『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
感謝とあたりまえ
あたり前田のクラッカー

今年も大晦日を迎えました。
一年を振り返り、多くの恵みお陰を賜った。
そして感謝の年であった!
1962年だから、私が小学校に上がる頃、確かTBS系列のRCCで日曜日の夕方から30分番組で放映されて『てなもんや三度笠』
私より上の世代の方は、一度はご覧になったことがあるだろう。
藤田まこと扮するあんかけの時次郎!
藤田まことにとっては、この『てなもんや三度笠』が、後への必殺シリーズ、はぐれ刑事シリーズ、剣客商売へと名優への出世の足がかりとなっていく。
三度笠をかぶり各地を放浪する渡世人。
市川雷蔵の主演映画「沓掛(くつかけ)時次郎のパロディ版、最近は全く見かけなくなった、珍念(ちんねん)お坊さんを演じた白木みのるとの名コンビ、正しく相棒の魁であった。
鼠小僧の南利明(ボンカレーのCMでハヤシもあるでよ~が耳に今でも残っている)
この番組は、社の扉を開けて、時次郎と珍念 がクラッカーのCMをするシーンから始まる。
「俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー!」チャンチャン!である。
冒頭から話が逸れたが、てなもんや三度笠の話をしたいのではなかったのだ。
あたり前田の話を急に思い出したのだ。
感謝の反対は何か?と先日ある方が話されていた。
意味からすれば、感謝は御礼の気持ちだから、御礼の反対は無礼なのかも知れない。
しかし、感謝の反対はあたり前だとおっしゃった。
何でもそれは当たり前だと思う気持ちが感謝を忘れてさせてしまう。
有ることが難しいから有難いのだ。
全ては、当たり前ではないのだ。
当たり前だと思った瞬間に無礼になってしまう。
当たり前のことが当たり前に進むことこそ、有難く、そして感謝の念が堪えないと私たちは改めて思わせて頂かなければならないのだ。
大晦日を迎え、本年も無事に当たり前に過ごさせて頂けたことに改めて感謝して新たな年を共々に元気で迎えさせて頂きたい。
『朝、目が覚めたら元旦と思え、夜、寝すむ時には大晦日と思え』と金光教の教えがあります。
日々がさらな気持ちで、毎日を感謝で迎えたい!
もう二度と訪れることのない西暦2008年平成20年さん一杯一杯有難うございました!
ブログをお読み頂きました皆様、どうぞ素敵な年をお迎え下さいませ!
感謝 
【2008/12/31 17:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
プラスの電波を!素敵な波動を伝えましょう
東京タワー
今年も後、1日と少しとなりました。
 来年は閏秒でお正月元旦午前8時59分には60秒という1秒が加えられ一秒長い年になります。
この一秒を大切に来年も暮らして参りたいと思います。

その一秒の積み重ねで50年!
東京タワーも半世紀に亘り、電波を発し続け世界一高い鉄塔、その美しい姿は今も尚、誇らしげでもあります。
 今年も様々なことがありました。
リーマンショックに端を発し世界同時不況へと一気にその渦が拡がりました。
 先日、あるシンクタンクの理事長さんのお話を伺うチャンスがございました。
不況の真の原因はリーマンではない!
他にある。
自分の会社のしていることが、お客様のニーズにマッチしているか否か、時代に次代に副っているのかを見直すことが大切であると。
責任の源は自らにある!
的を得たお話であり多くの学びを頂戴した。
麻生総理の未曾有(みぞうゆ)から始まり、政権を応援するのではなく政権批判を繰り返し挙句に、政治経済ばかりではなく、通り魔事件等、暗いニュースばかり。
記者諸兄は、もっともっと走り回ってこんな時代でも頑張ってる人・企業・行政、意識して明るいニュースを取り上げ紹介する努力をして頂きたいと願います。
事実を伝えるものもマスコミの仕事ならば、国民に勇気を与えることも大きな仕事である。
消費もしっかりと喚起してして頂きたいとも考えます。
以前にも述べましたが英国BBC放送は毎回必ず明るいニュースを伝えようとの社内規定があるようです。
人は毎日聞いていること、口にしていることを現実のものとしていく、潜在脳にそれをインプットしていくと言われます。
2009年が明るい年になるように、大きなバックアップを期待したい。
2009年は必ず希望に満ち溢れた年になりますことを互いに誓います!
皆で素敵な波動を伝えましょう!
【2008/12/30 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Superstition
陰陽五行説

年末を迎えると新しい暦が届く、陰陽五行説なるなるものがある。
そして、来年は運勢が良いとか悪いとか皆が、その暦を見てあれこれ言い合う。
Superstition迷信というものがある!
欧米では、例えば梯子の下を潜ることは良くないとされている。
梯子の下を潜る時には『Knock on wood』と言えば大丈夫だとの迷信があります。
梯子
霊柩車を見たら親指を隠せとか、夜爪を切ってはいけないとか・・実に様々な迷信?
言い伝えがあります。それぞれ、理由はあるのでしょう。
私は思うのです。
これも全て生活の知恵!
夜暗いところで爪を切ると目に爪が入って
 しまったり、霊柩車を見ると余り楽しい気分でなくなる時に、その言い伝え、親指を隠すと一寸ほっとしたりと。
Knock on woodも同じだと感じます。
昔、金光教の先生が教えて下さったことがあります。
霊柩車を見たら、指等隠すような迷信に囚われることなく、『どこのどちら様か分かりませんが、御霊安心・御霊お道立て下さい』と手を合わせて差し上げて下さいと!
全く道理に叶っていると感じます。
目の前にあることから目を背けないでプラス思考で向き合うことの大切さを教えてくれていると思う。
私の祖母明治22年生まれ、とても熱心に信心する人でありました。
その祖母が子供の頃、私によく話してくれていたことがあります。
迷信に囚われていけない。
日々感謝して暮らすことこそが、一番大切なことであると!
『丑寅の方向に玄関があると良くないとか、北枕は縁起が悪いとか言うけれど、全くそんなことはない!
北を頭に足を南に向けると頭寒足熱で健康に良い!
尋常小学校で習った』って、家が南向きなれば日当たりも良し・・・と明治の中期を教えを紐解いて教えてくれた。
家は方位方角ではなく、暮らし易く使い易いのが一番、そして今暮らしている家に感謝して出入りに手を合わせると恵まれると教えてくれた。
とても科学的であると今更ながら感じるのです。

今ここを喜ぶことが大切なのだ!
お祖母ちゃん有難うございます! 
【2008/12/29 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
英語と国語『私は嘘を申しません!』
日々が一大事

昭和40年のこと、核兵器を万一中国と戦争が起これば、その報復として米国は攻撃をして欲しい旨の、佐藤栄作首相とマクナマラ会談においてコメントしたとの外務省の文書が公開された。
何故この時期にとは思った!
オバマ大統領が就任前の方が良いとか、色んな意図が詮索が出来ると同時に、ノーベル平和賞を貰った元総理の『核の傘下発言』は、今月授賞された日本人4名の誉れに水をかけられたように感じた。
そう言えば佐藤元総理のキャッチフレーズは『私は嘘を申しません』だった。
本当なの?
そんな折、23日の中国新聞。
日本語は科学向き!?という記事が小林・益川・下村の三先生の写真共に載っていた。
益川教授と小林教授は、日本語で議論していたのです。
コラムでは2000年のノーベル化学賞の白川先生のコメントが特に嬉しかった『最先端の科学を日本語で勉強できる意義を忘れてはいけません!欧米を別にすれば、国語だけで物理、科学を完全に教育できる国は世界中そう多くない筈・・・』
用語を丸暗記するのではなく、翻訳することで理解がぐっと深まる。
『膨大な外国の用語を和製英語翻訳した結果、語彙を補うだけで学問的議論が可能になったのは、日本語が論理性の高い言語だからです』と結んでいた。
やはり、日本人の知恵は凄いと感じると同時に言葉の力も大切だと感じるのです。
私は、外国語はやはり美しい日本語を話す為に学びたい。
美しい言葉が似合う人というのがあると思うのです。
言葉遣いが一番、その人の品格を理解するのが分かり易いと同時に『言葉は現象を創る』とも言われる。
美しい言葉を遣い、美しい所作、動きをしたいものだと思う!
そうそう、益川先生、京都産業大学の広報で素敵なことおっしゃっておられました。
日々、瞬間瞬間を一所懸命頑張っていれば挫折等ありえないって!
なんとも素晴らしい! 
【2008/12/28 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
思いやりに欠けちゃった
ANAシート
 ANAファーストクラス仕様のシート

 一流の証は思いやりだと思いながら、思いやりに欠けてしまった。
 24日のブログにファーストクラスとエコノミークラスの違い・・・云々と、宝石商さんの書かれたブログを引用して書いたのだ。
 皆が、この内容を知っているかのように勝手に話を展開してしまったが、考えてみると、その方のブログを読まれていない方には、その意図が充分に伝わらないのだと反省反省!
 自分勝手は良くないです!
ご本人にお断りすることなく、充実にその内容をお伝えする為に、その一節をコピーさせて頂きますので、お読み願いたい。
 {飛行機のエコノミークラスとファーストクラスのトイレの中は、ぜんぜんその清潔度において違うらしい。エコノミークラスでは手洗いボールの周辺は水でびちゃびちゃ。髪の毛は何本も落ちている。ダストボックスからは紙タオルがこぼれ落ちている。 
 ファーストクラスを使う人間の振る舞いは、言わずもがならしい。誰も見ていないところでも次に使う人間のことを考えて行動できる。さすがファーストクラスに乗るようになるだけのことはあるのかもしれない。いやいや、それを当たり前に凡事徹底できるから一流人かもしれないよな}

と言うブログでありました。
考えてみると、相手は知っている積りで、実際はそうではないケースは結構ある。
知ってるつもって番組もあった!
ご指摘を頂いて初めて分かることが沢山ある。
朝令暮改、そして君子豹変するとは、良い意味で使われる言葉でもある。
違うと思ったら、直ぐに誤り直す。
この姿勢を忘れないようにしたいと改めて自戒した今日でした! 
【2008/12/27 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Lesson 1
クリントンEカーター
先日、久振りに旧友であるMr.クリントン・E・カーターに会って、彼の洗練された歌とピアノに触れる機会がもてた。
What do you learn English for?
英語に通じている人には釈迦に説法であるが『Why did you come to Japan?』よく日本人が外国人に対して聴くフレーズである。
ボストン生まれの彼が、この質問は不快な感じがすると話してくれたことがある。
『Why do not you have a seat?』
これは『何故座らないの?』ではなく、
『どうぞお座り下さいと』と言うである。
doとnot を『取ると座ってはいけません』と言う感じになる。
然らば、先のフレーズは『どうしてあなたは日本に来たの?』ではなく『何しに来たの?来ない方が良いのに』
備後弁で言えば『なんしに来たんよ~?』と言うニュアンスになるのです。
こういう時は『What did you come to Japan for?』の方がすっきりします。
ネイティブでなければ分かり難いことは実は沢山ある。
文部科学省の学習指導要領で、高等学校の英語の授業は全て英語で行うようになると言われます。
先生達は大変だ!
覚えなければならない英単語も1300から1800語に、私たちの学生の頃は、赤単なるものがあって、3000語とか6000語を必死で暗記したものです。
会話の基本は、勿論、Vocabulary語彙力であるし、語彙が多ければ聞き取るにも大変有利であるが、大切なことは、言葉を教えるのではなく、その言葉の裏にある文化を伝えるのが英語の授業のようであると思うのでうす。
言葉の裏にある文化を伝えるのは日本語に上手く訳して教えることの方が良い場合もあるように私は思うのです。
『あなたは、何の為に英語を学ぶのですか?』
WhyではなくWhat for !
常に大切なことは何の為を考えなければならない。
世界の人とのコミニケーションを図る為も大いに結構であるし、美しい日本を話す為に外国語を学ぶのも良い
何だって良いからきちんと目的を明確にしたいものだ。 
【2008/12/26 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ダビンチコード
アイザックニュートン

自然と自然の法則とが
暗夜の中に隠されていた
神が言った「ニュートン出よ」と
かくてすべてが明かるくなった。


クリスマスを迎えて思い出した!
過日のブログ
に少しニュートンさんのことをふれました。

ダビンチコードの映画、そしてを読まれた方は沢山おられるでしょう!
ダビンチコード

 ミラノに行ってあの、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院のレオナルドダビンチの最後の晩餐の壁画を鑑賞するのは、予約を取ることさえ、未だ難しい!
最後の晩餐


ダビンチコードの中にそういえば、
このアイザックニュートンJISAAC NEWTONの話が出て来ますね

 彼は1643年の12月25日のクリスマスに生まれているのも不思議な縁ですが、キリスト教との結びつきには興味深い資料が沢山あります。

そして、彼が発見したというか、気付いたしまった引力がある等と当時は許せなかったのかも知れません。

 現代では当たり前の科学が、当時は宗教観によって否定されていたりで、ガリレオが、地動説を唱えたことを否定したことを、

つい最近、前ローマ法王『ガリレオさんあなたはは、正しかったごめんなさい!』と謝罪と名誉を回復させたのが、素敵です。

 ダビンチコードの答えが、あのニュートンの林檎appleと言うのも面白いと思いましたが。

 なによりも私は、キリストの末裔として、このダビンチコードの物語を展開していく、ヒロインのソフィーが話した言葉がとても興味深かった。

覚えておられる方も沢山いらっしゃるでしょう。『人は何を守るかでどんな人か決まる』まさしくその通りだと思う。

そして、私は思うのです。過日述べました 『どんな時に人は怒るのか』人が怒った時こそ、その人の考え方、硬くいえば その人の人間観が見えてくるように思うのです。
改めましてI wish you a Merry Christmas! 
【2008/12/25 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
I wish you a Merry Christmas!
遠藤周作文学館ステンドグラス
 
Christmas「Xmas」と書いたりしますが、余り私はこの書き方は好きではないというより、好ましいとは思わない!
 「X」は、ギリシャ語の「Xristos」(キリスト)の頭文字であるが、「X」で「Christ」(キリスト)を代用しているわけで、それではクリスマスの意味が薄れてしまう。
何か少女Aとか、Mr.Xさんって言ってる感じがします。
やはり、 「I wish you a Merry Christmas!」とか「A Merry Christmas to you!」楽しいクリスマスがありますようにと表現したい!
イエス・キリストの誕生日に関する記録は残されていないので、キリスト様の正確な誕生日わかりません。
初期の頃は色々な日に祝ったようですが、その内に12月25日に祝われるようになります。
4世紀にこれが確立したようです。 
また、ローマでは12月の冬至に太陽を祭るお祝いをしていました。
 ご存知のとおり、北半球で一番昼が短くなるのが冬至です。 
 それまで次第に短くなってきた昼が、この日を境にまた長くなって行きます。
つまり、勢いの弱まってきた太陽が冬至にふたたび力を取り戻し、光がよみがえるということを祝っていたのです。
さらに、273年になると、時のローマ皇帝アウレリアヌスは12月25日を太陽神の誕生日と定めましたと言います。
イエス・キリストは「正義の太陽」、「世の光」と呼ばれていることから、336年、当時の教会はこの祭日を利用してイエス・キリストの誕生を祝う日と定めたということです。
 そのような意味で春の麗らかな日、4月に生まれたという説も一部にありますが、遠藤周作さんが、面白いことを、著書の中で述べておられました。
私も実は、この説に大賛成!
 完全な人は誰もいません!
人は一年生活をしていると、私達は皆間違いを犯し、無意識にも人を傷つけたりします。

懺悔し、心を清め新たな気持ちで新年を迎えるために、ちょうど新年の1週間前をクリスマスと決めて、
新しい年への準備の一週間としたのです。
イエスからあなたへのクリスマス・プレゼントそれは、心の安らぎ、無条件の愛、そして永遠の命です。
私と宗派は違えども、新たな気持ちで皆様と共々に善き年をお迎え致しましょう!
 
今年のクリスマスChristmasが、皆様におかれまして真に意味があり、深い愛を感じられるものとなりますように。 
【2008/12/24 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
一流の人
江戸しぐさ

福山市内を本拠にして宝飾品を扱っている大富豪大社長のブログに一流の壁について連載で記されていた。
飛行機のファーストクラスとエコノミークラスの洗面所の違いは中々面白い考察である。
壁はトイレの壁ではなかった!
評価しますに一票投じたいと思った。
以前書いたことがあるが、紳士Gentlemanとは相手の気持ちを思い遣ることが出来る人だと。
そしてこの度、飛行機の洗面所の話で思い出したことがある。
私のある同級生は地場では勿論のこと、日本国内そして海外においても大きな商売をしている。
その彼と、随分と昔、ゴルフに行った時のことである。ゴルフが終わって恒例により一緒にお風呂に入った時の光景。
彼の裸ではなく彼の所作が目に入った。
彼は体を洗い終わった後、蛇口の前に、自分が座った椅子の上に、丁寧に洗面器を裏返しにして、隅に整頓し、そして雫の垂れている蛇口をタオルで拭って、そして湯船に入って来た。
これぞ、一流経営者としての所作だと感心した。
親の躾もあると考える。
ホテルに宿泊して、チェックアウトする時には、チェックインする時と同じように現状復帰して後にすることも大切である。
常に次のお使いになる方の為に心遣いをすること、それが出来る人が一流なのであると思う。
江戸仕草の中に多くのヒントが隠されている。
江戸時代長屋の路地を雨の日に傘をさして歩いていて、すれ違う時に、その傘を一寸相手の反対側に傾けて、雨の滴が相手にかかるのを防ぐ、何でもない所作、仕草に隠されている仕草を持ち合わせている人こそが一流というのでしょう!
金持ち喧嘩せずという格言もあるが、儲けることが上手な人、その上に所作が素晴らしく、儲けたお金を何の為に遣うのかを心得ている人が一流の経営者というのでしょう!
私たちは様々な立場で一流を目指したい! 
【2008/12/23 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
コピーは難しい
尾道 文学のこみち
私の知り合いに素敵なコピーライターがいる。
コピーというのは非常に難しいと思う。
コピーライターの糸井重里さんが西武デパートのコマーシャルコピー『おいしい生活』と書いた。
抽象的だが想像力を沸き立たせこの素敵なコピーに感動したこともあった。
小説とコピーというのは根本的に違うと学生時代国語の先生から習ったことがある。
林芙美子が愛した尾道に有名な「文学のこみち」がある。
芙美子は千光寺から尾道水道を見下ろし、そこを行き交う船の汽笛を聞いて・・・云々という一説があったと仮定する。
そして、その小説を持ってその場所に行ってみると同じ光景を私たちは見ることが出来る。
小説と言うのは小さな本当、事実を積み重ねて、その上に大きな嘘をつくことが本髄であり、醍醐味だと言う。
 しかし、コピーは、端的に現実を相手の感性に響かせること、そして余分な言葉を拭い去ることであると!
越後湯沢で書かれたと言われる、小説雪国川端康成の『国境のトンネルを抜ける雪国であった。夜の底が白くなった・・・』
汽車は清水トンネルを抜けるのであるが、主語は誰なのかと考える。
そこに実は想像力を働かせる楽しみもある。
そう言えば、人に訴えかけるコピーには、よく主語が抜け落ちる場合、敢えて主語を明確にしない場合もある。
 広島平和とし記念碑にある『過ちは繰返しませぬから』もそうである。
コピーライターの方々は恐らく、人並みはずれて多くの本を読んでこられたのだと思う。
目には見えない小さな積み重ね、多くの引き出しの中から、たった一行に魂が込められたコピーが生まれてくるのだと感じる。
子供の頃、出来るだけ本を読みなさい。
活字に触れなさい。
そして出来れば子供の頃は漫画を読むのは少なくしないと教えられた。
漫画も分かり易く面白いが、感性が豊かな年頃には、漫画は不向きであると。
『キミちゃんは空を見上げて希望に満ちあふれていた・・・云々』という文字を見た時には、希望に満ちた顔とはどんな顔なのか、どんな仕草なのかを人は想像する。
しかし、それが漫画で描かれていれば、そこでそのイメージが固定化されて想像力を膨らませることが難しくなると言う。
最近、読書の量が減ってしまった。
改めて長編にこのお正月は挑戦してみたいものだ。 
【2008/12/22 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
海いるのはあれは人魚・・
デンマークのマーメード
昨日、中原中也の詩の一節を思い出す中で、『海にいるのは、あれは人魚ではないのです・・』その虚無を茶化す輩がいるのは決して悪いこともないと思っていた。
しかし、変な茶化し方は良くないと思い、一つの光景が蘇った!
デジタルカメラの記録を繰ってみたら出て来た一枚の写真!
 1年半程前に、イタリアの展示会のスケジュールを終えて、北欧、デンマークに足を伸ばした!
靴のメーカーさん、eccoの本社を訪問した。
私共が福山駅前のさんすてに、eccoのショップを開店する為に、本家の店舗を視察し、そしてデンマークの旗艦店である、本店の運営、品揃えを学びビジネスミーティング意見交換を行い非常に充実した出張であった。
そして、翌日、帰国の日、飛行機の時間迄の間隙を縫って、折角来たのだからマーメード像を一目見て帰ろうと思い小雨の中、車を走らせて貰った。
なんということか?
ピンクの腰巻を巻かれているではありませんか?
『北欧の海にいるのは、あれはピンクの腰巻をした人魚だったのです・・』
曇った北海の空の下であった!
わざわざ北の海の中に入って、こんなことする暇な人もいるものだが、像を壊したと訳ではないが、やはり破壊したの同じではないかと何故か笑えない自分がいた。
創った人のお気持ちを考えると如何なものかと思ってしまう。
何となくマーメードさんが恥ずかしそうに顔を背けてるのかと感じたことを思い出した。
海にいるのは、あれは人魚ではないのです!
明日も多くの人を楽しく明るくして差し上げるお手伝いをしたい! 
【2008/12/21 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Nihilism虚無主義
中原中也
ニヒルという言葉を最近耳にしなくなった!
今から40年程前はこのニヒリズム、虚無主義という言葉をよく聴いた時代があった。
 俳優で言えば、天地茂とか今も活躍してるが、田村正和古畑任三郎を演ずる迄の田村正和は、イメージが違いっていた。
柴田連三郎の眠狂四郎を市川雷蔵・松方弘樹に続き田村正和は役柄として無双円月殺法で、時代を棄ててしまったようなムードを醸し出していた。
又、柔道一直線での近藤正臣演ずる結城真吾『一条君、俺は自分のプラスにならない奴とは戦わない主義なんだ・・』と言ってピアノに飛び乗って足でピアノを弾くシーンがあったが、難しい番組だけはなく、子供たちが楽しむ番組にもニヒルを演ずるシーンが確かに多くあった。
ゴルゴ13も考えようによっては虚無主義者と言えるのかもしれない。
最近、虚無主義が一般的に受けない時代になったのは、世の中自体が人に無関心な方向に移行しているからなのでしょうか?
世の中自体が虚無になっているから、それ自体が普通の事であり、えど・はるみ、のようなギャグが受けるようになっているのかも知れないと思う。
虚無主義が受ける時代は、逆に人と人の関わりが多いからかも知れない。
と言うことは現代は人との関わりが希薄になっているのだろう!
そして、それ時代を茶化したりするのは良い時代だったのかも知れない。
文学においても私は中原中也を思い出す。 (中原中也の写真を見た時に、当時のグループサウンズのタイガースのドラマーのピーさんに似てると思った
高校一年の時に読んだ詩が何故か理解できず、悶々とした時に虚無主義という言葉に出会った。
そのことで彼の文体を理解出来たのかもしれない。
最初の中也の詩と出会いは、正確な題ははっきりしないが『北の海?』だったか
『海にいるのはあれは、人魚ではないのです。海にいるのは、あれは波ばかり。曇った北海の空の下、波はところどころ歯をむいて空を?呪っているのです・・海にいるのはあれは人魚ではないのです・・・』
この詩は実は結城信吾が柔道一直線でも呟いていたのだ!
明るい時代に暗いものが流行り、暗い時代に明るいものが流行るのは人の知恵かも知れない。
この年の瀬、共々に名実共に明るく振舞い明るく暮らしたい、そうすれが明るい明日が待っている。
『明日という字は明るい日と書くのね・・・♪』こんな歌もあった!
【2008/12/20 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
いつものこと?
雪の情景


私は信仰を持たせて頂いているお陰で、心配事があったりすると神様にお願いをする
 そうすると『心配する心で信心せよ』との教えが蘇ってくる!

 願いには様々な念の強弱があるが、人は心配する時は殆ど本気であるから、その気持ちを大切にしなければと思う。
 子供が風邪をひいてしまったり、一寸熱を出したり、或いはほんの小さな傷をした時、所謂、一般的に言うと大したことではない時
 『いつもものことだ・・』とかで、つい手を抜いてしますことがある。
 メニエールという病がある、めまいが主な症状のようです。
 お陰さまで健康な私にはこの病気のことはよく分からない。
母が時折、このメニエールになり、回復まで概ね1週間程度を要する。
 それを年に何度か繰り返す!
めまいと言うのは、即ち世の中が揺れる のだから、若い人がこの病になると自信を失ってしまう ようでもあります。
 母が最初にこの病にかかった時は大変だって思い、そして神様にも全治の願いを懸けた。
 そしてその内、この病を繰り返すと何時ものように1週間もすれば元気なると思ってしまう。その最初に母を思う気持ちが軽くなってしまう。
子供が風邪をひいても、直ぐに治るって思ってしまう。
勿論、この直ぐに治るから大丈夫というプラス思考はとても大切な用件ではあるけれど、体調を崩した時、早く元気にさせて頂きますようにと心を込めて念ずる気持ちを、そして一瞬一瞬を大切にすることを忘れてはならないと思うのです。
 病気になって治った人の話を聴いて凄いと思う。
しかし、病気もせず毎日を元気過ごさせて頂ける我が身こそ凄いと感謝しなければならない!
今日も元気で目覚めさせて頂き、元気で過ごさせて有難うございます!
何もないことは、とても凄いことなのだ!
日々ごゆだんなきようにである!

【2008/12/19 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
文明の利器と武器
携帯電話初期

1980年代の後半に携帯電話を持った。
今思い起こせば、ラグビーボールのような感じであった。
姉が、NTTさんの代理店をさせて頂いていた経緯もあり、ポケットベル・テレフォンカード等と併用しながらの使用していた。
しかし、通話の地域がとても狭かった!
確か1分100円という高額な通話料でもあり、兎に角、それは大きく重たく保証金まで差し入れて初期コストもランニングも高かった。
 車のトランクに自動車電話のアンテナ紛いの静電気の放出機能がある棒や、完全なイミテーション迄が流行した。
 技術革新が目覚しく、そして宮沢喜一先生の尽力による規制緩和によって爆発的な勢いで普及しコストも下がった。
NTTはドコモにセルラーはauにそしてボーダフォーンからソフトバンクにと変遷は目まぐるしい!
孫さんが日本の携帯電話料金を半額にすると息巻いてそれを実行したことを思い出す。
そして、そうなって来ている!
それにしても若干の勢いは衰えたにしても、兎に角携帯電話の新製品の発売ラッシュは凄い。
やっと遣い方を覚えたと思ったら、又次の機種になる。
振り返れば何度電話を替えて来たものか?
 そして最近は小学生達も多くが携帯を持ち、メールをし、その結果、陰湿なイジメや、そして若年層の犯罪迄誘発する始末である。
文明の利器を如何に人間生活の質を豊かにする為に使うのかを私達はもっともっと工夫をしなければならない!
知恵を使わなければならない。
新潟県の妙高市では、小中学校の携帯電話を原則禁止することのなったと新聞記事で読んだ。
大阪府の橋下知事も概ね、同じような方向性を打ち出していると同時に、多くの方は賛成のようである。
携帯電話の普及で、私達は時間にルーズになってしまってはいないだろうか?
人会うとき、その時間、その場所を外すと20年前は会えなかった。
 約束にコミットメントした!
今は『ごめん一寸遅れる・・、先に行っておいてetc. 』で安易に予定の変更をしてしまう。
旨く表現すればフレキシビルだが、厳しく言えばルーズである。
私達は一瞬一瞬をもっと大切にする気持ちを大切にしなければならない。
そして、この素晴らしい文明の利器を上手く使わなければ将来に禍根を残してしまう。
文明の利器は、生活の質を豊かにするものであって質を低下させる武器ではない! 
【2008/12/18 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
It is our business
木枯紋次郎


あっしには関わりのないことでござんすは、英語にすると
It is not my businessでしょうか?
作家・笹沢左保先生の作品で、テレビ放映され人気番組となった「木枯し紋次郎」、番組の冒頭、芥川さんのナレーションだったか、上州は新田郡(ごおり)三日月村で生まれ・・上条恒彦の歌が流れるシーンを思い出す。
上州、群馬はかかあ殿下とからっ風!
そのからっ風を背に紋次郎「あっしには、かかわり~ないことでござんす』と言いながら、一杯関わって加えた楊枝の長いので一吹きして悪い奴らをやっつける変わったドラマだった。
一方、一斉風靡したこちらは沖縄県の小島よしおでも、そんなの関係ない・・』と最近は本人が関係なくなって来ているが、インターネット上には小島よしおが消えるのを阻止するサイトなるものがあることに驚いてしまうのです。
マスコミと言うかテレビ各社は、見つけるのも早いが棄てるのも早いと感心する。
 太平洋戦争へ誘導したのも一部マスコミの罪であるとも後に言われたが、マスコミが果たす役割を改めて考え直す時期に来ているのではないだろうか?
世の中が疲弊政治も疲弊している時代、一部の流れに押し流されてマスコミは麻生総理を叩いている場合なのだろうか?
 私は決して自民党や麻生総理の肩を持つわけではないけれど、テレ朝系の夜の10時のニュース番組のコメント等は情けない限りだと感じる。
 本当に世界の現状を理解しているのだろうか大局から番組を編成出来ているのだろうか?
 木枯紋次郎のように、あたかも、『あっしには、かかわりのないことでござんす』と言いながら、批判だけはしているように思うのは私だけなのでしょうか?
勿論、客観的見地を失ってはならないが・・
今こそマスコミこぞって、政府を応援してこの閉塞感を打破させる役割を果たさなければならないのではと感じる。
一番必要なのは、与野党の大連立ではなく、良い意味でのマスコミの連立ではないだろうか? 
【2008/12/17 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
日々ごゆだんなきよう!
日々ごゆだんなきよう!

今月3日茶道、上田流お家元とご一緒させて頂いた時のことをブログに書いた。
納会の前のお茶席で、私のお謡いの師匠、喜多流、シテ方大島先生と偶然にも隣り合わせになった。
 宗匠は、お謡いにも造詣が深く日本の伝統文化の話なった。
 そして、その席で、大島先生が、上田 宗冏宗匠に 『宗匠のお書きになっている『日々ごゆだんなきよう』は、とても分かり易く素敵な本で若い女性のお弟子さん達にその本のことを話していいます』とおっしゃった。
 宗匠『角川書店さんから分かり易い日常的なものを書いて欲しい』と依頼を受けられて書かれたそうだ。
 話には聴いていたもののタイトルも面白い、そして未読であった為、早速、啓文社に立ち寄って買い求めた。
この本はとても気に入った。
すぐに美しくなれる!
コミュニケーション能力のある女性は美しい!
自然の音を聞き、新しい五節句を祝い、春夏秋冬を丁寧に生きると分かり易く美しい所作を説明されている。
 勿論、上田流の16代家元であるので、茶の湯は楽しいの話は外せない。
 この書は、きちんとした内容で書き綴られているが、とても軽いタッチに構成され一気に読むことが出来る。
 最近の若い子という表現は私は余り使いたくないが、最近の若い子に是非読んで頂きたい。
そして、その前に若い子を持つ親にも是非ともお奨めしたい一冊。
「気が上がる」「気を込める」「気を入れる」。
この本にしばしば登場する「気」という言葉が、例えば「いきなり動作に入ると気が上がってしまい、物を落としたり、手をすべらせたりと、思わぬ失敗をする」ものだ。
 思わぬ失敗を防ぐには、まず、何か動作を始める前に一呼吸して息を整えてから取りかかりなさいとある。
 一呼吸の間に、その動作や物が「自分に本当に必要なものなのか、自分の好みにかなっているのか」自分に問い、気持ちを整えてから行動に移すことだと。
 慌てているときほど、この一瞬の判断ができず失敗に至ることがなんと多いことか。
日常の動作一つも、心のあり方と自然に結びついていることを知ることが出来る。
腹の底から深く呼吸し、背筋をピンと伸ばすだけで、自分を包む空気が変わることを体感できる。
 上田 宗冏宗匠が、私達にお話になった『私達の仕事を体術である・・』
この言葉をきちんと受け留めたい。
 そして、親は子に体術、心術を伝え なければならないと、この書を読んで感じた!
そういえば、金光教の三代教主様が同じようなことをおっしゃっておられた
『何十年つとめましても、油断がなりません。日々がさらです。』
日々がさら! 

そんな気持ちを大切にしたい
【2008/12/16 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
百里の道も九十九里をもって道半ばとする!
合衆国大統領

百里の道も九十九里をもって道半ばとする!
この言葉は私は好きである。
最後の最後まで決して油断してはならないのだ。
昨日、にイラクを「電撃訪問」したブッシュ米大統領が、マリキ首相との共同記者会見の際、イラク人記者から靴を投げられた。
中国のインターネット掲示板には記者を「絶賛」する声が多く寄せられたそうです。
 記者会見中にブッシュ大統領に靴を投げたのはイラクのテレビ局の記者で、今回が在任中の最後のイラク訪問となる見込みの大統領に歩み寄り靴を脱ぎ、4、5メートルの位置から「これが別れのキスだ。犬野郎!」
「(米軍のために)夫を失った女性、親を失った子からの贈り物だ」と叫びながら、2回投げつけた。
 靴はいずれも正確にブッシュ大統領の頭の位置に飛んだが大統領はすばやく身をかわし、当たらなかった。
靴を投げた記者は、警備員に取り押さえられ、会場外に連れ出された。
アラブ社会で靴などを投げつけることは、相手に対する極めて侮辱的な行為とされる。
2003年に米軍がバグダッドでサダム・フセイン大統領の銅像を倒した際にも、多くの人が、倒れた像に履物を投げつけた。
マスコミ各局がこのように伝えたが、確かに現象を伝えるのはマスコミの大切な仕事であるけれど、もうひとつ大切なことを見落としていないだろうか?
このシーンを面白く伝えるけれど、アメリカ大統領のシークレットサービスはどこにいたのか?
大統領をどうやって護るのだろうか?
2回も投げつけられたのだ!
お粗末極まりない!
彼は未だ核のボタンを持っているのです。 
後一月程で退任になると、このように蔑ろににされてしまうのでしょうか?
個人的には私は、ブッシュさんのファンには申し訳ないが、アメリカ否、世界史上最低の合衆国大統領であると思う。
今から8年前に仲間とバンコクを訪れた時、パパブッシュとレストランが偶然に一緒になった時、私の友達は息子の選挙頑張れとエールを送った。
しかし、理由のつかない戦争をし、飛行機にはライターも持込めない、世界を危険にし最後の最後に不況を招いた大統領だと皆が酷評する通りだ。
しかし、でも未だ合衆国大統領である。
何でも締め括りが大切である。
ガードナー達は、守るべき人はきちんと守らなければなりません!
どうぞ、努々ご油断なきように!
百里の道も九十九里をもって道半ばと心得るべしだ!
【2008/12/15 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
儲かりまっか?ボチボチでんな~!
難波高島屋
大阪、難波駅前 高島屋

30年前の戦友が来た! 
彼は青島信一と言い、30年前当時からとても男前で、今も素敵な紳士である。
ツイードのジャケットを着て、テュミのキャリーバックだった!
一世代を30年と言いますが、正しく一世代を互いに超えて戦友が福山にやって来てくれた。
5年程前に偶然にミラノの展示会ですれ違ったが、じっくり話をしたのは20年も前になる。
 私は大学を卒業して地元に戻る前、数年間、現;リーガルコーポレーションに勤務をさせて頂き多くの学びを頂いた。
 学生時代から、REGALにはご縁が深くREGAL SHOESの1号店東京駅の八重洲店にて働かせて頂いていた関係もあり、スムースにこの会社に馴染めたことを思い出す。
 入社後暫くして大阪へ転勤になり、同期の連中青島さんを含め6名が大阪支店に乗り込んだ。
 多くの社員さんは東京本社からの出向であり、関西の会社であっても社内は皆、標準語であった。
 私のテリトリーの中には、大阪市内のデパートもあり、最初にご挨拶に伺ったのが大阪高島屋であった。
 今でも覚えている、担当課長の甲斐さん、身長185センチ、ニューヨーク支店から戻ったばかり、そのスマート甲斐課長が私に最初に発した言葉
『どうでっか・・?儲かってまっか?』
驚いて回答に困った『お陰さまで順調でございます』と回答したように思う。
『すると、ニッカさん(当時のリーガルコーポレーションの愛称、旧社名;日本製靴ニホンセイカだから縮めてニッカ、余談になるが、当時スナックでキープするお酒は社員さんは皆スーパーニッカかシーバスリーガル)は、やりにくうおまんなぁ~・・・!』とお叱りを受けた。
 先輩に伺うと、こんな時は『ボチボチでんな~』で良いと言われた。
大阪の人には申し訳ないが、スマートな人が大阪弁を話すのが可笑しかった! (ごめんなさい)
 もう一つ思い出した、難波の傍にあった会社の裏にある喫茶店ボルボに赴任して最初に入った時、素敵なお店の女性にいきなり言われた
 『兄ちゃん何すんねん・・?、ホット、冷コー?』
注文の前にむかついた『俺には名前があるんだ兄ちゃんとは何事だ・・・!』と心の中で叫んで、『珈琲の熱いのお願いします』ってお願いしたこと、関西商法の学びが始まる前に、大阪の言葉の洗礼を頂いた。
 折に触れ互いに愚痴を言ったり聴いて貰ったりの若き時代であった!
 こんなつまらない話でも、学校を卒業して最初に苦労を共にした仲間とは一瞬で30年前に戻れることが嬉しかった!
共に汗した仲間とは、時空を超える力があるのだと感じた。
瞬間瞬間を一所懸命生きることが深い友情を生むのだ!
天満屋のモロゾフで彼は、アイスティーを注文すると思ったら案の定だった。
昔から、彼は紅茶党だったのだ!

ここ数日、風邪気味で頭痛に悩ませていただが、素敵な友は、元気にしてくれる!
そして、特に今夕は素敵な夕日が私を癒してくれて元気回復だ!
天地に間に生かされていることに感謝です!
 

夕焼け
【2008/12/14 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
『変』
今年の世相は『変』

「渦中の人」 ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英先生がお選びになったの「今年の漢字」は『渦』だそうです。
世相は2ヶ月も3ヶ月も続くものではなく一過性のもの、良い方向に変わることを望みます!
 昨日発表され清水寺、森清範貫主によって今年の漢字に決まった「変」が揮ごうされた!
この変は様々な意味に捕らえることが出来そうだ。
やはり、ポジティブに捕らえていきたいと思う。
オバマ次期大領のチェンジ!
朝倉総理のチェンジもあるのでしょう。
然らば、私は金光教であるが、ヒンズー教の教え が即座に頭に浮かんだ。

『心が変われば、態度が変わる。
態度が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。
運命が変われば、人生が変わる』
 

これは、幸せのヒントである。 
「まず心を変えることから」自分の心を変える為には、考えたかを変えることからがスタート!
幸せになる考え方を心掛ける習慣が出来れば、それだけ幸せに暮らせるようになる。
考え方が変われば人格や性格が変わったように感じ、人生も変わるのです。 
【2008/12/13 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
沢山のご意見有難うございます!
宮通り元町通り交差点

愛知県の黄柳(つげの)という全寮制の高等学校の話を9日に書かせて頂きましたが、100通を超える多くの方からコメントを頂戴した。
 賛否両論、入り混じっている。
当然のことだと思う。
一長一短に、何が良くて何が悪いか等とは、白黒ハッキリすれば良いものではないとも感じます。
私 にいつも助言して下さる方が、9日のブログに対して申された、いつも自分の意見をハッキリと書いているのに、今回は皆さんにご意見を聞くとは不思議だと!
ここで反省をしなければならない。
私は多分、普段人の話を聴かずに自分の主張ばかりしている種かも知れない。
やはり人の話に耳を傾けられる人にならなければと、ご意見に感謝の気持ちで一杯であった。
 そして10日の中国新聞のコラムにも偶然にもこの内容の話が載っていて驚いた。
 出だし、一旦停止のラインの話で始まる『天風録』塩梅、サジ加減でという括りでこの学校問題を取り上げていた。
 何が正しく何が正しくないのかを法によってのみ括るというのは本当に難しいと再度思った。
 天風録の一旦停止のラインの話、見通しの良い交差点で止まらず徐行で通過したら反則切符を切られたとあった。
確かに、これは如何にあれ、キチンと止まるべきであると思うが、敢えて警察の批判をここでさせて頂きたいと思う。
福山市の宮通りと元町通りの交差点に一旦停止線がある、時折取締りの警察官がこの一旦停止を取り締まっている。
それが、私にはどうも理解出来ないところで取締りをなさる警察官がいらっしゃる。
何と、その交差点を越えた少し先の電信柱の陰で見張っておられるのである。
 通過する車両が一旦停止をしないで万一、通行人と接触したらどうするので、やはり見てるだけでしょうか?
私は思うのです。 
本来なら停止線の前で手を上げて全ての車を止めて、どうぞお気をつけてと一言添えるというのが一番の事故を未然に防ぐことになると思うのです。
目的は事故を防ぐことか?
或いは違反者を捕まえることなのでしょうか?
しっかりとお考え願いたい。 
【2008/12/12 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
青年K君の場合
ぴー缶
私は、タバコを吸える年になって30年以上が経過しています。
その間、大学生時代にショートピースの缶入りを気取って持って歩いていたことを思い出す。 (初めて試したタバコはショートピース♪・・)
タバコを覚えたから通算にすれば30年のキャリアですが実質は多分20年位、時々1年止めたり、2年間休止したり、そして暫く前からを休止状態が続けています。

次に吸う日を決めてスパッと止めていましたが、再開すると数が増えてしまうということもありました。
禁煙パットとか様々な禁煙の為のガムとかグッズが発売されいますが、私の場合は、過去5回も最低1~2年以上比較的楽に禁煙することが出来たには実は方法があります。
 先ずは、タバコは精神依存が一番だから薬に頼らずに、禁煙をしようと思うこと。
 しかし、自分を脅迫しないことが大切。
一ヶ月掛けてタバコをやめる段取りをします。

先ず最初の一週間は、歩きながら吸わない、
次は車の中では吸わない、
そして家では吸わない、会社では吸わないと
吸えない場所を増やしていくというネガティブな発想ではなく、
吸える場所を残しておく。

必ず本数が減ります。
そして、最後の3日は、ライターを持たないこと。
そして一月してタバコを買うのをやめること
タバコ吸いたいと思ったらタバコを一本借りて、火を点けるのではなく鼻の下をスットそのタバコで撫でてあげる。
 これで、実は相当落ち着くのです。
そして一月たったら、タバコをやめようと改めて思うことなのです。 
成人している人は決して、自分を脅迫しないことが大切です。

吸いたいと思ったら一本を1~2服して勿体ないと思わず消すこと。
無理する方が体に良くないかも・・・!

タバコは出来れば吸わない方が良いと殆どの人は思っている筈。
しかし、タバコをやめようとは思わない人も同じ位いると思うのです。
自然にタバコから離れられた良いように思います。
でも、JTの昔のコピーは、とても旨い!
 『今日も元気だ!タバコが美味い・・・』 言いえてると感心した!
でも、何よりも有り難いのは、ドクターストップになる前に自らの意思で禁煙したことです!そして、実は今、内緒ですが1.5ヶ月体重5キロ減量作戦に入っています。
上手くいったら報告します!

先ずは、JTさんごめんなさい! 
【2008/12/11 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
タバコに寛容な国日本
マルボロパッケージ

昨日のブログ、未成年者の喫煙問題も大きな社会問題でもあるが、成人にとっても喫煙はここ近年大きな問題になっている。
 タバコ税を値上げて一箱500円説・1,000円説もある。
最近のニュースでは一本3円の値上げの話!
タバコの値段において、面白い比較がある。
 日本はタバコを一箱買う為に労働しなければならない時間は20分程度英国は1時間20分働かないとタバコを一箱買うことが出来ないと言われます。
ヨーロッパは軒並み一箱800円~1,000円以上!
これは最低賃金が仮に1時間700円前後すれば、このような数字になるようです。

タバコは周りの人に迷惑を掛けるとか、様々な影響が叫ばれ、以前は蛍族と言われていたサラリーマンは隔離族と言われるようになっています。
 アメリカにおいては、タバコ産業が政治献金を可也の額を拠出しているから、比較的タバコに関しては寛容だと言われて来たが、世界の流れが段々と禁煙へと動いている。
 日本のタバコは、箱の3分の1の面積に『喫煙は、あなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めます』と警告をしています。
マルボロメンソールライトとジッポー

 本来は『あなたにとって』ではなく『あなたにとっても』と『も』が必要な気がします。
ライトの表現は良くないとか、難しいことを沢山おっしゃる方がおられます。
海外に住む友人に日本からお土産は何が良いと伺うと、タバコを吸う人は日本のマルボロを買って来てくれと頼まれる!
特に先日クーデター騒ぎのあったバンコクに暮らす人はそのような依頼をなさる。
バンコクのタバコは、免税店物であろうが兎に角パッケージに、肺が真っ黒になった写真、手術してる写真、呼吸器を着けている等、とても辛辣な写真が印刷してある。
政府の宣伝効果抜群!
兎に角そんなパッケージを見ながら吸いたくないからタバコケースに移しているそうで、日本の緩やかで寛容なパッケージの箱を胸のポケットに入れて置きたいそうです。
 何れにしても最早タバコは自己責任ではなく、周りにも迷惑を掛けるから、他人事は済まされないというか自己責任の範疇を超えているのでしょうね。
神奈川県では禁煙条例案が来春にも議会に提出され、所謂、受動喫煙を保護しようとの流れもあります!
そんな私もタバコをやめて暫くになります!
明日は私は、こうして禁煙に無理なく成功したというお話でも致しましょう
【2008/12/10 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
正義は何か?
禁煙
愛知県に黄柳(つげの)高等学校というユニークな学校があるそうだ。
先日、テレビで取り上げられていた。
不登校や様々な問題を抱える生徒達を受け入れているそうです。
その校長先生が、学校に喫煙ルームを作って書類送検されたそうである。
231名中、72名が喫煙をする。
喫煙を厳しく取り締まった結果、子供達は陰に隠れて喫煙をして、そして小火騒動が何度も起きている。全寮制の学校である。
そこで校長が社会に対し一つの問題提起を行ったのある。
私もこの放送を垣間見ただけで、詳細は知らずに書いているので違っていたらお許し願いたい。
校長先生、明確に何年後に喫煙をしない学校を目指す。
そして、暗に喫煙を禁止するより敢えて吸うのであれば、安全でちゃんとした場所で吸わせてそして、禁煙指導をして行く方が効果的と考え、子供達にタバコを吸うことを許可するからと調査し、申し出た子供達には堂々とタバコを吸わせる政策と取った。
勿論、禁煙指導の先生、カウンセラーそしてドクターも配備して禁煙指導はきちんとしているとの報道であったが、法律で禁止されている20歳未満の子供達の喫煙を認めそして、きちんと禁煙に導いていこうとするとのことだ。
法的には許されないことを、している!
 話の質は違いますが、憲法第9条と日米安全保証条約と自衛隊との矛盾
特区はどうか?
通常は法的には認めらないことを、認めるのが特区?
言い換えると叱られることを受け容れる勇気とも考えられます!
非常に難しい問題であるようにも思います。
さて、あなたはこのような問題に対してどのようにお考えになられるでしょうか? 
【2008/12/09 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
金継ぎ/金繕い
金継ぎ屋さんのお仕事
『金継ぎ屋』さんのお仕事!見事な景色

一昨日、ひびの入った茶碗のお話を書いた。
素敵なコメントを頂いた。 

 そして、先日の朝のNHKで『継ぎ』という技を紹介してました。
ひびが入った焼き物や欠けた器を補修するだけでなく新しい美しさを出す匠の技山口の萩市に唯一人そんな技を持つ職人がいらっしゃる。
55歳の方でしたが、お父様から継承してずっと仕事にされておられ、ひびを埋めると同時に金箔などを使ってそれを模様に変えて素敵な器に甦らせる匠の技。
 金継ぎ・金繕い
 陶磁器をはじめ物は、いつの日か割れたり欠けたりしがちです。
しかし、それでも愛着を持ち、元の形や風情を残したいと考案されたの知恵の結晶です。
 金継ぎの発祥は茶の湯が盛んになった室町時代(14~16世紀)にさかのぼるといわれます。
 「金継ぎ」で繕った所を景色とよび、美的に優れたものとする “侘びさび”の心や日本人のモノを大切にあつかい再生させる精神は、日本文化のすばらしさでもあります。
 骨董好きだった私の伯父が、私の子供の頃、この金継ぎの話をしてくれたことがありました
 お茶碗を見せてくれて『これは割れてひびが入っても、このように金で継ぎ修復すれば、価値は落ちず、そしてそれが景色になる』へぇ~景色って表現するんだって思ったことがありました。
 「金継ぎ」の過程は地味な作業の連続で時間もかかるのは当然ですが、しかし立派に蘇った器に新たな息吹が、そして何よりもその心意気が嬉しいではありませんか?
ひびが入った茶碗でも大切に使わせて頂くことが大切です。
そして、器だけではなく心の金継ぎ師になりたいものです。
人間力とは、心を継ぐ力のことを指すのではないでしょうかね!
【2008/12/08 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
In Season
赤ワインと北海の烏賊

In Season 英語に訳してしまえば、味も素っ気もない『旬』という言葉。
 でも、この旬という言葉には趣がある。
 素敵な知人から、北の海から届いたと烏賊や魚を沢山頂いた。
正しく旬!
 そして早速、過日これも友人から頂戴した赤ワイン開けて一緒に頂き旬を堪能させて頂いた。もちもち感が素晴らしい!

魚介類には白、お肉には赤と言われるが、私は魚でも何でも赤ワインで頂くのが好きである。
 そして、旬の烏賊やイクラにも赤ワインはぴったりであった。
最近は野菜でも果物でも旬が何時か分からなくなって来ている。
しかし、やはり旬というのはあるのだと改めて感じた。
便利に暮らすこと、とても大切だと思うけれど、より自然に暮らすことも、それ以上に大切なのだと50歳を超えて改めて思う。
 何故か旬な物を頂くことが逆に贅沢である変な時代になった!
自然に副って暮らすことは大切なことだ・・
食べ物ばかりではなく、暮らし方にも旬な暮らし方というのがるのではないか?
 
ある大先輩に、仕事にも何でも動物的な感(勘)を働かせることが大切だと教わったことがある。
 然らば『どのようにすれば、その動物的な感(勘)を養えるのか?』と伺った
その時の先輩の答え『それはなぁ~、日の出と共に起きて、日没と共に寝る、お天道様に手を合わせることだ・・云々』成る程と感じた。
日没と共に就寝することは出来ないが、日の出と共に起きて頑張って参りたい。
そして、食材は感謝の気持ちを添えて出来るだけ旬なものを頂きたい。

烏賊さん、あなたの命を私の命に代えさせて頂きます!
感謝の気持ちで!
そうそう!
今が旬なのは、ブーツもそうです。 
 
【2008/12/07 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
始まりましたよ!REGALクリスマスウィーク
クリスマスWEEK

今年も早いもので間もなくクリスマス、毎年恒例のREGAL SHOESのクリスマス・プレゼントセールが始まりました。
12月25日(木)迄です。
2足買うと、2つもらえる!1万円以上の靴を買うと、リーガルオリジナル、テディベア「ブーティ」または「システム手帳」をプレゼント!
 2008年版「ブーティ」はプレッピースタイルを現代風にアレンジ。
リーガルベアー
白のパイプドエッジを施したネイビーブレザーが魅力!
ピンクのボタンダウンシャツ、ホワイトデニムなどイマどきのシャレた男子の装いです。
蝶ネクタイがさらにキュートさを引き立てています。
体長:約31cm体重:約360g(着衣時)。
システム手帳
そしてシステム手帳は本革のようなしっとりとした手触りで高級感あるデザイン。
 男女問わず使いやすいバイブルサイズのシステム手帳です。
 リフィルは月、週のダイアリーを自由に書き込めるフリープランナー式。
週ダイアリーは1週間が見開きのレイアウトでスケジュールスペースを充実しました。
サイズ:約H19cm×W11.7cm×D2.5cmリフィルサイズ:約9.5cm×17.2cm(バイブルサイズ6穴)。
ベアーをコレクションのなさっておられる方も沢山いらっしゃると伺いました。
そして、新しい手帳に来年のスケジュールを書き加えたり書き直したりの季節がやって参りました。
どうぞ、私共のREGALの専門店、REGAL SHOESにご来店頂きますようご案内申し上げます。
いよいよ、本格的に寒くなって参りました!
ブーツ勢揃いしています。
今が旬のブーツご高覧下さい!

 プレゼントセール開催店舗は、下記の通りです!


REGAL SHOES


ポートプラザ店



福山市入船町3-1-25天満屋ハピータウンポートプラザ店2階 
電話084-971-1224


REGAL SHOES 


フジグラン神辺店



福山市神辺町新道上2-10-26 フジグラン神辺店1階
 
電話084-960-3156
 

商品リスト
【2008/12/06 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ひびが入った茶碗
奇跡は起きる

2008年の師走、12月を感謝の気持ちでスタートさせて頂き5日が過ぎました。
衆議院の解散風は、党首討論を終え一応沈静化したように感じます!
しかしながら、自民党内でも小さな渦が起こり政界再編の風も吹き始めている気配も、そして内閣支持率は30%を下回ってしまいました
一つの事柄を決めた時、上手く運ばない時はその原点に、何の為にこのことがあるのかを再確認することが大切でしょうね!
何の為に、誰の為に行わなければならないのか?

 ここまで来たら、民意を問うことも大切かもしれませんが、来年の初秋までは任期があり、今はその任期一杯を国のため、世界の為に尽力して頂きたいと願います。
今日も予算委員会を観て考えた! 
私の尊敬する先生から先日伺ったお話です。
『病気になって例えば熱が出たりしても峠を越えるまでは否、峠を越える時が一番しんどい、しかしその峠を越えると確実に楽になり回復に向かう!
 だからしっかりとじっくりと峠を越えて行こうよ
 人間だって、景気だって何でも同じとそして、『ひびが入った茶碗でも大切に使わせて頂ければ充分に使える。そして割れないように感謝して大切に補修して使って差し上げましょう
何でも同じことが言えるように思います。
 心の環境問題!
80万年、人類には生きて来た歴史があると言われます。

 幾度となく、峠を越えて、そして壊れそうな茶碗を大切にして来たのだと
先人の知恵に感謝致しましょう。
 
【2008/12/05 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
現実との違和感・そったくの機
鯉城

今日官庁を含め広島に車で出向く ことがあり、帰路広島城を車窓で臨みながら、昨日ことを思い出していた。
上田宗箇が広島に入ったのは、1619年と言うから、丁度水野勝成が福山に配されたと同じ時期になる。
考えてみれば、徳川幕府が福島正則を改易して備後に水野勝成を配した時期だから当然と言えば当然であるが、大阪夏の陣からの因縁を感じる。
武家茶道の常として左腰は刀の位置であるため、帛紗は右につけ、右膝上での所作が多い。
また、柄杓の扱いなどに直線的な所作を特徴とする。
上田宗箇流には男性と女性で点前の区別がはっきりしています。柄杓・蓋置・建水の運び出し、茶巾のたたみ方もそれぞれ特徴がある。
肘を張り、乗馬柄杓が如何にも武家茶らしいと一般的には言われます。
16代目のお家元上田宗冏宗匠が昨日の納め釜の際に頂いたお話!
137年余の時を越えて広島城内に上田宗箇が造営した上屋敷を構成再現するにあたり、30年の歳月を費やされた とのこと。
今から30年前、昭和初期に建て替えられた広い美しい庭を眺めながら、上田宗冏宗匠(当時は上田宗嗣、若宗匠)は、美しく大きくても元和の時に上田宗箇が創った風景との違いにその違和感を感じていた。
和風堂庭

 次代に本物を伝えていく為に何をしなければならないかをお考えになったそうだ。
『何かが違う!』
感性論哲学の芳村思風先生は、現実と思いを比べその思いより現実が進んでいれば人は感動し、同じであれば満足し、そして遅れていれば、人は不満に思う。
 それを不満に思った瞬間に人は退歩する。
 不満や不平ではなく、現実との違和感を感じることが大切であると。
 正しく、その違和感をじっと胸にして、30年の歳月の後に、本物を再現された。
 和風堂の工事に携わった方々は桂離宮の改修をなさったスタッフがそのまま就かれた と伺った。
 日本の伝統技術の粋が結集され本物が再現された時に、見た人は再現という言葉を失ったそうです。
そして広島は原爆により中心地はご周知のように壊滅的な被害を受けた
 幸いにも古江の地に住まいをしていた為に建物、美術工芸品、古文書が無傷であったことが本物の再現を可能にしたそうだ。
上田流和風堂

 歴史伝承にはそんな幸運の女神もあり、そして伝承されるべき時に、宗冏宗匠が16代目に巡り合わされ たのだと感じた。
昨日のブログに記したように、本物は歴史の空白を埋めるのだと!
出会いは決して遅からず!
決して早からずだ!
これぞロ卒啄の機
 
【2008/12/04 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
広島に日本の迎賓館が誕生した!
遠鐘

400年の歴史を持つ武家の茶道上田宗箇流が、私達のこの広島にあります。
豊臣秀吉の側近大名として抜擢され、茶の湯は千利休、古田織部に学んだ戦国の武将茶人上田宗箇が流祖。
 現在は上田宗冏(そうけい)宗匠が十六代目家元を継承しておられます。
上田宗匠

 上田宗冏、宗匠は私が青年会議所に入会した頃、日本青年会議所・広島ブロック協議会の会長をお務めで、当時より文化のお話を拝聴させて頂いていた。
 気さくさの中にも眼光鋭く、シャープで優しい先輩であったことを思い出す。
 上田家は代々一万七千石を知し芸州藩家老職をつとめるとともに、宗箇の茶の湯を今日に伝えています。
 桃山時代に確立した「侘び茶」を桃山以来、武家の茶として現代まで途絶えることなく伝えており、武家茶の代表的な流儀と言われています。
 上田宗匠、30年の時を懸け命を懸けて初代の思い上田家上屋敷を、当時ままに忠実に再現された。
 400年に裏づけされた日本の文化、この武家茶を学ぼうと、遠鐘クラブ(青年会議所に所縁のある人で構成)が今から20年程前に発会致しました。
 お茶の作法、そして男の作法、否人としての作法、格を学んでいる。
宗匠は、これを体術と表現された。
今日は宗匠をお迎えして、今年の納会が行われた。

 お手前を頂き、そして宴席に入る前に必ず家元からお話を頂きそれぞれが心に中に何かを頂いて帰る。
今日の講和は、本物は歴史の空間を埋めるという深い話を頂いた。
30年の時を掛けて、上田家の上屋敷を再現なされた。
 長きに渡りこの会が続いているのも、恐らくそんな人としての頂き物が沢山あるからだと感じています。
 昨日は紅茶のお話を書かせて頂いたが、こちらのお茶もリラックス作用は勿論のこと、心身共に多くの効能がある。
師走の中、ほっと心を和ませて頂けた日でした!

今日も一日誠に結構な日和でございました。
感謝!感謝!
来年1月2日10時15分

NHK総合で上田家の生涯と戦いの庭が放映の予定です!
是非、ご覧頂きたい! 
【2008/12/03 23:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
相棒
トワイニング5トワイニング3
トワイニング2トワイニングティー
トワイニング・ティープリーズ! 

師走に入り、忙しくスタートした特に昨日1日は、週明け、そして一部月末の締め等でドタバタ!
 しかし先日も週明けの心構えを書いたように、会う人に楽しみを与えさせて頂く為には笑顔笑顔と思うや、それが結構ストレスになっている瞬間に、相棒が囁いた
 『こんな時は紅茶は如何・・・』
 普段、私は珈琲党でありますが、そうだと紅茶を頂くことにした
本当に効果絶大!
昔のCMで英国の老紳士が出演して『トワイニング、プリーズ』というフレーズがあった。
 英国1830年トワイニング4代目のリチャードの時代、チャールズ・グレイ伯爵率いるホイッグ党内閣が誕生。
 そのグレイ伯爵が海軍大臣を務めていた1800年代、 中国に派遣された使節団は武夷山の紅茶を土産として伯爵に送ります。
この香りに魅せられたグレイ伯爵がトワイニングに立ち寄り、 この紅茶の味と香りを再現するブレンドティーを注文します。
 この紅茶こそが現在世界中に広まっているあのフレーバーティーの銘茶「アールグレイ」。
伯爵が唯一紅茶に自分の名を冠することを許したトワイニング社のオリジナル商品だそうです。
一つの物にはちゃんと物語があるのですね。
  相棒、杉下右京さんがいつも飲んでいるものは、やはり珈琲より紅茶の方がすっきりすようです。
特命部屋の棚に常にポットとカップを用意しており、わざわざリーフで淹れている
 紅茶にはリラックス効果があると語り、紅茶を頂くシーンが必ず出て参ります。
サスペンダーに紅茶、そしてオールバック。 
『はい~!』 『おやおや』ですね。
覚えておられますか?
あの水谷豊さんショーけん と『傷だらけの天使』という番組していた頃のとっぽさは何処に行ったのでしょうね!
私もモーニングは、珈琲で、afternoonは紅茶で!
一寸ストレス感じたり、何時もの自分と違うと感じたり、違和感があったら、普段の嗜好品を変えてみるのが最短の気分転換の方法かも知れません。

日々リラックスして会う人に幸せを感じて頂けるように! 


【2008/12/02 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード