




コンクリート創りの無機質な店が流行る時代に、一寸素敵ではないか・・・!




このスタイルをセレクトショップと言うのだろうか・・・?
 
【2011/12/06 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
新しい式辞スタイル
式辞IPAD

私も時折、ある会に招かれて来賓としてご挨拶を申し上げる時がある。


特に厳粛な会においては、式辞の時間を厳しく制限されると共に、演題に立ってから段取りの指示を頂戴する。




私は大体、紙を見ながらお話するには抵抗がある方で、その場の雰囲気で内容を変えたりしたい方なのだ。






しかし、巻紙に書いて来るようにご指示を頂いたり、その書いた式辞を演題の右端に置いて一礼するように承ることさえある。





先日、福山商工会議所と大韓民国の浦項商工会議所の調印式のお話を書かせて頂いた。






大韓民国の駐広島の領事が祝辞を述べられた。






福山市長、市議会議長、福山商工会議所会頭、浦項商工会議所会長さん方は皆、紙を読みながらの祝辞だったが、領事さんは何とIPADを持って、その画面をご覧になりながらの祝辞だった。






流石に、ご挨拶が終わっても、そのIPADはお持ち帰りになられた。






時代は少しづつ変化している。





時流が変わり、気がついたら時代が変わっているということだ。





小さな変化にも注意深く、目を凝らして進んで参りたい!
【2011/12/05 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Alliance
中国新聞記事


先日、福山駅周辺地区中心市街地の活性化に関する懇談会が市役所で開催された。




福山の大学生、老人会、商店連合会、福山青年会議所、再開発ビルに地元の連合会に属さない商店会の方々が活発に意見交換をした。



中には、とてもネガティブな意見をおっしゃる方もおられて驚いた。





活性化に関する懇談会にも関わらず、まぁ市に対する苦言を申されるが、そんな会議ではないことはご存知の筈だが、どこにでもこんな人はいるものと思い替えなければと思った。





駅周辺の衰退が心配されながら現実問題として市や会議所は打つ手無しが実態でもある。






私的意見であるが、私は街中組として、緩やかな連合をするのが良いと思っている。






長期的にまち創りとしての観点を大切にしながら、先ず出来ることをすること肝要である。






福山もビブレがダイエーが撤退し、CASPAも年明けには閉店、そして、そごう跡のロッツも再来年で契約期限来る。




街の発展の起因は、出口と入り口の機能を如何に果たすかだ。


懇談会




学生さんが率直な感想を述べておられた。





広島商店街は活気があるのに福山・・・・






広島の例を見れば、分りやすい商店街の入り口に、三越・天満屋・福屋があり、出口に紙屋町そごうがある。





そして、道の駅宜しく、中間地点にはアンデルセンだったある。





即ち街を歩く要因がある。






しかし、福山は入り口があっても出口が見当たらない。ローズコムは出口の機能を持っていない。






今の時代、全てがワンストップの時代である。




点から線に、そしてその線を街中として面として形創るには、緩やかな連合が先ず出来ることではないか?




天満屋・さんすて・アイネス・ニューキャッスルホテル・そして各商店街のAllianceメンバーの構成を望む!
 
【2011/12/04 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
都市間競争?
Ario

岡山県倉敷のチボリ公園跡地に、アウトレットモールとイトーヨーカドーArioに並んで三井不動産の手掛けるアウトレットモールがオープンした。



Arioさんは、多くの人出であった。



そして、アウトレットモールもオープン景気かまあまあの盛況ぶりでもある。






福山や岡山から一定の流出も仕方がないように感じる。





全国的に駅前地区の商業施設の沈下が言われる中、街の駅は出口に成り下がりつつある。






駅は入り口であって欲しいと願うのだが・・






魅力ある処に人が流れるのは世の常でもある。






街中の人たちは郊外に人を取られていると言うが果たして原因はそれだけだろうか?






郊外との戦いに敗れた街中もあれば、毅然と戦っている街中もある。






商業者だけではなく、行政も一体となったまち創りの在り方が問われている問題でもある。






郊外との戦いの結果と、もう一つは街中への徒歩15分圏内の人口動向によって大きく左右される筈でもある。






倉敷のアウトレットモールだが、最初半年は物見遊山もあろうが、どうもリーシングが難しかったように感じる。


倉敷三井アウトレットモール


個人的見解だが、アウトレットモールにおける必須ブランドがある。





その一つはラルフ・ローレン、コーチ‥であるが、残念ながら出店されていない。






そして、最近の流れか名も知らぬセレクトショップが複数店舗出店して小さくブランド展開をしている。








世に言う、アウトレットはブランドの捨て場のようにおっしゃる評論家もいる。






大都市に挟まれた小さな街が、その捨て場と称される。




ユニクロに台等されるローコストプライスのショップに戦う為にブランドは今後如何にあるべきかを問う時代ではないか?




ユニクロ栄えて国滅びるとおっしゃった経済人がおられるが、共に栄える国創りをリーダーは示すべきではないか?





としかんきょうそう を 漢字変換すると、都市環境層と最初に出るが如く、環境整備を問いたい!
【2011/12/03 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
友好親善協約調印
商工会議所福山・浦項

先月末、福山商工会議所と大韓民国、浦項商工会議所が友好親善及び交流促進に関する協約書の調印式を行った。






和やかななかにも厳粛に行われた!




調印式


浦項とは、私は特に思い出深い。






1991年、浦項青年会議所から福山青年会議所に対して、姉妹縁組のオファーがあった。





丁度私が、専務理事をさせて頂いている年だった!





私達は姉妹縁組をするにあたって随分と調査研究をして特別委員会を立ち上げた。






3カ国を担当特別委員長は回って最終的に、浦項に決めたのが、先ずは友好JCでと交渉に臨んだが、相手の浦項は許さない。




『自分達の選択しには姉妹JC以外はない!」と解り易く言うと恫喝されたように感じた。





私達訪問団が浦項に出発する前に福山の総会では姉妹ではなく友好JCで承認を得ていたこともあり、相当のハードネゴシエーションになった。






夜を徹して、韓国のタフネゴシエーター達との会談を経て、結局、姉妹縁組の仮調印とした。





そして、翌年、姉妹縁組を結んだ。





今から思えば産みの苦しみのようだったが、未だに交流が続いていることはとても嬉しい。




私は、当時の交流を通じて、彼らは私達以上に仕事での提携交流を望んでいたように思う。






調印後、帰国して1週間もしない内に、こんな会社を紹介してくれとオファー続く。





恐らく、今回も年明け頃から、早速、浦項商工会議所を通じて仕事の連携の申込みが殺到するに違いないと思うのだ。






如何にITが進んでも結局の情報交換のツールはFace to Faceが一番であることには違いない! 
【2011/12/02 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード