『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
みんな悩んで大きくなった!俺もお前も大物だ♪
野坂昭如
野坂昭如
写真出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


昨日の続きを・・!
紹介させて頂きます。 

今日は時間がないので、長いブログになってすみません! 

「悩む人間」「苦悩する人間」はただ、運の悪い不幸な人間にすぎないのか?
それは違うのです!

誰にでも具わっている「悩む力」にこそ、生きる意味への意志が宿っていることを、文豪・夏目漱石と社会学者・マックス・ウェーバーを手がかりに考察する。 

現代という時代の最大の特徴としてよく指摘されるのは、「グローバリゼーション」ということです。
ここ十年ほどの情報通信技術の発達、とりわけインターネットをはじめとするデジタル技術の発達によって、政治も経済も思想も文化も娯楽も、あらゆるものが国境を越えて行きかうようになりました。その結果、一見すると、自由がいたるところにころがっている。

 しかし、自由の拡大と言われながら、それに見合うだけの幸福感を味わっているのか?
満ち足りた気分や安心感を味わっているでしょうか。 

幸福度が飛躍的に高まっているという話は聞いたことがない!
存外、いつも余裕なく急き立てられて、人と人との関係もパサパサな殺伐とした味気ないものになりつつあるのではないだろうか?と難しい言葉も沢山あるが、比較的平易な文章で綴られている。

9つの悩みを述べてあったので最後に記しておきましょう。


①私とは何か(自我の問題)

②世の中すべて金なのか(お金の問題)

③知っているつもり”ではないのか(情報化の時代の知性とは)

④青春は美しいか(青春とは何か)

⑤信じる者は救われるか (宗教の問題)

⑥何のために働くのか(職業観)

⑦変わらぬ愛はあるか(恋愛観)

⑧生きる意味について

⑨老いて最強たれ (老いることの意味)
 

何れにしても悩むことをプラス思考で捕らえる、悩むことの出来るのは人間の特徴でもある訳だから!

文豪・夏目漱石と社会学者・マックス・ウェーバーではないが、野坂昭如だったか?

『♪ソッソ・ソクラテスかプラトンか?ニニ・ニーチェかサルトルか♪・・・』
『み~んな!悩んで大きくなった・・♪大きいわ、大物よ(野坂)俺もお前も大物だ]


と歌うサントリーウィスキー「ゴールド」のCMが30年前に流行った余談であるが、こんなも「シェ・シェ・シェークスピアか西鶴か。ギョ・ギョ・ギョエテかシルレルか。

皆、悩んで大きくなったのだ。

プラス思考で悩みましょう!

今月も無事に過ごさせて頂きまして有難うございました。
特に1月31日は初晦日とも言います。 

(お正月に遣り残した挨拶等を済ませる日・・・)

当社も決算を迎えさせて頂き、素晴らしい年でございました。
間もなく春! 
素敵な2月を共々に迎えさせて頂きたいと思います。 
 

【2009/01/31 20:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
『み~んな!悩んで大きくなった・・』
悩む力
遅ればせながら姜尚中(カン サンジュン)著『悩む力』悩まず読んだ。
 出だし[「あおい夜空は星の海よー、人の心は悩みの海よー」溜息をもらしながら、涙声で母(オモニ)が口ずさんでいた「アリラン」の歌詞の一節です]から始まる!
この文節の中に在日という境遇から東大教授という名誉ある地位に駆け上り現在の素晴らしい著者の原点を垣間見ることの出来る本であると感じます。
朝まで生テレビや、政治討論番組に論客として出演し、その淡々とした語り口は何故か人を引き付けるものがあります。
田原総一郎さんと共に出演されることが多いので、特に人の話を全く聞かない我侭な田原さんと対比すると非常に面白い。
 中々のイケ面でもあり、性格は暗いのかそうでもないのか全くミステリーな人である。
生真面目で不器用という表現をする人がいるがその通りだと思う。
詳しくは、本をお読み頂きたいのだが、何時も私が考えているようなことを書いてくれている。
長くなるので、改めて明日にでも!
 
【2009/01/30 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
簡潔に言霊を込める
施政方針演説
内閣総理大臣施政方針演説!  

私のブログはやはり長い。

過日、某お取引先様にご指摘を受けた。

反省しても中々生かされないのでお読み頂く方には真に申し訳なく思っています。

お許し願いたい。


キーボードに手が行くとついつい思いが先行してしまう。

そんな時、どの新聞だったか耳の痛いコラムが目に飛び込んで来た。

『今日は急いでいるので長い手紙になってすみません』と断って書き出した西洋の賢人の話だった。

リーンカーンの不朽の演説は270文字程度わずか3分、ケネディーも然り、そしてオバマさんの15分も歴代の中では短い演説だと言う。


オバマ大統領が誕生して10日が過ぎ、矢継ぎ早に方針を打ち出し突き進む一方、麻生総理は昨日施政方針演説をしたが、中々閉塞感を打破出来ない。


色々評価はあるが、今回の演説は派手ではなかったが、静かな思いを受け留めたい。


リーダーは一面、言葉が命でもある。

短い言葉で人の心を揺さぶるのは難しい。

福山在住の素敵なコピーライターさんからブログの書き方もご指南受けた。

何れにしても、言霊を如何に込めることが出来るか、そして祈り『意を載せる』ことが大切であると感じる。


つい、ところで、とか接続詞を入れて又新たに書きたくなったが、今日はこの辺で!

今日もお読み頂きまして有難うございます!
 
【2009/01/29 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ご協力お願いします
メガネのリサイクル運動

お使いになっていない眼鏡頂ければ嬉しいです!


発展途上国では何百万人もの子どもや大人が基本的なアイケア・サービスを受けることも、眼鏡を使用することも出来ずにいます。

弱視は充実した生活を送るのに大きな影響を及ぼす要素です。

子どもにとっては、学校での落第や成長の遅滞、学習障害、時には少年犯罪にもつながります。

大人は視力矯正が出来ないことで、職を失ったり家族が養えなくなったりします。

高齢者は日々の活動を制限され、その人の生活スタイルを続けることが出来なくなります。


このような現実を踏まえライオンズクラブやレオは他のボランティアたちと協力して使わなくなった眼鏡を収集し、世界各地にあるライオンズ眼鏡リサイクル・センターに送っています。

眼鏡は洗浄、分類等の処理を終えて、眼鏡を必要としている発展途上国の人々に、ライオンズやボランティアらの手によって配布されます。



そこで、あなたにも是非ともご協力を頂きたく!



度入り、あるいは度なしの眼鏡、サングラスなどが引き出しや机の中、クローゼットなどに眠っていたら、それを寄付して頂ければ幸福です。 


特に子ども用の眼鏡が求められています。


フレームの素材はプラスチックでも金属でも構いません。

私共の店、天満屋ハピータウン、ポートプラザ店2Fリーガルシューズ・福山駅前さんすてadidasショップに収集箱を置かせて頂いておりますので、お使いにならない眼鏡ご持参頂ければ幸いです。


責任をもって福山ライオンズクラブを通じて途上国の子供達に届けさせて頂きます。


どうぞ宜しくご協力下さい!
【2009/01/28 20:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
H&MとユニクロとのGAP
H&M銀座

スゥエーデンから上陸したH&Mへネスアンドモーリッツ銀座店に先日上京の時に立ち寄った。
と言っても買い物をした訳でもなく、原宿店が出来たにも関わらず未だに行列と聴いたので、海外で見る店の業態とどのように違うのかをこの目で確認したかった。


 平日であり、入場規制は解除されていたものの確かに店内には多くのお客様がおられた。


 個人的には北欧のユニクロかと先日はブログに書いてしまったが、少し趣が違う ようでもあります。

 確かに価格帯は近くそうであるかも知れない。
 ユニクロとの差異は、色であるように感じた
 色展開がH&Mは、流石に女性をターゲットに創られたものであるだけに、その選択肢は多い


 一方、ユニクロは、単色の展開が中心で、流石に日本人的合理主義が背景にあるように思う。
H&Mと比較すると単調であるように感じるのは私だけだろうか?
 外国の人が見るとユニクロは、私達が海外で見るときと比べてどのように映るのかと海外から帰国したばかりの人に聴いたら、GAPのようだと返事が返って来た!

成る程と思った。


低単価否、リーズナブルプライス良品廉価のH&M、ユニクロ、GAPが高級ブティックに負けず劣らず銀座に勢ぞろい。
ラルフ・ローレンにユニクロ+マックス・マーラ+H&Mのアンサンブル等あるのだろうか?


さて、この不況下においてユニクロさんは空前の売上げの記録を創っている。
正しく、リーズナブルと言うか価値あるロープライスが受け容れられている。

 それと同時に、昨年はヒートテックなる商品が大ヒット、数年前のフリースブームの再来!
週明けの店頭には、ヒートテックは殆ど消えてしまう状態のようだ。

福山の明神町のユニクロの周辺は土日は、大渋滞!

日本人の我儘に応えた!

高機能で然も廉価! 


そして多分、今年の年末、ヒートテックをフリース宜しく、7&Iにイオングループが一年遅れで品揃えをするのでしょう所謂二番煎じ商法

これも売れた物をするのだから、比較的リスクも少ない、しかし、魁者はやはり強いのだ!

それでも値段に関係なく一品一品大切に扱って

一品一品大切に着て頂きたい。



好不況に影響されない店創りを私も目指したい!  
【2009/01/27 20:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
流石VANジャケット
VAN
 一昨日、VANジャケットのお話を書かせて頂いた。

数年前に福山のCASPAにVANのお店が出現したが、ほんの2~3年で撤退した。

恐らくVANという響きは我々壮年組にはノスタルジーを感じるが、ヤングを客層にしたビルでは難しかったのかも知れない。


その福山のCASPAで当時買ったコートがあるのを思い出し、数日前に何年振りかで袖を通した。


多分、このショートコートを着たのは2度目だと思う。

外出して実は袖口が変であることに気づいた。

本来、袖のカフス部分は外側が上にかぶさるようになると思うのだが、左側が逆になっているではありませんか?

何とも袖のボタンが止め難く違和感がある。

ショートコート


 『ひょっとしてこの商品は不良品ではないでしょうか?』 と、早速VANジャケットにメールで問い合わせた。


すると即座に返信があった。 


流石である!

この商品はライセンス契約で作られたもので直接作ったものでないとのこと!

aidasにしても、現在adidasの専門ショップでは、ゴルフ用品は扱っていない

バックも別のルートある。

又、REGALのブランドも靴はリーガルコーポレーションだが、衣料品はナイガイさん、ハッシュ・パピーも靴と衣料品とはルートが違う、流通ルートがとても複雑だ。 

VANの話に戻るが、VANのマークが入っている以上、VANジャケットで、きちんと対応させて頂けるとのことだった。


ブランドイメージを守るとは大変なことである。

小売業を営む者として、この度の対応は逆に弊社にとって大きな学びにもなった、一挙両得で有難かった!

しかしそうであるからこそ、人々から愛されるのである! 
【2009/01/26 21:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
テュエリーラボタン
テュエリーラボタンパリ店
パリのテュエリー・ラボタンの専門店!  

先日、イタリアの靴メーカーのテュエリー・ラボタンの代理人とミーティングを行った。

テュエリーラボタンはフランス人のデザイナーであり、そのまま彼の名前がブランドになっている。

昨秋、ヨーロッパに出張した際にブログで報告済だが品質は恐らくイタリア随一と申し上げても過言ではない。私共ももう10年近くお取引をさせて頂いているが、全く不良品がない。

これはヨーロッパのメーカーとしてはとても珍しいことである。 


外の素材と内側の素材、同じものを使い足当たりもすこぶる素晴らしいのである。

ヨーロッパにおいても世界同時不況の煽りを受けてリセッションが否めない現実があるもののベルギーやパリにも新しい店を出店を続けているとのことだ。


日本では50,000円前後で比較的高額な商品であるが、これは日本の輸入規制、関税がとても高い関係でこのような価格になるがEU諸国においては7掛けの感じであるから、品質に対して値ごろ感があって受けているのかも知れない。


そのテュエリーが本格的に日本のマーケットに参入を検討しているようで、私共でお力になれることを互いに検討しあった。



現在の靴の関税率はおよそ27%と高いのと併せて、TQという輸入制限割り当て制度が邪魔をしている。

多くの人に素敵な品質の物を出来るだけリーズナブルなお値段で提供出来るようにしたいものだが、経済産業省の前向きな規制緩和を心より期待したものだ。

現在、日本での輸入の靴の代金は半分近くが税金でなのである!

是非、天満屋福山店の1階において
テュエリー・ラボタンをご高覧頂きたい! 
【2009/01/25 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
IVYをこよなく愛する!
VANジャケット

学生時代、カリスマ石津健介氏率いるVANジャケットがあった。

壮年諸氏には、懐かしい響きだと思う!

兎に角IVYルックなるものが一世風靡して、その勢いはユニクロにも勝るとも劣らずだったが、今の衣料品業界と最たる違いは、着方ライフスタイルを若者に提案してくれたことである。

メンズクラブ、男子専科と教科書のような雑誌があった。

今のファッション雑誌は、この商品は何処で幾らで売っていると言うカタログのような内容が中心であるが、当時の雑誌は、正に教科書であったのだ!
シャツはボタンダウンでなければならない理由、ジャケットはナチュラルショルダーが良い理由、ベンツは、パンツの裾の折り返しはこの位だとか、手に持つバックはこうだ持ち方はどうで、履く靴はベルトはと兎に角細かくこだわりを伝えてくれた。



当時の若者にとっても結構高額でお小遣いを貯めてはといったところだ。


スノビッシュ所謂、見栄の魁のようなブランドであった。


高校生の頃、当時はお弁当はハンカチが新聞紙に包んで鞄に入れていくのが一般的だったが、福山のマックロード、あんか堂等VAN扱っている店に行って700円のソックスを買って袋に入れてくれる店員さんのタイミングを見計らって『すみません、一回り大きい袋に入れて下さい』ってお願いして、その袋にお弁当入れて行くのが格好良く、スノビッシュでもあった。


一方、くろす としゆき さんが服飾評論家として活躍してVANとREGALとくっけたVAN/REGALを見い出した。靴ではREGALのコインローファー2177が同じくベストセラー(踵の部分が飛び出して、ここにひっかけて脱ぐように工夫されていた)であり、私がREGALに入社した頃は、くろす さんは顧問をお努めであった。


VANにKENTにJUN、様々なブランドがあったが、兎に角、着方が美しかったのである。

美しいスタイルには美しい所作が似合う! 
【2009/01/24 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
電車男の家柄の話
JR山手線


電車に乗るために東京駅のホームで山手線待っていた一人の男!

一張羅のスーツに、昨日、買ったばかりの黒色のピカピカの紐靴

すると、向こうから歩いて来た一人の強面のおじさん が、その男の前を通り過ぎようとする。
その瞬間、ピカピカの靴を踏んで行った
そして、その強面のおじさん、その男の左傍に立って同じように電車を待った。
 足元を見ると、買ったばかりの靴に一筋の傷が入っているではないか?
 おもむろに、隣のおじさんを見ると知らん顔して立っている。

段々と怒りが込み上げ『一言謝れ・・』と言ってみようと思った。
 けれど、強面だし、本当に強かったら今度は一張羅のスーツも破られてしまうかも、腕の一本も折られてしまうかも考えていると、「このおじさん、ひょっとすると自分にぶつかったことを気付いていないのかも知れない・・無意識の内に自分にぶつかったのかも知れない」と思い替え!
 そしてそうこうしている内に電車が来て互いに乗った。

そして家に帰って、その男は母に今日のことを話した。
そうしたら、『あなたは、激昂して相手の人の胸ぐらを掴み喧嘩を売るようなDNAは持って生まれて来てないのよ』と言われた。『家柄が良いとか悪いとか、そんな言葉はないけれど、相手を傷つけない人が良い家柄なのよ
と教わったそうだ。

この一人の男、中々の家柄と言うより一流の人なのでしょう! 
【2009/01/23 21:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
石井さん!もっと大切なことがあるでしょう!
参議院
参議院側から見た国会議事堂 

本音ところ、国民の生活は何番目なのですかね?石井一さん! 
先日、民主党の石井一副代表が参議院予算委員会で、麻生総理の漢字力について質問した。

12個の単語を列挙したボードを出した。
(こんなことにコストと時間を掛けて良いのか?)

石井さん曰く「相当高度だ。あなたの漢字力、誰かが書いて、あなたが承認したのではないか」と質問!
これに対し、総理は、「期待を裏切るようだが、書かせていただいた。読みにくいのは身を『窶(やつ)し』ぐらいじゃないか。
あとは皆さん普通お読みになれる」と答えた。

つまらない質問でも一応、国会だから真摯にお答えしなければならないのだろう!
翌日の新聞、そしてマスコミ各社が取り上げていたが、マスコミも自民系よりと民主系よりとでコメントも様々!
米国では大統領就任式があり、次代への期待が沸いていた。

多くの方々はこの場面をニュース等でご覧になられたと思うが、如何お感じだったのか?

民主党の副代表は何をおっしゃりたかったのだろうか?

二次の補正予算を真剣に議論なさらなければならい時に、誰がどう考えても何とも悠長なものだ。

この質疑を聞いた瞬間、やっぱり政権を任すことは、難しいというか政権を担うスキルに欠けていると言わざるを得ない民主党では無理だと感じた。

この瞬間、政党支持率をチェックするとどのような結果がでるだろうか?

ご参考までにどうぞ!石井副代表の12項目

就中なかんずく=とりわけ

唯々諾々いいだくだく=他人の言いなりになるさま

揶揄やゆ=からかうこと

畢竟ひっきょう=結局、要するにの意

叱咤激励しったげきれい=強く励ますこと

中興の祖ちゅうこうのそ=再び盛んにした祖先

窶し(やつし)=みすぼらしく装うこと

朝令暮改ちょうれいぼかい=すぐに変更されてあてにならないこと(本当はいい意味につかわれる)

愚弄ぐろう=人をばかにすること

合従連衡がっしょうれんこう=時々の利害に応じて離れたり付いたりすること

乾坤一擲けんこんいってき=運命を懸け大きな勝負をすること

面目躍如めんぼくやくじょ=その人の名誉を高めるさま


こんなこと書いてる時間が勿体ない気がして来たが、漢字のお勉強をさせて頂いた。 
【2009/01/22 21:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
早速のお試し
献血
昨日、新年になって初めて東京に出向いた。
天気予報と違って、少し寒い一日であった。


銀座で1;30pm~の会であったが羽田に着いたのが10;30am有楽町から歩くつもりでJRに乗り、有楽町駅を降りたところで、AB型の血液が不足していますのプラカードが飛び込んできた。

そうだ、一昨日のブログ本気で書いたか?と試されていると思ったと同時に所要時間40分は充分過ぎる時間であったので『はい!喜んで・・』と志願した。

交通会館ビルの6階に早速案内され、献血手帳を出して前回させて頂いて3年が経過していることに驚いた。

簡単な検査、問診を経て採血室へ。 



本来なら地元でと思って入ったのだが、ネットワークで全国どこでしても良いとのこと。

ジュースを頂いて、朝食から相当時間があいているとのことでドーナツまで頂いて恐縮して約10分の採血。

  殆ど痛みもなく、良かった良かったと今年最初の東京で良いスタートが出来たことに感謝だ。
 併せて血液検査まで無料で一緒にして頂けるのだから、丸儲けではありませんか!

伺うと、寒い時と暑い時は、どうしても献血をして頂ける人が少なくなるとのこと。
不足する時期こそ、自ら進んで協力したものだ。



どこかで、誰かのお役に立ちたいと願う使命感、そしてお役に立ててると思える充実感こそが、人のプライドであると思う。

一日明けて今夜はしっかり食事とお神酒も頂いた。


幸い前日はお神酒を頂いていなかったので、ラッキー!

一人でも多くの方が救われますように。
 
【2009/01/21 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
どうでも良いことだが、アポストロフィー
床屋ローソン
結床(かみゆいどこ)から転じて床屋さんに、そして散髪屋さん、理容院。
でも私は未だに床屋さんに行って来ますと言う。
大体一月に一回のペースで髪を切りに行っているが、一寸体調を崩したりすると、何故か私は気分をシャキッと変える目的で床屋さんに行きたくなる。

ある先輩は、日中眠くなると床屋さんに行って髪を切って髭を剃ってもらいながら、仮眠をとるとかおっしゃっておられたが、私中々な床屋さんで眠る勇気はなく先ずは気分転換だ。

女性はパーマ屋さん、そして美容院、カットサロンとか、こちらも言い方が段々と変わって来た。

以前、パーマさんに行ったのってある人に質問したら笑われたことがあった。
随分と昔人間と思われたのか知れない。


昔、母に言われたことがあった『風邪をひいてる時は髪を切らない方が良いよ・・・』髪を切ると人体を覆っている部分が減るから寒くなるのかとか色々考えたが、『どうしてなの?』と深くは聞き返さなかったが何となくそうだなって思っていた。

数日前、少し風邪で体調を崩していたが、やはりすっきり元気なりたくて床屋さんに行った。

私の頭を50年も面倒見て下さっているバーバー土屋のおじちゃんである。

お陰で体調も万全である。

それにして、床屋の看板塔は、目の錯覚を利用した螺旋運動で、回転している限りどんどん上昇してゆくように見える。
 プラス思考力看板だ!

永久運動とも言うべきこの装置に、子供の頃からいつも不思議な感動を持ってきた。


ところで、高等学校の頃だから今から36年頃前、結構英語の表現をした店が一世風靡し床屋さんは、それこそ『バーバー○○』とか看板には『BARBER』等と書かれていたが、丁度英語の授業で所有格の正しい使い方のような授業で加藤先生という素敵な英語の先生が床屋さんはBarber’sってアポストロフィーをつけなきゃ変だって教えられた。
理屈が通っている。


それから暫くして日本もコンビニブームになってLOWSONにもアポストロフィーがいるよなって思って神戸の湊川神社を偶然通りかかった時、アポストロフィーのついたLOWSONを発見して感動したことを覚えている。

しかし単純にフランチャイズの店舗名ならLOWSONで良いのかと思ったりしたことがあったが、

どうでも良いことだが細かなところに何時も疑問を持ち続けることは大切だ! 
【2009/01/20 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Donor登録は、一寸した思い切り
献眼・献腎キャンペーン
福山ライオンズクラブの委員長の藤本さん寒い中ご苦労様! 


先日、財団法人ひろしまドナーバンクに献眼・献腎の登録をさせて頂いた。


何故か、一寸思い切ってというのが正直な感想でもある。

思い遣りって、一寸思い切ってと言うことかも知れない!



福山ライオンズクラブが年初の行事で天満屋福山店一階の入り口でバザーと共に献眼・献腎のドナーの募集をしたのがきっかけであった。



私達の国には約40万人そして広島県の18歳以上の視覚障害者は12,400人、うち、角膜の病気による視覚障害者の方は1,800人、今、移植を待っておられる方は約300人と聞きました。


毎年50人の方に角膜移植が行われて、殆どの方が視力が回復されているとのこと、昨年私もある勉強会で移植受けられた方のお話を伺うチャンスを頂きそして、その手法も少しではあるが学ばせて頂いた。


最近は医学の技術、機器の進歩も目覚しくとても簡単に早くそして、美しく出来るようです。


仕事を通じ、我が業を通じ、世の為人の為にそして、最後に我が身体がお役に立てることが出来るというのはとても幸せなことであるのだと改めて思う。



考えてみると、献血だって、色んな場所でキャンペーンをやっている、私も時折献血はさせて頂いているが、何時も忙しい忙しいで、遣り過ごして来ていた。



一寸立ち止まってそして少しでも誰かのお役に立てることがあればと考えてみたい。


元気な体を授けて下さった神様、そして両親に対する恩返しになるとも思う。


世の中Give & Take ではない!


Give & Giveなのだ! 


【2009/01/19 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
動かぬ山に何故おどろかぬ
オムニン

どうやら、法律によると病名を決めることが出来るのはドクターらしい。

昔、ある人が病院に行って『先生風邪ですから薬下さい』と言うと『風邪かどうか決めるのは医者の俺だ』と先生にお叱りを受けたと言います。



以前のブログで風邪をひく人は何時ひいたか知っていると書いたことがありましたが、1月14日に寝てからだから15日の未明、背筋がゾクゾクとして寒くて目が覚めて、その瞬間
『風邪をひかなければ良いが・・』とついマイナス志向になっていた自分がいた。


日中は元気で過ごしていたのですが、その夜、食事をして、さて寝すむぞいう時、急にムカつき朝まで洗面器を抱いた。

そして本当に久方振りに丸一日寝込んでしまいましたが、翌日からは通常に戻ることが出来、自慢ではないがこの回復力元気に産んでくれた両親に改めて感謝です。


素人療法、風邪だと勝手に自分で判断するのはよくないが、私は子供用のオムニンを一本頂いて寝すむと結構翌日はすっきりとできるのである。
(あくまでも私にだけ通用する方法であるので、皆さんはちゃんと病院へ)



さて、翌日には、今度は長男が同じようになっているではありませんか。

症状が出たのが20時を回っており、病院も閉まっていた時間帯だったので私の友人のドクターに連絡をしたのだが、生憎その日は連絡がとれずで、インフルエンザ予防接種をしていない息子は39℃近い熱で、消防署に電話をして、診て頂ける病院を伺ったら市民病院を紹介して下さった。



そして市民病院に連絡をすると信じられない答えが返って来たのです『診察履歴がない方は診る事が出来ない・・鋼管病院か共済病院へどうぞ・・』


Unbelievable! 


と、今度は精神的にむかついたが、そんなこと言ってる間もなく、鋼管病院へ電話すると『担当医の問題等で共済病院へとご指示頂いたが、こちらは丁寧に共済病院の電話番号まで教えて下さった。


一寸した気配りの違いが、出た訳だ。



結局、中国中央共済病院で診察頂きお陰で息子も一日半で回復した。


一寸病気になると健康の有難さが分かるが、中々普段はそれが分からない。

元気なのは当たり前ではないのだ。有難いことなのだと!

山が動けば驚くが、

動かぬ山に何故驚かぬ?


私達は動かぬ山に驚くと言うか感謝しなければならない!
 
【2009/01/18 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
笑顔共和国大統領『人生は舞台、人は皆、大魂役者』
うっかりしあわせになる本
President of Smile Republic
福岡を中心にご活躍でフリーアナウンサー、番組キャスター等を15年お努めにならて『笑顔共和国』を建国、大統領に就任なさった、福田純子さんという面白人がおられる。
私より少しだけ年長だが、流石に笑顔の素敵なお方だ
その笑顔に辿り着くまでには、大変な道程を乗り越えてこられたとも思う。
ずっと以前、ある会で福田さんをお呼びして勉強会をエストパルク福山で開催したことがあった。
それ以来、親交を頂き季節の便りを頂いてもいる。
著書も多いが、今年の1月1日に素敵な本を発刊なさったとお送り頂いたので早速拝読させて頂いた。
関西大学の大村洋二社会学部教授、ユーモアサイエンス学会会長が絶賛なさっている。
大村教授は、福田さんの今回の著『うっかり、しあわせ になる本』のことを、このように表現する『太陽神のアマテラスオオミカミが弟のスサノウの暴力に呆れて岩穴に篭もった時、勇敢な女神、アメノウズメがいきなり裸踊りをして驚いた神々が大笑いをし岩穴から太陽神を誘い出したという素敵な神話があります。福田大統領は心を裸にして踊り躍らせることがとても上手です。この本のあまりのアホラシさに一同呆れて笑うと、暗い世界にきっと太陽が顔を出します』
確かにアホラシい本だが、元気を沢山頂ける本だ!
その中で素敵な一節をみつけた『人生は舞台、人は皆、大役者』
実意、大魂を込めて今年も明るく頑張ろう!
言い伝え通り、注連縄で天岩戸を開きましょう。
この本のお問い合わせ!
うっかり幸せになりたい方は・・・
福田純子オフィス
PHONE 092-531-3711
FAX 092-531-1211
【2009/01/17 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
長男の嫁と二男の嫁
大震災


早14年の時が過ぎようとしている1995年1月17日に起こった大震災。
当時政府は兵庫県南部地震と表現していたが、流石マスコミのコピーは見事分かりやすい『阪神・淡路大震災』と報道した。
それが、閣議によって名称を了承したという経緯があった。
当時私は39歳で(社)福山青年会議所の35周年の実行委員長を拝命していた。
青年会議所の理事会が毎月18日ということもあり、この震災の直後に開催され、その年のスタートしたばかりであったが、事業の全てを見直すべきではないかと理事長のリーダーシップの下で喧々諤々真剣な理事会を年初より行ったことを明確に覚えている。そして、翌日には支援物資をメンバーの運送会社のお力をお借りして神戸に送り、そして炊き出し隊を幾つか編成してその週の内に手分けして神戸に入った。
私も長田小学校に、やはりメンバーの提供して下ったレトルトのお好み焼きを持って、そしてOBだった大和屋さんが沢山支援下さったカステラそしてみかんをマイクロバスに積み込んで出発した。 
長田小学校の避難所の人たちから大歓迎を受けた。
寒空の中で、鉄板で焼くお好み焼きは大変喜ばれた。
被害に遭われた方から多くのお話を頂き交わりを持たせて頂いた。
カステラも保存がきき、そしてみかんも全ての人には行き渡らなかったが喜んで頂いた。
そして、帰路着こうと出発するバスを避難所の皆さんが大きく手を振り拍手で見送って下さった時に思ったのだ。
私達は二男の嫁だ!
実は地震が起きて直ぐに駆けつけたボランティアの人達は、手分けして最初から避難所に張り付いて下さっている。
即ち、長男の嫁が居て下さるのだ!
そして、ずっと居て下さるボランティアの人達に、非難なさっておられる方は大変な思いや心配をされ普段とは違う精神状態であることと相まって、きつい言葉を発することもおありになると聞いた。
 私達は私たちの都合で勝手にお邪魔してボランティアぶっているが、時折、実家を訪れてご機嫌を伺う表現は申し訳ないが二男の嫁のように感じる。
日々、長男の嫁は姑さんに仕えているが、それが当たり前になって時として、本当は毎日面倒みてくれている人が一番大変なのに、感謝の気持ちが何処かへ置き去りにされてしまうこともある。
私達も、やはり当たり前だと思ってはならないことがあることを、日々感謝して暮らさなければならない。
この震災の日を迎えるあたり思い出さなければならない。 
【2009/01/16 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
自然の浄化作用
注連飾り

注連縄(しめなわ・しめ飾り)を飾り始める日は地域によって風習は異なるが、現在ではクリスマス後から28日までに飾る事が一般的29日と31日に飾る事は縁起が良くないとか31日に飾る事を一夜飾りといい、迎え入れる神様に失礼であるとか言われています。
そして、飾りを取り外す日も地域によって風習が異なり、1月7日に七草がゆを食べた後、若しくは15日に取り外すとされています。
一般的には松飾りの飾る期間と同じ扱いで良いとも言われます。
注連縄の期限は天照大神が天岩戸から引き出された際、二度と天岩戸に入れないよう太玉命が注連縄(「尻久米縄」)で戸を塞いだのが起源とされています。
取り外された注連縄を私の子供の頃は、15日に家の角で焼いて、それを溝に流していた経験がある。

現在だと『焼いたものを溝に流すなど、もってのほか何を考えているのか?』と注意を受ける、これは不法投棄であるかの如くである。

しめ縄小正月

燃やすことすらCO2が増えるとご指摘を受けるでしょう。
精霊流しだって、川に物を流すなどと問題になる。

環境が破壊が叫ばれ、小さなことまで問題視されるけれど、自然の藁等から出来た注連縄を15日に燃やしてその灰を溝や川に流しても自然の力で水はそれを浄化する作用を持っていた筈なのだ。
本来流されていけないものが流されたりした結果人間の行う神事としての営みすら規制を受ける世の中になってしまっていることが残念でもある。

 今日、一年の無事健康を願い感謝で注連縄を燃やし、それを庭に土の中に戻させて頂いた。
改めて自然界、天地の間に生かされる我としてしっかりと考えて行きたいものだ!
【2009/01/15 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
目は口ほどに物を言う!
目

昨日、ブッシュの任期の話を書いたが、一旦公開させて頂いた後、私の信頼する方から、任期を人気と間違っているとの有難いご指摘のメールを頂戴した。
ワープロの悪戯が、最近多い。
否、ワープロがワープロの変換順位が悪いのではない!
私の不注意なのだ!

ブラインドタッチをすることが逆にこんな間違いを起こしてします。
『実意を込める』ということを何時も念頭に置きながら全てを計らわなければない。

『ペン持って書くのと違ってパソコンは変換の選択違いが多いから一回読み直してから送信した方が良いですね』
ご指摘の通りである!
ペンで書くつもりで書かなければならい。


最近、携帯等で顔文字や絵文字というのが、随分と使われるようになって来た!
ピトグラムと言うのであろうか?
何らかの情報や注意を示す為の視覚記号がその源のようである。

友人から伺った話だが、顔文字も日本と海外では違いがあって、文化の違いというか、日本人は目で笑ってるか怒ってるか悲しいかを判断するが海外では口で判断するらしいです。

『日本人は、やはり目は口ほどに物を言う』と言うか察する文化なのだと思う!
『俺の目を見ろ何も言うな・・♪』

日本の顔文字はカワイイらしい、とても上手く作っていると思う。海外にも日本版が早晩普及するのかも知れない。
コンピュータで入力される文字や記号を使用して作る絵、或はアイコンのことを絵文字ということもあり、これは、文章のなかで、感情を強調するときなどに補助的に使用されるのであるが、私はこの絵文字を見るのは楽しいと感じる。

でも自分で書くのはやはり一寸恥ずかしい 
 (*^.^*)エヘッ! 


日本顔文字
笑う『ホホホ!(^O^)』
大喜び(^▽^) 

外国のハッピー
 :-)


日本の怒っています 
(`ω´*)oフン!!!
 

外国の怒っています  
>:-<



これなど、頬を染めて嬉しそうだ! 
*>>(^o^)<<*  

【2009/01/14 22:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
不便な国アメリカにしたブッシュ!ESTA
去り行く大統領ウエルカム!オバマ
Good-Bye!  and Welcome!

丁度一週間でやっとブッシュ大統領が任期・(人気、こちらはとっくに)を終えて、オバマ第44代、アメリカ合衆国大統領当選者に交代の日がやって来る!

オバマ予定者は、就任式の演説を鏡の前で練習をなさっておられる頃だろうか?
私はある優秀な、決して妥協をしないアナウンサーの方に教えられたことがある。

上手に話すコツは、周到な準備であると!

オバマさんを待ち望んでおられる方も多いだろうが、ブッシュさんの退任を待ち望んでいる人も多いのではないだろうか? 

私は最近は、アメリカに出掛けることが少なくなり、殆どがヨーロッパ中心であるが、ブッシュさんが大統領になって、即ち、イラク戦争を始めてから確実にアメリカは不便な国になったと思う。

お陰で、どこの国に渡航するにもそうであるが飛行機のセキュリティーチェックが厳しくなった。

そして液体はジュースもお茶も持ち込めないありさま。
ライター等に至っては、国内線であろうが一つだけ。
又、米国便の場合は航空会社に預けるトランクに施錠をしてはいけないとまで規制をする。



どんどんと、ブッシュさんは世の中を不便にして行った。


善良な人たちを守るのが当然の目的ではあるけれど、安全でない世界を創造する為に、彼は大統領になったのではない筈である。

ESTA
昨日からまたもや、ESTA電子渡航認証制度、(Electronic System for Travel Authorization) ビザなしで短期滞在で米国に入国する際、事前にインターネットで申請して承認を受ける「電子渡航認証システム(ESTA)」が導入された。

19万人程の人が既に登録を済ませ、昨日は混乱がなかったようだが、自由の国の象徴のアメリカとしては、大きな問題があるようにも感じる。


オバマ大統領当選者様、世界の景気回復に手腕を発揮して頂くの同時に、どうぞ自由で安全でそして便利な国にして頂きたく願いしたい。 

来週を楽しみに待ちたい!
【2009/01/13 21:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
はたち
はたち 旗乳

丁度10年前迄は、成人の日は1月15日だったが、法改正によってハッピーマンデーなるものの導入で1月の第2日曜日に成人の日も変わった。

本来1月15日は、小正月であり、かつて元服の儀が小正月に行われていたからだと、それなりのちゃんとした理由があったのに、私たちが便利に日程を変えてしまった。

私はどうも違和感を覚える。
体育の日にも同じことを書いたが本来の制定の意味が曖昧にならないようにしなければならいと思う。

二十歳は『はたち』と読むが、昨日から始まった大相撲等の時に掲げられるような古式スタイル幟、所謂『旗』 (高さを1丈2尺(約3m60cm)、幅を二幅(約76cm)前後の寸法で布を利用)に竿を通す『乳・ち』(ちちとも言う)がある。

『乳・ち』は羽織等の紐をつける輪っかのような形状をしたものを指す。
この旗にその輪のようなもの『乳』が20個ついていたことから『旗』に『乳・ち』が20個で、20のことを『二十歳・はたち』と言う説があるようである。


『はたち』は本来『旗乳』と書く?
何でも物事にはそれなりの訳や、役割があるのだ。雑学ではないが、そんな訳を知っておくことは一寸だけ人生を楽しくしてくれるのだと私は思う。

平成生まれで、最初の成人になられる133万人の皆様、誠にお目出とうございます!

選挙権も頂き、しっかりと世の中に参加されて素敵なお仕事なさって下さい! 
【2009/01/12 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
分かりやすく話すのは難しい
宮沢洋一衆議院議員

今日はお正月休みが明けて、最初の日曜日と位置づけて良い日であった。
各地で、とんどの行事があったり、出初式があったりでイベント目白押しの一日であった。

又、この備後地区、小選挙区での代表の衆議院議員、宮沢洋一後援会の互礼会も開催された。

現在、宮沢洋一衆議院議員は内閣府の副大臣である。

5人の大臣の副を兼務していて実際はあらゆる政策に通じていると申し上げて差し支えないが、やはり宮沢ブランドは経済通、経済の宮沢のイメージ宮沢喜一元総理の時代から強く感じられる。


今朝の政治討論番組では袋叩き状態の例の2兆円の定額給付金についての話になった。

内容を伺いながら、やはり洋一さんの話はとても分かり易いと改めて感じた。

 米国では10兆円近い減税や、欧州では消費税の減税が行われると言うが、日本の消費税の仕組みは実は海外のそれより複雑な仕組みになっている。

従って単純に消費税を下げるのは難しいのだ!

例えば、お店のレジや一般の会社の経理ソフトの変更に相当時間とコストがかかる!


この度の定額給付を消費税の減税と捕らえると非常に理解し易い。

一家族、例えば夫婦に子供の二人だと12,000X4名で¥46,000の給付。

この一般的な家族の一年間の平均の消費税の支払い額は約¥100,000とすると大体消費税の50%程度が還付されることになる。

又、高齢者の場合一人¥20,000だから二人だと¥40,000この高齢者二人の年間平均支払い消費税は約¥80,000だから、こちらも払った消費税の約半額が還付されると同じことになる。

所得が余り多くないご家庭は、頂いた定額給付金をそのまま貯蓄すれば、5%の消費税が大体2~3%減額されたと同じ効果になる。


そして、高額所得者においては、逆に麻生さんもちゃんと頂いて、しっかり¥12,000を消費して頂けば景気刺激策にも実はなる!

高額所得者は消費にそして、そうでない方は仮に貯蓄に回されても消費税50%減税と大体同じ程度の効果があるということになる。


今まで、どのテレビを見てもどの新聞を見ても愚作愚作とばかり言われて、こんな分かり易く説明をしてくれる人がいなかった。


何れにしても議員さんに敢えて申し上げたい!

漢字等読めなくても良いから

庶民に難しいことを分かりやすく説明出来る能力を持っているか否が大切なことだ!
【2009/01/11 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
石の意志の意思
マグマ大使
アースが生んだ正義のマグマ

石は生物ではない。
代謝や生殖機能はないが、石にも『はたらき』がある。
ちゃんとその形を保って、そこにある。
『はたらき』があるから生きている。
一個の石の中に、万物の『いのち』が見えてくる。

昨日の倫理法人会の日めくりに書いてあった。
東大の哲学科で学ぶ先輩から学生時代聞いたことがある。
哲学とは何?
本来哲学は愛知学と言われて、知ることを愛する学問だとされていたが、その先輩はこのように言った『一つの石を見て、あの石は自分に対してどのような意思を持っているのだろうか?と考えることだ』と難しい学問だと思ったが、全てのものにその役割があり無駄なものは一切ないということだとも思う。
大相撲の1月場所が明日から始まる。
朝青龍が再度ここ最近マスコミ、新聞を始めてテレビのワイドショーを賑わせている。
元小結で評論家、舞の海さんの『引退しないで下さい』発言に失礼な返答をしたとか。
兎に角1時間の番組を編成出来る程の人気?である。
ワイドショーも朝青龍で1時間過ごせば制作費も大幅に節約出来る一定水準の視聴率もあり一挙両得。
それにしても休場がニュースになるのではなく、出場することがニュースになるのは変だ!
しかし、やはり私は相撲界のヒーローではないように感じる。
極論をすれば、悪役だとも感じるが、何故か朝青龍が出ている場所の方が大入りも懸賞も多いと聞く。
白鵬が正義の味方なら一方は悪役か?
二枚目も要れば三枚目も必要。
マグマ大使にゴア様!
仮面ライダーにはショッカー?

ドラマにも配役があるように、全てにそれぞれの役割があるのだろう!
そして、各々が皆、角度を変えて見れば主役なのである!
私は朝青龍は好きではないが、今場所は頑張って頂きたいものだ!
【2009/01/10 22:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
面白い数字の因縁!
0906
60オニツカ
福山駅さんすて1階オニツカタイガーショップ

昨日のブログにオニツカタイガーさんと勉強会の話を書いた。
このオニツカさんとの会議をブログで報告したのも早いもので2回目ということになる。
昨年の8月13日からブログを書き始めたので、インターバルから言えばそんなものだ。
オニツカタイガーの歴史は、1949年に創業した鬼塚商会株式会社から始まり「スポーツを通じて青少年の健全な育成を」という理念のもと、創業当時から「スポーツシューズの専門メーカー」であることにこだわり、斬新なアイデアや画期的な技術を次々と投入して、伝統を育ててきた。
戦争の痛手から立ち直り、人々がスポーツの楽しみを実感しはじめた時、その足元には「オニツカ」のシューズが輝いていた。
オニツカ株式会社が初めてつくったバスケットボールシューズには、土踏まずの部分にトラの顔がデザインされており、これが後にオニツカタイガーのトレードマークとなった。
1960年代、オニツカタイガーは日本の選手だけではなく、海外の一流選手にも愛されるようになった。
1961年の毎日マラソンでアベベ・ビキラをホテルに表敬訪問し『裸足と同じぐらい軽い靴を提供するからぜひ履いてくれ』と説得し、シューズを提供。
アベベはその靴を履いて優勝した。
この話は余りにも有名であるが、そんな小さな勇気が今のアシックスの礎なのだろう。
アスリート達には、イチロー然り、特に靴はアシックス即ちオニツカなのだ。
創業から数えて今年が60周年になる訳だが、60年と言えば還暦であり、2007年に先立たれた創業者の鬼塚喜八郎翁も大そうお喜びであると存ずる。
面白いとうか因縁というか、数字がある。 
0960である。
私共の新春の店頭表示だが、2009年を祝い09とした。
そして、松が明けると、これをクルリとひっくり返すと60のお祝いの数字になるのだ!
今年も伝統と技術、そしてプロのアスリート達の信頼を背景に素敵な商品を沢山お客様にお届けします。
福山さんすて一階、オニツカ・タイガーショップへ是非お立ち寄り下さい。
只今、冬物バーゲン開催中! 

PHONE
 084-973-2010
 
【2009/01/09 20:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
本格始動
オニツカタイガー戦略会議
アシックス杉尾さん・当社支配人・スタッフ藤木・オニツカ山田さん

お正月商戦も一段落、これから冬のクリアランスセールが大きな山場を迎える。
昔は、歳末大売出しがあり、新春初売りが一段落してから当時は1月15日が成人の日であったので、この15日を終えて冬物在庫一掃売出しが始まったものだ。
昔のバーゲンセールは、しっかりと正札販売させて頂いた後に、サイズ等が不揃いになったことも手伝い、儲けさせて頂いた利益還元のコンセプトでクリアランスセールを行っていた。
最近はセールも年間計画の一つとして取り上げられて、年々その立ち上げが早くなってクリスマスが終わったら即座に冬物一掃セールが始まるところが多い。
段々早くなって福袋の話ではないが、2月には夏物一掃セールがあったりしてと・・・?!
それにしても冷静に考えると最近のデパートは半年はバーゲンをしているのではないだろうか?
12月の下旬から2月下旬、6月の下旬から8月の下旬、そして特別ご招待会、内見会等と3日限定等と称して年間10回位すると、一月分位にはすぐになってしまう。
私共は、1月が決算期でもあり、今月は一年の中でも店である現場も、裏方の本部も結構忙しい。
そして気が引き締まる思いだ。そのような意味では弊社の正月は旧暦の方が馴染む気がする。
来期の予算も最終的に確定し、その裏付けとなる戦略会議を恒例によって各メーカーさんの本部の方にお越しいただいて喧々諤々と具体的な数値の目標設定、施策案を出し合う。
昨日は、お正月気分にも区切りを一旦つけて七草粥を頂戴して、そしてオニツカ・タイガーさんの本部の方を招いて、その会議を行った。
専門のショップを展開させて頂いている関係でオニツカ・タイガー(アシックス)さんとは、同胞であると何時も思っているが、しかし客観的には社外の人であり、又、一部上場の優良企業の優秀なスタッフの方との会議はとても有意義なものである。
今年もお陰で良いスタートを切ることが出来て幸せだ!
今年は鬼塚喜八郎翁が鬼塚商会㈱を1949年設立、即ちオニツカの還暦60周年である。
ご支援に改めて感謝したい! 
【2009/01/08 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
食べる喜び作る喜び!(あいよ・かけよ)
福山中央水産
先日、福山中央水産の羽原社長とお目に掛かる機会があった。
その人柄は実直そのものだ!
食の傾向についての話なった。
最近は、獲れたままの魚ではなく、解体したものでなければ売れにくくなっているとのことだった。
その為に、加工する会社も別にお持ちになっておられる。
昔は、素材を料理していく過程を大切にして、そして感謝の気持ちで頂いたものだと!
今は何でもかんでも、電子レンジでチ~ン!
家族の形態が核家族化し一世帯当たりの人数が少なくなったことに起因していることもあるだろう。
一方、コンビに弁当が毎日300万食も廃棄されているとのことだ。
そう言えば、以前、幼稚園か小学校かで子供たちに鯛の絵を描きなさいとお題を出したら、スーパーで売っている切り身の絵を描いたという笑えるような笑えないような話がありました。
お節料理も作るものではなく買うものになってしまったことは先日も書かせて頂いた。
ミシュランの三ツ星とか素敵なレストランの紹介が溢れ返っていますが、食べる喜びもあれば作る喜びもあるのではと思います。
お節料理も姑や母親から娘へ、そして孫へと伝えられなくなったことを憂慮するのは私だけだろうか?
その家の味・お餅の焼き方、食べ方一つにしても母さんの味というのがあった筈だが、最近は、その家の味は○○料亭や○○ホテルやデパートの味になってしまったのか?
採れたての物、旬とういうものも曖昧になって来た時代に、環境問題を解決する一つの策は地産池消であるとも言う。
様々な意味での旬を考え直してみたい。いずれにしても心のこもった自然のものが一番美味しいのだ
七草粥

 今日は一年の無病息災を願い、七草粥を頂く日でもあった。弥生時代から始まったとか、いや、平安時代だとか様々な説があるが、道理に適った先人の知恵を大切にしたい。 
地産地消と言いながら近くの野山に出向かなくても袋に入った七草粥セットなる便利なものがあるのが申し訳ない気がするのです!

作る人は食べる人を思いを馳せ、頂く人は作って下さった方に感謝して! 
あいよ、かけよ、だ! 
【2009/01/07 20:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
福袋は明けてみてからのお楽しみの筈だが!
福袋

 正月商戦も一段落、これから冬物のクリアランスセールでもう一山盛り上がって行く時期になって参りました。
弊社も、幾つかの支店においては福袋を準備させて頂きました。
お陰さまで福袋は昨年よりも足が速く、早々に完売となりました。
誠に有難うございます。

最近はデパートでも年末から福袋を販売したりして、某テレビ局のように、00分より少し前に番組をスタートさせるかの如くである。
 毎年一日づつ早くしていけば、300年もすれば毎日福袋セールになってしまうのだろうか?
福袋もその年その年によって傾向が変わるようである。
2000年の時には2000万円の家が出たり、福山の天満屋でも家が福袋でその日に売れたと数年前に聞いたことがある。
今年は銀座三越では究極のエコ商品として、農業福袋がしたようだ。
銀座三越福袋
エコでもおしゃれは忘れずにということで、インポートデニムを中心としたおしゃれな農作業着のセット(男・女)と、千葉県市原市の農業用の土地を1年間使用できる権利(区画賃貸料・農作物配送料(年3回)・水道使用量・実地講習会・管理費・指導料含む)。
なんとプロのカメラマンに農業しているところを撮ってもらえる権利がついている。
贅沢なエコ?(少し違和感がある)オシャレなエコは今後の新しいエコの形になるのだろうか?
貴金属の田中ジュエリーだったか1億円の福袋、これななども結構売れるのでしょうね!
成る程と!お客様を裏切らない福袋ならぬ、福箱なるものを天満屋ハピータウンが毎年販売する。
1万円だが、箱の中には商品が沢山、そして何と別に1万円の天満屋の商品券が入っているのだ!
丸儲けって感じ!
それにしても、昨今、どの売り場を見ても、中身を表示して来ている。
挙句に福袋総合カタログなるものまで出ている。
5年程前には、袋の横の3分の1程度が透明になった袋が出たりして中身を事前にお客様に把握出来るようにサービスをしたようだ。
 最近は写真を張ったりサイズも色もきちんと表示しなければ福袋が売れなくなって いるようだ。
何か変だ!
私共もはっきりとサイズ表示をする。
本来なら何が入っているかお楽しみの福袋も様相が変化している。
この背景には昔、お客様を裏切ったお店があるからなのだろうか?
お客様の期待を絶対に裏切らない自信、否、信頼さえあれば、
中身をお客様にお見せしないでも必ず買って頂ける筈だ! 
中身を見せない福袋が良い福袋ではないか?
【2009/01/06 20:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
毎朝が『初日の出』
初日の出

毎年お正月三が日を終えて5日~31日迄、私がお参りしている教会の信行期間が始まった。
今朝も元気でお参りさせて頂けた!
半年に一度、一番寒い頃と暑い頃、夏場は6月30日の夏越祭を終えた翌日の7月1日~7月31日迄の一ヶ月である
今年も母を連れて心新たにスタートである。
特に冬場の信行期間は、朝の冷たい空気を沢山頂いて、しゃっきっとスタートすると気持ちの良いものだ!
『朝起きたら元旦と思え、夜寝る時には大晦日と思え』との教えがあると書いたが、日々が新しい気持ちで朝の光を頂戴するのは清清しい!
 未だ暗い内の朝5時半に尾道にある教会でご祈念が始まり6時頃から30分程の講話を頂き、尾道から福山に向けて即ち東へ向かって帰路の車中で美しい日の出を拝むことが出来る。
私は毎日、『初日の出』を拝ませて頂いている訳になる。
雄大な太陽向かって車を走らせるのは何とも贅沢なものだと思う。
天地の間に生かされているということを実感する朝の瞬間である。
 日々、日が一刻一刻長くなっていること感じる。
これって凄いことだ!
今日も一日、お天道様に感謝して商売繁盛にて過ごさせて頂きますように願いながら、毎日が元旦である!

そして毎晩頂戴する晩酌はお神酒と言うことに自動的になるのである!  
【2009/01/05 20:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
大難⇒小難⇒無難
車

人を悪く思ってはならない!
悪者を創ってはならない!

教訓である。

私の母は昭和3年生まれだから80歳にならせて頂いている。
お陰さまで無病ではないが二~三病息災である。
母は未だに車を運転する。
以前のように毎日、車で何処へでも出掛けることは少なくなったが、明るい時間で必要であれば自ら運転して買い物にも行くことが出来る。
本日未明のことである。
外に止めてあった母の軽四の右側のバックミラーが取れ右のドアに大きな凹みがあるではありませんか?
『これは当て逃げだ』と二男が早速警察に届けた。
『世の中には悪い奴がいる・・云云』と話していた。
すると、程なく長男に宛て一通の電話が入電された。
長男の友達が、届け物をしようと拙宅に寄ってくれた際に、車を誤ってぶつけてしまったとのこと、夜中でもあり何度かその友人は長男に電話をくれたようだが、長男は夢の中で受信出来なかったようだ。
夜明けを待ってお詫びの連絡があったのだ。
安易に人を疑ったり、悪く思ってはならないのだ!
世の中、殆どの人は良い人なのだ!
事故と言うのは被害者も気の毒であるが、加害者も同じように気の毒である場合がある。
互いに相手を思い遣る気持ちを忘れないでいたい。
このバックミラーさんも何かの肩代わりをして下さったのかも知れない。
人は誰も傷つかなくて有難うございます!
まさしく、大難⇒小難⇒無難であった。
母から若い頃教えられたことがある!
『人にして差し上げる時は、最高で最大限のことをさせて頂きなさい』
『人からして頂く時は、最低限のことだけして頂ければそれで良い!』
目の前に起きてくる現象全てに感謝することは難しいことであるが少しでも思い替えしながら前向きに進んで参りたいものだ! 
【2009/01/04 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
正月三が日
百人一首

 正月も三日を迎えた!お正月を迎える度に思い考えることがある。
私達日本人にとっては、お正月は特別なものであった。
気持ちを新たに、電卓で言えばリセットボタンを押してスタートする。
昔は、お正月はどこのお店も開いていないから、子供たちは頂いたお年玉も遣うことなく三が日は、お家で炬燵に入り、お雑煮を頂き、みかんを頂き団欒で過ごす。
いつの頃からか、大型スーパーがお正月の営業を始めた。
最初は、正月3日から営業、その翌年は2からそして、その翌年は元旦からと段々とエスカレートしていった。
恐らく、コンビニエンスストアーの出現が何らかの影響をもたらしているのだと感じる。
世の主婦たちもお節料理のお陰で、お正月位はゆっくりさせて頂けていた。
年末は、奥様連中はお姑さんや母から習ったお節料理を作るので大忙し男性連中は30日は子供たちを集めて餅つきだった。
勿論、商店も賑わっていた!
しかし最近はお節料理は作るものではなく買うものになってしまった。お餅だって、いつまでたってもカビのこない真空パックだ。
子供たちはデパートやスーパーで福袋を買いに走る。
何時でも何処でもお店は開いている。
子供たちは家族と接する時間が奪われてしまった。
親は子供に何時、どのような時に、その家の文化風習伝統を伝えるのだろうか?
男の子は独楽の回し方を、凧の上げ方を、女の子たちは百人一首を教わり、それを伝えていけるのだろうか?世の流通業は日本の文化伝統を破壊してしまったのではないだろうか?
昔は、大晦日までそれぞれ商店街は賑わって、夜中に行う元旦初売りは、大変なものだった!
そしてお正月はとても静かであった。
皆が、規範をもって営業すれば、盆正月店休日にしても年商は変わらないと思う。
それどころか、環境問題にも最適の筈である。
いつも思うが、便利さを享受する代わりに大切なものを置いてきぼりにしてはならない!
【2009/01/03 19:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
赤頭巾ちゃん気をつけて!
赤頭巾ちゃん気をつけて!

昨年の12月30日に右足の親指の爪を3分の1程、切除した。
局部麻酔の一撃が痛烈に痛かったが、麻酔の後の切除はお陰さまですんなりと進んだ。
しかし、3時間も経つと段々と痛みが・・ドクドクト脈を打つたびに痛みが走る。
痛くない時がないと表現した方が良いかも知れない。
年末の忙しい時にと思ったが、兎に角、新しい年を迎えるにあたり、すっきりと気持ち新たに迎える為に、年末に思い切って病院に出向いた。
当日は、歩き難く、直立方向困難だと思った。
足の痛みに耐える中、私が中学生の頃、読んだ小説 庄司薫著『赤頭巾ちゃん気をつけて』のことを考えていた。
この本を読んだのは40年近い昔であったが、日比谷高校から東大に進んだ三省堂の専務のご子息、庄司薫、本名;福田章二の独白小説である。
当時、私の好きだった三島由紀夫がこの庄司薫に疑念があると報じたことがあり、はっきりと庄司薫のことは覚えている。
しかし学生の私にとっては結構面白い話であったと記憶している。
この小説は映画にもなり、加賀まりこ?が主演で出ていた。
姉がこの映画連れていってくれた。
『赤頭巾ちゃん気をつけて』の書き出しは主人公が爪を剥いで痛みの為に直立歩行が困難になり、人の人たる要因の一つに直立歩行をする動物は人間の特徴だから、こうやって直立歩行が出来ないのは人間としての要因を満たしていないと思ったというところから物語が始まる。
何とも不思議なことを考える人だと感じたのだ。
歩けなくても立派で素敵な人は沢山いらっしゃる。
直立歩行は人としてのたった一つの要因にしか過ぎない。
童話にも『赤ずきん』というのがありましたね!
インドで狼に育てられた女の子だったかが発見されていた事が報じられていた事がありますが、狼に育てられた人間の子供は自分が狼だと思って大きくなるから、当然、箸の使い方も知らないし、人間の言葉を話す事も出来ない。
器官に支障がなければ発声が出来るのだから、なんらかの擬音語を発声させて、それを仲間の狼がキャッチして意思は疎通されるのかも知れない。
小説の「赤頭巾ちゃん、きをつけて」と、童話の「赤ずきん」も共に人間心理を題材にしているのかも知れない!
足の爪を剥がして、多分、庄司薫青年も歩くたびにズキン・頭巾・赤頭巾と痛かったのか? 
快適歩行とても嬉しい!

日々感謝で歩く喜びをもっと皆さんに伝えて行きたい!
【2009/01/02 18:18】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(1)
次のページ
プロフィール

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード