『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
2010年にありがとう!
夕日
今年も色々ありました。



そして、感謝の一年でした。





万事好都合で2010年を元気で過ごさせて頂いた。






毎日同じように、繰り返しのように東からお日様が昇り、西に沈んで行く。




否、繰り返しではなく積み重ね!





多くの人は初日の出に手を合わせ、そしてその年の無事を願う。






2010年元旦に無事を願い手を合わせたお日様が本年の役割を無事にお努めになられた。





どれだけの人が大晦日の夕日に感謝の手を合わせるだろうか?






今年一年見守って下さり、多くの生きるエネルギーを与えて下さった、晦日の太陽が、明日は希望に膨らませた初日の出になる。






先ずは、今日一日、今月一月、そして今年一年の有り難うの思いを夕日に託したい。





本年も私のブログをお読みいただきまして有り難うございました。






2011年が共々に尚一層素敵な年でございますようにご祈念申し上げます。




どうぞ、よいお年をお迎え下さいませ! 
【2010/12/31 18:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ケジメとか節目とかあると思うのだが
バリカン
いよいよ今年も押し迫って来た。




会合に出席したり、街中を歩いていて感じることがある。





男性のヘアースタイルである。






中高年の人は綺麗に散髪を済ませている人が多い。






如何にも散髪したぞって感じ。





後頭部にはちゃんとバリカンで刈上げられているから直ぐに分る。





そういう私も昨日、お正月が来るから行きつけの床屋さんで散髪をして頂いた。






年末だから随分と込み合っていると思ったら客は私一人であった。




お陰様で待つことも無く30分で終えた。






私は常々床屋さんでは、30分以内にお願いしますと伝えて椅子に座らせて頂く。





今回も計測したら27分強であった。





そして、散髪して10日経ったような頭にして欲しいと無理をお願いするが、これは難しいらしい!






時間等どうでも良いのだが、どうして込み合ってないのか不思議に思って尋ねてみた。






すると、毎年毎年年末は暇になっている。





特に若い人はお正月が来るからという理由で散髪はしないそうだ。






だからだ!





街中で髪を整えて如何にも散髪しましたという感じの人の殆どは中高年でお正月は特別に感じている人達だけなのだ。






 考えてみると結婚式に参加しても新郎のお友達は20代~30代前半、彼らは礼服やタキシードを着ていない。






私が彼らの年頃には結婚式と言えば、ディレクターズスーツやタキシードにオペラパンプスを履いて出席したものだ。






しかし、今の多くの若者達は所謂リクルートスーツのようなスタイル。





私は古いと言われるかも知れないが、節目節目にはケジメというか、きちんとするべきだと考えるのだ。





お正月は礼服とまでは言わないがせめてシルバーのネクタイで元旦祭に臨みたいものだ! 
【2010/12/30 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
乾燥の感想
ポケット吸入器
これは、結構良い!





NHKニュースおはようにっぽん!まちかど情報室が毎朝、6時50分頃のコーナーで放映されている。





朝参りの帰りに観るのが日課。






通販おたくの方がおられるが、このコーナー生活に便利なものを紹介するコーナーで天下のNHKだから決して販売目的での紹介ではないのがいい。






勿論、メーカー名も出さない。






興味があれば、ホームページから改めて検索する。






そこで紹介されたのが、パナソニックポケット吸入器だ。






空気が乾燥し、風邪が流行する季節だが、それとは別に喉がいがらっぽい。






ヤマダ電器に出掛けて一つ買わせて頂いた。






ジャパネットならもう少し安かったも知れないが・・・?






決して宣伝する訳ではないが、これは水がとても小さな霧になって器官の中まで運ばれる。






すっきりすすす!これが、今年の乾燥の感想だ!






テレビで使用者が表現していた通りである。






通販のテレビ番組などでは買って下さいが先走るが、そうではない純粋に商品紹介だから信頼がある。






もう一つ、椅子の上に置く湯たんぽがあったが、これを是非父に一つクリスマスプレゼントにと思っている。






湯たんぽがクリスマスプレゼントでは味気がないが・・でも即役立つ物が良い。


ポケット吸入器、海外出張の際に機内で使うには持って来いかも知れない!





早起きは三文の得だ!
 
【2010/12/29 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
天使の羽根
天使の羽根ランドセル
ここ一ヶ月前頃よりショッピングセンターの比較的目立つ場所に、ランドセルのコーナーが出ている。






新一年生の制服や制靴、そしてランドセルの注文会も既に始まっている。






昨年も私の行きつけの店の大将からお孫さんへのランドセルのプレゼントの注文を受け賜った。







新一年生の頃は、ランドセルに子供が逆に負われているようようでとても可愛い。





私も小学校時代を思い出す。





このランドセルには歴史がある。





江戸時代に幕府が洋式軍隊を導入する際、輸入した将兵の背嚢、これは所謂バックパックでオランダ語での呼び名である「ランセル」がなまって「ランドセル」になったと言われている。






明治の時代に入り帝国陸軍が、見習士官用の背嚢として採用された。






今の形態の通学鞄としての利用は、明治に学習院で将兵の背嚢を元にした物が使われるようになった説がある。





後に伊藤博文が当時皇太子の大正天皇の学習院初等科の入学祝い品として献上し、それがきっかけで世間に流行し現在の形になったと伝えられる。







あるメーカーさんが天使の羽根とは上手く表現したものだ!







今では思い出として小学校時代に使っていたランドセルの素材を再利用してアクセサリーを作ったりしてくれるところもある。







何れにしてもランドセルは両手が空いてとても便利で安全だ。


Ipad





お爺ちゃんお婆ちゃんがお孫さんへのプレゼントも形態が変わるかもしれない。





時代と共にIPadなるものが普及し、その内、ランドセル等必要なくなりスペック一本ポケットに入れて学校に通うようになるのだろうか?
【2010/12/28 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
エコな靴磨き
光る君
私の友人の福山の駅家町に五敬工業の甲斐社長さんがおられる。



この会社、面白い商品を開発された。






ピカ丸君と光る君という靴磨き機である。






ホテルや会社のロビーに置いてある靴磨き機、これはボタンを押して自分の靴を押し当てると回転して磨いてくれるのだ。





海外、特にイタリア等に行くと流石に靴の国と思わせるだけあって至る所に自動靴磨き機がある。






このピカ丸君は、手でレバーを回して自分の靴を磨いてあげるのだが、これが結構美しくなるのである。






電気代も掛からないしこれは、素敵な発明だ。






私共のお店でも販売させて頂くことにした。


手動靴磨き


靴はいつも美しいと気持ちが良い!



新築祝いとか、事務所の片隅に置いて頂ければ嬉しい。




 
ピカ丸君¥14,800 光る君¥9,800 



興味のある方はお問い合わせ頂ければ幸いです。
 
【2010/12/27 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
地に足がつかない
浮き足
浮き足という足の障害がある。




足と靴の相談室に時折、この浮き足の症状を抱えておられる方がご来所される。






足指を上げる、また足指を縮こまらせ、足指が地面に接地せずに、足指を浮かせて指の付け根部分で歩いてしまう2点歩行の歩き方になってしまう。






外反母趾や指あげ足は足の退化に伴い、女性だけでなく、男の人やそして心配なのが子供にも増えてきている!






外反母趾や指上げ歩きがあると、足指に力がはいらないので、かかとに重心が移動し足のクッション作用も低下するため、身体への衝撃を受けやすく痛みを生じたり足裏に蛸が出来たりする。





改善方法は幾つかあるが、最近の子供達にこの傾向が増えているのが心配でもある。





昔はぞうりを履いていた。





このぞうりが結構足にとっても良いようだ。





子供達のお母さん達は柔らかい靴が良いと勘違いされているケースがある。





一概には言えないが、足裏筋膜を鍛えるには実は底が固めの方が良いのである。





皆さんも一度ご自身の足をご覧になって問題があるようならご相談頂きたい。






 話が少しそれてしまうが、『浮き足立つ』と『地が足に着かない』という似たような言葉ある。






これは、どちらかと言えばネガティブに否定的なと言うか不安や心配で何かあったら逃げ出せるように爪先立ちをしていざと言う時には直ぐに走り出せるように準備するのが『浮き足立つ』




そして逆にポジティブに期待に胸を膨らませていても立っても居られない様子を『足が地に着かない』と表現する。




もう幾つ寝るとお正月・・・子供の頃、今日位になるとお年玉が楽しみで地に足が着かない自分がいたように気がする。 
【2010/12/26 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ゆっくりと
グラス
  左がバカラ・  右が100円



12月26日は徳川家康の誕生日と言われている。



私は余り好きな武将ではないが、確かに徳川300年の創業者である。






そんな家康の遺訓を今読み直してみると、大将なるものの心得が理解出来る。






人の一生は重き荷を背負うて・・・急ぐべからず!





便利になった世の中、何でもかんでもスピード時代である。






以前にご紹介した徳者から教わった言葉だが『ヒビの入ったコップでも大切に使えば長く使える』





私はバカラのグラスが好きで夜な夜なナイトキャップと称してお神酒を頂戴する。




その時には頂いたバカラを使っている。





そして、早朝に朝参りをさせて頂く時に出掛ける前にグラスに一杯ミルクを飲んでスタートする。





その時には100円ショップのグラスを使っている。




見た目には余り変わらないが、やはり寛ぐ時にはバカラが嬉しい。






寒くなるとホットウイスキー等を頂くことがあるが、熱いお湯を注ぐにはグラスは向かない。




しかし、割れないようにゆっくりと注いであげれば、グラスも中々だ。





熱いお湯を注ぐ時にはゆっくりと、ゆっくりと注ぐ、お水を入れる時もゆっくりと注いで上げるようにしたいと思う。






 そんな余裕も必要だと家康の誕生日に感じる。






一、人の一生は、
   重き荷を負うて遠き路を行くが如し。
   急ぐべからず。



 一、不自由を常と思えば不足なし。




 一、心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。




 一、堪忍は無事長久の基。




 一、怒りを敵と思え。




 一、勝つことばかり知りて負くるを知らざれば、
  害その身に至る。




 一、己を責めて、人を責むるな。




 一、及ばざるは過ぎたるに勝れり。
【2010/12/25 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
置換
唐揚げ
最近置換ソフトなるものが多く販売されている。


デジカメからのデーターをJpgをPdfに変換したり日常のように行っている。




勿論、ブログに掲載する写真もそれらの手法に頼っている。






本当に便利な世の中になったものだが、実際にどのような手法で置換が行われているのかは、文科系の私にとっては全く理解出来ない。





理解出来ないがイメージの通りに出来るのだからまぁ~それはそれで良いように思う。






しかし、世の中はその理屈が理解出来ないと承知できないひとも結構おられるようだ。





何でも

どうして?どうして?

と考えるのは結構なこではあるが・・!





この置換方ではないが、言い方一つで言葉は相手を傷つけたり、或いは和ませてあげたりすることが出来るようだ。





お願い事は疑問文で言いなさいと教えられたことがある。





『あの書類を取って下さい!取ってくれ・・・』と言うより『取って頂けますか?』と疑問文に置換すれば確かに優しい感じになる。





冷麺が冷やし中華!





鳥の唐揚げが、チキンバスケット!ちょっとお洒落な感じもするが、やはり、唐揚げの方が絶対美味しい響きがある。





チキンバスケットには、コーラ、鳥の唐揚げにはビールか?





アイスコーヒーが冷コーとはちと可笑しい!





お酒の冷(ひや)は冷酒と言うが、然らば、冷コーは冷珈となら未だ少しは分かるような気がするが・・





しかし置換は結構だが出来るだけ略した言葉は使わない方が美しいと思う。
 
【2010/12/24 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ぜっぴ、あるちゃん
ぜっぴ

先日、福山商工会議所の商店街振興対策特別委員会が開催された。




福山市内の商店街を視察した。




まるで、何処かの都市を訪れて視察をしているような風景だった。





本通にある『ふくふく』で話を聴いて、まちなか情報室『ぜっぴ』の運営状況の説明があった。





この『ぜっぴ』という言葉、結構私達は使っている。





絶対にという意味だ。





小さなブースを500円の家賃で貸し出してそこに展示をして販売するスタイルである。





これが結構採算が合っているそうだ。久松通りに場所を移してポケットパークに備後まるごと物産館を拝見した。






地場の産品がこんなにもあるのかと驚かされた。






福山の素敵なこと数え上げると10個位は楽に出てくる。




しかし、15・20となるとチト考えさせられるが、備後の魅力がそれぞれに一杯詰まっている。





灯台元暗し。



あるちゃん


府中は府中焼き、尾道はてっぱん・・それぞれ頑張っている!





ぜっぴ、あるぢゃん!





しかし、何故それが充分に皆に浸透しないのだろうか?





情報発信力なのか?






勿論それもあるだろう・・





しかし、それだけで商店街の再生は難しいように思う。






元町で営業をさせて頂いている私でさえ、こんなにも近くに地場の情報を発信している店があることを知らない。






確かに、地元経済誌や新聞等では見たことがあるが足を運んだことがなかった。






街の再生、活性化はその街に足を運ぼうとする動機創りが大切だと私は思う。






昔、本通り商店街の人に『どのような商店街になさりたいと思うか?』


と質問を投げかけた時に、時の理事長さんはおっしゃった



『本通りは老舗が多い商店街だ・・だから良い物をじっくりと売る商店街にしたい・・』





しかし、現実はシャッター通りに化している。





一軒一軒が頑張っても難しい。





しかし、一軒一軒も頑張らなくてはならない!





もしも高級品を売りたいなら3ナンバーの似合う駐車場が必要だと感じたことがあった。





高級車に乗っておられる方は表現は良くないが見せびらかしたい一面がある筈、然らば高級車が似合う駐車場が必要だ!

パーキングメーター




東西に走る、高架の南北一車線をパーキングメーターにしては如何だろうか?





パーキングメーターって風景があると私は思う。



今の時代、交通体系と少子化問題を無視しては活性化は考え難い! 
【2010/12/23 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
似てる
ぞうり
年末に近づくとバラエティーの特別番組が多く組まれる。



ものまねショーとかそっくりさんという番組は結構面白い。





何も考えずに笑うことが出来る。




全く罪がない!





一流と称される人は、やはり掴みが上手い。






私はよく父親と似ていると言われていた。






顔というより、家族で一緒に暮らしていると間の取り方とか、仕草、咳払い等が自然と同じようになるのかも知れない。






確かに、子供の頃から何十年も一緒に暮らしていたのだから当然と言えば当然かも知れない。






私は二人の息子がいる。息子達の階段の下りる足音で、長男か次男か即座に分かる。






昨日も長男が仕事から帰って来て拙宅の勝手口の引き戸を開ける音、そして閉める迄の感覚、閉める時の扉の滑車がレールを滑る音で『あっ・・長男が帰って来た、次男が帰って来た』と推察出来る。






そして、必ず当たり・・。

ダグラスワン



それでも私より、我家の愛犬の方がもっと分かっているかも知れない!



歩く踵の音でも直ぐに分かる。





特に長女のヒールのカチカチと歩く音は、亡き姉のそれと酷似しているから不思議だ。





日本人は、そんな空気の音で相手を察することの出来る不思議な能力を持っている。





子供達の仕草で我が身を振り返り、そして感謝しなければならない! 
【2010/12/22 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
ゴディバも美味しいが
GODIVA
先日、お客様が年末のご挨拶に来社された。


そして、贈り物を頂戴した。




金の包装紙にとても綺麗に包まれていた。






ゴディバのチョコレート。有り難うございます!





スコッチウイスキーに合わせて有り難く頂いた。






頂きながら、数週間前の日経プラス1が偶然目に入った。





せんべいの特集であった。






かっぱえびせん、懐かしいお菓子が写真入で並んでいる。


たつまきあられ


記事にはなかったのだが、そういえば昔『たつまきあられ』なるものがあったことを思い出した。






早速、翌朝天満屋ハピータウンポートプラザ店の食品売り場に行ってみた。





何とも100円であるではないか?






この塩味、ダイエット中で然も若干血圧が高い私にとってはと思いながら買い求めた。




そしてついでに海老満月も買っちゃったのだ。





しめて210円。



マヨねじ



そうしていたら、マヨネジなるものを見付けた。





とっても幸運!






懐かしい味である。






ゴディバも良いが『たつまきあられ』も中々だ。





今でもロングセラーで生き残っているものには、何か秘密があるのだろう!





あられ一本にも哀愁が感じられる。





今夜は『たつまきあられ』を肴に一杯やりましょう!
【2010/12/21 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
絵馬の如し
絵馬
クリスマスが近づいて来た。





子供の頃クリスマスツリーにソックスをぶら下げて寝るとサンタさんがそこにプレゼンとを入れてくれる。





昔、ブーフーウーをNHKが放映していて、子供心にブーフーウーさんが欲しいと願って寝んだら朝起きた時に枕元にその人形があって本当にサンタさんがいるのだと思ったことがあった。





後日分ったことだが、従姉の牧姉ちゃんがプレゼンとしてくれたものだった。







彼女は小さな頃から一緒に暮らしていてとても私を可愛がってくれた。







彼女は敬虔なクリスチャンでクリスマスには福山カトリック教会にミサに連れていってくれていたことを思い出す。





私は神道、金光教の教徒だが、そうやって宗派は違ってもご神縁を頂いていたのかも知れない。






東京のミッドタウンにメッセージ イン ザ バンブーといって川柳の面白いものが100点募集されてそれが飾られている。







結構、面白いものがある。






まるで神社の絵馬さながらの如しだ。






七夕で笹につける短冊を思わせる。




【君といる だけで幸せ クリスマス】


【ディナーショウ バブルはじけて 立呑屋】


【来年は 彼と一緒に 過ごしたい】





これなどは最高傑作ではないか?




12月はダイエットお休み月になりそうだ。




そしてお正月もそうだ!


【クリスマス 前日イブで 後日デブ】


バンブーメッセージ

前日イブで


今年も色々有りました、人はなんとも願い事がおおいことか?






来春受験がある方は合格祈願、或いは良縁祈願、商売繁盛、家内安全・・・





初詣でお賽銭入れて祈るが、祈りにも順番がある。





祈りとは、御礼・お詫び・お願い。先ずは一年の御礼を、そして数々のお詫びを、そしてお願いの順序で手を合わせると早く届くのではないだろうか?
【2010/12/20 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
主語と主体
うな重
過日、日経の裏面に面白い記事が目に留まった。




主語と主体の話である。





俺はウナギ。





英語にすればI am an eel.実際は私はウナギを頂きますなのだろう。





即ち、主語でなく、主体と捉えるべきだが、大体の記事の内容だと理解する。





我輩は猫であるも一寸変である。





動物達はIではなく、Itで現されると習った。






しかし、最近のペット事情をみていて、動物だってHeやSheがあると思う。






確かに我家のワンちゃんはHeで私も表現したりする。






私はグループで食事に行った時の注文の仕方に少しのこだわりを持っていた。






『お客様何になさいますか?』







順次皆が注文する最初の人が『私はコーヒー』すると二番目の人が『私もコーヒー』そして次に自分の番が来た。





『私もコーヒー』とは言わない『私はコーヒー』と注文する。






お店の方が少し怪訝な顔をなさったり、仲間から失笑をかったりするが、自らが主体であることを強調したいという意思が働く為か、私もではなく、私はの、 を強調したりする。






全ての責任は自らにあるのだ。






どうでも良いことだが、面白がってみるのも楽しいではないか?






私は主語であり、主体であったりする。
 
【2010/12/19 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
その道にある人がその道を汚す
イエスキリスト
キリストの言葉だったか記憶が確かでないが『その道にある人が、その道を汚す』と言う。



重い言葉だ。




様々な宗教がある。





そして、それぞれ立派な教えがあるが、その教えを曲解したり、或いは全て正しいを裏返すと、それ以外のものは正しくないということに発展し、相手を責めたりする。






宗教戦争が何故起こるのだろう?私なりに考えてみると、自分が正しい主張しあうことによって争いが生じるのだろう。





自分が正しいと信じ込んだ時に人は謙虚さを失ってしまうのかも知れない。




Yesって人は言えなくなるのだろうか?






それぞれの道に身を置く人、それは宗教の世界であったりビジネスの世界であったりする。


司法の道を汚したのは結局、検察の証拠改竄によって司法に道をおく人によっておこされた。




歌舞伎だって、海老蔵さんが危うかったし、相撲だってそうだ!




そして政治の世界も一緒だ。





政治の世界に身を置く人が政治の世界、政治の道を汚してしまう。






やましいことが無いなら、司法へ舞台が移っていようが、いまいが政治の世界、政治倫理審査会にどうして出てくることが出来ないのか?





不思議で仕方がない。






出る必要がないとおっしゃる政治家の方の思いも私には全く理解出来ない。





政治の道にある人が政治の道を汚してはならないと私は思うのだが・・・?

 
【2010/12/18 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
略さないで、キチンと呼ぼうよ
クリスマス
この時期になると、海外のお取引様のご担当の方から、毎日のようにクリスマスカードや、クリスマスメールが届く。



それぞれに皆さん、工夫をされて結構楽しい。






やはり、彼らキリスト教が背景にある人達は一味違う!






それはさて置き、とっても気になる表記がある。X'masである。





ChristmasがX'masとは如何なものか?






昔、天皇陛下のことを天ちゃんってふざけておっしゃる人がいた。





先生は先ちゃん!






しかし、大切な人、大切な行事を略して言うは如何なものか?






仲良しの友達の間柄と神様とはちと違わないか?







楽天の田中投手にマー君というのは違う。






クリスマスは、英語の「Christmas」、語源は「キリストのミサ」 "Christ's Mass" Christ + Massだ。




他もに、降誕祭、聖誕祭、聖夜など言われる。





「ギリシャ語の"Χριστούγεννα"クリストゥ・ゲナは、γέννα誕生の意味で、文字通り、「キリストの誕生」と表現される。






英語のChristmasの略記として、ギリシャ語原表記「Χριστο」の頭文字であるギリシャ文字の「Χ(カイ)」、あるいはΧと同じ形であるローマ字の「X(エックス)」を省略形として用いてX'masとした節があったりする。







でも、せめて私達はキチンと書いて、キチンと言いましょうよ!




Merry Christmas & The Happiest New Year
 
【2010/12/17 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
藻谷さん
藻谷浩介
日本政策投資銀行参事役の藻谷浩介さん。



この方は、まちづくりのオーソリティーでもある。





不思議なご縁があって、福山でパネルディスカッションで私はパネリスト、藻谷さんはコーディネーター。



その後、私共がフランチャイジーをさせて頂いているオーナー会議で函館にご一緒させて頂いた。





ハッシュパピーショップの会議だ。





アメリカのウルバリン社の社長と共に盛り上がった議論をサントリーウイスキーを片手に交わしたことを懐かしく思い出した。





兎に角、彼の論理は面白い。



そして的を得ていると同時に明快だ。





藻谷さんが角川から新しい本を出版された。





中国新聞の新版の紹介記事を目にして、その日の内に福山のポートプラザの啓文社に飛び込んだ。





一冊だけ在庫があった。





あの池上 彰さんが目からウロコだそうだ。




詳しくは是非、一読をお勧めしたい。





デフレの原因は結局、人口減が問題。





沖縄は人口増加、従って小売販売額も当然のこととして増加している。





私達が取り組まなければならないのは少子化・・・?





どうやって現役世代を増加させれば良いか、ヒントが一杯詰まっている。




物事の本質を見る力を私達もさることながら、菅内閣の皆さん、しっかりと学んで頂きたいものだ。
 
【2010/12/16 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
PSA
間寛平
間寛平さんって凄いんだ!




ずっと10年も以上も前になるが、金光教高須教会ご配慮での新年の会でゲストで福山にお越し頂いたことがある。





当時は吉本のお笑い芸人の一人位と思っていたが、世界中を鉄人の精神力と体力で走りきる。






正しく人間の可能性への挑戦を目の当たりにさせて頂いた。






そして、途中、PSA検査前立腺癌が見つかったが、それすら克服。





傍観者のように観ていると凄いとしか表現しようがないが、ご本人の戦いは壮絶であったのだと思う。







私のとても大切な先輩が、PSA検査で同じ病気が見つかったとメールを頂いた。






直ぐにお電話を差し上げたが、お元気な声でそして前向きなお話振りに安心し、全快を確信させて頂いた。






半年に一度の定期検査をされていたお陰での早期発見。





そしてこのクリスマスに手術をなさる。





お正月には全快で戻ってこられる。



人は思いで人生を変えることが出来、そして奇跡は信じる人に起こるのだ。


人は思いで

奇跡は信じる人に起きる



平沢興 博士 京都大学の16代総長で脳神経素晴らしい先生の話を丁度教わった。






『あなたの余命は○○ヶ月です。と宣告する医者がいます。



しかし、これはかのデーターからはじき出した結果であって必ずしもそうはならいのです





ところが、この宣告を信じ、あと何ヶ月をどう生きようかと考え始めた時点で、過去のデーターの証明をする人になってしまいます。





医者の千間をはるかに超える人生を歩んでいる人はいくらでいます。





この人々は、人生を決めるのは自分なんだということを信じている人なのです。




あなたの人生はあなたのもです。





どんなに権威がある人に何かを言われたとしても、あなたの人生を決めるのはあなたなのです。





過去のデーターは塗り替えるために存在しています。






そんなものを信じることなく自分の無限の可能性を信じてください。





あなたの命はあなたの信じるもので決まります。』
 
【2010/12/15 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ロジャー
E名言

再放送だと思うが、NHK教育で土曜日の朝5時半過ぎ頃から紺野美佐子とRoger Pulvers (ロジャー・パルバース)が二人で番組を進めていく『ギフトE名言』の番組がある。




最初、古今東西の偉人たちが残した珠玉の言葉は、今を生きる私たちへの「贈り物」。

「ギフト~E名言の世界~」は、そんな言葉の数々を、英語で皆さんにお届けします。


賢人の知恵が詰まった「名言」から英語を学び、人生を幸せにするヒントをつかんでいきましょう。


とスタートしする。







そして、その日のテーマ主人公が日本語でVTRで説明があり。




その後、紺野美佐子が必ず




Roger!What do you think about ○○?と切り出す。この紺野美佐子の話し方が紋切り型でとても面白い。





土曜の朝はこのフレーズで完全に目が覚めるのだ




宋さんの言葉


先日の番組で宋文洲の名言が耳に留まった。




『もっとも大切なことは

「議論したら必ず決める」


「決めたことは必ずやる」
ことです』




考えてみると弊社でも会議の為の会議になったりすることがある。






テレビの中にも大きなヒントがある。





そうそう、ロジャー・パルパースさんのRoger!をラジャーって言ってしまえば、無線の交信で了解した



all right、OKの意味になる。


今日のE名言Roger!



了解。
 
【2010/12/14 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
キセル
煙管


キセルは、煙管と書くが、中間無札のことを指す場合もある。



旅行区間において、有効区間が連続せず乗車駅および下車駅についてのみ有効な乗車券を所持し、中間の区間の運賃支払いを不正に免れようとする行為を指したりする。


この中間無札はとりわけ定期券や回数乗車券、および入場券や初乗り運賃の乗車券を悪用)するケースだが、ご承知のように言葉の由来は、煙管では吸い口とタバコを乗せる部分である雁首(がんくび)にのみ金属を使用することから、「入るときと出るときは金を使うが、中間には金を使わない」意味といわれる。



考えてみるとこれは、相当悪質というか故意にする訳だから厳しくしなければならない。



そのキセルではなく、長いパイプの煙管の話をしたい。戦後の昭和時代の話だが、ある小学校で『キセル・煙管』を題材に作文を子供達に書かさせたそうだ。



紫煙の話を書く児童もいたりだが、ある子供が、煙管はお父さんがお母さんを叩く物だと書いた。



『子供正直』である。


本来、煙草を吸う物で、お父さんがお母さんを何時も叩く姿を見ている子供にとっては、煙草を吸うものではなく、人を叩くものと思ってしまうようだ。




子供は正直で、お里が知れるとはこのことを言うのだが、やはり、親は子供に無言で手本を示さなければならない。



自分の悪い癖を、つい子供の癖になっているのを感じることもあるかも知れない。




教育は難しい!




子供は正直である!
 
【2010/12/13 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
それぞれに役割がある
赤電話
東北、宮城県に素敵な教会がある。


その教会では、親を亡くされた知的障害がある子供さん、何らかの理由で親が子供さんを育てられなくなった、やはり障害のある子供さんを面倒看られておられる。

 15歳位になったら、その子供さんに社会生活を送る為に独り立ちの準備させる。


その為に、一つのテストを行うのだ。お金の価値を教え、確認する。


500円硬貨から100円・50円・10円・5円・1円と並べて『あなたにとって、一番価値のあるのはどれですか?』とテストをする。



 ようこちゃんと言う一人の女の子が10円硬貨を指す。



教会の先生達は、あれと思い、もう一度テストを繰り返す。


何度聞いても彼女は10円玉を笑顔で取り上げるのだ。
硬貨


 世に言う、ギザギザあるギザ受十だからではないのだ。



 心配になった先生達は、それから数日の間、彼女の一日の生活を改めてしっかりと見直す。


すると、彼女が一日頑張って遊び、勉強し、そして今日の日を終えようとする時、彼女は毎日教会の入り口にある公衆電話で、一緒に暮らすことは出来ないけれど、大好きなお父さんに10円玉で電話をする。



そして笑顔でお父さんに今日一日の報告をして日課を終えて床に就く。



 その時に、先生達は、確かに彼女にとって一番価値のあるお金は500円ではない10円なのだと気付くのである。


こうやって、子供達を見守る先生達がおられる教会は素敵だ!


彼女には500円も100円も必要がない。


世の中確かに硬貨で言えば500円を持っている人が金持ちかも知れない。


しかし、そうでない


 何でも一概に決め付けることは良くないと改めて思う。





それぞれに、大切な役割がある。その人にとって一番値打ちがあるものは、その人によって違う!




 ようこちゃんも立派に大きくなられていることだろう!
 
【2010/12/12 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
天使の辞典
悪魔の抱擁

長女が先日、九州に仕事なのか旅行なのか解らないが出掛けたようで焼酎を送ってくれた。




パパにはお酒というのが記号になっているらしい!





先ずご神前にお供えして頂くことにした。





限定版らしく一年の内、何時も何時もあるものではないらしい。





焼酎の名前がイカツイ『悪魔の抱擁』逆説的に、これを頂くと天使の心になれるかも知れない。





そうそう、今から100年程前になるが『悪魔の辞典』なるものが編纂された。




これが意外と面白い。





一部を紹介しよう。


知り合い

お金を借りるくらいの面識はあっても、お金を貸すほどはよく知らない人のこと。




災難



次の二種類あり。


自分の身にかかる不幸と他人を訪れる幸福である。





相談する



既に採用することに決めた方針について、他人の賛意を求める。





幸福



他人の不幸を見ているうちに湧き起こる快い気分。





不運




決して取り逃がすことのない種類の運。




知り合いの項目は、成る程と思うが、私はやはり読むなら天使の辞典だ。
天使の心


何時も天使の笑顔でいると

天使の心の人に

出逢える




娘よ天使の心の人に出逢って欲しい!





美味しい焼酎を有り難う!
【2010/12/11 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
水虫とノーベル賞
ノーベル賞
今日10日はノーベル賞の授賞式だ!



ノルウェーのオスロで開催されるノーベル平和賞授賞式で、招待された各国の駐ノルウェー大使らのうち、日本や欧米など44カ国が出席する一方、中国など19カ国が欠席になった。



 民主活動家、劉暁波(リウ・シアオポー)氏の受賞に反発する中国政府が各国に欠席を求めていた。





欠席数は、近年と比べると異例の多さだが、中国の横暴ぶりには改めて驚かされる。







それでも今年も日本人が栄誉を賜ることは大変嬉しいことだ。







私はずっと気になっていることがある。







私達が子供の頃、水虫に絶対的効果ある薬が発明されたら、それはノーベル賞ものだと言っていた。







あの話は嘘だったのか?







水虫は英語に訳すとAthlete's foot、スポーツマンの足になるが、スポーツマンは皆水虫なのだろうか?







私も実は恥ずかしながら、学生時代は水虫があったが今は完治している。







福山の徳毛皮膚科の先生がとても優秀であり、そこで治して頂いた。






本来ならこの治療に使った薬を発明した人はノーベル賞だった筈だが。







それにしても水虫は完治するように本当になったのだろうか?






是非共ノーベル薬学賞なるものを差し上げて頂きたい。
 
【2010/12/10 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
お待たせしましたクリスマスプレゼント
REGALクリスマスフェア
皆様、大変お待たせ致しました。




今年の締め括りREGAL SHOES クリスマスプレゼントセール。





あす12月10日(金)~25日(土)迄開催致します。






REGAL SHOESだけで1万円(税込)以上のお買い物をされると、リーガルオリジナル・テディベア『ブーティ』又はリーガルダイアリーをプレゼント。






数に限りがありますので、どうぞお早目にご来店下さい。





そして勿論、2足お買上げ頂きますと2つプレゼントいたします。







商品も益々充実!





来年はREGALブランドが日本に上陸して半世紀、50周年の年になります。




更に素敵な商品を企画提案させて頂きます。






対象店は


REGAL SHOES 天満屋ハピータウンポートプラザ店

福山市御船町 天満屋パピータウンポートプラザ店 2階

電話 084-971-1224




REGAL SHOES フジグラン神辺店

福山市神辺町 フジグラン神辺店 1階

電話 084-960-3156
 
【2010/12/09 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
交通安全祈願
大幣
金星探査の『あかつき』どうやら、金星の軌道に乗り切れなかったようだ。



とても残念に思う。





民主党の情報源のメインはテレビだそうだ。






このニュースをテレビニュースで知ったら、蓮舫さんは、事業仕分けに掛けてしまうかも知れない。






先日来のニュースを観ていて、感じることだが皆この探査機を擬人化し我が子ように表現する。






それだけ、思いが強いのだとも思う。





そして素敵な表現だ。






以前聞いたことがあるが、ロケット博士達、打ち上げの前には神様に手を合わせて成功をお願いされるそうだ。






どんなに科学技術が進歩しても私達には理屈では表現出来ない、何か不思議なものが世の中に存在しているように思う。



交通安全お守り



一つ気になることがあるのだ。





この『あかつき』完成した時に、神社で交通安全の祈願をなさったのだろうか?






お札やお守りを積み込んだのだろうか?






福山八幡宮に行けば、交通安全の祈願をして下さったのに!



みちてるクラブ



そして、私がお参りしている金光教の高須教会も、教会長が自らお祓いをして下さる。




そして、お祓いが終わったら、みちてるクラブのシールを下さる。





私も車に貼っている!




『あかつき』にもこのシールを貼ってあげたら上手く軌道にのれたかも知れないと思ったのだ。

或いは、12月8日だし、今年は虎年だから逆噴射の信号をトラ・トラ・トラなら如何だったろうか?

 
【2010/12/08 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
櫻井よしこ講演会
櫻井よしこ講演会
12月9日木曜日、午後5時~福山平成ライオンズクラブのチャリティー講演会が福山リーデンローズ大ホールで開催される。



プレイベントで午後4時20分~あんずの家の『命の鼓動、魂のリズム』の演奏会も催される。





私は櫻井よしこさんの考え方に非常に多く共感する。





是非共、出掛けたいと思っている。






櫻井さんは、年明けに法人会のゲストでもう一度来復の予定があるらしが、その時にも改めてと思っているが、先ずは今回の平成ライオンズさんのチャリティーに協力させて頂きたい。






以前、NNN今日の出来事のキャスターをなさっていた頃から感じていたことだが、淡々と冷静に話される姿勢が素敵だとも思っている。





個人的は彼女こそ、今の時代の外務大臣に抜擢されたら良いと感じるのだが民主党では無理か?





尖閣の問題を始めとする中国の問題、北方領土のロシアとの問題を含めて北朝鮮の脅威等と日本が目の前に抱えている問題に対して改めて意見を伺ってみたい。






そして、若人に託す日本の未来像を楽しみにしたい。






興味のある方は、


福山平成ライオンズクラブ電話084-947-1893に問い合わせて頂ければと思う。
 
【2010/12/07 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
表現方法
広辞苑
常用漢字が30年振りに見直しされた。


憂鬱の鬱とか語彙の彙が加えられた。





確かに読めるが書きにくい。






携帯メールで変換すればいとも簡単に出てくる、薔薇だってそうだ。





読めるが書けない。






しかし、読めるだけでも良いではないか?






結局、使うしかない。





正しく習うより慣れろが漢字の特性だ。






小学校の頃、正方形のマスが100個並んだノートに漢字の書き取りをさせられたことを思い出す。






私は任天堂DSで毎日漢字書き取りに挑戦しているが、結構難しい。






広辞苑だってひかなくてもパソコンでインターネットで検索すれば何だって分かる。





便利な時代だが何か一寸違うような気がする。






それから、漢字の見直しも然りだが、表現方法だって昔から比べるととても窮屈である。






父兄(今は保護者と表現しなければならない・・・)。




発信文書も各位ではよくないから○○の皆様へ・・と何かと難しい時代である。





又、婦人会もよくなくて女性会・・何か難しい時代になったような気がする。





差別用語だ何だって色んなことをおっしゃるが、女性であっても看護婦さんではなくて看護士さん。





何か私にとっては、看護婦さんの方が心も癒されるような気持ちがする。






もっと気楽に書けたり表現したり出来て良いのではないか?





勿論、相手に対する配慮は必要だが。





それにしても衆議院の予算委員長さんともあろうお方は、もっと素敵な表現能力を身に付けて頂きたいものだ。





結局、使う漢字も話す言葉にも、その人の品格が現れるものだ! 
【2010/12/06 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
紫潮
紫潮
福山市南町に『紫潮・しちょう』と言うスナックがある。




決してお洒落でもなく豪華絢爛なお店ではない。





カウンターの店で20名も入れば一杯になる。





ママさんと言うより『女将さん』と表現した方が良いかも知れないが、そのママさんともう一人ベテランのお姉さまがいらっしゃる。





忙しいときは3人か?




このお店40年も続いている。




今も昔も全く変わらない。





変わったと言えば、少しだけ女将が年を取っただけか?兎に角、歌が上手い。





聴く人をうならせる。





先日もあるボランティアの団体の会に参加下さって歌って頂いた。





当然、ゲスト歌手として。





無法松の一生が素晴らしかった。





この『紫潮』の客層は、私の父の仲間たちの世代から私の息子達迄で賑わっている。





時代に関わらず兎に角、決してボラない。




とてもリーズナブルな金額で飲ませて否、楽しませて頂ける。





そして、女将の味噌汁が又、最高である。





今から10年程前に青年会議所の人達に提案したことがある。






福山で30年以上営業しているスナックのママさん達をお呼びしてシンポジュウムをしては如何かと。





敢えて水商売と言う表現をさせて頂くが、こんな厳しい世界において30年以上もお店を続けてこれるって素晴らしいことだし、そして何か秘訣がある筈だ。





若い経営者は、そこから学ぶべきものがあると思っている。





私が感じることは、何時行っても笑顔でそして名前を読んでくれる。




そして、家族のように気遣ってくれるからだと。




50年目指して頑張って頂きたい。 
【2010/12/05 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
地域発展ドレッシング
おばんざい

先日、久振りに同級生6名が集まった。高校時代の仲間達だ。



皆、この年になると、それぞれ色んな立場で頑張っている。



そして、髪が白くなった者・本当は白いが真っ黒に染めている者・上から見るとおぼろ月夜の者。





一年にたった一度だけの集まりだが、40年程前に一気に立ち返れるから不思議だ。





そして、学生時代の仲間が素敵なのは全く利害がないからだ。






 市内にある『おばんざい木むら』さんで杯を傾けながらの一時であった。





私は朝早いから余り遅くまでは皆と付き合えなかったが、再会を念じてそして、又来年も元気で会うことを誓った。






 この『おばんざい木むら』さんだが、昔はバラ公園の傍でこじんまりとお店をなさっておられたが、お客様の要望で今はポートプラザ日化の傍に素敵な店を創られた。





そして、何とこのお店のちりめんドレッシングがテレビの全国放送で取り上げられたのだ。

おばんざい木むら




全国各地から注文が殺到してお店は大変なことになっている。





女将さん日中はこのドレッシング作りに奔走され、忙殺されているとのこと。





一本750円!





忙しくて忙しくて・・そして更に彼女の曰く『全く儲けにはなっていないけれど、こうやって福山が全国になっていくお手伝いだと思えば救われます・・』





福山の知名度は全国的も決して高くないが、目立たないところで頑張っておられる方は素敵だ。




地域発展の為のドレッシングだ。 
【2010/12/04 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
海老は美味い
海老蔵

今日は息子と一緒に会合に出掛けた。


そこで海老が出されたので美味しく頂戴した。




香港で以前『酔っ払い海老』と言う料理を頂いた。





勿論、福山の有名中華料理店でもお願いすれば準備頂ける。





ガラス製の鍋に紹興酒をたっぷり入れて生きた海老を入れてボイルする。

酔っ払い海老




すると海老は暴れてそして、赤く色づく。





一寸残酷な感じもするが、直接手で剥いて頂くのが最高でもある。

海老




香港のお店で、この料理を注文する時にはどのように言えばよいですかと聞くと『酔っ払い海老』と注文すれば良いそうだ。





同じ海老でも海老蔵さん、大変な事故に遭われてお見舞い申し上げる。





やはり、二枚目としか表現しようがない!





素敵である!人間国宝になろうとするもの、子供の子らから厳しい修行を重ね、そのような生活をなさってこられ、確かに大きなストレスもあるだろうに。






然らば、日常の所作振る舞いはそれに相応しくあるべきである。





君子危うきに近づいてはならない。





その覚悟が必要ではないか?





酔っ払い海老は頂けない!





それにしても親父の成田屋・市川団十郎さんのコメントに親の姿を見た。





息子が怪我をした姿に接した時に、彼の拳を確認したら傷がなかった。





人を殴ったりしてなかったと安心した。





実際は未だ不明のままであるが、親父とはそのようなものかも知れない!
 
【2010/12/03 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Calendar
カレンダーZOO
今年もカレンダーが後、一枚になってしまった。



私は毎月28日頃からカレンダーを翌月にする為に切り取ると事務所の方等に未だ早いのにって冷笑されてしまう。




毎年、会社関係等から頂くカレンダーの数が減っている。





世の中経費削減傾向は変わらない。





又、パソコンの壁紙をカレンダーにしていれば特に必要ないの事実だ。





昨日、ある会議に出席した際に、あの日は大安か先勝かと所謂、暦の話になった。





私はANAさんから頂戴する手帳がコンパクトで使いやすいので毎年、便利に更新させて頂いているが、この大安等の記入がないのである。





通常特に必要とする訳でないが、最近のカレンダーにも記入されていないものが多い。





そして、日めくりも牛乳屋さが下さっていたが昨年は月に一枚の12枚物になって残念だ。





資源の問題もあろうが毎日めくるのも結構楽しい。





そして、今年も可愛いカレンダーを頂いた。





動物シリーズ。昨年同様、会社の私の部屋で毎日癒してくれるのだ。






来年のことを言えば鬼が笑うが、早く来い来いお正月!





そして、今日一日を大切に暮らしたい。




有り難うございます! 
【2010/12/02 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
プロフィール

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード