『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
ローマは一日してならず
彼岸花

それにしても、年を取るに連れて毎日毎日が早いものだ。


ジャネー効果・・・!




今月は、拙宅で祖父母と姉の式年祭を頂いた大きな行事のあった月だった。






伯母や叔母が久振りに集まり、両親は久振りに兄姉妹話を楽しんだようだ。





97歳の伯母を筆頭に90歳の元気な伯母、そして80歳の半ばを超えた父、そしてアラ傘と言うのか80歳前後の母や伯母達。



その手の皺を見ていて、どれだけ今日まで頑張って来たかよく分かる。




老婆は一日にしてならず・・・!?







皆元気だが、そんな親戚の人たちを観ていて、日惜しみをすると言うか、会う度に歳を重ねる姿に日が惜しい気がしてならない。






人の人生を非力な自分達が、どのように左右することも出来ないが出来ることが実はある。






よく、病気の人にドクターが手の施しようんがないとか、自分は、ある人に対して何もして上げられないとかおっしゃる方がある。






しかし、祈ることは出来ると思うのだ。



祈ることは最後の手段ではない!


最高の手段ではないか!



いつまでも元気で居ていただきたいと、祈念する。






お陰さまで無事に9月も万事好都合で、元気に過ごさせて頂けた。





共々に尚一層、素晴らしい10月を迎えさえて頂きたい。





ありがとうございます! 
【2011/09/30 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
冷静に考えてみれば大丈夫!大丈夫
うっかり八兵衛

よく『大変だ~!』って口癖のようにおっしゃる方がおられる。



水戸黄門の「うっかり八兵衛」が『ていへんだ~ていへんだ~』って懸けて出て来るシーンを思い出す。




しかし、冷静にゆっくりと考えてみると、そんなに大変なことではないことが多い。






神様は乗り越えない試練は人には与えられないとよく言われるが、冷静に考えて対処すれば、人は解決出来るのだ。






昔、笑い話のように話したことがあるが、誰も私にはアメリカの金融危機を解決して欲しい等とは頼んで来ない。
リビアの問題を解決して欲しいとも言って来ないのだ。






しかし、一つづつ、1ステージづつ上がって行けば、それぞれのハードルは上がり、大きな問題も自然と解決出来るようになる。





うっかり『大変だ~』って言う前に、




しっかりと『大丈夫!・大丈夫!』って言いたいものだ。 
【2011/09/29 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
純喫茶
UCCコーヒー

先日、弊社の出店させて頂いている「さんすて・福山」で打ち合わせの為、UCCのコーヒーショップに入った。



明るく、多くのお客様で賑わっている。




待ち合わせの間、ふと思ったのだが、最近は昔のような所謂、喫茶店が姿を消した。






福山の船町と道三町?か「ミモザ」という音楽喫茶があった。





何時もクラッシクが流れていた。





希望するとレコードをかけて下さった。





確か、そのオーナーは三浦さんとおっしゃった。私の遠縁だとも聴いたこともあるが、ご子息は流石に音楽に秀でておられ音大に進まれたと記憶している。




姉と同級生で、中学時代に音楽室で先生が『三浦君、ベートーベンの運命はどのような曲だ?』と質問したら、彼は『ドドドドーン♪~』って答えて姉は笑ったそうだ。





普通は『ジャジャジャジャ~ン♪』って答えるのに、ドドドーンとは、流石に出来る人は違うと思ったそうだ。






そんな、昔話をコーヒーショップで思い出すとは、昔のことを思い出すのは年を取ったからかも知れない。





安部静江というラジオのパーソナリティーで歌手が、コーヒーショップの歌を出してから喫茶店という言葉が消えていったのかも知れない。




コーヒーにこだわり、素敵なBGMで読書を楽しみ、紫煙を燻らす、そんなお店はないものか?
【2011/09/28 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
福島に孫を
福島の蕎麦

一昨日のブログで蕎麦打ち教室のことに触れた。



何時もは、先生が自分で栽培した地元の蕎麦粉を使って蕎麦打つのだが、今回は新聞記事にある、福島県の川俣木屋地区で大震災前に収穫されたものを、畑に蒔いて出来た蕎麦粉を使った。





何時もの蕎麦に比べて少し色が濃いが、とても美味い蕎麦だ。






この蕎麦を先生達は育て続け、福島が復旧した時に、改めてこの種を戻すそうだ。






今、大切に育てておられる。


福島のそばの記事




所謂、蕎麦の孫を福島に戻そうと計画されておられる。






何時もにも益して、この蕎麦打ち力が入り、そしてとても美味しく感じられた。






酢橘の皮を削って、出汁に入れて頂いてみた。






何とも言えない風味だ。






頑張れ、福島!





あなた達の蕎麦は、元気に孫として戻っていくぞ! 
【2011/09/27 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
塗り替え
HG・ウエルズ透明人間

歴史は塗り替えられると言うが、科学もそうだ。



アインシュタインの相対性理論が、ニュートリノの存在によって危うくなって来ている。


ここ毎日、新聞で取り上げられ、そしてコラムにも各紙揃って、この話題で一杯である。






考えてみれば、ローマ法王がガリレイに地球は動いているとの説に改めて詫び、名誉回復宣言をしたことは最近、ホットするニュースであった。




トリノが光を超えるとの説に対しては多くの学者が異論を唱えてもいるそうだ。






しかし、科学者は持論に陥ることなく素直に現実を受け容れることも大切なように思う。






そして、科学では説明出来ない超越した力、敢えて言えば神の力を人は信じるべきではないか?






歴史は、科学は、記録は塗り替えられてこそ本望である。






子供の頃、HGウエルズの透明人間を読んで、光を超えることが出来ればタイムマシーンが出来るのだと心を弾ませたことを思い出す。






今でも、時を超えるものがある。




それは、徳であり、人となりではないか? 
【2011/09/26 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
奥が深い
そば打ち

久振りに蕎麦打ち教室に参加させて頂いた。



先月は夏休みだったので、二月ぶりだ。



蕎麦打ちを始めて一年と少しになる。






自分で練習して蕎麦を打ってみると、結構いただけるようになって来た。






しかし、未だ未だ、きし麺のようになったりで、不揃いの蕎麦達である。






蕎麦粉の計量、水回しに始まるが、切って茹で上げるまでの行程、一つも息を抜けない。






道を究めた先生の手元を見る度に、奥の深さを感じる。






二年打って初めて上手下手を判断出来るそうだ、段々と上手になった時こそ、謙虚に学ばなければならないと教えられる。





慣れれば慣れる程、奥深さを感じる蕎麦打ちだ。





仕事でも何でも同じ姿勢が大切だ。 
【2011/09/25 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
お彼岸
萩の花

暑さ寒さも彼岸までとは、本当によく言ったものだ。



あの暑かった夏から、一転、朝夕は半袖では膚寒さを感じる。





今朝の朝参りの時は、流石に半袖の方はいらっしゃらなかった。






この数年、夏から冬へ、そして冬から夏へと春秋が飛んでしまったような感があったが、今年はちゃんと秋があるではないか?





昼と夜の時間が同じになる。正しく、均衡の日でもあるようだ。






春分の日と、秋分の日は、お彼岸と一括りにしてはならない。






少し意味が違うようだ。






春分の日は、


自然をたたえ、生物をいつくしむ。




即ち、寒い冬を越えた自然の営みに対する感謝の日でもあるようだ。






そして、

秋分の日は、



祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。






人間としての営み、これから越冬へ向う、私達の誓いのようでもある。




季節季節の変わり目には、自然への畏敬を込めて、私達を育んで下さったご先祖様に感謝したいものだ。




そして、春は牡丹餅、秋はお萩だ! 
【2011/09/24 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
台風一過
秋空

台風15号が本当の秋を連れて来た。



しかし、多くの爪痕も残した。






12号以来、土砂ダムも気になっている。






自然の力、猛威は本当に凄いものだと思う。






科学が進歩し、天気予報も衛星から精度が高くなり、気象予報士さんも活躍されている。





しかし、彼らもある程度の予測、予報はしても、雨を降らしたり、雨を止ましたり、或いは台風を他所にやることは出来ない。






 昔、私達は神に祈り、雨乞いをしたり、或いは、テルテル坊主なるものを創ったりして謙虚に暮らしていた筈だ。






 以前、台風にも名前があると書いたが、もっと可愛い、例えば真理ちゃんとか・・日本の名前をつけてあげれた、大人しくなる台風もあったりするのではないか?



何れにしても、人類は自然に対して驕ることなく、謙虚にあるべきだと私は思う.


そして、辛い厳しいことの後には、素晴らしいことが必ず待ってくれている。


これが、台風一過だと私は思う。
【2011/09/23 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Hush Puppiesもスタート
ハッシュパピー2001秋


お陰さまでREGAL WEEKもお客様に大変お喜び頂きながら順調にスタートしました。




いよいよ、Hush Puppiesハッシュパピー2011年秋のキャンペーンも明日からスタートいたします。



10月10日迄、天満屋福山店1階の婦人靴売場に併設したハッシュパピー福山店で開催です。






今回はハッシュパピーオリジナルのリュックサックをプレゼント、色は黒とパープルの2色からお選び頂けます。






数に限りがありますので、お早目にご来店、ご高覧下さい。






暑い夏もやっと一段落、お洒落の秋が待ってましたとばかりです。


ハッシュパピー2011秋コレクション




商品ラインナップも充実しています。






詳しくは



福山市元町天満屋福山店 1階



ハッシュパピースペシャリティーストア


電話 084-927-2170
 
【2011/09/22 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ひまわりの効用
ひまわり

福島原発の放射能漏れで、散らばってしまった放射能。



セシュウムが土地に浸みこんでしまって、その影響を少しでも取り除く為に、ひまわりを植えることが効果があると一時期言われた。



ひまわりを送ろうと運動が展開され始めた頃になって、ひまわりは、効果がないと専門家が発表した。





客観的、科学的には、そうかも知れない。






確かに、セシュウムを吸い取ったひまわりを、今度は何処で処分するのかが、問題の種になるからかも知れない。






しかし、幾ら科学的には、そうであっても、心豊かさ!



荒んでしまった気持ちにを暖かく包んでくれるのが、ひまわりかも知れない。


非科学的と非難を承知で申せば、人間の心は、科学を超越するのではないか? 
【2011/09/21 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
FMO
藤井美雪さん


福山あるボランティア団体の例会の中に、Fifteen Minutes Oasisというコーナーが今期設けられた。




それぞれの頭文字をとって、FMOと言う。





貢献力向上委員会が、ゲストを招いてHOW TOをコンセプトに15分間の講演して頂くのがコンセプト。






今回は、声楽家の藤井美雪さんをお招きして、オペラの楽しみ方についてお話を頂いた。






歌だけではなく、お話も上手だったので、アット言う間の15分であった。





オペラは、手術等のオペに通じる言葉だそうだ。






3つの種類がある。






①オペラセイリーア(シリウス)正歌劇






②蝙蝠は、フィガロの結婚に代表されるハッピーエンドの喜劇、オペラブッハ






③そして、現実主義、即ち風刺等のオペラベリーズモ






班女



新春に広島で初演される三島由紀夫原作の近代能楽集より『班女』。






これはドナルド・キーンさんが英訳をされて、音楽監督は何と、細川俊夫さんだそうだ。






オペラを観劇するにあたって、大切なことは、その内容を事前に理解していくことだそうだ。






今回の『班女』英語で上演される。






楽しみしたい。





我、クラブながらFMOは、中々面白いではないか? 
【2011/09/20 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
供養
ご神前

お彼岸が近くなった!



姉の20年、祖母の30年、そして祖父の45年の式年祭をして頂いた。




仏教は、その年を1年と数えるから実際は1年早く行う。






しかし、神道、金光教では満年で行う。






祖母は93歳、祖父は80歳だった。





姉は夭折したけれど、お陰さまで長命の家計に生まれさせて頂いたことに改めて感謝している。





子供の頃、爺ちゃんは随分と年寄りだったように思ったものだ。勿論、婆ちゃんもだ。





私の父は今年85歳、母は83歳だが、子供の頃に感じていた年寄りのイメージとは少し違う。






自分自身が50の半ばであるからかも知れないが、恐らく今から50年位前の老人とは15年位は違うのではないか?





然らば、父は50年前なら70歳位だと捉えれば納得がいく。






勿論、個人差はあるものだ。





供養とは、供えるに養う。





何を供えるのか?






それは、私達の真心・・





そして養うは?






互いが生かし合うこと・・・






式年祭、所謂、法事は私達にはこんな親が居たと偲びそして、祈る姿を見せて伝えることではないだろうか?






実意丁寧、神信心




実意とは心を揃える




丁寧とは、形・行動を整えること 
【2011/09/19 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
煮やす
金魚


母がデイケアーで夏に作った焼物が出来上がって来た。



又、一つ作品が増えた。



お陰さまで、楽しく毎日を過ごさせて頂きながら手を動かすことで脳の活性化にもなっているようだ。





中々我家ではそうはいかない!






お世話いただいている方に感謝の気持ちで一杯。






今回の金魚、余り母は出来栄えが気に入らないらしい・・・!






何とも愛嬌のある顔をしているが、見方によれば一寸にやけた表情でもある。






『にやけ』たって思った時に、面白いことを思い出して自分も、にやけているのが不思議だった。






母は、時折面白い言葉を使うことは以前にも紹介した。






夕食時鍋をして、椎茸を頂こうとしたら、『よう煮やして食べよ・・・!』と注意する。






この煮やしてという言葉が何とも言えず方言のような感じがしてならなかった。





私達は一般的には、『よく煮て』とか『ボイルして』と表現するが、この『煮やして』は余り使わない。





方言だと思ったが考えてみれば『業を煮やす・・』という言葉があるから、これは標準語だ。





しっかりと考え方を煮やして結論を出さなければならない訳だ!
【2011/09/18 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
先生それは違うと思います
西岡参議院議長


野田新首相の所信表明演説を受けての代表質問も一段落した。



そして、国会が野党の意向を受けて4日間の会期が一応、月末迄延長されることとなった。



が・・・しかし、結局、審議できる日は、月末の数日だけのようだ。






最近、国会を見ていて感じることだが、どうも民主党政権になって以来、学級会のように思えてならない。






学生時代、ホームルーム所謂、学級会等が行われて、誰かが発言すると『先生・・!それは違うと思いま~す・・・』と言う女子生徒がいたことを思い出す。






まるで、そんな感じだ。





野党の諸兄が、西岡参議院議長に、『西岡先生・・・国会を4日で閉じるなんて違うと思いま~す』って言ったような感じで。






西岡先生が『よっしゃッ』って男気を出したような風景だ。






とても違和感を感じるのは私だけだろうか?






もう一つ不思議に思うことがあるのだが、休会中の委員会審議である。






私は今年のような異常な年には、国会を休む必要があるのだろうか?





通年国会にすべきではないか?





小沢さんの秘書の判決が今月下旬に下されることと関係があるのか?





つい、下衆の勘繰りをしてしまうことが情けない・・・





シルバーウィークが始まったが、被災地は休暇なんかないですぞ・・ 
【2011/09/17 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
2011秋のREGAL WEEK
REGAL WEEK2001秋



恒例の、秋のREGAL WEEKがいよいよ今日からスタートです。



いつものように、1万円以上お買い上げの方に、3つの『こだわり』のプレゼントの中から一つもらえます。





①1994年のREGAL WEEKのノベルティーとして爆発的人気を博した3WAY(手提げ・ショルダー・リュック)





②チェックが映えるショルダーバック、トラッドのテーマに併せたA4サイズも入る男女兼用





③1983年に登場した、真鍮の靴べら





私自身もとっても欲しくなるような逸品揃いです。





今年、REGALブランド日本上陸から50周年。





商品も見事に充実しています。


REGAL秋の新作



期間は


明日、9月16日(金)~10月2日(日)



是非共、早い機会にご高覧下さい。





詳しくは、





REGAL SHOES 天満屋ハピータウンポートプラザ店2階


 営業時間 10;00am~9;00pm




PHONE;084-971-1224


REGAL SHOES フジグラン福山神辺店 1階



 営業時間 9;00am~9;00pm




PHOEN; 084-960-3156
【2011/09/16 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
ボランティア
国際ソロプチミスト尾道


今年も尾道のグリーンヒルホテルにて、国際ソロプチミスト尾道とベンチャークラブの共催のバザーが、本日開催された。



多くの賑わいがあった。





私共も出品をさせて頂いた。




来客の方、そして主催の皆さんがとても心遣いが行き届いて和やかなバザーでもあった。






特に、今年は東日本での震災もあり、奨学金支援等の心遣いもなさっておられたようだ。





世の中にボランティア団体は数多くあるが、国際組織として活躍されているのは、ライオンズ、ロータリー、そして女性のソロプチミストがメジャーである。




青年会議所は勿論、ボランティア活動もするが、私は青年会議所は自己修練を積んだ上での活動で、他の団体とは一味違うと思っている。






ボランティアの本質は志願すること!






自らが進んで、行う行為は全てボランティア、そして、奉仕とは力を尽くすことを指す。






男性女性関係なく、皆が自ら率先しての活動は素晴らしいと改めて敬意を表したい。





あっぱれ!




国際ソロプチミスト尾道 
【2011/09/15 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ペコちゃん考えて
アイスクリーム

朝夕は比較的凌ぎ易くなったが、未だに日中は33℃を超える日がある。



それも焼け付くような暑さだ。



天満屋の店長さんと、日曜日に行事があり、屋上でお話をする機会があったが『まるでこれから夏のバーゲンが始まるようだ・・』とおっしゃったが、本当にそのような感じがする。






日中、この時期に少し熱中症のような感じがあったので、少し体を冷やしたいと思ってポートプラザ店に入ったら、不二家さんのペコちゃんが飛び込んだ。





アイスクリーム¥220!甘~い感じがするが思い切って買わせて頂いて、車の中で頂いた。




束の間の一時、これを熱いからホットすると言うのか?






それにしても、ペコちゃんの頭を叩く人が沢山いるらしい。


ペコちゃん




貼紙がしてある。頭を叩かないで・・・






私はこのペコちゃんをみる度に思うのだ。






彼女はどうして、首を横に振るのだろう?






お店でお客様をお迎えするなら、何時も首は立てに振って欲しいと思う。





そうすれば、ペコちゃん、もっともっと栄えますよ! 
【2011/09/14 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
喜び料
天満屋広島店


天満屋広島八丁堀店が来年閉店するニュースが先日、新聞やテレビで大きく報道された。




福山店でお世話になっている私共しては、中々他人事と思えない。




地方デパートはご他聞に漏れず、厳しい状況が続いているのは、事実でもある。






しかし、競合が激しいからと言うのは、どうしても理解出来ない。





流通業の昨今の厳しさは、競合は勿論であるが、人口減も見逃してはならない理由の一つである。





しかし、どんな厳しい状況でも、伸びてる企業もあれば、脚光を浴びている企業、人もおられる。





JALも再生の道を着実に歩んでいる。





流通業を営む者として、改めてこの度のニュースで肝に銘じて置かなければならないことは、売上げは、お客様の喜びの料であることだ。






お客様にお喜び頂ける努力を私達は、成し続けなければならないと思う。





頑張れ!天満屋
【2011/09/13 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
御恩報じ
コスモス


9月は私にとっては、誕生月である。



そして、誕生日は、誰かに祝って貰うのではなく、親に感謝する日と教えられた。





あの、映画解説、評論家の『サイナラ・サイナラ』の淀川長治さんは、ご自身の誕生日には母親と二人で食事を必ずなさって感謝をされていたそうだ。






高田後胤、薬師寺の元官長さんは、己が誕生の日は母一番の苦悩の日ともおっしゃっておられた。



そして、親鸞聖人だったか?



如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし



師主知識の恩徳も 骨を砕きても謝すべし






改めて、母や父の恩に報いたいと思うが、恩に報いる等と、そんな大それたことが子供に出来ようが筈がない。





先ずは親の恩を知ることが、とても大切なことだと改めて思う。




お父さん、お母さん、そしてご先祖様有り難うございます!
【2011/09/12 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
声を掛けよう
草


先日は、恵みの雨を頂いた。



こうやって、台風12号で西日本を中心に大きな被害を出した雨でさえ、瀬戸内に暮らす私達には殆ど影響もなく、幸せな地域に暮らせることに感謝し、これを恵みの雨と言える事が何よりも嬉しい。





しかしながら、紀伊半島を中心とした台風災害は、大変なものだった。






ある人にとっては、恵みの雨、ある人にとっては悲惨な雨になってしまう。





同じ雨でも、全く違ったものになってしまう。




先ずは、この度の台風で被害を受けられた特に紀伊半島の方々にお見舞いを申し上げたい。





 暑かった夏から、秋風を連れて来て下さったと同時に、草々も茂り放題である。





これぞ、命の営みだと思う。






先日、草刈をさせて頂いた時に感じたのだが、必要のない草まで刈ってしまう自分がいる。






雑草の間に、小さく咲く花がある!





それでも、伸びきった草に、これから、あなたを刈らして頂きますと、声を掛けてさせて頂くと何となく生きた草を刈っても許してもらえるように感じる。





水を撒くと、虫達も喘ぎながら逃げて行く。




これから水を撒くよ!人間に害を及ぼさないように虫さんも退散なさいと声を掛けてあげたら、互いが救われるように気がする。





窮屈だけど、自然の草や虫さんに声を掛けることも大切ではないか?






風や虫の声に、感動する季節になって来た!


秋の夜長、読書には持って来い季節だ。 
【2011/09/11 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
3.11と9.11
NY同時多発テロ


あの9.11のニューヨークを中心とした同時多発テロから10年の歳月が流れる。



そして、3.11の東日本大震災から半年が経つが、未だ復旧の目途がたたない。






9.11は、私の誕生日の前日でもあり、強烈に記憶に残っていると同時に、丁度あの日、ヨーロッパへの出張の準備をしている時に、ニュースステーションに飛び込んだ映像に驚いた。





又、9.11は、自民党が小泉さんの郵政解散の選挙で圧勝した日でもある。






不思議なものだ、3.11と9.11は、丁度半年違いでもある。






私がお参りをさせて頂いている金光教の教会では、春と秋の御霊祭が、3月12日と9月12日と毎年同じ日に仕えられる。教会長がおっしゃっておられた。




双方とも準備している時に大きなニュースが飛び込んで来た。






それぞれ、その翌日にお祭仕えられ、退まかられた方々への供養をさせて頂かれたのだと思う。



ナンバー311

ナンバー911

車のオーナーさんは、特に意識された訳でないか、或いはご自身の誕生日か?


昨日、車で国道2号線を走っていたら、不思議なことに一台はトラックだったが




バックナンバー3.11と9.11が、私の前を走っているではないか。




改めて震災からの一日も早い復興に願いを懸けたいと思う。 
【2011/09/10 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
なっとります?
名取裕子


木曜日『京都地検の女』


名取裕子扮する鶴丸あや?のドラマの後のテレビニュースだったからか、女性のアナウンサーの面白い表現が引っ掛かってしまった。



普通は『○○になっています・・・』と話すのだろうが、『○○となっとります・・・』とても可笑しかった。






確かに『なっとります・・』と表現することはあるが、プロの女性アナウンサーがテレビでおっしゃるのが面白い。




私の二つ下の友人が青山学院で、名取裕子と一緒だった。





学生時代から、特に目立って美しく、皆で教室でうっとり彼女を見ていたそうだ。





名取裕子も『なっとります』とおっしゃるのだろうか?




人は誰しもつい、普段の言い方が出てしまうのだろうか?





そう言えば、『あの○○が・・』を『あのヤツ・・』って美しい女性がおっしゃたりすると少し興ざめしてしまうことがある。



ふと、気を抜いてしまった時に普段何気なく使っている言葉が出たりするのが怖いと感じる。





言葉使いは気をつけないといけないと改めて思った。
【2011/09/09 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
四季前線
収穫の秋


確実に季節が変わろうとしている。



台風12号が秋を連れて来た。




朝は特に膚寒く、窓を開放していると風邪をひいてしまいそうだ。






あれだけ、熱帯夜に悩まされた日々は何だったのだろう?




朝、4時半に起きて朝参りをさせて頂いていると、皆さんの着ておられるものが段々と変わって来る。






今朝は半袖のお方は二人位だった。






こうして、段々と長袖のシャツ、そしてカーディガン、或いは薄手のジャンパー、そして、セーターになり、ダウンジャケット、そして首に巻物と変化して来る。





最近の日本は、冬と夏しかないと思っていたが、秋もあったようだ。






秋は実りの、収穫の、そして読書の、お洒落の季節。





日々が、色をつけて変わっていく。






蝉の声から鈴虫の声が聞こえて来る。






日々がさらだ。






一雨毎に涼しくなって来る!






今この時を楽しみ大切に過ごしたい。




昨日を忘れ、


今日を最高に喜び



明日を楽しめ
 
 
【2011/09/08 18:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
個人的な思い・・・?
小宮山大臣


小宮山洋子大臣が、タバコ700円発言をした。



財務大臣からは、個人的な思いと言い放たれた。




そう言えば、前の総理が個人的な思いと発言を訂正したこともあった。






公人に個人的な発言があるのだろうか?






こんな発言で国会が始まって、又もや余計な質問を野党さんがなさるのが心配でもある。





今成すべきことに集中して国会運営を与野党共にお願いしたいものだ。






小宮山大臣、NHKのアナウンサー出身だけ合って、活舌はお見事だが、やはり少しはしゃぎ過ぎのようにも思う。






健康を第一に考えてタバコの値上げとおっしゃるが、1000円になると税収が下がるから700円とは如何にも矛盾する発言である。






税収より、厚労大臣であれば健康が最優先であり、そのことにより医療費の負担が下がる効果があれば、毎年100円づつ等とおっしゃらずに、タバコ2000円と思い切った発言をどうせなら、なさった方が面白かったと思う。





そして、議論にもなる筈だ。






何れにしても、愛煙家と嫌煙家と双方のご意見を聴きながらお決め頂ければ良い。





タバコはヨーロッパに行くと、一箱800~1000円だ。






空港の免税店で買っても、日本で買う通常価格より高いのが現状である。





タバコ一箱買うのに、人は何分働かなければならないかという指標がある。





日本は30分程度、欧州は1時間強と言われる。





仮にパートさんの賃金が1時間700円と仮定すると、一箱400円なら35分働かなければ買うことが出来ない。






800円なら70分働く必要がある訳だ。






どちらにしても、愛煙家にとっては厳しい時代でもある。






厚生労働、双方の立場をお考え頂き、大臣には公言をお願いしたいと思う。 
【2011/09/07 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
日本一を支える力
森政 先生


先日、




福山で最も大きなボランティアの会で、興譲館高等学校の駅伝監督の森政芳寿(もりまさ よしとし)先生のお話を伺うチャンスを頂いた。





テーマは全国大会に出場し、優勝させる為の方法についてであった。




全国高等学校女子駅伝、岡山県にてV10.そして全国優勝を昨年に引き続き目指しておられる。






硬派で、男らしい先生である。






全国レベルで勝っていく為には、強豪選手が沢山いても駄目!






エースのわがままを、きちんと抑える中が必要である。






そして、生活も勉強もきちんとする。






結果の出せない努力は、努力とは言わない!






森政先生の教え子達は、テグの世界陸上にも出場されている。






仕事でもスポーツでも学業でも基本は全て同じだと感じた。






そして、先生がおっしゃっておられた。






『一流選手は自分の学校は地域のおばちゃん達が育ててくれた』






学校の行き帰り、傍を通ったおばちゃん、おじちゃんが、名前を見事に覚えて一人ひとり声を掛けて毎日励ましてくれたそうだ。






日本一を支える力は、そんな小さなコミニティーの中にあるのかも知れない!
 
【2011/09/06 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
期間限定?
犯罪防止


島田伸介が闇の世界との繋がりがあったとのことで引退をした。



又、民主党の横峰パパも賭博ゴルフ等、やはり闇の世界との繋がりを認めた。




中々この手の問題は厄介でもある。






先日、国道を走っていたら隣に停まったパトカーのドアに大きなステッカーが貼ってあった。






『なくそう犯罪』ひろしま新アクションプランと掲げてあった。





一つ気になる表現がある!






期間が平成23年~平成27年






平成28年からはどうなるのか?或いは、27年迄に完全に犯罪がなくなるのか?





重箱の隅をつつくようで申し訳ないが、交通安全週間でも○日~○日となることが良く理解出来ない。






いつもいつも、交通安全週間であって欲しい。





安全習慣が良いのだ。






仕事でも売上げ強化月間なるものを作るが、いつも強化して皆には頑張って頂きたいと願っている。






まぁ~勢いをつけると言う意味と理解したい。




お巡りさん頑張って下さい。




私達も頑張ります!
【2011/09/05 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
イメージ
洒掃


今日は秋の先祖慰霊祭が金光教の高須教会で執り行なわれた。



春と秋、所謂、お彼岸の近くに奥城にて行われる。




多くの方々が参拝された。






感謝の一日であった。






そして、この慰霊祭が終わると、12日には御霊祭が仕えられる。






その準備の為に昨日の朝は、皆で大掃除をさせて頂いた。






毎回、若い人たち(勿論私のこと)で脚立に足場を組んで天井の掃除をさせて頂く。





外殿の天井は少し高いので脚立の一番上に足場板を置く。これが、結構怖いのだ。






そして、脇殿に移動すると、外殿より一段天井が低くなっているので、脚立の上から二段目に板を置くと、全く恐怖感がない。


足場




以前、ある研修会での話だ。






地上10メートルのところに板を置いて歩け言われたら怖くて歩けない。しかし、地上に同じ板を置けば誰だって目をつむっても、歩くことが出来る。




同じ幅でも、こんなにも違う。人はイメージで行動が変わる。





いつも前向きに大丈夫と信じて進めば人は何でも出来る力を持っている。




人は思いで人生を変えられる不思議な力を持っている。 
【2011/09/04 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
懐刀
藤村官房長官


野田総理の新しい内閣がスタートした。



上手く人事を創ったと感じている。



野党の党首や幹事長の皆さんは、絶対に褒めることはないが、あれだけ辞めて欲しかった菅総理の後の方だ。





少し位は評価して差し上げたら如何か?





相手を認めることも大切なように思うのだが・・・・





私は民主党のような稚拙な政党では国家の運営は難しいと感じているが、敢えてエールをおくりたいと思う。






いつも新しい組閣で気になるのが官房長官だ。





今回は藤村修さん!





結構ではないか。






野田総理の側近と言われている。側近とは、権力者や貴人のそば近く仕えること。





と辞書にあるが、私には、藤村氏を側近とマスコミがおっしゃるのに少々違和感がある。






先ずは、藤村さんの方が、野田さんの大先輩であるからだ。






藤村さんが子分のような響きがある。






まぁ敢えて言えば、清水の次郎長の大政




新撰組では、近藤勇に土方歳三の感じか?



商人で言えば、番頭さん?




されど、政治経験にしても年齢からしても藤村さんの側近が野田さんなら理解出来るのだが・・





神輿に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋を作る人か?





側近よりは、総理の懐刀というもっと素敵な言葉あると思うのだが・・ 
【2011/09/03 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
一足も二足も
秋のバーゲン

9月を迎え、台風が秋を連れて来てくれるのだろうか?


各地において被害のないことを節に願いたい。


お店もいよいよ、秋物が揃って来ました。





天満屋ハピータウンポートプラザ店において、一足も二足も早く、秋物を含めたバーゲンを開催致します。






期間は、来週の月曜日まで!





お買い得商品を一杯揃えて、一階の大催事場にてお待ちしています。




お洒落な秋を、リーズナブルなお値段の商品で、コーディネートをお楽しみ下さい。






是非共、ご来店ご高覧下さい。





詳しくは






天満屋ハピータウンポートプラザ店



足と靴のナカムラ


電話084-971-122
5にお問い合わせください
【2011/09/02 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
もったいない
もったいない

今から6年も前になるか?



環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したケニア人女性、ワンガリ・マータイさん。





マータイさんが、2005年の来日の際に感銘を受けたのが「もったいない」という日本語。







マータイさんの本をみつけた。








もったいないは、既に万国共通語になっている。






MOTTAINAI




辞書によれば、

「もったいない(勿体無い)とは、仏教用語の「物体(もったい)」を否定する語で、物の本来あるべき姿がなくなるのを惜しみ、嘆く気持ちを表している。



日本の民族信仰である古神道を源流とする神道においては、「散る桜の花びら」や、「吐息の一つ一つ」にまで命が宿るとされ、森羅万象に対して、慈しみや感謝の念をもって接してきた。その心根が「もったいない」という価値観の根底に流れている。




もともと「不都合である」、「かたじけない」などの意味で使用されていたが、現在では一般的に「物の価値を十分に生かしきれておらず無駄になっている」状態やそのような状態にしてしまう行為を戒める意味で使用される日本語の単語である。」


ミレー落穂拾い



『もったいない』は、私達は二つに分けて使っている。





ご飯を粗末にしては、もったいない・・・







そして、直ぐに食べてしまうには、もったいない・・・







私のような者に、このようにして頂いて真にもったいないことです・・・






もったいなき、お言葉!







何れにして、この言葉の奥には畏敬の念があるのだと改めて思う。







もったいなき!







恐れ多き!







ありがたき!







この三つの『き』三きのコンセプトが幹であるように思う。






お陰さまで、無事に元気で,そして、万事好都合で共々に9月を迎えさせて頂けたことは、真に『もったいなき』ことです。






日本人は、今こそ、日本人の本来の精神を思い出す時ではないか? 
【2011/09/01 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード