『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
下駄の減り方を見れば分かる
下駄
 今月も素敵な一月を過ごさせて頂いた。そしてお陰さまでこの月、54回目の誕生日を迎えさせて頂いた。


私が日常お参りをしている教会では、私の誕生日に毎年秋の御祭が仕えられる。



絶対に忘れらない日である同時に、先祖祭でもあるので自らの誕生の日に先人の方にお喜び頂けることが何よりも嬉しい。


この世に産んでくれた母に先ずは感謝である。



昔の話だが、教会にお参りする人で即座にお陰を頂ける方と中々お陰を受けられない方は、下駄を見れば分かると言う話を聴いたことがある。
下駄の歯


仕事でも何でそうだ、つっかけるように前向きにサッサと歩く人は、前向きでお陰を頂けるのだそうだ。

その人の下駄をひっくり返して見ると下駄の歯の前側が磨り減っている。


そして何をするにも、ついでにとか、自らの意思を反映させることが出来ない人の下駄は、のけぞって歩き、後ろ側が磨り減っているそうだ。



強調したような話だが成る程と思った。


仕事でも何でもそうだ、前につっかけるように常に前進している人は、素敵なのだろう!
好きなところへ行く時は前のめりで走って行くものだ!



やはり、チャンスは先着順であるのだ!


9月も元気で共々に過ごさせて頂け有難うございました。 
【2009/09/30 19:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
大相撲はスポーツコーナーから引越しなさい
ガッツポーズガッツポーズ
大相撲9月場所は、朝青龍の優勝で千秋楽を締め括った!


またもや、朝青龍のガッツポーズの問題が今日のワイドショーで取り上げられた。




横綱としての品格を問う問題だ、否、時代が変わったのだから良いではないか?
挙句に、ガッツポーズではなく万歳だと見なせば良いではないかと、様々な意見が出される。
万歳なら良いとはチト違和感がある。



万歳は本来、掌を内側に向けて両手を挙げることを指す訳で、相撲、日本の文化に精通している人がおっしゃるには情けない。


太政官発布をご存知ないのだろうか?


ガッツポーズの是非を論じても、それは朝青龍の喜びの表現なのだから仕方がない話だ。



問題は、相撲を国の技、即ち国技、伝統文化として捉えるのか?

それともスポーツ競技と捉えるのかの議論を抜きにして何故、ポーズのことのみに話が走るのであろうか?




NHKですら、スポーツのコーナーで大相撲の結果を伝える。


正しく野球やサッカーと同じ扱いをしておいて、サッカー選手がゴールした時にはガッツポーズや手を叩いたりバック転をしたりするのと実態は変わらない。


大相撲の結果は、将棋の結果を伝えたりするコーナーで伝えるべきだと私は考える。



22回も連続して外国人力士が優勝している相撲ではあるが私は、やはり日本の文化伝統と捉えて欲しい。


そうでなければ、土俵に塩をまいたりする必要もないのではないだろうか?


大切なことは本質を考えることだと思う。 
【2009/09/29 19:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
The Makioka Sisters
細雪

フジテレビ系列、TSSを観ていたら、細雪の舞台公演のCMをしていた。
高橋惠子 賀来千香子 檀 れい 中越典子
主演で10月の初旬福山でも公演があるようだ。


中学生の頃は、サークルで毎月のように特にロシア文学を題材とした劇を市民会館に観に行っていたことを思い出すが、ここ何年も出掛けていないように思う。

暇がない、時間がないと言いながら心の栄養補給を怠っていたように感じる。


映画も良いが時には舞台も観てみたいものだ。

大阪船場で古い暖簾を誇る蒔岡家の四人姉妹、「鶴子」「幸子」「雪子」「妙子」の繰り広げる物語。


三女雪子の見合いから話は始まる。三女雪子は姉妹のうち最も美人なのであるが、なぜか縁遠く、三十路に入っても嫁げず姉の幸子夫婦が奔走している。
一方四女妙子は始終恋愛事件をおこして姉達をてこずらせている。



ご周知のように『細雪』(ささめゆき)は谷崎潤一郎の長編小説。

全編の会話が東京出身の谷崎が書いた大阪弁の異色の作品でもある。
上流の大阪人の生活を描き絢爛でありながら、それゆえに太平洋戦争前の崩壊寸前の滅びの美を内包し挽歌的切なさをも醸しだしている。


あの三島由紀夫が絶賛していたことを思い出す。
The Makioka sisters


さて、この細雪だが学生時代に細雪の外国語の題名を聞かれた時に、細雪だからFine Snowかと思いきや、その題名はThe Makioka Sistersであった。

確かに蒔岡家の姉妹の話だが、英語にしてしまうと、何とも色気もないものだと、やはり日本語の情緒は素敵だと当時思った。

谷崎潤一郎を読み直してみたいと思う。  
【2009/09/28 19:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
一日教養・一日休養
メリーゴーランド


民主党政権が誕生して、10日程が既に経過した。


子供手当ては分かるが、子供達の教育をどのように考えていくのだろうか?



折角、広島県のレベルも少しづつではあるが回復している中で、どのような施策がとられるのか気になるところだ、ゆとり教育といって、学習時間を減じたことによって様々な問題も生じて来ている。

皆が平等だという違った観念より、価値観の創造が失われた。


小さな頃はある程度詰め込みも大切であると言われるが、塾塾に頼る在り方から本来の学校教育の大切さを考え直さなければならない時期に来ていることは周知のことだ。私はやはり核家族化が多くの問題の根本原因にあるように感じてならない。



お爺ちゃんお婆ちゃんと暮らし、周りに気遣いそして、婆ちゃんの知恵なるものも沢山子供達は吸収出来る環境があって良いのではと考える。



やはり、親子三代で暮らす家庭に対して政府は支援をしても良いのではないだろうか?



パナソニック、松下電器が、昔、他に先駆けて週休二日制度を導入した時に、松下幸之助さんは、頂いたお休みの二日を一日休養、一日教養とおっしゃっておられた。

しかし、お国はゆとり教育等とおかしい事を言って学校を週休二日にして失敗をした。


日々、どのように教養をつけていくかが便利な世の中を生き残る大きな課題であるように思う。

【2009/09/27 19:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
過大広告はどこまで許されるの?
木村拓哉

最近は面白いCMが多い、先日テレビを観ていたら洗顔料か?



ギャツビーのCMに偶然に出逢った!


木村拓哉にもう一人の役者さん(名前が分からず誠に申し訳ないのだが)コロッケに似た役者さんが出演するのだ。


そのコロッケに似た彼が顔を泡状のギャツビーで洗面台の前で洗い、ブルッとして顔上げて鏡を見ると、何と木村拓哉に変身しているのだ!


この洗顔料を使えば皆、木村拓哉になれると思ってしまう。



私も使おうと思ってしまう位だが、そんなことありようがない。



有りようのないことは、過大広告にならないのだろうか?


JARO公共広告機構?に聞いてみたいものだ。



たこ焼きに蛸が入っていないと叱られるが、ブルドックソースにブルドックが入っていなくても叱られないのと同じなのだろうか?


それれにしても、世の中皆、木村拓哉になってしまったら大変なことになってしまう!


皆、違って皆、良いのだ!
【2009/09/26 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
私も水だ
セキュリティーチェック
パリシャルルドゴール空港セキュリティーチェック


連休明け、社用で東京に何時ものようにANAの便で出張に出掛けた。


空港で改めて思った。



ジョージWブッシュの史上最低と言われた合衆国大統領によって、飛行機に乗ることがとても不便になった。


国内線の場合は、ペットボトルを一寸変わった機械に置くと、危険物か否か即座にチェック出来、機内に持ち込むことが出来る。


しかし国際線は兎に角、水分は駄目。


2006年11月より1容器に対して100mlを超える全ての液体物を持ち込めない。


以前は空港での待ち時間の為にお神酒を買い込んで行っていたが、それも駄目。チーズや瓶入りジャム等も規制の対象になる。


今回のヨーロッパ出張ではミラノからローマへは電車を利用した。

イタリア鉄道


電車は、飛行機のそれと比べて楽であり、時間さえあれば楽しい!



以前、飛行に乗る前にバンコクのレストランで食事をして、そこで出された前菜がとても美味しくお店で瓶詰めにして販売していたので、買って帰った。


2泊3日の為、荷物も小さかったので手荷物で機内に持ち込もうと思ったのだが、その瓶詰めを買ってたことを思い出したが、何とかセキュリティーチェックを通過出来ると甘いことを考えたたがやはり、ひっかった。


そして瓶詰めを出して、係員は中の水分をビニール袋に出したのだ。



ご丁寧に指をその瓶の中に突っ込んで大変であった。

『知らない人が指を突っ込んだ物なんか、もう食べられない・・・』



そこで、私は思ったのだ。



そして主張したのだが受け容れられなかった。



『あなたは、この瓶から水分だけを取り出そうとするが、恐らく水分は10%にも満たない。


私たち人間の殆どは水分なのだ!私からもこの水分を抜くのか?・・・』




と聴いたのだが笑ってごまかされた!



私も殆どは水なのだ・・・

【2009/09/25 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
やれば出来る?もう一言たさなければ・・
鳩山首相国連で演説


民主党政権になって、鳩山総理、外交で活躍されている。大いに結構なことである。頑張って頂きたい。
そして、山ツ場ダムの問題もマニフェストに掲げたこともあり、これからが正念場だ。そして子供手当てが支給される。




中学校修了までの子どもに、一人当たり月額¥26,000の「子ども手当」の支給を実現する「子ども手当法案」だが、来春から先ずは、その半額の¥13,000からスタートのようだ。


高校大学と一番お金が掛かる子供さんを持っている家庭は逆に増税になるようだが、致し方ない。


以前、所得の高い家庭の子供ほど高学歴であるとの調査が伝えられたこともあったが、先ずは、子供達が学べる環境を創ることが大切であるようにも感じる。



目指すものはそれぞれあって大いに結構であるが、子供達に対して未来への夢をビジョンを明確に出来るように親達が示すことがお金を支給することにも益して大切ではないだろうか?



振り返ると私は出来の良い子供ではなかった。





学校でテストや試験の結果が悪かった場合に母は何時も私に言っていた。




『あなたは、やれば出来るのよ・・』


そうやって育ったお陰で何時も自分は『やれば出来るのだ・・』と思いこんでしまっていたのだ。


確かにやれば、出来るのであろうが、やらないから問題なのだ。



子供には『やらないと出来ないよ・・出来る人になりたいなら、きちんと努力しなさい・・』


と本当は伝えなければならないのだ。



『あなたは、やらないから出来ないのだ』



しからば、『やれば必ず出来る』全てを伝えきることは、中々難しい! 
【2009/09/24 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
立ったままソックスを履いてみる
一輪車


以前、友達のブログを読んでいたら、靴下をたったまま『エイッ・・』て履けないと言うか、履こうとするとバランスを崩してしまうという話が出て来た。



 足の研究をしている私としては、日々変形性膝関節症の診断を受けた方や足に痛みや障害をお持ちの方を拝察することがある。


何でもそうだが、全ては心と体のバランスが大切だと思う。


人間年を取ると様々な機能が低下して、バランスが崩れる。



体の左右もそうだ。



 今年になって、ダイエットに取り組みお陰さまで5キロの減量に成功した。



考えてみると昨年は、座ってソックスを履いていたが、ダイエットに成功した後は、不思議と立ったままソックスが履けるのだ。以前はパンツだって座った方がはき易いと思っていたが!


「ロコモシンドローム」、「ロコモ」と略されることもある。

日本語では「運動器機能低下症候群」と言われる「ロコモティブ」は所謂機関車、本来、「原動力」、「強力な推進力」という意味だが、医学書では人間の身体の首から下の骨、関節、筋肉、神経など、内臓を除いた部分のことを言うようだ。

内臓脂肪等の原因でして糖尿病や高血圧、高脂血症によって動脈硬化から心臓や脳血管の病気につながるメタボリックシンドロームと対になる症状である。

骨や関節に障害が起こり、寝たきりなど介護が必要になる危険性の高い状態をさしている。

加齢だけでなく、運動不足になると踏ん張りがきかない上に骨がもろくなり、転倒による骨折が増えることが多い。

座って靴下をはく人は体のバランスをとれず、踏ん張りがきかなくなりつつあることを示しているとドクターは言う。



皆さん長生きをするにあたり、元気で(自力で歩くことが出来る)長生きをすることが大切だ。




昔お世話になった外科の先生は面白い人だった。


診察室でバイオリンを弾いてくれたり、ローラースケート履いて病院を移動したり、駐車場で一輪車に乗ったりで最期までお元気で長生きをなさった素敵な先生だった!




そういえば私の娘も子供の頃、一輪車に乗っていた!


心も体もバランスよく共々に元気で明日はソックスを立ったまま履いてみませんか?


【2009/09/23 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ROMA was not built in a day.
三谷直二郎
ローマは一日してならずだ。

私の敬愛する叔父が、ロシアに旅立った。



世界ベテランフェンシング大会への出場の為だ。

喜寿を迎える叔父は若い頃からフェンシングに打ち込み、私財を投げ打って若い人達を育成して来た。

現在でも高校生や子供達のフェンシングの指導に余念がない。



半世紀以上に亘り、フェンシング一筋である。




ROMA was not built in a day.




三谷杯争奪戦等、地元の選手達に取ってはある種神様のような存在でもある。


一つ事をコツコツと遣り遂げる姿には平伏である。


ここ数年はヨーロッパを渡り歩きフェンシングの大会に出場している。


若い頃は、国体等にも出場し現役を引退してからは県の監督を務めて未だ一線で頑張っている。


勿論、今回の世界大会においても優勝を狙って欲しいが、先ずは元気な姿を世界に見せて頂きたいと親族の一人として願うばかりだ。



幾ら人は格好付けても一日してはならない。



凡事徹底の姿に改めて学びを頂くと同時に老いとは年のことを指すのではないと感じる。



情熱が全てであることを実践する姿に大きなエールを送りたい!

【2009/09/22 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
雨が降ったら傘をさせば良い。長靴を履けば良い!
レインシューズ

時折お客様から質問をお受けすることがある。



『雨が降った時に履けばよい靴はどのような物ですか?』



答えはとてもシンプルなのです。



雨が降ったらゴム長、所謂、雨靴がベストなのです。靴を履いて雨水が浸みてこないような素材は確かにあるが、女性のパンプス等は、実は靴の履き口から雨が靴の中に入る場合が多いので、いくら底から水が浸みなくても、解決は出来ないとお考え頂いた方が良いと思う。


何でもそうだが、問題が生じたらそれを解決出来る施策をすることが一番大切なのだ。




松下幸之助翁が『雨が降ったら傘をさせ』名言である。




水を得た魚という言葉があるが、私は水を得た長靴と表現する。



色んな問題も沢山あるが、雨が降ったら雨宿りをしたり、傘をさしたり、そして長靴を履いたりすれば良いのだ。自然に逆らうことなく、全ての恵みに感謝したいものだ。



先日、関東を見舞った台風の時に、丁度東京に出張していたが、お陰で殆ど濡れることもなく、万事好都合であった。


ここ最近、とても爽やかな日々だが、これから台風シーズンがやってくる。



何時も述べているが、水害の教訓は中々生かされない。



今年は被害がないように願う!
【2009/09/21 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
無事に帰国
ミラノ風景

お陰をもって無事に帰国させて頂いた。


毎回展示会の前日の夜、ミラノに入り明日からの展示会に備えるのだが、石造りの街の風景は何とも言えない趣がある。



静かに自分を見つめ、そして明日からの闘志を燃やすには持って来いでもある。


秋冬物の仕入れに比較して春夏物の仕入れは、単価も下がり、精神的には少し楽でもあるが、一人でも多くのお客様にお喜び頂けるような品物を準備したいと念じてスタートさせて頂いた。


広島空港掲示板

海外から帰るとジェット・ラグ所謂、時差に苦しめられると言うが私はお陰なことで、翌日からシャキッと動き回ることが出来る。



逆に、出掛けて行った時の初日が結構大変なのだ。



夜中に目が覚めたり、或いは携帯電話のメールが日本と時間帯が違うこともあり、起こされてしまうが、今回はこちららの時間に合わせて電源を切らせて頂いていたお陰で上手く運んだ。



総理大臣になると0泊3日で海外を飛び回ったりされるが、やはり一日程度はゆとりを持って予定を組みたいと改めて思った。



何れにしても元気で帰国させて頂いたことに感謝感激。




どんなに素敵な国や街に出掛けてもやはり、日本が一番良いと改めて思う。



そして、海外で日の丸を見た時には感激する。



多分、国旗掲揚反対者でも、同じようにお感じになるのではないだろうか? 
【2009/09/20 19:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ミラノ⇒ローマ
ローマスペイン広場

ミラノの郊外で開催される半年に一度の展示会、昨年はリーマンショックで北欧系の人達の来場も少ないように感じたが、今年は結構な賑わいであった。



半年振りにヨーロッパのメーカーさんとお話をさせて頂くと、やはり日本の政権交代について質問される。世の中狭くなったものだと感じると同時に、日本経済に対して相当の関心もあるようだ。



日本マーケットについて、今後の見通しを質問されたりで、大袈裟ではあるが、海外に出掛けると自分がつい日本人の代表のように錯覚してしまう。



麻生前総理が外遊すると高揚するとおっしゃっていたことを思い出す。


鳩山さんは冷静にいることが出来るのだろうか?




予定通りの仕事を順調に万事好都合に果たさせて頂き充実感と共に、今回はフライトの都合で電車でローマ入りさせて頂いた!

全ての道はローマに続くか・・・!



ローマは27年振りになるが、旅行で来るのとは違うが、時を経ても変わらない街並みが素敵だった。



明日は帰国の途に着くことが出来る。



MRKレディースも無事に開店させて頂き、REGAL WEEKもスタートして、帰国したらより忙しいシルバーウィークが待っている。


頑張れ!

ニッポン! 
【2009/09/19 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
33年特別企画秋のREGAL WEEK
REGAL WEEK



様々な意味で暑かった夏も一段落!



お洒落を楽しむ秋がやって参りました。



私は、やはり夏より秋や冬が好きです。



勿論、お洒落を楽しむことが出来るからでもあります。


 皆さん、大変お待たせ致しました!


半期の一度のREGAL SHOESプレゼントセール33年特別企画が本日よりスタート致しました。


全国143店舗一斉開催です。


今回も1万円以上お買い上げの方に今だけのプレゼント。

2WAY BAG(ショルダーバックにもウエストバックにも使えます。 


 色は黒・ベージュ・オレンジの三色、そして、たっぷり入るトートバックの何れかを差し上げます。


本日9月18日~9月27日迄、数に限りがありますのでお早めにご来店下さい。


秋冬の商品も、しっかりと充実して品揃え満点です。


私共の店舗、

天満屋ハピータウンポートプラザ店 2階 
フジグラン神辺店 1階のREGAL SHOESにご来店下さい。



お問い合わせは、


REGAL SHOES ポートプラザ店
           電話;084-971-1224 

フジグラン神辺店
           電話;084-960-3156
 
【2009/09/18 19:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
MRKレディース 新装OPEN
ルイシャンタンポーチ
ルイシャンタンの素敵なポーチをプレゼント 

いよいよ、明朝10時開店!


MRKレディース!



さんすて福山にて、オープニングセールを併せて開催します。



「レイドロップ」

「ルイシャンタン」

「ドレスキップ」

「エスアールエスギャラリー」

のブランドを展開させて頂きます。

これで、シューズにスポーツ&カジュアルウエアそして、お洒落なワールドコレクションを幅広く提案させて頂くことが可能になりました。

ワールド


最近はセレクトショップが一世を風靡しているが、そのセレクトショップをもう一歩深く踏み込んでより専門性を持たせた店でもあります。



MRKシューズ・MRKスポーツ(アディダス・オニツカ)そして、MRKレディースをご高覧頂き、飛び切りの一品をお探し頂ければ幸いです。


詳しくは、福山駅前、さんすて福山一階MRKレディース電話084-927-2323にお問い合わせ下さい!



お買い上げの方、皆様にルイシャンタンのポーチをプレゼントさせて頂きます。 
【2009/09/17 19:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
シルバーウィーク
ANAラウンジ
毎年、何度か海外に仕事で出掛けるのだが今年は選挙もあったりで、タイトなスケジュールになってしまっていた。

半年振りに今年もミラノに向かい、来春の展示会で発注を行う為に、スタッフ共に今日から出発する。


何時ものようにANAさんにお世話になりパリを経由してミラノまで入る。


海外に出掛けると乗り換え乗り換えで相当の時間を取られることになるが、普段読書から遠ざかっている分を取り戻したいと思っている。


父に時折言われる、海外に出掛けたら、その土地にしかないものを観たり、時にはゆっくりと時間を創ることも必要だと。



しかしながら、結局三泊四日程度で駆け足の出張になってしまうが。シルバーウィークを控えているせいか、空港は多くの人がおられる。


ゴールデンウィークに続いて、9月24日と25日に休みを取ることが出来る人は10日間の旅行が出来る訳だ。


シルバーウィークは、お年寄りの週と勘違いしてしまう。



他に良いネーミングはないものか?



若い人達で賑わっている。私は、それこそ、シルバーの仲間入りする60歳位迄は仕事に奔走して駆け抜けるもの良いのだと自分に言い聞かせながらいざ出陣!


そういえば、昨年は自民党総裁選の日出発したが、今年も今日は、総理が来ます日だ。



これから11時間のフライト、今回は気になっていた本達に挑戦。


鞄がそれだけで重たい!

それでは行って参ります!



【2009/09/16 10:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
雷門と虎ノ門
再開発コーディネーター協会

先日、東京・虎ノ門において『再開発ビル』におけるリニューアル(再生)やリノベーション(機能更新)の事例研究に対する座談会が開催された。


㈱アイシーエム企画の 飯村 博 社長のコーディネーターによって会が進められ非常に多くの学びを頂戴した。



飯村氏は今から30年程前、私達の再開発黎明期にご指導を頂いたこともあり、懐かしくもあり、とても和やかな座談会になったことに改めて感謝したい。



それぞれの地域において、再開発の第一線でリノベーションを推進しておられる方々は、皆勉強家でありそして、それを背景にしてとても雄弁な方ばかりであった。



持論であるが、再開発事業には多くの地権者の方々の理解と同意がなければ進めることが出来ないが、その前提条件として再開発関わる以上、我情我欲を捨てさり、開発されたビルは個人のものではなく、公のものであると考えなければならないということだ。



戦後、第一次再開発のビルの建て替時期を迎え当時は街の為に創られた物が今は、街のお荷物になっているケースが多い。



改めて私達も再開発の意義、本質を考え直さなければならない時期に差し掛かっているように思う。


銀座線虎ノ門駅

今回は虎ノ門にある再開発コーディネーター協会で開催をされ、地下鉄銀座線の虎ノ門の駅に降り立った時に思い出し笑いをしてしまった。


雷門


30年程前、会社の出張で上京した際に、後からやって来た社員さん(始めての東京出張)と浅草の雷門で待ち合わせをしていたが、現れない。



当時は携帯電話もなく直ぐに連絡が取り合えない状況で、落ち合うまで大変な思いをしたことがあった。

私は雷門で、社員さんは虎ノ門で待っていたのだ。




何故かのんびりとした古き良き再開発がスタートした時期を思い出していた。 
【2009/09/15 19:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
大切なものを守ろうとする心が強さだ!
手塚治虫
フジテレビ開局50年、手塚治虫生誕80年を記念して先日、フジテレビ系列でジャングル大帝のアニメが放映された。


20XX年地球。


人類は、止まることのない環境破壊に困惑し、壊れていく自然、減っていく動物たちを守るために、人工のジャングルを作るというプロジェクトがスタートする。



 国連から委託を受けた「エターナルアース」CEOの大山賢造は、人工的な「ネオジャングル」の開発に成功、ジャングルで育った動物たちは一同にこの世界での暮らしを強いられる。



 この世界で生まれ、のびのびと育った白ライオン“パンジャ”の子レオ。臆病者のレオはいつも仲間たちにからかわれていた。


「いつかはお父さんみたいにジャングル大帝になるんだ!」と誓うレオと、何不自由なく育ちネオジャングルの偉大さを信じて疑わない大山賢造の息子・賢一が出会うことで物語は始まる。





『レオ、おまえは強い。


強さというのは大切なものを守ろうとする心だ。おまえの中にはその心が育っている。レオ、もっと強くなるんだ。』



レオのお父さんジャングル大帝パンジャはそう言い残して息を引き取ったのだ。


黒豹のトトは実は人間に創られたクローン。



『人間は何でも創って支配して要らなくなったら殺す』クローンの仲間を失敗作だと全員殺されて自分だけが逃げ延びて生き残ったトトは人間を憎んでいた。



最後の死ぬ時も「オレは人間を許さない」と言って。

手塚治虫記念館



クローン技術を私は受け容れ難い。



丁度先日のニュースで見たのがEM細胞だったかで色々な細胞を造る技術で精子も作り出すことが出来たとか出来るとか‥不妊治療に悩む夫婦に朗報…と。



子どもは授かり物と思うなら、授からない時には授からないなりの人生があるのではと感じる。



その人その人の立場によって考え方は違ってしかるべきであるので、あくまでも私見としてご理解賜りたい。


クローン技術で生命を創り失敗したら殺す―消去するとアニメの中で言った。



全てを創り支配し神になろうと思い上がったケンイチ君のお父さん―博士。



生命を創り出す―神の領域にまで踏み込もうとしている傲慢になり過ぎた人間への警鐘だと、ジャングル大帝は伝えたかったではないか?


今年、手塚治虫記念館を訪れた時のことを思い出した。 
【2009/09/14 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
肖像画を描いてもらおう
徳川家康肖像画

徳川家康三方ヶ原戦役画像 
(徳川美術館所蔵)
 



三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)


有名な戦が元亀3年と言うから1573年起こった。



天下をとった徳川家康もかつては武田信玄率いる武田の軍勢に三方ケ原において生涯一度だけ歴史的大敗をしている。


唯一の敗戦として有名な話である。


浜松城に戻った家康は、苦渋の表情の肖像画を描かせ、これが現在、徳川家康三方ヶ原戦役画像、通称「顰像」しかみ像として残っている。



これは一般に、血気にはやって武田軍の誘いに乗り、多くの将兵を失った自分に対する戒めとして描かせたとして知られ、この後に熱くなった自分を抑えるために絵を見て自重していたという逸話が残っている。



軍略の重要性を自らに確認させていたとも言われ、家康は、その経験を忘れないように肖像画を描かせている。


負けた時こそが一番大切でもある。




恐らく、徳川家康は、この三方が原の戦いで敗れたからこそ、天下を治めることが出来たのだと思う。


次代を担う、大物議員の皆さん、今回奇しくも総選挙で敗れた先生は再起、天下取りを誓って肖像画を描かせてみては如何だろうか?


私も友人の画家、トライさんに以前、肖像画を描いて頂いた。



自らに客観的に向かい合うことが出来て将来を考える静かな時間を持つことが出来て感謝している。


【2009/09/13 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
飴色の靴
REGAL2073BR
REGAL 2073 BR



 アメリカのエスタブリッシュメントが息子が成人したらブルックスブラザーズでスーツを誂え、ジャックダニエルを一緒に嗜むと書いた。


その話を聴いた時、私も実はあることを考えていた。

スーツの話は別にして、最初に買ったタキシード自分の一番大切にしていた靴を二人の息子に譲ろう!


 それは飴色の、REGALのジョットバーブーツ!


ジョットバーブーツとは、写真にある乗馬用のブーツの形の靴で所謂、ショートブーツであります。



実は、この靴私が22歳の時に買って、直ぐに廃番になってしまった今では幻のブーツなのである。



品番REGAL NO.2073の茶色!


 黒色も欲しかったのだが、既に在庫切れでありました。
通常よりも足入れの良い靴で24.5センチの私が23.5センチで充分に入る程のサイズであった。
とてもお気に入りで、今でも大切にして年に1.2度は、そっと履いて楽しんでいる。


考えてみたら、30年も大切に手入れして愛用していることになる。



REGALの靴の良いところは、オールソール即ち底を全て交換出来るところにある。
 底を交換すると大体新しい靴を買う場合の半分程度のコストが掛かる為、ある人は、それなら新しい靴をもう一足買った方が良いと言う人もいます。


実はそれは大きな間違い!


 履きなれて自分の足に馴染んで来た素材は、そのままに底を張り替える時には、その品番と同じ木型にもう一度入れ直し釣り込みをして底を打ち替える。



従って、履き易さをそのまま残して形を完全に復元してくれるのです。


そして何も益して環境にも優しい!


 私は子供に靴やタキシードを承継たかったが、結局息子達は私より身長も足のサイズも遥かに大きく、靴や服を譲ることは出来なくなった。


しかしながら、人や物や環境を大切にする


そんな気持ちや人を思い遣る心を譲り渡したいと思う。
 
【2009/09/12 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
警察にもお買い得感が必要だ
免許更新
そう言えば、今年の1月だったか交通違反で過去20年も続いていた無事故無違反の記録を更新がストップした。


その時は事故に遭わずに良かったと感謝したが、今回免許の更新手続きに福山東署に出向いた。



何と、一回の違反でゴールド免許からいきなりブルーラインの免許になってしまった。


それはそれで仕方がないことだが、やっぱりゴールド良いとい感じは否めない。



やはり、警察も運転者の心をくすぐるようなことをするものだと改めて感じ、事故や違反のない運転を心掛けなければならないと思った。


更新手続きに¥2,550そして、交通安全協会に入会が¥2,500。結構な金額だが、この会に入ることに対するメリットについて、文書は頂いたが尋ねなければ明確な説明がない。


そして3年で¥1,500。4年が¥2,000。5年で¥2,500。の会費、おっしゃるまま¥2,500を支払ったが何か違和感があるのである。



説明もしかりだが、商売をする者とすれば、
1年間が即ち¥500なら3年まとめて入れば例えば¥1,350とか、
4年なら¥1,600で
5年なら¥1,750とうお買い得感があって良いのではないかと思ってします。



某紳士服屋さん等は、スーツ2枚目半額とか、2枚目¥1,000とかとしているではないか?




警察は民営化されることはないだろうが、ゴールド免許を創る程度の感性があるのだし、交通安全協会は別組織なのだがから、もう少しお考えになられたら良いと思うのは私だけだろうか?

それにしても新たな気持ちで、無事故無違反を目指して運転すること誓った。

今迄の免許で無事に過ごさせて頂きまして有り難うございます。

 
【2009/09/11 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
やって来ました!Hush Puppies キャンペーン
Hush puppies 秋のキャンペーン

お洒落を楽しむ秋がやって参りました。


恒例のHush Puppies キャンペーンが明日9月11日~27日迄開催です。


キャンペーン期間中、ハッシュパピーをお買い上げの皆様に写真のA4サイズのトートバックをプレゼントさせて頂きます。


色は、ワインレッドとグレーの2色の中からお好きな色をお選び下さい。


ハッシュパピーの今シーズンのてーまは、Togeher in Hush Puppies素敵なデザイン性にハッシュパピーならではの履き心地を追求し、それぞれのシーンに溶け込めるように思いを封じたラインナップです。



 私共は足と靴の研究所とタイアップして、より一層の履き心地向上の追求も致しておりますので、何なりとご遠慮なくご相談下さい。


 詳しくは当店、取り扱い店舗までお問い合わせ下さい


福山市元町1-1
天満屋福山店1階 婦人靴売り場 Hush Puppies
電話;084-971-2170



福山市神辺町
フジグラン神辺店1階
電話;084-960-3356
【2009/09/10 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
merci beaucoup
ヴィヨンの妻
merci beaucoupを5回も繰り返した!



誰に『ありがとう』を5回言ったのであろう根岸吉太郎さん!



この5回の最初は太宰さんにであろうか?


それとも支えたスタッフの方であろうか?



昨年の「おくりびと」につづき、「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ』が、モントリオール世界映画祭で最優秀監督賞を受賞した。



これと言って派手でない映画が海外で評価されるのはとても嬉しいことだ。



戦後の混乱期に、酒飲み、借金、浮気を繰り返す小説家を献身的に支える妻を描いた作品だが、太宰治らしい内容である。




観てから読むか?読んでからみるか?

「今回は読んでから見る」である。



一つの日本文化の感覚が世界で評価されるのは、非常に興味深い。


10月には映画が公開されるようで、是非共、拝見したいものだ。



私は太宰文学は余り好きではないが、高校生の頃、結構読んだものだ。



どのように映像で表現されているかを楽しみしたい。




それにしても、やりたい放題やっちゃった麻生さんを陰で支える妻は、政府では、河村官房長官。


党では細田幹事長?




今回の支え役は、若林正俊さんになっちゃった訳だ!



何でもありの最近の自民党だ!


やっぱり変だ。『どなたか、我こそは自民党の代表になって変えてみせると手を上げることは出来なかったのか?』

若林参議院議員


若林さんの何とも言えないおっとりとした面持ち風体が、代打としては良かったのだろうか?



野球において、代打にとって一番よくないのは、見送りの三振だと言われる。



16日に国会でヴィヨンの妻を演じ、しっかりと大振りして空振り三振をと思い打席にお立ちになられるのもよろしいと存ずる!


麻生さん、若林さんにmerci beaucoupをお忘れなく! 
【2009/09/09 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ちょっとまった!青島だぁ~
ちょっとまった!青島だぁ
そうそう、青島幸男のこと思い出していたら、私の父とダブってしまった。


青島さんは、知事として問題山積まま引退され、厳しい評価を頂かれたようだ。



私の父は、先日、英国に旅行したことを書かせて頂いたが、19日に期日前投票を済ませ、翌日の8月20日に出掛け、総選挙の投票日に帰国したのだが、青島幸男が二院クラブから参議院議員に立候補した時に、彼は選挙のスタート共に海外に出掛け、投票日に帰国するという一寸変わった選挙をしていたことを思い出した。

特別に選挙運動をしない不思議さが当時の世の中に受けたようだ。


この度の選挙で、そこまでする勇気ある候補は一人もいなかったようだ!




期間中に海外旅行をするとは、大胆で青島さんらしい無責任男らしいと言えばそれまでだが、このような選挙もあるのだと当時思ったことがある。


参議院議員選挙だから許されたのかもしれない・・・

誰しもそうであれば、選挙にお金など掛からず良いのかも知れないが、そんな青島さんだって周到に準備、期間中海外に行くことが最高のキャンペーンと強かに仕組んだのかもしれない。


本来、国政を担う選挙の場合は、市会議員さんや県会議員さん達の選挙の方法とは違って然るべきかも知れない。


国会議員は本来、能力や神経を使わなければならないところは、他にあるようにも思う。




オーケストラの公演の際に、団員が練習そっちのけで、チケットを販売しなければならないとノルマを課せられている様子に少し似ているような気がする。




支える人達のお役目も改めて日本の選挙システムを根本から考え直す時期が来ているのかも知れない。 
【2009/09/08 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
臥薪嘗胆
自民党

明日は自民党の両議院議員総会が開催される。

総裁というか、次のリーダーが決まらない。



誰しも火中の栗を拾いたくないと思う気持ちは理解出来る。


しかし、危機の時こそ、真のリーダーシップが問われるのだ。




臥薪嘗胆(がしんしょうたん)という言葉があるが、リベンジを誓って辛苦の時を如何に過ごすかが問われる。


何時の間にか、自民党はこんなに自信を失ってしまったのだろうか?


このままでは、本当に日本の未来が危ないぞ!



最近、青年会議所の話を聴いても理事長候補が少なくなったと言われる。


昔は、理事長をしたい人が沢山いて、組織を真っ二つにする程であった。


良し悪しは別にして、そんな時代の方が、今より間違いなく活力は感じられた。


企業のレベルは何かと問われると、今の社長にとって変わって自らが社長をしたいと思う人財がどれだけいるかだと言われる。



社長が出来る人財が多い会社程、その会社のポテンシャルは高いと言われるのだ。



自民党にだって、総裁が出来る能力を持った人は沢山いる筈だ!


我こそはと名乗りを上げて頂きたいものだ。



16日の首班指名で自民党は白票を投じるとか、麻生では駄目だとか様々な意見が飛び交うが、自民党の議員が一番良いと思う人を勝手に書いては如何だろうか?



そして、その得票の一番多かった人を、次期自民党総裁になさるのも一考かと思う。



唯、総裁を能力とは別に国民に人気のある人をと人気投票のように扱ったことが、自民党の敗退の一つの原因であることも肝に銘じて頂きたいものだ! 
【2009/09/07 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Wag the Dog
福島瑞穂
民主党政権に向けて連立の協議が進んでいるようだが、私はどうしても社民党と民主党が連立を組むということに違和感を払拭出来ない。


何の為の連立か?

誰の為の連立か?


と考えると、国の為に必要な法案を創る為には、それなりに近い考え方を持ったところを選ぶべきなのではないかと思うのは普通ではないか?


参議院が社民党を加えなければ過半数に到達しないからという理由だけであれば、如何にも国民を馬鹿にしているように感じるのだ。


今迄何度も述べて来たが、連立を組むとすれば、自民党が一番考え方が近いと思うのは私だけだろうか?



自民党と社民党は腹を割って話をするべきだ!


真に鳩山さんが国の為を思うなら、あの北朝鮮による拉致事件に対して、社民党が加害者的役割を担ってきた事で騒がれている最中に「福島瑞穂 元気パーティ」を2002年に開き、なんと天使のコスプレで大はしゃぎしていた社民党さんはどう考えても七不思議の一つになるのだ。





早晩、自民党と大連立構想が再浮上し政界再編への道を歩むのかも知れない?



小学校の社会科の事業で新聞について勉強したことを今でも覚えている。


『犬が人間を噛んでもニュースにならないが、人間が犬を噛んだらニュースになる・・』



それではないが、犬が尻尾振ってもニュースにならないが、尻尾が犬を振り回したらニュースになる。



英語ではWag the Dogと言うのだが、正しく尻尾のような社民党さんに振り回されないことを願う。


今日、9月6日は福島党首の誕生日だったか・・・?
 
【2009/09/06 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
痛っあ!
ギブス


私の知り合いの剣士が、練習中に左足アキレス腱を断裂してしまった。



足を引き摺りながら、そして左足にギブスと右足に高さを調節した靴を履いて尋ねて下さった。



さぞ、痛かったであろうとお察しお見舞い申し上げる。




彼は剣道三段で、練習中に相手の人は、『バッシ』という音を聞き取ったそうだ。



そして、手術!


彼はとてもセンシティブで手術をするのが嫌だったそうだが、看護師さんが『あなたのは手術すれば治るのよ・・手術をしても治らない人も沢山いらっしゃる・・』



彼はその言葉を聴いて元気を出して手術を受けて今、順調に回復されている。



難は御陰と言うが、一寸忙しすぎた心を休めて癒してあげるには、この怪我はラッキーだったのかも知れない。



私の尿管結石もそうだ!



お陰さまで結石も排出してスッキリ。


普段、摂生をしていない私が摂生を心掛けて体重もベストまで持って来ることが出来た。


完全にダイエットに成功した訳だ。



若干の肥満で他の病気を誘発することもあるが、全てがお陰であった訳だ。その時は痛っあ!


で何で何でと考えるが、起こること全て無駄なことはないのだと感じる。



そうそうある人から教わった。



ダイエットとは、痩せることではない。



ダイエットとは、落とした体重を維持することを言うのだそうだ!



折角の気付きを共々に大切にしたい!



先日に引き続きの人間万事塞翁が馬である!
  
【2009/09/05 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
人間万事塞翁が丙午
人間万事塞翁が丙午

日本には昔からプラス思考、日本語で言えば陽転思考というものは確かにあったようだ。


『人間万事塞翁が馬』である。


これをもじって青島幸男さんが、人間万事塞翁が丙午を書いた。




ずっと昔にこの本を読んだことを思い出していた。



この度の選挙、自民党は大敗をしてしまったが、苦渋を味わった人たちにとっては、様々思いがお有りになるとお察し申し上げる。


がしかし


真に能力のある人達は、再起を目指して頂きたいと願う。


国家の為にである。先ず、結果は如何様であれ、国の為に自分が必要だと信じ、着々と準備に入って欲しいと願う。


それにしても、何が一番国民にとって、そして自身にとって悲劇かと考えれば、能力不足にも関わらず、この度当選してしまった人ではないだろうか?


流行や一時の風に乗ってしまった人。


政治を司るとはそんな生易しいものではないことは肝に銘じて置かなければならない。




ある企業での話である。



外したい人がいる場合の人事は、その人に能力以上の役職を与えれば良いと。



本来、人はどのような場合にやる気を起こすかを考えてみると非常によく分かる。


人は絶対叶えれらない目標を持たされた時と、そして簡単に達成出来る目標に対してはやる気を起こさないそうだ。


一寸頑張れば何とか達成出来る目標に人は燃えるそうだ。



何れにしても自らを磨き高めるしか、方法はないようだ。



自分の力量に不安をお持ちの方は、寝ても覚めても日々努力なさることだけが、自らを助ける唯一の方法であることをお伝えしたい。

選挙は当落に関係なく、結果が出てからが真の勝負なのだ!


世の中は立ち止まることなく動いている!


次への勝利の次なる一手を急ぎましょう!


人間万事塞翁が馬 
【2009/09/04 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
難なしは、有り難いだ!
パリ凱旋門

私の父は83歳になる!とても元気だ。

有り難い限りだ!


私の姪、即ち彼の孫であるが現在、ロンドンに在住していることもあり、私の姉と共に、先日、英国に出掛けた。元気に到着してくれて安心した。


父は、若い頃から好奇心旺盛で、何でも見てやろう、してみようと行動的であり、子供の私ですら常に脱帽状態である。


そして、到着翌日から、早速、ユーロスターでパリに出掛ける予定との連絡が入った夜のことだ。


私の携帯電話が突然鳴り、何かと思いきや暴漢に襲われたとのこと、驚いたが、結局、女性のスリの集団に囲まれて所持品をスラれてしまったとのことだが、お陰さまで全く怪我もなく、元気で大難⇒小難⇒無難でお陰を頂いた。



何ともこの年になってあれこれ経験なさるものだ。




20年近く前のことであるが、私の出店しているファッションビルの研修会で上海に出掛けた時のことが、今ほど禁煙ブームでなかった時のことだが、時のデベロッパーの館長さんと、同行していた他のテナントのオーナーさんが二人が上海の駅前で煙草を吸ってポイ捨てをしたのだ。


そして、警察に注意され赤紙を切られ罰金を払った。


一人の方は、とても残念がったが、その館長さん、『いや、めったに経験できないことをした』と明るいのである。


した行為はとても悪いことだと分かり反省もするが、これも経験の一つ、旅の思い出と言い放った。


ある種プラス思考なのかも知れない。

それにしても、無事に元気で帰国してくれたことに御礼を申したい! 
【2009/09/03 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
新聞の力
鈴木健二
テレビには許されなくて新聞には許されることが沢山ある。



それは、社の主義主張を明確に表現しても構わないというところである。



衆議院議員の総選挙があった。


そして、ご周知のような結果になった。


公示後は、公平性を保つ為に、テレビは各陣営、各候補については兎に角、公平に報道をしなければならないという規制がある。



しかし、新聞は明確に支持する政党或いは候補者を謳っても良いのだが、米国のニューヨークタイムスのように私は、この候補、この党を支持すると書かない。


本来読者はそれを理解して購入する。


テレビのように垂れ流しのメディアとは違う訳だが、確かに革新系は朝日、保守系はサンケイと決まりきっているが、でもそれだけでは多くの読者を取り込めないから敢えて、どちらでも良いような書き方をする。



もっとしっかり主張せよと申したい。




何れにしても、この度はマスコミが異常に扇動したように思える。


テレビで北野たけしが言っていたが、田中角栄がロッキード事件で逮捕された翌日の新聞、全てそのニュースが一面だったが東スポだけは、猪木顔面血だらけという記事だったそうだ。

新聞の意地を感じたそうだ。



昔、鈴木健二元NHKのアナウンサーが面白い話をしたことがある。




彼は、とてつもないジャイアンツファンである。



ジャイアンツが勝った日には新聞は買わないそうだが、ジャイアンツが負けた翌日は、全ての新聞を買い、細かく読み漁るそうだ!


何故か?


一紙でもジャイアンツが勝ったと書いてあるかも知れないからだそうだ。




気持ちはとても分かる気がする!
 
【2009/09/02 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
受け取り手の自由
して貰ったこと

プレゼンテーション技法の基本は、自分の思っていることを相手に伝え
るには、熱意を込めて、思いを淡々と即ちこだわりを持たず正面から向っていくことである。




但し、それをどのように受け取るかは全て受け取り手の自由であることを心得ておかなければならない。


同じことを表現しても、表現する人が受け取り手が好意を持っている場合と敵意を持っている場合は、全く違ってくることがある。



例えば『して貰ったことは忘れない、してやったことは忘れよう』という素敵な言葉がある。


受けた恩を忘れてはならない。かけた恩は忘れようということだが、歪曲して受け取れば、されたことは、忘れない!相手にしてしまったことは忘れよう等と曲解されることもある。


してやったりではないのだ!


言葉とは難しいものだ!


相手が伝えようとすることの真意を如何に受け留めるかは意外と難しいことだとも思う。



どんなに美しい言葉も、その受け皿が整っていないと感動は生まれない。



人の話を伺う時は、取り間違いのないようにと先ずは祈りを込めて伺うことが大切なのだろう!


新しい月、9月を共々に無事に迎えさせて頂くことが出来たことに感謝の意を持って今月もスタートしたい。 
【2009/09/01 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード