『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
主体変容
高橋史朗講演会尾道JC

先日、高橋史朗さんの講演を拝聴する機会を頂戴した。



親学を中心に学んだが、とても好きな80分程の講演会、あっと言うまであった。


親子の関係の話ばかりではなく、仕事においてもとても多くのヒントがあった。



高橋先生曰く、人間は先天性早産である!


考えてみると、馬の出産の映像を観たことがあるが、産まれて直ぐに立ち上がる。


イルカだって直ぐに泳ぐ。



人間は、産まれて直ぐには一人では何も出来ない。


ミルクを飲むことも勿論、立ち上がることも。


だからこそ、赤ちゃんには、しっかりと関わってあげなければ発達障害が起こったりすると専門的分野にも話が展開した。



福祉福祉と言うけれど、福祉大国の人達は実は幸せ感は薄いともおっしゃる。


確かにそうかも知れない。

面白い言葉教わった。


『主体変容』である。



簡単に言えば、責任の源は自分であると考えることだ。こんなエピソードがある。



保育園で自分の子供を参観していた親が、我が子が鼻水を垂らしているのを見つけて、保育士さんに『あの内の子供、鼻水が出ていますから拭いて下さい』って言ったそうだ。



鼻水を拭くのは親の仕事ではなく保育士さんの仕事だと思っている。


結局、子供にも事務的にしか関われない。笑えない話があるではないか?


給食を頂く時に『いただきます・・・』と何故自分の子供に先生は言わせるのか?



『給食代を支払っているから、当たり前ではないか・・』


とまぁ~こんなレベルだと日本の将来は今後どうなるのか心配だと。



何時でも何でも人のせいにしても人は幸せになれない!


全ては自らが引き寄せるものだろう!




やはり、自らが源となってしっかりと子供や地域社会が関わることが大切であると感じる。


本当に、最近は地域の中に素敵な良い意味での怖い小父さんがいなくなった!


親が育てば子供は育つ


講演会の資料巻末に、アメリカンインディアンの教えがあった!




子どもたちは、こうして生き方を学びます。



批判ばかり受けて育った子は、人をけなすようになります。


いがみあう家庭で育った子は、人と争うようになります。


恐れのある家庭で育った子は、びくびくするようになります。



かわいそうだと哀れんで育てられた子は、自分が哀れな人間だと思うようになります。


ひやかしを受けて育った子は、はにかみ屋になります。



親が他人に対して嫉妬ばかりしていると、子どもも人を羨むようになります。


侮辱したりけなしたりされて育った子は、自分に自信を持てなくなります。



励まされて育った子は、自信を持つようになります。



寛大な家庭で育った子は、我慢することを学びます。



ほめられて育った子は、感謝することを学びます。



心から受け入れられて育った子は、愛することを学びます。



認められて育った子は、自分が好きになります。



子どものなしとげたことを認めてあげれば、目的を持つことの素晴らしさを学びます。



分かち合う家庭で育った子は、思いやりを学びます。



正直な家庭で育った子は、誠実であることの大切さを学びます。



公明正大な家庭で育った子は、正義を学びます。



やさしさと、思いやりのある家庭で育った子は、他人を尊敬することを学びます。





安心できる家庭で育った子は、自らを信じ、人をも信じられるようになります。



和気あいあいとした家庭で育った子は、この世の中はいいところだと思えるようになります。




この3月もお陰様で有意義に過ごさせて頂いた一月だった。 


月初から、イタリア・スペインと出張させて頂き、そして多くの行事に参加させて頂いた。



そして、尊敬する父も84歳の誕生日を無事今月迎えさせて頂けた。


有難うございます!



何よりも元気で、無事に万事好都合で今月も終えさせて頂いたことに改めて感謝します。


4月もより一層素敵な月でありますように・・!感謝

【2010/03/31 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
年輪を重ねる!
バウムクーヘン

先日の勧学祭では、子供達にバウムクーヘンを皆で創る体験を昨年に引き続いてした頂いた。


ボーイスカウトを経験されたお世話役の方のご提案で、皆で、竹をコロコロと回しながら作っていく!


これが、楽しく、結構美味しいのである。

バウムクーヘン
竹輪ではありません!バウムクーヘンです!  

皆で作ったというのもそうだが、焼き立てがとても素晴らしい。

レシピも公開して頂いた。
レシピ
これで竹2本分位だそうだ!  

もともと日本でのバウムクーヘンの人気は高く、本家ドイツでの人気を凌ぐ。



カステラと並び、日本人に好まれ、嫁菓子等として結婚式の引き出物の定番でもある。



日本で最初にバウムクーヘンを作ったのはドイツ人のカール・ユーハイムで、最初に発売されたのは、広島県の今の原爆ドームのある広島商品陳列所と聴いたことがある。



1919年のことらしい。



私は、このバウムクーヘンは大変な好物である。



そして、ころころと回しながら焼いて年輪を重ねて行く感じがとても素敵だと思った。


学業に勤しむ子供達の勧学祭のイベントとしては、最高だとも思う。



やはり年はとるものではなく、重ねるものだ!

勧学祭お世話頂きました全ての皆様に心より感謝します! 
【2010/03/30 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
勧学祭
勧学学2010

福澤諭吉翁の「天ハ人ノ上ニ人ヲ造ラズ人ノ下ニ人ヲ造ラズト云ヘリ」の学問のすすめは、とても有名であるが、これは、アメリカの独立宣言からの引用であるそうだ!

昨日は、私の所属する教会で勧学祭が執り行なわれた。

毎年、新学期前にこの祭典が仕えられるが、勿論、しっかりと勉強が出来るようにと願いを込める訳だが、先生や友達とのより良い出会いが大切でもある。
教会の描いたポスター


人間業(わざ)ではではどうにもならない、そんな素敵な出会いを願うと不思議と素敵な出会いが待っているものでもある。


私はお陰様で学生時代も含めて、多くの素敵な出会いをさせて頂いた。



私の父や母が、私の知らないところで願い祈ってくれていたからに違いないと最近思えるようになった。




そして、何よりもこの勧学祭は、今日まで元気でお育て頂いたことに御礼を申し上げることが大切な祭であるのだと思っている。



新たな学年、新たに進学なさる諸君には、それぞれのお立場において素敵な出会いが待っていることを心から期待しています。 
【2010/03/29 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
何の為に信仰はあるのか?
JC

 
青年会議所JCの特徴は、数多くあるボランティア団体とは一線を画しているところがある。



一つは、年齢制限というか、20歳~40歳迄の団体であるということだ.


40歳という定年制を敷くことにより組織が常に活性化される、そして奉仕(サービスService)という概念が一寸違う。


自己修練を中心に置き、自らを学び高めることによって、その力を相手にぶつける、即ち奉仕すると捉えるところだ。正しく自らを磨き高める団体である。

JCで活躍された方は、会議の運営や式典にしろイベントにしろ、又、懇親会等、様々ノウハウを身に着けている。

JCの理事を一年経験すると自動的にロバート議事法が自分のものになると言っても過言ではない。


JC運動を頑張ってこられた方が、卒業後ボランティア団体に加入されるケースは多い。

しかし、そんな頑張った方々は異口同音におっしゃる。

『JCが良かった!何故なら自己修練があるからだ・・!』

JCの三信条は
『トレーニング・サービス・フレンドシップ』だ。

私がJCの専務理事を仰せつかった1991年から、国際青年会議所JCIの綱領のを英語で唱和するようにしたことをふと思い出した。

福山JCは、カナダのハミルトンJCと姉妹縁組をしていたが、その後何の交換もないまま来ていたが、この年、浦項JCと交流を始めたり、国際交流、国際貢献へと少しづつ流れが出来ていたころでもあったからだ!

その国際青年会議所の綱領の冒頭は、こうだ!

We Believe;
That faith in God gives meaning and purpose to human life・・・信仰は人生に意義と目的を与えると謳っている。

改めて、他宗教、無宗教とも言われる日本人として、信仰の真の意味を考えてみるのも良いと思う。

有ることが難しいから、有り難いのだと教えられる。

信仰とは、何でも有り難く受け取る稽古だろうか?嫌な人、他人を責めない、あてにしない、恩を着せない、そんな人間の稽古でもあるのかも知れない。

人は神を完全無欠と定義し、神の存在を認めるなら、人間は不完全・有限であることを知り、謙虚になれる。


そんなことを、JC綱領を読み直してふと思ったのだ!

JCも50歳かぁ~
【2010/03/28 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
半世紀
認証


われわれJayceeは
社会的・国家的・国際的な責任を自覚し
志を同じうする者相集い力を合わせ
青年としての英知と勇気と情熱をもって
明るい豊かな社会を築き上げよう

JC綱領である。

青年会議所の綱領を例会や委員会の度にメンバーで唱和したことを昨日のことのように思い出す。


先日、(社)福山青年会議所の50周年の祝賀会が催され、参加させて頂いた。

 

JCは40歳で卒業しなければならない。
50周年


常に細胞が若返る、そして疎遠になっていた先輩方も50周年の節目と言うこともありOBが250余名の参加があり盛会裏で慶ばしい限りだ。
私は、25周年の時に入会し、そして35周年の歳に卒業させて頂いた。11年在籍した訳だが、何故かJCは本当に素晴らしい出会いや学びを頂いたところであるとつくづと思う。入会から数えて25年が経過したことになる。



 福山JCも四半世紀と言うスライドを作ったことを思い出し、Yes, We Canのテーマだった35周年で卒業した。

やはり卒業年、35周年は特に思いで深いものがある。国際貢献が叫ばれる時代の中、1995年のスタート早々に阪神淡路大震災が起き、今年の事業計画を全て変更するべきではないか?と言う議論から始まった。


結果、両輪で国際貢献も併せて事業展開を行い、カンボジア等に出掛け実際に学校や井戸を創るお手伝いをする汗を仲間でかいた。


そして、その年同日3月16日には、宮中晩餐会を模して懇親会を行い、併せて東京(時の日本JC会頭)、広島(県知事)、大阪(セイブ・ザ・チルドレン)を結びテレビ会議を行った。福山JCを認証して下さった時の日本JCの会頭、鹿島建設の石川六郎さんに東京からテレビを通じて乾杯をして頂いたことがとても懐かしい!





そして半世紀である。


これから1世紀に向けて更に青年会議所の存在意義を高めて頂きたい。
 
【2010/03/27 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
文化が化ける
松方さん


「萩クロマグロトーナメント」
特大マグロを釣り上げた松方弘樹さん
山口県萩市見島(萩市水産課提供)


絶滅種を守るワシントン条約、国際会議で、中国がアフリカ諸国を味方につけた、その外交力、政治力は日本に朗報をもたらしてくれた。

民主党が脱官僚だとおっしゃるが、今回は、完全に水産関係の官僚方の成果に違いない!



マグロの輸入が取り敢えず安泰であったことでお喜びの方も沢山おられるだろう。



このニュースをテレビのワイドショー等が取り上げ、マグロを食べるのは日本文化だとおっしゃるが、私はこのマグロを食べるのが日本文化であると言うのは些か違和感を感じる。



確かに消費量の80%は日本と言われるし、お寿司やさんでのトロは上手い。



そして、最近デパ地下等でイベントのように行われるマグロの解体ショーなる大きなイベントが開催される。



私もある団体でマグロ解体ショーを楽しみ、そしてその場でマグロの美味を食させて頂き堪能したこともあるが、この解体ショーも考えてみると、余り上品とは言えないのではないだろうか?


違う表現をするとマグロ解体ショーは少し野蛮な気がする。


日本文化には、この野蛮な要素は似合わないようにも感じる。


そして、それを日本文化であると称するなら文化も化けて来たのかと感じてしまうのだ。



下北半島の大間で取れるマグロは高級であることで有名だが、魚は自由に海を泳ぎ渡るもので、国籍が本当にあるのかと感じる。



先日、釜山の市場の話を書いたが、そこで求めた魚を日本に持ち込む時に、検疫の必要はない。



どこ産だって構わないではないか!海は繋がっているからだ。




改めて日本の食文化について考えてみたいものだ!




それは、それとして、巨大マグロと格闘して釣り上げるのは凄いと思う。



私の友人にも松方弘樹さんに負けず劣らずの武士がおられるが、自然との闘いは壮絶で男のロマンなのだろうか? 
【2010/03/26 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
慮る(おもんばかる)に
桜
慮る(おもんばかる)広辞苑によると『周囲の状況などをよくよく考える。思いめぐらす。「相手の対面を―・る」』



民主党の生方幸夫副幹事長の小沢幹事長批判とも思われるサンケイ新聞のインタビュー記事を受けて、民主党執行部は生方氏の副幹事長職を解任と先週末からドタバタ劇が続いた挙句、一転続投。


解任を決めた時は、民主党に言わせると、慮ったということだが、何を慮ったのだろうか?

慮るより、鶴の一声か・・・?

見解の相違とか、考え方の違いとか、色々あるが、この考え方が違うということは、私はとても大切なことだと思っている。



例えば、仕事している時、問題が生じた場合、一般社員さんであれば


『こんな時、店長だったらどのように考え行動するだろうか?』



店長さんや部長さん達は


『こん時、社長だったらどのように考え結論を出すだろうか?』


と考え結論を導くことはとても大切なことであろうと思う。



桜前線が北上し、素敵な桜の風景を観て、生かされている自分をどのように感じ考えるだろうか?



『この方はこの美しい光景をご覧になってどのようにお感じになるだろう?』



この方は、時には神様であったり、親であったり、恩師であったり自分の大切な人であったりする。



木々の緑を観て美しい月を愛でて母の思いにに父の思いに心を寄せる。



よく使われる話がある、氷が解けたら何なる?




氷が解けたら水になる、そして春になるという答えも双方正解。



どのように考えるかなのだろう!




この度の民主党の生方問題、恐らく慮った先が、間違っていたのだろう! 


忖度(そんたく)するとも言うそうだが!


『この方ならどのように考えるだろうか?』


民主党諸君におけるこの方は小沢さんではなく、国民であるべきだったのだろう! 
【2010/03/25 20:00】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0)
巡業の集大成
みどり町催事
学校も春休みを迎え、進級、進学なさる方、そして就職なさる方も3月は期末で何かとご多用と思う。

年明けから、adidasを中心に各ショッピングセンターの催事を巡業してお買い得商品を提案させて頂いたが、今春の締め括り集大成として、福山市緑町の天満屋ハピータウン・みどり町店の中央のピロティーで本日から28日日曜日迄開催させて頂く。

私共もそれぞれのショッピングセンターに出店させ頂いているが、この天満屋ハピータウンは地元のお客様に愛されて四半世紀を優に超える。
ハピータウンみどり町店

今、話題のサンピアの西隣である。


当時は、このショッピングセンターも市内では大型店であったが、ポートプラザ、フジグラン等の出店により最近はどちらかと言えば小ぶりの店舗に見られる。

時代により変化するものだ!


改めてこのビルを見直すと、とてもコンパクトで買い易いと思う。



車を一寸停めて、覚悟しないで買い物に入ることが出来る。



今回は、春の集大成で私共はadidasのスポーツ衣料ばかりではなく、履物も充分に準備させて頂いています。



¥1,050~各種取り揃えています。



是非、28日迄にお立ち寄り下さい。




詳しくは
天満屋ハピータウンみどり町店 ニューヨークタイムス
電話084-931-9142にお問い合わせ下さい!
 



ご来店お待ちしております。 
【2010/03/24 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ツイていると言えば!
競技場

とっても幸運!ついてる!

不思議なことがあると言うか、守られていると言うか、念ずれば花開くと言うか、有り難い経験をした。

ここ最近、マドリッドの話ばかりで恐縮なのだが、私の息子が私達とは別行動で折角、マドリッドに行くのならと、サッカーのレアル・マドリッドの観戦のチケットを日本からインターネットで予約して確約の料金で然も、前方の席を取っていた。


そして、マドリッドにて、そのチケットを受け取ることにしていたのだが、試合が日曜日、到着した日が土曜日で、何と受け取る所が週末休みになっている。



落胆する彼、そして調べると銀行のATMで受け取れることが分り、早速、息子はATMに向ったのだが、スペイン語の表示で理解出来ない、チケットの発行が出来ない。



ホテルの戻り、フロント人に、ATMに表示をされる順番をスペイン語で書いて貰ってその通りに実行すれば出来ると思い、ホテルのフロント方には親切にメモ用紙にその順番を書いて頂いた。



そして、彼と一緒にATMに向う道中、困ったら必ず誰かが助けてくれる筈だ、『俺達は守られてる、自信を持とう』と話しながら向った。



するとATMの前に30歳位の女性が操作をしている。



出金かと思って待っていたのだが、何か印刷されるのを待っている様子。



画面を覗いた訳ではなく自然に飛び込んで来たのが、レアル・マドリッドのチケットではないか?
レアルマドリッド



間髪入れず、その女性に、『私達を応援して下さい、チケットをこれで受け取りたい・・』お願いした。



昨夜、出逢うスペイン人の殆どは英語は話せなかったので心配していたが、彼女は何と英語が堪能ではないか・・・!

ツイてる・・!


感謝します。



彼女は快く息子の手助けをしてくれて、見事チケットが印刷されて出て来た!



世界中、何処に居ても、天地の間で守られていることを実感
した瞬間であった。



そして、守られていることに互いに自信を新たにした。



そして、息子は地下鉄でスタジアムまで出掛け、サッカーの試合を楽しんだのでした。



心より感謝します!
 
【2010/03/23 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
ツイてますね!
スペイン広場のドンキホーテ
スペイン広場のドンキホーテさん!


連休ということもあり、手帳を見ながら、少し今月を振り返った!

そういえば、今月は海外出張に行ったのだった!


マドリッドに着いた翌日、週末ということもあり、街中はとてものんびりしたムードであった。



その日は少し遅めの朝食を9時頃頂いて、ホテルの目の前のスペイン広場には、あのドンキホーテの馬に乗った大きな像を拝することが出来る。

そして街並みをゆっくりと歩いてお昼を迎えた。

スペイン美術館


近くにたのTHESSEN(ティッセン・ボルネミッサ)美術館があるではありませんか?


折角だから、入ってみることにした。


流石、スペインでは有名な美術館だけあって、作品もさることながら、その風景も佇まいも素敵だ!



そして、掲示板にふと目をやるとモネが特別展を開催しているではありませんか?



時計を見ると1時半、モネの特別展は2時45分~。

モネ特別展


それではチョイとランチを頂いて戻って来てモネ様に再会と決め込んだ。



美術館を一旦出て、偶然にも近くに『銀座』と言う日本レストランがあるではありませんか?



私にすれば、とってもラッキー!


同行の息子には『また、日本食・・・』と少しひんしゅくを買ってしまったのだが、銀座に入ることにした。



素敵な日本料理のお店で偶然見つけたにしては素晴らしい~!



美味しい和食を頂いて、モネ様の下に戻った。



印象派のクロード・モネは私の好きな画家の一人でもあり、そして、今回のコレクションは相当数がやって来ていて、圧巻そものもだった。




今回の出張もとてもツイてる旅であった!



こういうのを万事好都合と言うのだろうと感じた! 
【2010/03/22 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
お彼岸
おはぎ




明日22日は、春分の日!
春のお彼岸を迎え、皆さん改めてご先祖様に御礼を申されたことだと思う。




お彼岸をシンプルに訳すEquinoctial week 即ち昼夜が同じということだが、日本語はもっと情緒的だと感じている。

春の彼岸に頂くのは、牡丹餅(ぼたもち)

秋のお彼岸に頂くのは、おはぎ!
おはぎとぼたもち、同じようでも、違うのだ!

昨年も申したことだが、古来日本人は『暑さ寒さも彼岸まで・・』と言い、そして彼岸過ぎても寒く雪が降れば『彼岸過ぎの七雪・・』等とプラス思考で自然と共存し知恵を言葉に表す。

即ち、生活する上でのバランスを保っているのだろう!


人はバランスを取る為に信仰を持つととても良いと思うと、先日、パラリンピックの話の時に触れた。


比較的温暖な瀬戸内で暮らす私達にも、今年の冬は寒いと感じた。


気温10℃を下回る生活が続き、ある日突然35℃に気温がなったら体に変調をきたすに違いない。



彼岸を境に、徐々に暖かく、そして灼熱の夏を私達は迎える。



体のバランスを夏へ向けた体へ創り換えて下さる時期になるのだろう。




そんな体のバランスを取ろうとする時に、墓参をしたり、或いは、遠くにご先祖様をお祀りされておられる方は、その方を思い感謝し、遥拝をされる時期がお彼岸なのだと私は捉えている。




今日まで無事にお育て頂きまして、ありがとうございます! 
【2010/03/21 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
兄弟仲良く
アディダスとプーマ
3月17日にPumaコーナーの開設のお話を書いた。

さんすて福山のadidasショップとオニツカタイガーの間に添えたが、これは兄弟仲をオニツカが仲裁した訳だ。


世界中を巻き込んだ兄弟喧嘩があった。


ドイツが世界に誇るスポーツブランド「アディダス」と「プーマ」兄ルドルフと弟アドルフは、製靴会社「ダスラー兄弟商会」を設立し、順調に業績を伸していた中、外交的で販売の指揮をとっていたルドルフと、職人気質で無口なアドルフは対立し、1948年アドルフはアディダスを、翌年ルドルフはプーマを設立した。



その後、オリンピックやワールドカップを舞台に、プラス思考で言えば、互いに切磋琢磨し、大きなスポーツビジネスが生まれてた言って良いだろう。



アドルフ・ダスラーが自分の名前と姓を縮めて「アディダス(Adidas)」と名付け、ルドルフは当初「ルーダ」としたが、抜けない感じがしたのでより軽快な印象の「プーマ(Puma)」というブランド名にしたという話だ。



以前、香港の商社でNIKE・USAのミス・ポリーと出会いを頂いた時、私達はプーマと発音していたが、彼女はピューマって発音したのがとても懐かしい。



話がそれてしまったが、世の中には兄弟が同じ仕事をすると中々上手く行かない等と言う人がおられる。



しかし、そのようケースも確かにある。



そして、adidasやPumaのような会社を分けるケースも沢山見て来た。



私にも二人の息子がいる。


我家は伝統的に兄弟仲良く共に力を合わせて助け合う好き伝統がある。


兄弟仲良く、永久に栄えて参りたい。

実篤


武者小路実篤さん、宜しく
仲良きことは美しき哉だ!



この連休、さんすて福山Pumaコーナー是非ご高覧下さい! 
【2010/03/20 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
2010春のハッシュパピーキャンペーン
2010ハッシュパピーフェア

春のREGAL WEEKに続いて、ハッシュパピー恒例のキャンペーンがやって参りました。

期間は本日3月19日(金)~4月4日(日)



今回のプレゼントは、B4サイズがすっぽりと入るオリジナルトーとバック、色は以前も評判の良かったベージュとグレーです。
Hush Papies


ハッシュパピーはアメリカで生まれ、全世界に展開しています。


特にカジュアルシーンに対応した春夏の新たしい商品のラインナップも勢揃いしてご来店をお待ちしています。


何と言っても靴は履き心地が一番大切です。

2010パピー


履きよい靴は毎日を楽しくしてくれます。



どうぞ、この春夏、新しいハッシュパピーをお試し下さい。


本年、1月末にハッシュパピーショップ・フジグラン神辺店は、福山市元町の天満屋福山店に統合致しましたので、福山市北部の方にはご不便をお掛け致しますが、福山駅前の天満屋福山店までお運び頂けば幸いです。

詳しくは、ハッシュパピー・スペシャリティーショップ 福山店 にお問い合わせ下さい。

福山市元町1-1天満屋福山店1階
電話 084-927-2170
 
【2010/03/19 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
よい国
よい国つくろう
1192国つくろう鎌倉幕府と覚えたことがあるが、これはよい国つくろうだ!

よい国つくろう!日本志民会議の全国キャラバンが福山にやって来る。



基調講演は、東京都杉並区長の山田 宏さん、そしてスピーカーは前横浜市長の中田 宏さん.

宏コンビだ!

今週のサンデープロジェクトでも取り上げられていた!

ご覧になった方も多いだろう!


そして松下政経塾の元塾頭の上甲 晃さんだ。


偶然にも政経塾の上甲さんとは、昔ご縁を頂いたこともあり、今回のテーマ『よい国とはいかなる国であるか?』で興味深いテーマであり、楽しみにしている!



それは政治家に頼ったり、誰かが何かをしてくれるのを待つのではなく自らが行動を起こして行こうという理念が中々素敵だと思う。



今の日本、どこか変だと思っている。



当然、民主党も見事に国民の期待を裏切ってしまった。


そして、自民党も既に賞味期限切れであることは否めない状況である。



私は今でも口惜しいのは、安部総理が病気とは言え、突然辞任したことだ。



美しい日本という抽象的な概念を唱えたが、中々それを説明仕切れなかった。



憲法を改正し新しい国創りを目指したが志中途であった。



活舌が今一歩だったことも小泉さんと比較すればその一因だったかも知れない。



本来の保守を取り戻すことが出来なければ自民党の再生もないだろう。



持論であるが、保守とは美しいものを美しいと言う事が出来、そして美しいものをきちんと守る力であると思っている。


それぞれのお立場、是非共お時間が許せば夢の『幸う国・日本』へのこの会議参加なさってみては如何でしょうか?




今週の土曜日3月20日土曜日、午後3時~福山市沖野上町のアルシェで開催される。



詳しくは実行委員会 電話0848-86-6666  
【2010/03/18 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
プーマさんすて福山に本日参上!
Puma
プーマさんすて福山に本日3月17日(水曜日)参上!アディダスに並ぶスポーツのブランド参上!

あのPumaプーマがさんすて福山にやって来た!


私共、さんすて福山のMRKスポーツに福山adidasショップと福山オニツカタイガーショップの間に新たにPumaプーマのコーナーを新設させて頂いた。


さんすて福山のローズ郵便局の目の前に赤看板,Pumaの白抜きマークが目を惹く!



何と言っても一寸男性的なアディダスと日本古来のコンセプトのオニツカとも趣を異にして、兎に角色遣いが可愛く斬新なのがPumaプーマの特徴でもある。特に女性の方にはお薦めです。


 今春のプーマは、何故かユニクロを一つのターゲット。
プーマTシャツ


従来のPumaプーマの品質はそのままに、¥1,000代からの大変お求め安いカットソーならぬTシャツ群が充実している。


Pumaプーマの参入でファッションセンス溢れるスポーツブランドが、さんすて福山に一堂に会したことになる。どうぞ、ご高覧頂ければ幸いです。

プーマ磁石


数に限りがありますが、お買上げ頂いた方に、アウトドアー、キャンプ、山歩きに最適、写真の磁石をプレゼント致しております。

詳しくは、さんすて福山MRKスポーツ
電話;084-973-2010にお問い合わせ下さい
 
【2010/03/17 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Sixth sense
大日方選手
Sixth sense五感に次いで第六感と訳すのか?



先週末から開幕したバンクーバー冬季パラリンピック14日のホワイトデーに嬉しいニュースが届いた。



アルペンスキーの女子回転座位で大日方邦子選手が、日本選手最初のメダル、銅を獲得したのだ。


とても素敵な笑顔だ!

北京オリンピック・パラリンピックの時も思ったが、あれだけオリンピックのニュースを地上波、BS等で放送されていたのに、殆どパラリンピックは取り上げられないのは、何故か民放はスポンサーがつかないからなのか?



NHKはどうなのだろう?


一寸否、とても残念に思う。


皆、頑張っている。


ハンディーキャップがある人は、それを他の器官が補うと言う。



即ち、人間にはバランスをとる秘められた能力があるのだと言われる。



何時も思うのだが、不便と不幸は違う、便利と幸福とは違う。


不便でも幸福なことは沢山ある。



そして、オリンピック、パラリンピックを問わず、一つことを成し遂げた人から出て来る言葉は『感謝』という言葉でもある。



その選手の背景に宗教があろうがなかろうが、辿り着くのは結局『感謝』の二文字なのだろう!



私は信仰とは、心と心、体と体、心と体、全てにバランスを創り出すことではないかと思っている。


それにしても、パラリンピックは素晴らしい!


ゴーグルしてても笑顔が見える!

女子10キロ
女子10キロ座位で優勝したL・Vauchokベラルーシ 

特にNHKは、しっかりと放送をし、そして政府も文科省だ厚労相だと縦割り議論をやめて、しっかりと応援するべきではないだろうか?

鳩山さんはパラリンピックはご覧にならないのだろうか? 
【2010/03/16 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
まるで息をしているようだ!
創作人形展
私の友人で、とても素敵な芸術家がいる。


三好寛治さんという。



彼は、人形を創作なさる。


創作の現場は拝見したことはないのだが、作品は何度も何点も拝見している。



まるで息をしているようにリアルだ。

創作人形


ある野武士が徳者に斬りかかっている様子を再現した作品があるが、実はその怖い野武士も三好さんの手に掛かると何故か優しそうに何とも言えず心を癒してくれるから不思議だ。
三好さん野武士人形


三好さんの人形


その三好さんのグループ、創作人形&フラワーグループアトリエONEの皆さんが



明日16日(火)~22日(月)迄の一週間、



福山駅北口から西へ400メートルの
福山美術館ホールでその作品展を催される。



時間は9;30am~5;00pm22日は4;30pmだ。入場は無料である。



是非共、期末でお忙しい中、福山近郊にお住まいの方は、訪れて心の清涼剤として頂きたいと思う。 
【2010/03/15 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ご恩報じ
ホワイトデー
ご恩報じという言葉がある。

簡単に言えば恩に報いることでもある。


今日はホワイトデーであった。


ショッピングセンターの特設売り場も、最終日駆け込みで結構、忙しそうであった。



一ヶ月前に沢山のバレンタインデーで頂戴した男性諸氏は、そのご恩に報いる為に、さぞや奔走なさったことであると思う。


2月も3月も日付と曜日が同じ関係で日曜日明けの明日もう一日頑張られる人もおられるだろう。


昔の話であるが、あるショッピングセンターの店長さん、多くの女性社員さんから頂戴したお返しに、台車にバナナを一房づつ載せて、売り場の女性社員さんにお返しに夕刻回られている姿を拝見して、さぞや大変だなぁ~と感心したことを思い出した。


商業ベースに乗ったバレンタインとホワイトデー、義理であれ何であれ売り場に活力が生まれる。


そして少しでも消費が刺激されることは望ましいことだと思う。


バレンタインデーのお返しは、最初はマシュマロだったような気がしたが、何時の間にかチョコレートが主流になってしまったようだ。


時が経つと、形だけが継承されるのは少し変な気がする。



ご恩報じの話に戻るが、人は神様にお願いする時は成就するまで何度も何度もするが、成就した後のお礼はたった1回で済ませてしまう。



例えば、妊娠をした女性、ご本人もご主人も実、義理を問わずご両親も安産を毎日のように祈願なさる。



そしてお陰を頂き無事安産!


ありがとうございました。


の一言で終わってしまう。



本来なら1回お願いしたら、御礼は10回は申し上げて良いように思う。


神様への御礼はホワイトデーとは違うからね! 
【2010/03/14 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
未だ間に合う!
親が育てば子は育つ

来週の火曜日、3月16日社団法人尾道青年会議所の公開例会として尾道の国際ホテルに於いて、高橋史朗氏の講演会が開催される。

テーマはOMIYARIを責任としてだ。


尾道JCは、福山JCのスポンサーでもある。


尾道JCメンバーの安部さんからお誘いを頂き、久振りに息子と出掛けてお話を拝聴させて頂くことにした。



親が子を創るのではないと言われる。


客観的に考えてみれば、その通りである。


子供を授かった瞬間に、親になる、親が生まれるのである。


子が親を産むのだと改めて思う。


それにしても、親子が似ているというのは、顔つきだったり体型であったりするのだが、やはり呼吸というか間の取り方、うなずき方なるものが自然と似てくる。

勿論、癖もそうだ!


親の癖

段々歳を取って来て、親に似て来たと自分自身で思われる方も沢山おられるだろう、その時に、多くの人は、親に似て来て何か嫌だっておっしゃるが、親に似て嬉しいと素直に言える自分になりたいと思っている。


子は親を選べない訳だし、今の自分が存在するのは親のお陰である。私達のお父さんとお母さんには、それぞれお父さんとお母さんが、またそのお父さんとお母さんにはそれぞれのお父さんとお母さんが、考えてみるとその繋がりは果てしなく凄いものだと今更ながら感心する。



今回の講演会、尾道JCにファックスを入れると入場の整理券をファックスにて即座に返信して下さるシステムだ。



今なら未だ間に合うと思う。


入場無料だ!


是非、ウォーターフロントの尾道で、素敵な話を聴いてみては如何だろうか


?詳しくはチラシの写真を載せておいたので参照下さい! 
【2010/03/13 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
出口か入り口か
カジノ
先日、地元の広島テレビを夕刻、一寸垣間見たらカジノについて短い特集をしていた。

石原東京都知事のお台場、亀井大臣の沖縄でのカジノ構想の話。


一般の視聴者の方にアンケート方式で聞いたら賛成が35%反対が55%だ。


コメンテーターの大学の先生は、カジノは賛成とおっしゃっていた。


私は福山にカジノ特区を創れば良いと思っている。


勿論、教育環境の問題もあるだろう。


治安の問題も言われる。


しかし、まちとしてやろうとするか否かが大切だと考える。


治安の問題もカジノのある地域は良いと言われている。


詳しいことは触れないが、昔でいう縄張りのようなものが抑止力になるかも知れない。
福山競馬


公営ギャンブルとして、競馬と競輪がある。


そして、表向きは換金出来ないことになっているようだがパチンコだってある。


何故、競馬はよくてカジノはいけないのだろうか?ずっと不思議だった。


私は基本的にギャンブルはしないが、競馬と言えば、競馬新聞を握って赤鉛筆を耳に掛けている小父さんをイメージする。この光景を思い浮かべても決して治安の良さは想像しない。


今は英国を見習って紳士のギャンブルのようになっているらしいが・・・福山の競馬の存廃が問題になっているが、以前にも述べたがその問題は別として福山は広島空港と岡山空港の中間に位置する。



この二つの空港を東京やアジアの出口と考えるのか入り口と考えるのかで街の在り方は変わってくる。




市長さん、一笑に付さないでお考え頂きたい。


候補地は幾らでも有るではありませんか! 
【2010/03/12 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
今春もやって来ましたREGAL WEEK
春のリーガルウィーク

春の恒例、REGAL WEEK プレゼントセールがやって参りました!


ダブルでうれしい、プレゼントWEEKです。


今回は明日、3月12日(金)~28日(日)迄の17日間。
第1弾は、12日(金)~18日(木)迄

写真のビジネスバックかリーガルオリジナルの素敵なお弁当箱。

このお弁当箱は、保温効果のあるケースに、電子レンジOKの弁当箱ですよ!

第2弾は、19日(金)~28日(日)最終日迄
こちらは、同じくビジネスバックか、春・夏に最高のマリンカラーのショルダーバック。



期間中リーガルの専門店REGAL SHOESで¥10,000以上お買上げの方皆様にプレゼント(但し数に限りがありますのでお早目にご来店下さいませ)



又、今回はダブルプレゼントとして、その場で当たるチャンスがあります。100名の方にお一人¥5,000分のリーガルギフト券が当たります。



リーガルと言えば、昔は固い、重たいと言うイメージがありました。

しかし、伝統を大切決してあきのこない、本物志向の物創りを精神にしていました。
現代のREGALは、その本文を追求する姿勢をきちんと受け継ぎ時代に即したデザイン、機能性を大切にしています。


是非、男性・女性のタウンにお洒落に、そしてカジュアルシーンに合わせてこの機会に本物のREGALをお試し下さい。


私共のREGALの専門店対象のREGAL SHOESは下記通りです。
ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ。



REGAL SHOES 天満屋ハピータウンポートプラザ店 
福山市入船町  天満屋ハピータウンポートプラザ店 2階
電話 084-971-1224


REGAL SHOES フジグラン神辺店
福山市神辺町   フジグラン神辺店 1階
電話 084-960-3156 
【2010/03/11 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
何語だって同じだ
スペイン料理のお店

折角スペインに来たのだから本場のパエリアに挑戦したいと思い、ホテルで地元の料理屋さんを紹介して貰った。

彼のお奨めレストランはパエリアはないけれど、兎に角、上手くて安くて最高とのことで『 EL Gaitero 』なる店に行くことにした。



時間が8時前ということもあり、お店はガラガラで一番奥の上席に案内された。


こちらでは、夕食は早くても8時半からが普通らしい。



そして、メニューを見せて欲しいと頼んだのが、メニューなど無いと手振りで教えられた。



兎に角、英語が通じないのだ。



ビールと言ってもワインと言っても通じない。ワイン等は世界共通語だと思っていたが・・・?



そして何とかビールは手まねで分ってくれ、そしてビールに合わせてソーセージを炒めた物が一品付き出しのようについて来た。

レストランの大将
ジョージ・W/ブッシュに似たレストランの小父さん!


さて、これから何をどのように注文するか考えたのだがメニューもないし、すると、ジョージWブッシュの親戚のような、マスターがやって来て、魚か肉かと多分聞いたのだと思う。


私達は皆で肉を注文した。


勿論、日本語でである。


兎に角通じないのだから、何語を話しても同じだ。



それなら日本語で話せば良いと全て日本語で通した。



するとちゃんとステーキが出て来る。


唯一通じたのはコーヒー。


しかし、カプチーノの積りで頼んだが結局出てきたのはエスプレッソの大盛りだったが、言葉が通じない世界なら充分日本でも勝負出来ることが分った!


結局、心と心の勝負で、言葉は通じないより通じだ方が楽しいが、結局手段にしか過ぎない訳だ。



マスター小父さんも上機嫌で私達に大サービスをしてくれ見送りまでしてくれた。




ありがとうございます!



ご馳走様でした! 
【2010/03/10 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
フラメンコと能
フラメンコ1
マドリッドで復路のフライトの関係で二泊出来ることになった。


夕食は地元の人しか訪れない一寸風変わりなレストランで食事を済ませた。


折角の夜、早く寝てもと思い、ホテルのフロントに相談したらTORRES BERMEJASと言う、フラメンコの劇場を紹介してくれた。


グランビアという目抜き通りにあり、ホテルから歩いても5分程度と近いので午後10時半からのステージを観に出掛けた。流石本場だけあって、中々圧巻であった。
フラメンコ2


ふとステージを観て、バイラオーラ即ち女性の踊り手は何故、辛そうな顔をして踊るのだろうかと考えてしまう。


魂の奥底から響く深い声(カンテ・ホンド)が、フラメンコの真髄なのか。
お能

何故か、フラメンコを観て聴いていて、私は日本のお能とダブってしまうのだ。


シンプルなステージ、男性の歌い手、カンタオール は、地謡、アコースティックギターにも似たトケは、囃子方か?



バイラオールにバイラオーラ、男性と女性の歌い手、所謂、シテ方にワキとか、ワキツレが?



幽玄能に観る、あのおどろおどろした感じ、そして辛そうな顔を観て何故か能の面を思ってしまう。




私はフラメンコのことは全く分らないので、フラメンコの名手である友人に一度確かめてみたいと思っている。



文化というは、それぞれの国や地域よって成り立つものだろうが、全ては神、そして人間の魂が創りだすもので、そこには、共通の概念が存在するのかも知れない。

【2010/03/09 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Breakfast
オレンジジュース

無事に帰国させて頂きました!


やっぱり12時間以上のフライトになると最近疲れたと感じる。



搭乗している時間は半日でも、途中の乗り換え等を入れると実質丸一日飛行機をお付き合いをしていることになる。



それでも元気で帰国させて頂き有り難く感謝します!


最近、ある人からの奨めで朝食を摂らない様にしている。私は、朝食はちゃんと摂らなければならないとの立場を取っていたのだが、しっかり内臓を16時間?は休ませてあげることが肝心だと教わり、その通り実践をしていたお陰で体調もすこぶる快調で、良かったと思っていた。


しかし、海外に出るとやはり、ランチを思った時に思うように摂る事が出来ない。



特に展示会場等にいるとキチンとした食事の時間もない挙句に、会場ではワイン等を出されたりする場合もあり兎に角、朝食をしっかりと頂いて出陣した方が良いと思い。



出張期間中は朝食を頂くことにした。



ミラノのホテルミケランジェロの朝食は素敵なのである。



先ず、オレンジジュースも自分でそのまま絞って頂ける訳だ。

友よし



夜は同行のスタッフに白い目で見られながらも日本食を頂き、体調もバッチリ、時差も無く、明日からは又、日本の生活スタイルに戻って朝食を抜いて頑張りたいと思っている。



一食抜くと、食事する時が余計に有り難く感じるのは不思議だ! 
【2010/03/08 21:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
マドリッドへ
バラハス空港
マドリード・バラハス国際空港

ヨーロッパで展示会がある時は、その年のホテル代金が2倍にも3倍にも跳ね上がる。




例えばデュッセルドルフのホテルヒルトン。

普段は一泊朝食がついて8,000円程度だが、展示会でメッセが利用されている期間は一泊が5万円とか7万円位になる。


足元を見るとはこういのうを言うのだろうか?そして展示会の最終日は、一泊が6,000円とかで通常より逆に少し安くなったりもする。



まぁ~しっかりしてる!


と言うことにしておきましょう。

ということで、私達は展示会の最終日は夕刻、第三国というか違う都市に移動して、そこで一泊して帰国の途につくのを通常している。


今回は、マドリッドに入って来た。
マヨール広場


私は一足先に帰国するが、同行のスタッフの一人は、もう一泊マドリッドに滞在してリアルマドリッドの試合を観戦して帰国することになった。


様々な国のお国柄を体験するのは、海外出張のもう一つの醍醐味でもある。


今回もお陰様で、良い仕事が沢山出来まして感謝しています。



いよいよ明日は帰国致します。


元気で無事に出張させて頂けて有難うございます! 
【2010/03/07 07:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ベースキャンプ
ミラノミケランジェロホテル

ヨーロッパだけではないが、海外のホテルに着くと、幾ら予約時点でバスタブとシャワー付きの部屋でBookingが済んでいても先ず、私の部屋はバスタブとシャワーが用意されているかと確認するところからスタートする。


仕事で訪れると観光地や日本人観光客が殆どいない場所にホテルととることが多く、リゾート、シティーホテルとは違い、ビジネスホテルになるので良い佇まいをしていてもバスタブがない場合が結構ある。


以前、ミラノでホテルが取れなくてやっとみつけたホテルは、シャワーはあったもののバスタブはなく、挙句にエアコンも効かないので窓を開けて寝ようとすると蚊が入って来て、大変な思いをして、ロビーに下りてソファーで仮眠をした覚えがある。


贅沢かもしれないがやはり、お風呂には足を伸ばして入りたいと勝手に思う。


2泊とか3泊で仕事のみで来ると日中忙しく動き回り、夜は時差と戦うわけでやはり、どう上手く寝るかが戦いの第一歩である。
ミカム会場



良い戦いをする為にはやはり良いベースキャンプが必要であることを学んだ。



今回も前回に引き続きお陰様でミラノ駅前のホテルミケランジェロに宿をとることが出来て大正解であった。



さぁっ~今日も感謝全開で良い仕事をさせて頂きましょう。


夕刻からマドリッドへ移動だ!

【2010/03/06 07:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Micam
MICAM

毎年の光景であるミラノ郊外のメッセ、展示会場である!

ヨーロッパは景気はもう一つのような感じだが、やはりミラノの誇る展示会とあって多くの来場者だ。



ここ数年、ロシアのマーケットの拡大によって来場者の構成が変わって来ているような気がする。


15年前に欧州に仕入れに来た際にはドイツはデュッセルドルフのメッセが賑わっていたが、時の流れと共に、デュセルドルフの展示会に出店しないでミラノだけに絞ってくるメーカーさんが増えて、数年前迄は、ドイツ・イタリアとハシゴしていたが、私共も次第とデュッセルドルフからミラノの展示会だけになった。



がしかし、最近又、ドイツが巻き返しを掛けてミラノからデュッセルドルフへと客が移っているようだ。



目まぐるしいものだ。


私共のメインのお取引先のドイツのピーターカイザーさんも前回迄は展示会場にブースを出していたが、今回は二日限定で私共の為に展示会場近くのホテルの宴会場を借りて下さって、そこで発注を出来るように配慮頂いた。




シュンクさん
ピーターカイザーのサビネ・シュンクさん


数ヶ月前にミラノに来るなら別にホテルの会場に出て行く準備あるが如何とメールを頂き、とても有り難かった。


次回からは、デュッセルドルフに私共のスタンスを移すかも知れない。


それにしても、ピーターカイザーのMs.サビネ・シュンクさんのお陰で好都合に仕事をさせて頂いた。


ありがたいことだ!

それにしても、デュセルドルフの同い年の大将が頑張ってるお寿司屋さん『森久』が懐かしく思い出された!
 
【2010/03/05 07:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
石畳
ミラノ石畳

成田からフランクフルトを経由してミラノは、リナーテ国際空港に到着した。

ミラノにはマルペンサ空港とリナーテがあり、長距離の場合の多くはマルペンサにそして、EUを含めて比較的近い空港へはこのリナーテを発着とする場合が多い。


私は兎に角ANAを利用するのでイタリアへの直行便がなく、フランク・パリ・ロンドンの経由になるので、どうしても深夜になってしまう。


しかしマルペンサはミラノ市内まで1時間半、リナーテは20分程度と幸運でもある。


夜の静けさの中で石造りの建物に囲まれ、オレンジ色の街頭に照らし出された石畳を踏みしめる度に、ヨーロッパに着いたのだと実感する。


夜も遅い時間になってレストランも開いていない。


日本から持参した簡単なものでお腹を満たして、いよいよ明日から仕事だ!


無事に到着出来たことに感謝してお寝すみなさい!



日本は今頃は朝だと思う!

日本との時差は-8時間だ。 
【2010/03/04 06:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
秋の準備
ANAラウンジ

毎年、3月と9月は恒例になったがイタリアはミラノでの展示会へ出掛ける時期になった!

今から15年も前になるが、私共の本店の店長と『私達もヨーロッパから直接買い付けをして、お客様に提案出来るといいなぁ~』話しながら天満屋福山店のエスカレーターを二人で降りたことを思い出す。

そして、不思議なことにその翌年、あるドイツ人との出逢いで、デュッセルドルフに視察に出掛け、その半年後から現在まで、店長とそして今ではもう一人のスタッフと3名で渡航させて頂けるようになった。

念じれば花開くだ!



思い描きイメージしたことは、そのようになると改めて感じて感謝の念が自然と湧いて来る!


ありがとうございます!


3泊5日が中心だが、時には飛行機のトラブルで途中で戻り、翌日から2泊4日のこともあった。




兎に角、慌しい観光など一切しない仕事だけの旅だが、少しでもお客様にお喜び頂ける商品を探して来ます!



今回もANAのラウンジで、ANAお蕎麦を頂戴して、スタートさせて頂きました。



9月に入荷する秋冬のコレクション、乞うご期待! 
【2010/03/02 19:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
息子が貸してくれた
日本で一番大切にしたい会社

坂本光司著『日本でいちばん大切にしたい会社』あさ出版。

最近、息子が『お父さん、これ読んだ・・?』って私に貸してくれた一冊だ。


色んな会社が紹介されている。


会社経営は5人に対する使命と責任を果たすための活動であると説く!


1.社員さんとその家族を幸せにする


2.外注先・下請企業の社員さんを幸せにする


3.お客様を幸せにする


4.地域社会を幸せにし、活性化させる


5.自然に生まれる株主の幸せ。



もっとなお話である。


一部の変な経営者を除いては多くの人達は皆、周りの人達を幸せにしたいと願って頑張っていると思う。


これは経営者だけではなく、お勤めの社員さん一人ひとり、ドクターであれ、弁護士さんであれ、又、主婦の人だって同じだと思う。


私は、そこで違いが出てくるのは、一心に思う強さの違いではないかと思っている。



そして『日本で一番大切にしたい会社』は、先ずは自分が経営させて頂いている会社で、自分が勤めている会社であるのだと思う。

そうでなければならないのだと思う。


それにしても、改めて思うが、子供が私に本を貸してくれるようになったことが、何故かとても嬉しいのだ!



お陰様で3月も無事にスタートさせて頂いた、共々に素敵な3月を感謝して迎えましょう!

有難うございます!

 
【2010/03/01 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード