『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
♪幸せってなんだっけ・・・♪
しょうゆこと
 ♪幸せってなんだっけ、なんだっけ ポン酢醤油のある事さぁ、ポン酢醤油はキッコーマン、ポン酢醤油はキッコーマン、キッコーマン♪

明石家さんまが、こんな歌を歌って醤油のCMをしてる。


最初はつまらないと思っていたが、意外と面白い。


私の娘は大人になっても遊び心たっぷりである。


醤油のCMを観て笑っている私を面白そうに娘が見ていたのだ!


過日、私に写真の携帯ストラップをプレゼントしてくれた。


これが何と『しょうゆこと・・』と横のボタンを押すと話すのだ。



幸せを探しをしに出掛けた女の子がいた。


色んな所に出掛けて色んな人に『幸せって何ですか?』と聞いて歩いたのだ。


色んな答えが返って来た。

人それぞれ幸せって違うのだと感じた。


ある国の大統領に聞いたら、『国民の幸せを守る為に核兵器を持つことが幸せにとって大切なことだ』と答えたと言う。



そうしてある日、この女の子は交通事故にあって入院してしまう。


そして病院の窓から外を眺めていると、同世代の子供達が楽しく走り回っている。


友達と談笑している。


そんな姿を観てその子は『普段何とも思っていなかったけれど友達がいることや、走り回ることが出来ることって何て幸せなことだろう』と思ったそうだ。



『幸せって気付くことなのだ!』と幸せはポン酢醤油が一寸あったりすることも勿論幸せ!


そして普段何事も無く過ごさせて頂いていること自体が幸せなのだ!


そのことに気が付いてしまいましたね、皆さん!『しょうゆこと・・』


今月も万事好都合でお繰り合わせ頂き過ごさせて頂きまして、感謝の四月でございました!


共々に元気で5月を迎えさせて頂きましょう!

【2010/04/30 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
昭和の日
太陽の塔
昭和の時代は『天皇誕生日』そして、今は『昭和の日』


この日は、私の記憶では『みどりの日』と言われていた時が一時期あったように思う。


そして、5月4日が今は『みどりの日?』


この『昭和の日』の制定は何度か法案が廃止になって、3度目位にやっと法律が制定したという紆余曲折があった4月29日。




昭和時代は日本は、新幹線が開通し、オリンピックを開催し、明後日から上海で開幕されるように、大阪で万博をし高度成長し、目覚しい発展を遂げたが、大きな敗戦を経験したり、結構昭和を括ると陰の部分が多いのかも知れない。



ブルーベル・シンガーズの歌った『昭和ブルース』


確か非常のライセンスという刑事番組のテーマ曲として天知 茂 がカバーしたように思う。



子供心に天知 茂は二ヒルな俳優と教えられたこを思い出すが、このニヒル、即ち虚無主義も昭和の象徴にように感じる。



さくらと一郎?の『昭和枯れススキ』もそうだが、昭和が冠についた歌は、やはり陰を感じる。



昭和ブルース

うまれた時が悪いのか
それとも俺が悪いのか
何もしないで生きてゆくなら
それはたやすいことだけど

この世に生んだお母さん
あなたの愛につつまれて
何も知らずに生きてゆくなら
それはやさしいことだけど




昭和の時代は色んなものを背負っていたのだと改めて感じる。



昭和を背負って来た人たちに改めて感謝をしたい。



 考えてみれば私の父は大正15年生まれだから、全ての昭和の年を経験しているのだ・・・やっぱり凄い。


お父さん有難うございます! 
【2010/04/29 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
不眠症
バク

先日、テレビを観ていたら、バクの映像があった。

豚さんのような、不思議な生き物だ!


悪い夢を食べてくれると言われる獏バクである。



学生時代に庄司薫の『バクの飼い主目指して・・・』という本を読んだことも思い出した。


バクさん

そして、よく『眠れない・・』とおっしゃる人がおられる。



確かに眠れない、不眠症なる病気があって当事者にとっては結構大変なのだ。



私も1988年に短期間であったが、不眠症になってしまったことがある。


兎に角、辛い!



88年先輩と共に青年会議所の中国地区協議会の政経人会議の為に、中国地区の必要性を訴えるスライドを制作していた。



シナリオを書き、毎日のように手直しをする。



夜、床に就いて、ふと『あの部分をこのような言い回しにしたらどうだろうか・・』



と思って、起き上がってワープロに向う、そしてそれを実行委員長宅へ



『明朝、ご返事下さい』


とファックスして床に就くと、ファックスが修正箇所にチェックが入って戻ってくる



『先輩未だ頑張ってる・・』と思って又、その原稿を修正する。



その繰り返して、夜が明ける日々の繰り返しが一月続き、原稿が完成したのに何度も何度も目が覚めて眠れない。



体が疲れてなくて、頭が疲れていると眠れないと言われる。



ある種、ハイな感じんなる。



やはり、高品質な睡眠には適度な運動が必要なようだ。



そして『眠れない』と言うのは一つの不平不満であると教えられた。




『人間は絶対眠れるのだ・・だから感謝で満たされて、深呼吸して寝ると良いかも知れない、 好きな風景や大地や海や宇宙を描いて良い気を吸い込んで、自分の中にある黒い悪い気をゆっくり吐き出す。


そしてしんどかったら、朝ベランダでお日様浴びるのも、これからの季節良いかも知れない!
完全円満健康体の体に感謝を忘れないでいたい!

 
【2010/04/28 20:00】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0)
ぺこぺこ
ぺこちゃんぽこちゃん

私達は本来、その言葉の意味が分らないでも慣用句のように使っている不思議な言葉がある。


誰しも、それを変だとも何でも思わないのだ。



先日、知り合いが仕事でランチが遅くなって、『もうお腹ぺこぺこ』っておっしゃった。



この話中国人にしたら『ぴこぴこ』って返事が戻って来た。



中国語でぴこぴこと言うのか、或いはぺこぺこが、ぴこぴこに聞こえたのか知れない。



ぺこぺこは韓国語に起源するとか「へこむ」と言う語の語幹の「ペコ」(ペコは「へこ」の古い形)が重なったものだと、様々な学説と言うかある。



でも多分、最初に使った人が絶対にいる訳で、何かちゃんとした理由があるのか、或いは何となく、イメージを伝えるのにその語呂とかリズム等でそうなったりするのかも知れない。



正しい答えをご存知の方は、お教え願いたい。



それにしてもお腹ぺこぺこを英訳すると難しい、I am starvingとかhungryとか言うのかも知れないが、このぺこぺこ情緒は中々伝わらない。



やはり民族意識を一寸した言葉にも感じる。

不二家のぺこちゃん


最近、天満屋ハピータウンポートプラザ店に不二家さんが開店した、ペコちゃんとぽこちゃんがいる。



これとは関係ないか・・
 
【2010/04/27 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
馴染み
よたれ
浮気のお話を昨日書いたが、皆それぞれ行きつけの店があるのものだ!
料理屋さんやスナック、そしてパーマ屋さんじゃなくカットサロン!



上京したら、時折、寄らせて頂く、囲炉裏の美しい『よたれ』というお店がある。


客が店を選ぶ店が客を選ぶ、その違いが教訓のように書かれている。



私は、今は全く煙草は吸わなくなったが、昔は一日一箱程度の喫煙をしていたので、毎日煙草を買っていた。



天満屋の煙草売場で買っていたのだ、その理由は売場に近づいていくと自動的に私の銘柄をケースの上に一つ出してくれる気遣いをしてくれていたから、必ず天満屋で買っていた。



学生時代、下宿の傍に『デッシー』というコーヒーショップがあった。



私が大学2年の時に開業したので開店以来学生の分際で毎日行っていた。



暫くするとマスターは私に注文を聞かずに、自分で『今日の気分はこれで』って黙って出してくれるのだ。



これを常連客と言うのだろうか?お客様とお店の人が、馴染みのお医者さんの話、家族の話、食べ物の話、直接商品の話はしないけれど、ついつい本年で喋ってしまう。



これはやはり、私は『常連客』というより『馴染み客』って言うのだろうと思う。


何も益して、『馴染み客』という言葉が素敵ではないか?




馴染みとは、どちらか一方だけでは成立しない。



我社のスタッフの人たちも、しっかりと『お馴染みのお客様』を創って欲しいと願う! 
【2010/04/26 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
浮気
土屋理容院

毎月、中旬を過ぎた頃、私は床屋さん・散髪屋さん・カットサロン・バーバーーズ・ヘアーサロン(どの表現が良いか分らない)に行くことにしている。


大体一月に一度の割合だ。



以前、友達にパーマ屋さんって話したら『パーマさんと言う人は昔人間だ・・』と笑われたことがあるが、私達の世代は、男は散髪屋、理容院、女性はパーマ屋さん美容院と言っていた。



床屋さんに行く前後に結婚式等がある場合は、その一週間前を照準にしてでカットして貰う。



どうも『髪を切って来ました』って感じは好きでなく、床屋さんに行って一週間程度した頃が何故か馴染むのだ。



私の行きつけのおじちゃん(藤田まことにそっくり)に、


『髪を切って一週間後の感じにして欲しい』



と頼むのだが、中々難しいらしい。



以前、友達にパーマ屋さんって話したら『昔人間だ・・ 』と笑われたことがあるが、私達の世代は、男は散髪屋、理容院、女性はパーマ屋さん美容院と言っていた。



その行きつけの店は、開業され40年になる。



このおじちゃんが修行していた、福山駅の近くの『みよし理容院』でお勤めなられており、偶然にも私は子供の頃、そこで散髪をしていたのだ。


それから40年程前に今の私達の家の近くに独立開業されて未だに面倒をみて貰っているのだから不思議なご縁を感じる。



それ以来、私は学生時代やサラリーマン時代に福山を離れていた時を除いて、基本的にここ以外では髪を切らない。



即ち、浮気はしないのだ。



理由は幾つかあるが、そしておじちゃんのご夫婦は必ず当社で買い物して下さる。



持ちつ持たれつである。



しかし、それにも益して、何をこうして欲しいとか言わなくても黙って座っていれば良い。



30分以内で仕上げてくれるのだ。


ヘアーデザイナーではなく、髪の職人、クラフトマンだ!


女性の方には申し訳ないが、基本的に男性は浮気をしないと思っている。



ここで買うと決めたら、そこで買うのであるが、女性は良い物、安い物への探究心は素晴らしいのである。




私はファッションの傾向がどのように変化しようが、恐らく土屋のおじちゃんが元気でおられる間は、


浮気はしない!しないと思う!


多分しないんではないか?

まぁ一寸覚悟はしておいて! 
【2010/04/25 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
どうして自分で決めることが出来ない
薬
喉が兎に角、朝起きたら痛い・・



一昨日からイソジン液を希釈してうがいをして寝すませて頂いたが、今朝、頭が思い・・・!




『流石の私も、ここ最近の寒暖の差に風邪をひいてしまったようだ!』



と思い、朝の会議を終えて掛かりつけの病院に行った。



『先生風邪をひいてしまったようで、喉が痛いです・・』



と告げるとドクターは『優しく喉を診て聴診器も当てて下った』



以前、ブログにも書いたが『先生風邪をひきました』と言ったら『決めるのは私だ』とあるドクターが言った話。


でも私のドクターは優しい!


薬事法なのか何かしらないが、病名を決めることが出来るのは患者本人ではなくドクターだけらしい。



でも自分で決めても良いと思うが、素人判断は良くないからかも知れない。



そんなことをふと考えながら、私は鎮痛剤に若干のアレルゲンがあるので漢方薬を処方して頂いた。



何でもそうだが、自分で決めることが出来ないのは歯がゆさがあるものだ。



流通小売業をしていると、商品の価格は販売者が勝手に決めて良いのだが、ブランド品には一応、希望小売価格と言うのがあって、これを守らなければならない(実際には守る必要はないのだが、目に見えない締め付けがあ)そして、安く売ってはいけないように縛りを掛けている。


自分で価格は殆ど決めることが出来ない!


だから、皆プライベートブランド作り、自らが価格決定権を持とうするのだ。



風邪を風邪と言えない自分は鳩山総理大臣のようだと錯覚してしまう。


鳩山さん、そろそろご自身でお決めにならなければなりませんよ! 
【2010/04/24 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
オッペケペー
川上音二郎

明治維新を控えた幕末の頃、川上音二郎が生まれた。

20年一寸位前になるだろうか大河ドラマで音二郎の妻、川上貞奴を描いた『春の波涛』が放送された。


貞奴は確か松坂慶子音二郎は中村雅俊だったような気がする。


先日、デジカメの写真を整理していたら、以前、博多に会議で出掛けた時に、偶然にこの川上音二郎の像の前を通ってカメラに収めていた。



落語家の桂文之助入門、したりして時代を生き抜くが、世情を風刺した『オッペケペー節』を寄席で歌い、大評判となる。聞くところによると、このオッペケペー節は、日本人最初のレコードとして吹き込まれた記録もある。



こんな歌だった



「権利幸福嫌ひな人に、自由湯をば飲ましたい、オツペケペーオツペケペツポーペツポーポー、固い上下の角取れて、マンテルズボンに人力車、意気な束髪ボンネット、貴女に紳士のいでたちで、うはべの飾りは好いけれど、政治の思想が欠乏だ、天地の真理が分らない、心に自由の種を蒔け、オツペケペオツペケペツポーペツポーポー」

私より上の世代の人であれば懐かしく思われる筈だ。


ボケます音頭



川上音二郎ではないが、先日の長寿クラブで、ある方が、『ボケます小唄』と『ボケない小唄』を披露して下さり、皆で楽しく歌わせて頂いた。


ボケない音頭


備後の川上音二郎さんがおられた。



風邪もひかずに、転ばずに、笑い忘れず、よくしゃべり、頭と足腰使って、共に頑張って欲しいと願う。 
【2010/04/23 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
美味しいもの見つけた!
サラダ巻
灯台下暗しと言うか、天満屋の8階のレストラン街に、寿司・魚料理の『ながの』さんがある。


正面玄関のエレベーターから上がって行くと、8階で降りて直ぐ右手のお店だ。




ここ最近、天満屋さんのレストラン街もお店が入れ替わり、てんぷら屋さんがカレー屋さんになったりで、事務所に行く時も目的地に直行するだけで、意外と入店されているお店を知らないものだと反省した。



先日、会合でお世話役の方が巻き寿司を持って来て私達に振舞って下さった。


私は実は余り巻き寿司は好きではないのだが、これが美味しいではないか?



プチ感動である。



こんな一寸した幸せが、人生をもっともっと豊かにしてくれるのだと。



それで、『このお寿司は手作りですか?』と伺ったら、何と何と天満屋さんの8階の『ながの』さんの『さらだ巻』と教えて下さった。



天満屋にいながら、まったく知らなかった!



結構、福山ではブームだそうだ!



母は巻き寿司が好きだから、是非、買って食べさせてあげようと思いながら少し日にちが経ってしまったが、買わせて頂いた。


出来たては、ご飯が落着かないなから、1時間位は間を置いて頂いた方が良いとのことで、そうさせて頂いた。



母が美味しそうに食べてくれる姿は、格別である。



母の幸せな顔が私には一番のご馳走である! 
【2010/04/22 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
スタートできることに感謝して
竹内智香

竹内智香(たけうちともか)女子スノーボードアルペンの第一人者である。


2006-2007シーズン全日本選手権優勝。



2006冬季トリノ五輪9位。2008-2009シーズンワールドカップランキング3位。


冬季パンクーバー五輪では惜しくも13位だった。


そんな彼女のあだ名は、智春(ともはる)を言われている。


昔、新聞に名前を間違って掲載されたのが理由だ。



オリンピック選手とは言え、一部の有名でCMベースに上手く乗ったり、企業のスポンサーが付いたりすれば別だが皆、自前で働きながら頑張っている選手が殆どであることは、先のテレビのニュースでご周知の通りである。




韓国とは雲泥の差であると言われる。



特に、パラリンピックは日本の相変わらずの縦割り行政、厚労相と文科省との狭間で結局、夢が摘まれていく現状を、政権が変わっても何も解決しない。




もっともっと私達が協力しなければならないのだろう!


さて、竹内さんは北海道の旭川出身であるが、


現在は現在はスイスに活動拠点を移し、スイスナショナルチームとトレーニングと共にしている。



実はそんな彼女は、尾道を第二の故郷に持っている。




所謂、備後、尾三の心を持っているのだ。



『世界の競合に並ぶ為の強さ、百分の一、千分の一を戦い抜くは、体力と精神力。

それは尾道の地で培った、心と体を制するイメージトレーニングだった』と述懐する。

彼女のブログを拝見すると、スタートできることに感謝してと最初にある。


やはり、皆、素敵な人は『最初に感謝ありき』なのだろう!




4月23日(金)彼女が、尾道東ロータリークラブの社会奉仕プロジェクトの一環で、尾道駅前のテアトルシェルネにやって来る。


Webサイトからの申込みが必要だが、入場無料である。


是非、お時間があれば出席なさっては如何だろうか?
【2010/04/21 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
『ヒロシ』です!
ヒロシです
こんなギャグ?があったような気がする。


音楽が流れて、あれこれ喋って、ヒロシですって何回か繰り返す。

一発芸だったのか?


今何をしておられるのだろう?




そんな、ヒロシさんとは一味違った、『ひろし』さんの会見が一昨日、行われた。



「日本創新党」の結党会見である。



会見場に現れた山田宏杉並区長(あの脳外科のゴッドハンドの福島先生に一寸似ている』「3人のヒロシーズで参りました」と挨拶。




「日本の現状は、(地方で)接している人たちの思いとかけ離れている。



日本が新しい時代のモデルになれるようがんばる」と決意表明。



中田宏前横浜市長も「2番目のヒロシです」、斎藤弘前山形県知事も「3人目のヒロシです」とし、笑いを誘った。



新党がブームになりつつあるが、政治に対する閉塞感か、民主党に対する失望感か・・?



何れにしても変わろうとする日本の過渡期と捉えたい。


一発芸人でないことを願う!


先日、「よい国つくろう!日本国民会議」の方から山田ひろしさんの本を頂戴した。

よい国



非常に分り易い本だ!



その本の中で、山田さんは、『アンパンマン』のやなせ・たかしさんの詩を紹介している。


ぼくの生き方

ひとは何のためにうまれたか

ひとはひとをよろこばせるために生まれた

なぜなら

この世はさびしくてつらい

人生はとても速く過ぎる

今日の紅顔 明日は白骨

それならば

なるべく楽しく生きたい

ひとの最大のよろこびは

ひとをよろこばせること

なぐさめあって生きていくこと

喧嘩なんかはとんでもない

それは人生の無駄づかい

とぼくは思ったが

よろこばせるのが

むずかしい

美しく生まれたひとは

それだけでひとがよろこぶ

歌のうまい人は

歌えばよころぶ

ぼくは絵本や童話をかいた

それでもひどく下手くそで

面白いですか

よろこんでくれますか

ただそれだけでかき続けた

日暮れてはるかに道は遠いが

好きな仕事をしているから

ぼくは毎日うれしかった

苦しむことがよろこびだった



「人間の幸福とは自らの天分を活かしきる」ことにあると、この詩を大きく評価している。

新党が恐らく、これからも結党されてくるだろうが、あれこれ難しいことを言わないで、シンプルな理念を一つ掲げ、そして

良い国を創って頂きたいと願います。



わたしたちは『ひとの幸う国』をめざす!



これは著者のアイデンティティーであるように感じた。
 
【2010/04/20 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
同じ環境でも
桜も枝で違う

同じ親に育てて頂いた、兄弟姉妹、まして双子でも、それぞれの性格が全く違う。



社会に出る前の子供の頃から違う、同じ物を食べさせて貰い、同じように親から愛を注がれ、同じ物を着せられても、一人は気弱、一人は強引と何故違うのだろう?




大きくなるにつれて、出会う人が違い、気付きが違い、性格も変わってくるのなら理解出来るが・・・



やはり、神様が一人ひとりを心を込めて大切にお創りになったからこそ、それぞれが違うのかも知れない。



昨日、少しの時間が創れたので墓参りをさせて頂いた。



今春は寒暖の差が激しく、お墓の傍の山に桜の花も未だ頑張って残っている木もある。



同じ桜の木なのに、既に散ってしまっている枝もあれば、散ってたまるかと頑張ってる枝もある。


同じ幹(親)から育った枝(兄弟・姉妹)でも違うから不思議だ!


それでも、衣を代えて、段々と、こうして夏の準備に移っていくのだろう!



夏まで桜が咲いていても困るが、角度によって日照が違ったり、風の当たり具合や、微妙に違うのだろうか!
NASA国際宇宙センター



自然とは不思議なものである。スペースシャトルで山崎直子さん帰還されるが、全てが同じ法則の中で進むからこそ、宇宙にロケットを飛ばし、全て法則通りに行って帰ってこれる。


しかし、大宇宙の中でも理屈では説明できないことって沢山ある。


そんな、理屈で説明出来ないことって素敵だと思う。


山崎さんの宗教観は知らないが、無事の帰還を恐らく心から感謝されると思う。


ご両親や、ご家族は無事を祈られていたのではないだろうか?



だからこそ、人間は神秘なのだと・・



だからこそ、人は謙虚になれ、手を合わせ、全てに感謝することが出来るのだと思う。
 
【2010/04/19 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
感謝のMemorial day 1000日記念
血圧計


今から二年半程前の7月11日のことであるが、突然息苦しい感じがして呼吸器に異常があるのかと心配したことがあった。

ある会の歌を合唱している時に、息が入り難いのである。



当時は煙草も吸っていたし、肺の病気かと思ったが、肺には特に異常はない・・私は普段二次回なるものには余り参加しないのだが、その時は兎に角、誰かとカラオケにでも行って歌ってみて声が出るか試してみたくて出掛けて挑戦したのだが、やはり高音が出ない、息が入り難い・・知り合いのドクターの一言で辿り着いたのだ。



『お前は血圧が高目だ・・』意外であった。



私はどちらかと言えば低血圧だと思っていたからだ。



しかし彼が持っている私のファイルから私は若干の高血圧だと診断していたのだ。



そして早速計測をすると上が170、下が140以上を示している。



結果が分って高血圧は良くないと思っても何故か理由が分れば人は安心するものだと、そしてドクターの指示に従い服薬を始め二日後の7月13日から血圧測定を朝夕開始して昨日、1000日目を迎えたのだ。



お陰様で最近は、高い日もあるが一応、安定している。


グラフ

こうして、エクセルでグラフをつけて1000日になった!
有り難くて仕方がない!


人から見れば、どうでも良いことだが私にしてみれば、あれから1000日、今日まで元気で過ごさせて頂けたことに神様に御礼を申し上げずにはいられない!


小さく、どうても良いことだが、元気でいることがこんなに有り難いと改めて感じさせて頂いた一日であった。



次は2000日を目指して、感謝日々を過ごします! 
【2010/04/18 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
本来の役割
催事場

先日、仙台の先輩が興味深いメールを下さった。


10年後の大阪都心は..・・・大阪商工会議所が予測調査をしている記事だ。



大阪の3大ターミナル(キタ、ミナミ、天王寺・あべの)周辺の百貨店など商業施設で、10年後に買い物客が951万人となり、2004年比9%増となることが、大阪商工会議所の予測調査で明らかになった。



販売額も8%の伸びを見込むが、百貨店の売り場面積が大幅増加する「2011年問題」の影響で、売り場面積当たりの販売額を示す売り場効率は137万円から96万円と3割下落。


転機を迎える大阪都心での商業の課題を浮き彫りにした。



 時代は確実に変化している。



従来型の業態では、時代に即応出来なくなっている。



百貨店は新たな業態開発等で課題克服をして生き残った歴史があると最後に締め括っている。



百貨店頑張れである。



私共も本店が天満屋さんの中にあるので、百貨店の将来が大変気になるのである。




ファッションや食、即ち人間の暮らしをより豊かにそして、新しい生活スタイルを提案するのが百貨店の使命であることは変わりない。

絵画展


絵画の均一祭をしていて一寸驚いたが、百貨店でなければ出来ない催事でもある。


北海道物産展等の賑わいは凄い。


しかし、催事場だけなのだ賑わいは・・・


昨日、天満屋さんの事務所に所用があって伺う時に、催し場の前を通ったら、華展が開催されていた。



香しき春が見事に表現されている。

華展


毎日ドタバタ過ごしているが、華展などでは、相手が生き物、毎朝、恐らく生けかけておられるのだろう!


正しく日々がさらであると感じ、素敵な清涼剤を頂いた気がした。



百貨店と所謂ショッピングセンターの一番の違いは文化催事をするか否かだ。



サラリーマンの頃、私は百貨店をお得意先として持っていた。



その時の上司が、『百貨店を訪問する時は、昼飯を10分で食べて、残りの50分で文化催事をしている時には、それを覗いて来い』心遣って頂いたものだ。



私達には、それぞれ役割がある。


百貨店も含めて、改めてその役割を見直し、そして役割を果たして行かなければならないと、ふと思った! 
【2010/04/17 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
感動のドラッガー
ドラッガー

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだ。


『もしドラ』面白い本があるものだ!


コスプレアニメではない!


弱小高校野球部の女子マネージャー川島みなみが、ドラッカーの『マネジメント』を学び、チームを甲子園に導くための『マネジメント』をする、という内容。



ビジネス入門書傑作だと思う。自分のポジションである『マネージャー』の役割を深く知るために本屋の店員に『マネジメント』に関しての良書を尋ねる。


本屋さんは不朽の名著であるP・F・ドラッカーの『マネジメント』を薦める。


野球部という『組織』の『顧客』は誰なのか?その顧客に提供する価値は何なのか?



野球部という組織の『マーケティング』と『イノベーション』はなんなのか?


川島みなみは少しずつ周囲を巻き込み、真のマネージャーになっていくのである!


この本は、商業界のメンバーが紹介してくれたのだが、美少女アニメ調の表紙で、確かに私達大人が買うには相当躊躇する。


しかし内容は面白い。


是非ご一読をお奨めする。
 
【2010/04/16 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
それを繊細と表現するのか?
コンバース
日本人は商品に対する目が厳しいと言うか、繊細と表現した方が良いのか?

私共は海外から直接輸入する商品が多い。


その時に、素材の質が左右が若干違っているとか、或いは縫い目が真っ直ぐでなくて、少し歪んでいるとか、特に機能には問題がなくても、それを不良品としてしまうケースが多い。


特に天然物素材であれば、厳格に全て同じとはいかないケースも結構あるが、中々お客様の目は厳しい。



確かに同じ金額で買うなら当然、品質等が一定であるべきである。



そして、そうしてお客様にきちんとした物をお届けしたいのは当然である。



そして、海外から商品が届いた際に、お客様の目に代わって私達が厳しく検品をする。



結果的に、やはり数点ではあるが私達の基準に添わない物が出てくる。


不良品と判断した場合、少量の場合は私達は、それを海外に持参するそして、その不良である理由を説明して、返品伝票、即ちクレジットノートを発行してもらうのだが、前述の、機能に余り関係ない素材の多少の違いとか、歪み等は不良品ではないと撥ね付けられるケースがある。



下手な英語で結構議論になるのだが、先日イタリアのメーカーさんにブーツの素材が若干違うからと申し出ると



『あなたがスパゲティーを茹でるのと私が茹でるのでは、その固さも違う!



しかし、味はそんなに変わらないし、あなたはそれで空腹を凌ぐこと出来るだろう・・云々』
とおっしゃる。



確かにそうだが、『一流のイタリアンシェフは何時でも何処でも同じ固さに茹でる・・日本の一流の寿司職人は、握ったご飯粒の数は、全て同じだ・・』と切り替えした。


『私はあなたの商品は一流だと思っている』を話したら気持ちよくか否か分からないが商品を受け取ってくれた。



以前、コンバースのスニーカーが一世風靡したことがあった。



アメリカ産で多量に日本に上陸して来た時に、前に貼ってあるゴムが真っ直ぐに裁断されていなくて、ガタガタの物が多かった。


当時、日本の商店は、それを不良品としたが米国では断固受け付けなかったが、最近は日本市場というか日本人の繊細さを理解したのが、写真の
で囲んだ部分は、きっちりと一直線だ。



日本の文化をアメリカが受け容れた証拠だろうか?何が一番大切なのか、もう一度日本人は考えてみる必要があるのかも知れない! 
【2010/04/15 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
恐るべし長寿パワー
長寿クラブ

恐るべし老人パワー!

否、失礼しました頼もしき長寿パワー!


先日、私がお引き寄せを頂いている教会の『長寿クラブ』に信徒会の会長さんの代行として参加させて頂いた。



新党の『立ち上がれ日本』でないが、確かに老人老人と言って決して軽く見てはならないことを学ばせて頂いた。



若い人と、敢えて老人と言わせて頂くが、お年の方と一番違うところは、物事に取組む熱心さでないだろうか?横着などしようとする人は兎に角一人としていない。



勿論、次の動作に移る時のスピードは若者程早くない。



決して迅速とは言えないが、兎に角前向きなのである。

たちあがれ日本!


石原都知事が『日本を憂う気持ちは、君ら若い者には負けない・・』とおっしゃったのは、正しく事実であるように感じる。



何にも益して、長寿の人達は今更私達が語り心配する必要もなく、体を創る子供の頃は、全て有機農法だった訳だ。



我が父も84歳、自身の妹達や娘達を何にも嫁に出した。



昔は皆大家族であった。



年金問題で一人の若者が5人6人の老人を面倒見なければならない等と戯言をおっしゃるが、ここにいる爺ちゃん婆ちゃん達は、一人で何人もの面倒を誰に愚痴ることなくなさって来た訳だ。



高齢者社会を悪のようにおっしゃるマスコミや評論家がおられるが、高齢化社会ってとても素敵なことではないか?



頑張って来た人たちが元気で長生きをなさるとこは素晴らしいことだ! 
【2010/04/14 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
本格的
桜桜

本格的と言うとProfessional standardを連想するが、4月に入り、桜も満開そして、昨日一昨日と二日に亘り、雨が降った。

春の雨と言えば、何か簡単というか大したことのないような感じを受ける。



あの月形半平太ではないが、『月様・・・雨が・・』
『春雨だ濡れて行こう・・・』の名台詞を世代の違う私達でも思い出す。


何故か春雨って余り本気さを感じない。


しかし昨日一昨日の雨は、本格的に降ったという雨だった。


月形半平太


全国的もそうだったのだろう!


こういう本格的な雨降り久し振りな気がする。


良いですねこの『本格的』って言葉!


本格的な雨でこの地域の桜も粗、峠を越えてしまったが、それでも未だ頑張ってる桜があった。



地域の各ボランティア団体では、花見例会が行われている。



本格的な雨にも負けず、本気で咲いて、本気で頑張った桜さんに心から敬意を表して、今宵一献と洒落込みたいものだ!



別に散り際だけが美しいのではないと私は思う。


『散ってたまるか』って!頑張ってる姿も美しい!


ひびの入った茶碗でも大切に使えば使えるように、最後の最後まで全てのものを大切に慈しみ愛でたいものだ! 
【2010/04/13 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
社風
ポートプラザ総会


先日、総会シーズンが到来したと書いたが、今回は私が会長を拝命している、天満屋ハピータウンポートプラザ店の22年度の定時総会が開催された。

お陰様で11年目を迎え、開店10周年の大きな事業の報告と会計報告を審議頂く総会であったのだが、慎重にそしてスムーズにご承認頂ける総会で感謝の限りだ。

流通業の不振が叫ばれる中、昨年対比はショッピングセンター全体としては若干下回ったものの、堅調に推移し、そして10年経過したにも関わらず、ビルのメンテナンスも上々である。

テーブルマジック



今回も総会の終了後簡単な懇親会があったのだが、テーブルマジックを参加者の方に楽しんで頂き大変お喜び頂けた。


色んな総会で出ると、そのショッピングセンターのデベロッパーの社風というのもが、どうしても出る何もかにもテナント任せにするところもあれば、デベロッパーのスタッフの方々粉骨砕身で、テナントのオーナー皆様の為に走り回って下さるデベロッパーもある。



天満屋さんには、私は特にお世話になっているから申し上げるのではないが、兎に角、天満屋さんの社風は何と言えず素敵である。



ホノボノとしている!



通常のお付き合いでは中々分らないことも、こうして裏方を拝見すると本音が見えて楽しい。



天満屋さんに出店させて頂いて幸せである。



感謝します
【2010/04/12 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
美しいものは誰でも好きだ!
ニューヨークの桜


姉がアメリカの一人旅から昨日、無事に帰国させて頂いた。

ボストンからニューヨークに電車で旅をして、帰国直前、ニューヨークJFK空港の傍の桜の満開の写真を写メールしてくれたのが、冒頭の写真だ!


 私はアメリカでは勿論、あの雑踏のニューヨークが好きだし、郊外型のショップにはニューヨークの名前をつけさせて頂いている。



そして、そんなに離れていない、ボストンはご承知のハーバード大学もあれば、メンズショップと言って良いのか、大好きなブルックス・ブラザーズの本店がある。


老舗の店は、ボストンの背景がよく似合う!
ブルックスブラザーズ



とても穏やかな街並みで、ニューヨークとは違った趣があり、以前訪れたことが非常に懐かしい!



 今回、姉はボストンでレッドソックスの試合に乗り込む、真っ赤な衣装に身を包む日本人の方と出会い、翌日からワシントンの桜祭りに出掛けるとの話を伺ったようだ。



アメリカ人も桜が大好きなようだ。ワシントンD.C.のポトマック河畔の桜並木は、世界の名所の一つ。




丁度今頃の4月初旬シーズンには、盛大に「桜まつり」が開催され、全米から観光客が訪れ、パレードやその年の「桜の女王」が選ばれる。 



パレードに遠山の金さんが片肌脱いで参加するかは知らないが、大いに盛り上がるようである。



この桜は明治の終わりごろに、アメリカのタフト大統領夫人の希望により、当時の尾崎行雄東京市長がプレゼントしたもの!



桜の花の素晴らしさを理解するのは日本人だけではないようだ!



私達の地域もこの雨で一応の盛りを過ぎたが、本当に桜は圧巻である。



学校の卒業の時に記念樹の相場は桜である、そして私達の町にも植樹されているが、戦争の勝利を記念して、日本は多くの桜を植樹して来た。



日本の桜並木の歴史は正しく戦争の歴史でもある。




桜を見る人にとって、それぞれの思いが、それぞれのお立場であるのだろうと思う。 
【2010/04/11 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
気概
街頭演説


今朝、福山駅をお昼間に通ったら、自由民主党衆議院議員で広島県連会長の岸田さんと宮沢洋一さんが、釣り人像の前で街頭演説をしていた。

夏の参議院議員選挙の立候補予定者として、支援を訴えられておられた。



熱かった暑い昨年の夏の衆議院選挙を思い出した。



そして今度は良識の府の参議院議員選挙がやってくる。



こうやって段々と世の中選挙ムードになってくるのだろう。



個人的ではあるが、国家の為に宮沢洋一さんには、どのような立場であれ国政に加わっておいて頂きたいと願う。



民主党の支持率は底なし沼に向っているようだが、二人区の広島県では今日、民主党がもう一人の候補者を選ぶというニュースも入っていた。



最近、衆議院議員と参議院議員の役割が不明確になっているように感じて仕方がない。



それぞれ役割は違う筈だが・・そして、今日新党『立ち上がれ日本』の会見が行われていた。



国家主義的タカ派の平沼氏とリベラルな与謝野氏が妥当民主党で手を組む、一寸違和感があるが、日本を変えたい、このままで駄目だと言う気概は理解出来る。



応援団長の石原東京都知事が年寄り手段と揶揄するマスコミに一喝した。



『君ら30代50代の若者より、俺達は年寄りでも日本を思う気持ちは負けない・・・』気概には年は関係ないと感じる。


唯、自民党を割って出て、そして自民党を側面から応援し、民主党政権を打倒すると言っても、民主党が割れない限り政界再編は難しい。


絶対安定多数の民主党は、動かない!



それはそれとして、我家の父も、素敵な気概を持って若者のように日々頑張っている。



未だ60歳後半だと私は感じる。



84歳になるが、30年前と今とでは元気なお方は15歳は若いように感じる。


あの青春の詩を思い出す!



そうであれば新党の平均年齢69歳でも実際は50代前半か・・何れにしても我が大切な日本の為に、それぞれの立場で頑張って頂きたい。

保守とは『美しいものを美しく守る』ことを指すのだと私は思う! 
【2010/04/10 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
みんな一所懸命
スペースシャトル

世の中、実に色んなニュースがあるものだ。



スペースシャトルで山崎さんが日本人二人目の女性飛行士と宇宙へ飛び立った。




そして日本人同士が所謂、宇宙ステーションでご対面・・・、山崎さんからご主人の携帯へ何度電話が掛かってきたそうだ、航空機では計器に障害を及ぼす場合がありますので、電話の電源はお切り下さいと言うが、ロケットは大丈夫なのだろうか?と思ってしまう。



と思えば、平沼さんと与謝野さんの『アラ古希』グループが新党、何と『立ち上がれ日本』と党名をつけた。



自民党の比例区での定年は確か73歳・・?定年前の人ばかりではないか?

吉野家キャスパ


かと思えば吉野家さん松屋さんが牛丼を300円を切る価格に値下げをしたと・・内容も質も大きく違うニュースが飛び交う。


しかし吉野家さんだって、平沼さんだって、山崎さんだって皆一所懸命頑張って仕事しることは同じだ。



頑張ってる人は皆、素晴らしい、そして美しいと改めて思った! 
【2010/04/09 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
電子版
日経


先日、日本経済新聞の電子版がスタートした。



新聞もいよいよWebの時代に入った。


又、任天堂も書籍の会社とタイアップして、DSで書籍が読めるようになる。


既に、日々の情報をインターネットで取得する私達にとっては、重い紙から開放されつつある。



子供の頃、父が百科事典を買ってくれた時の感動。


そして社会人になって早々にブリタニカを揃えたことが懐かしい。



今は、恐らく百貨辞典なるものは、全てWeb上で解決するので不要になったと言っても過言ではない。



それにしても、新聞が近い将来電子版に取って代わるのは、とても残念か気がしてならない。



テレビやラジオで伝えきれないニュースを私達は新聞で補完して来た。



そして、何ともインクの臭い、朝の朝刊を待っていてバイクの音が近づいてくるのが何とも言えない。



私は、朝参りをするのでよく新聞屋さんと出くわす寒さの中、雨の中でも変わらず配達頂けることに感謝に耐えない。



それが、近い将来全てWebに乗ってやってくるのだろうか?



新聞がこの世から無くなったら濡れた靴に何を入れておけば良いのだろうか?

シャネル


学生時代、冬場にバイクに乗って遠出する時は、今のようなヒートテックもなく、新聞紙を体に巻いてその上に、ジャンバーを着ていたことを思い出す。




新聞って、ニュースだけではなく、濡れた靴を乾かし、お弁当箱を包み、防寒壁にもなってくれるのだ!



新聞屋さん有難うございます!


【2010/04/08 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
TQ制度『自ら輸入・・・』
経済産業省

TQ Tariff Quota System の略で、関税割当制度のことだ。


1961年から始まったこの制度は、一定の枠内の輸入量に限り無税または定率関税が適用されるが、この枠を越えた輸入分については高関税率が適用されることになる。

ガット・ウルグァイ・ラウンドの合意により、小豆や小麦等もTQ品目に移行したのだが、それぞれのお立場で、それぞれ言い分もお有りになると思う。


しかしながらこの制度は、私はどう考えても保護主義、所謂、昔大きな問題となったセーフガードの典型例のような気がしてならない。



私共の仕事で言えば、日本国内で業界全体に与えられているTQ関税割当の数は 年間1,000万足である。



それを、商社や輸入しようとする小売店等に割り当てると一年で数百足にしかならないのだ。



その枠内での関税は一足当たりが、約23%で、枠を超えると40%超又は約5,000のどちらか高いほうの関税を支払わなければ輸入することが出来ない。




例えば、1000円が原価の靴を輸入した場合、TQ枠がなければ、自動的に6000円になってしまうのだ!




何とも消費者にとっては、失礼な話だ。



そして、関税率や考え方は全く今もって改善をされていないが、このシステム以前は、全くこの仕事に関係ない人がTQの割り当てを申請して、関税割当を取得し、それを輸入業者に一足当たりにして500円とかバブルの時代は1000円程度で販売していたとの噂があった。




単純に1000足持って1000円で売れば何をしなくても100万円になる訳だ。




これでは真面目に商売している人の割り当てが減って商売にならない。



同義的にも許せない。



そこで、経済産業省は面白い証明書を出すようにしたのだ。




これが『自ら輸入証明書』である。



自分が自分のお金できちんと輸入をしましたと言う証明が出来なければ、関税割当をしてくれなくなったのだ。




このシステムで明らかに、真面目にして商売している私達に対する割り当てが増加し始めた。




確かに有り難く段々とフェアーになって来たが、この不当に高い関税と関税の割り当て即ちTQシステムの完全撤廃を求めたい。

関税割当申請



兎に角、手続きが複雑である。そして、毎年、この時期に私達は経済産業省に出掛けなければならない。




申請と受取の2回である。




今日は、その申請日であったので、頑張って行って来た!



自由に、海外から素敵な物を仕入れて、お客様に提案したいという気持ちをご理解頂きたいものだ!


守るべきは何なのか?



直嶋正行経済大臣、本質を再考なさって頂きたい。 
【2010/04/07 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
Freshman
入学式
小学校の入学式に列席させて頂き、光栄にも祝辞を述べさせて頂く機会を頂戴した。

3年前に開校した新しい学校であり、今年で3年生までが揃うことになる。



4年生が生まれたら、保護者会PTAを立ち上げるとのことで、それまで後援会という形で地域の人たち、学校にご縁のある人達で応援させて頂くことになって3年。



毎年の入学式に参列させて頂く度に、子供達の元気な笑顔に接して元気を頂戴出来ることが何よりも幸せである。



人間は未熟児で産まれて来ると言われる。



以前にもブログに書いたが、人間の子供は産まれた時から独り立ちは出来ない。



ミルクだって一人で飲むことが出来ない。



親の手助けが必要なのだ。イルカは産まれたら直ぐに泳ぐし、馬は直ぐに立ち上がる。



7歳迄を子供とヒナと言うと教えられたが、9歳位までが一番子供として親が如何に関わるかが大切だと言われる。



即ち数える時に『つ』が9歳の『九つ』とつき10歳は『じゅっつ』とは言わないからだとも・・・!



子供の多感期、思春期は特に大切だと言われるが、実は一番大切なのは小学校に上がる七つから九つ辺りかも知れないと思った。

満開の桜


満開の桜を愛でた今日、ご入学の皆さん、心からお祝い申し上げます。




そして大きな夢を描きイメージすればそれは、必ず叶うと信じて頑張って欲しいと思います。




今日の入学式は勿論大切な記念日、しかし、明日も明後日も一日一日を記念日として大切に暮ら欲しい!
【2010/04/06 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
ハイテクとローテク
工業技術センター



先日、東広島にある西部工業技術センターの生産アカデミーを訪問した。


福山にある東部工業技術センターの紹介で人間工学を専門とされておられる方に相談に伺った。



弊社の足と靴の科学研究所ネットワーク、『足と靴の相談室』が独自で開発をし、過日、特許も取得させて頂いた。


『昨日入社したパートさんでも簡単に出来る、靴の補正システム・アルクシステム』の開発に対する、技術的裏付けを技術センターと所謂、産官学と共に連携して世の中のお役に立ちたいと願っての相談である。


生産技術アカデミー


 この生産アカデミーは、特に人間工学を追求する為の試験・実験施設も充実して、私共の足の生理に対する考え方について様々な意見交換をさせて頂いた。そして、前向きに取り組んで頂ける運びになった。


私が目指しているシステムは、兎に角、簡単に誰でも、そして短時間で補正が出来るシステムだ。紳士・婦人・スポーツを問わず、どの靴にでも即座に対応できる。


そして、ローテクのような、ハイテクなのだ。

アルクシステム


テクノロジーと歩くテクテクだ!



整形外科の先生からは既に監修を頂き、後はこの度の実験結果を受けてそれを具体的に製品として、小売店に販売していく運びである。

 靴選びを間違うと、足に障害を抱えてしまう恐れもある。そして、既に小さな障害や痛みをお持ちの方々、予備軍の方々に快適な歩行のお手伝いをしたいと願っている。

Alkアルク(歩く)システムは、Walk・TalkのAlkである。楽しくお話しながら共に歩みたい!




靴を扱われる、靴屋さんは勿論、衣料品店、紳士服店、スポーツ店、どこでも導入いただけます。



コストは、お客様のカルテの管理システムも含めて月間1万円程度。


興味のある方、詳しくお知りになりたい方は、当社のホームページ

URL http://www.kk-nakamura.co.jp/ からお問い合わせ下さい。 
【2010/04/05 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
一人でも遣り抜くぜ
若林さん

若林元の農水大臣が、参院の本会議でどうして議案の採否にそんなに影響を受けないのに青木元参議院幹事長の投票ボタンを押したのだろうか


魔が差したとおっしゃるが、何とも不思議で仕方がない。

それにしても、最近は全ての所作が写真に取られているのだと思ってしまう。


そして代返等と与党の議員さんが揶揄されるが、代返は頼まれてするのが代返なのだから青木さんが頼んだ覚えがない以上、代返でもない訳だ。



結局、人の物を取ったという感じだろうか?



しかし、一概には言えないが、物を取る取られるの場合は、取られた方にも問題がある場合もあるのだ。



青木さんが席札を起こしたまま席を立ってしまったことも、魔が差す引き金の一つかもしれない。



退席する際に名札を倒しておけば、ボタンが隠れるから魔が差すリスクは減った筈だが・・



又、平沼さんと与謝野さんそして、園田さんが自民党を離党して新党を立ち上げるようだが、谷垣総裁にすれば頭の痛い話だ。結局、出て行かれる方も出て行くほうにも双方問題がある訳だ。



何れにしてもこれを政界再編の一歩と見るのか、コップの中の争いと見るのか?



『皆で頑張ろうぜ・・・』はこの事態にやはり頂けない。



明確な指導力を発揮するべきだ、谷垣さん『誰がやらなくても俺一人でも遣り抜くぜ』が必要だと思う
。 
【2010/04/04 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
総会シーズン到来
フジグラン定時総会

4月に入り、各団体の総会がこれから目白押しになって来る。


皮切りにフジグラン神辺店の名店会の総会が昨日、福山ニューキャッスルホテルで開催された。



今回の総会は第六回、開店の前の設立総会があったので、5周年の記念すべき総会になった。



本社の佐伯執行役員の本年度の方針を中心として講演もあり、意義深い総会であった。



そして、総会後の懇親会は各店舗のオーナーだけではなく、日頃現場で頑張ってくれている店長さん方をお招きして、総決起大会を兼ねて開催させて頂いた。



名店会の総務委員長方のご尽力で店長さん方に如何に喜んで頂け、そして日頃のストレスを発散して、明日への活力をコンセプトに今野仁誠氏を招聘してモノマネのショーを企画して頂いた。



今野氏は谷村新司の真似でテレビでも有名だが、彼は福山出身でもある。



そして、大変楽しいショーであった。

綾小路さん
服が似てるだけの綾小路公麻呂
和田あきこ
迫力だけ似てる和田アキコ
郷ヒロミ
どこが郷ひろみなのか?  
美川
やっぱり、変な美川さん!  
谷村
十八番の谷村信司!でも歌は似てない!  


私達サービス業はどれだけお客様に感動を与えることが出来るか?或いは、どれだけ喜び驚いて頂けるかが最大の課題でもある。



正しく今野氏から学ぶべきものが沢山あったと思う。



決して、歌が上手く、歌声が似ている訳ではないが、その話術、間の取り方、そして客へのサービス精神は誠に見事であった。



人は何からでも学べるのだ!

ガンバロー



締め括りに全員で5周年、皆で頑張ろうと雄叫びを上げた!




綾小路さん、和田さん、郷さん、美川さん、そして谷村さんありがとうございました!
 
【2010/04/03 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
固い信念を持って見えないものを信じる
折鶴



固い信念を持って見えないものを信じる


これは、私の好きな言葉の一つだ。


宗教じみた話をする積りは全くないが『神ながら』(カンナガラ)と言う.



世の中は人の思いを超越したことが沢山ある。


思いは願いであり、思考は現実になる、とも言う。



マーフィーの成功の法則等を読むと非常に分りやすいが、科学的には人間の使っている能力は、その5%程度だとよく言われる。



そして90%以上が潜在能力として眠っていると言われるのだが、この潜在能力に人は日常の思考で刷り込みをしているのだと。



私の息子の親友のご家族が、若いのに大変思い病気になっておられる。



先日、高齢の私の母、即ち息子の祖母ちゃんに『祖母ちゃんは鶴が折れる?』って聞いていた。




友達と力を併せて千羽鶴を作ろうと決めたそうだ、多分、息子は年寄りは指先を使うことがとても良いことだと知っていることもあり、祖母ちゃんに協力を依頼したのだと思う。

母の手



グッドアイディアだ!



私も幾つかお手伝いをさせて頂いたが、母と共に、『この方は絶対に回復する!もう既に回復の方向に向っていると固い信念を持って見えないものを信じて、一羽づつ思いを込めよう』と話し合ってスタートした。


元気になりますようにではなく、元気になってお目出とうございますと思いを込めて! 
【2010/04/02 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
他宗の場合
大聖堂

旅行や出張で様々な地を訪れることがある。

特にアジア等だと、結構当地のお寺を巡ったりもする。

日本でも同じだ。

そして、線香や蝋燭を寄付の形で買わせて頂き、お供えしたりすることもある。


先日、欧州に出掛けて帰路のフライトの都合で最終日が週末に当たったことと重なり、あのスペインのアストゥリアス公フェリペと民間出身の妃レティシアの結婚式が挙げられたサンタ・マリア・ラ・レアル・デ・ラ・アルムデナ大聖堂(長い名前だ) を訪れたらミサが行われていた。





『アルムデナの聖母』に捧げる大聖堂は16世紀に始まったと記録されているが、スペインの内戦や、様々な問題で最近の1993年迄完成されなかったそうだ。



ゴシック建築の内装は、現代風で、現代芸術家による礼拝堂と像は歴史的復古作品からポップアート装飾まで多岐に渡ると称されている。



素晴らしい教会であり、訪れるチャンスを頂いたことは、とても幸運である。その聖堂の模様を敢えてお伝えしたのでない。

よく日本人は生まれた時は神社、結婚式は教会、最後はお寺と、それこそ多岐に渡っている訳だが、観光等で自分の宗派と違う、寺院や神社、教会を訪れた時に一体私達はどうすれば良いのかと考えてしまうことはないだろうか?





『木の切り株に腰を下ろしても立つ時には手を合わせて礼を言う心でいるように』



と教えられたことがあるが、神仏にお願いするのは、自らの信じる、教会やお寺や神社等でするべきである。



即ち、一心に信じるところにお願いをするのが筋であるということだ。



船頭多くして船山に登るとも言う、大工の棟梁は一人で良いとも言う通り、あれこれお願いするのは勝手信心でもある。



然らば、どうすれば良いのか、他宗派を訪れた時には、丁重に日々の御礼を申し上げるのが良いとのことだ。



全ての神仏に心から御礼を申し、お願いは我が属する本店にするのが本意であるのだろう!



『神様何時もお護り頂きまして感謝します!』
4月も共々に元気でスタートさせて頂きました。有難うございます!
 
【2010/04/01 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
プロフィール

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード