『ふと思うこと 』
日常の仕事・生活の中で、今日ふと思ったことを書き綴ります
いつもやってる!
白バイ


 先日来、シリーズで綴られている私の信頼する豪商宝石屋さん不運にもスピード違反でパトカーに追跡されて反則金を支払ったとブログに書かれておられた。
 不運ではなく、本来ならもっとスピードを出していたのにも関わらず少し減速したところで良かったのだとシリーズ第3章に記述なさっておられた。
県警白バイ隊入江華子さん
広島県警白バイ隊 入江華子さん

 余談ではありますが、最近は女性の白バイも増加、マラソン大会等での伴走・先導のシーンをよく拝見します。
広島県警にも女性の白バイ隊入江華子さんがおられ、日々県民の安全の為に頑張っておられる!

 私はゴールド免許であるが、今年の1月19日、うっかり交差点に黄色で進入して白バイに捕まってしまったことがある。
口から生まれたと人の言う、私としては言い返す言葉は常に沢山持っている。
 黄色で捕まったのだったら『注意して進んでいましたよ・・』とか・・・!
 しかし、その時は何故か素直な気持ちで白バイの警察官に『止めて下さり、有難う』と言ってしまった。
 何故、あのようなことを言ったのか未だに自分でも理解出来ない!
多分考え事をしていて、あそこで止めて頂けなかったら事故をしてしまっていたのかも知れない。
 大難を小難に小難を無難に変えて頂けたと思ったのだと思う。
 とても清清しい気持ちで反則金を即座に支払ったことを思い出した。
 多分、宝石の豪商さんも、そこでスピード違反に捕まったらこそ、大きな事故に遭わずに良かった、ラッキーだったのだと思うのです。
 さて、こんな人がよくいます。
『いつもは、制限速度を守っているのに、たまたまスピードを出した、その時に偶然捕まっちゃった・・云々』そんなことは決してありません。

スピード違反で捕まる人は何時もスピード違反をしているのです。 

たまたま普段捕まっていないだけなのです!
お互いに気をつけて安全運転で師走を迎えさせて頂きましょう。
11月も無事にそして元気で過ごさせて頂きましたことに改めて感謝申し上げます。
11月も有難うございました! 
【2008/11/30 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
persuasion丁々発止と蝶々は違うぞ!
11月28日党首討論


 昨日の午後3時過ぎにやっと実現した党首討論と言っても自民党と民主党の2党だけの首討論を録画で拝見した。
 小泉純一郎総理時代に、英国議会の首相へのクエスチョンタイムを真似て、始まった党首討論。
 英国の下院の本会議場で与野党が向かい合い、最前列所謂フロントベンチに与党の閣僚、野党のシャドウキャビネット(影の内閣)が居並ぶ中、与野党の党首の一騎打ちで、迫力もあり互いの力量がここで明白に示され、敗退をした方は早々に辞意を表明したり、正しく真剣勝負の場である。
 しかしその形だけを真似した、迫力否、覇気を感じない日本の党首討論をご覧になって皆様にはストレスが残ってしまたのではないでしょうか。
 終了後に双方に感想を求めている場面のニュースがあったが、互いは相手は批判しても自分のことを悪く言う筈もなく、何故そんなインタビューをするのであろうか。
 しかし、何が問題なのかと考えるとメディアの姿勢ではないだろうか?
NHKや民法のコメントは何故、当たり障りのないことしか言えないのだろうか?
 興味本位で取り上げられた党首討論だったのでしょうか?
何を互いが聴き伝えたかったのか?
 麻生総理も良かったとは言い難い反面、メモを見ながら発言する野党党首が不甲斐ないとしか評価しようがない。
解散して欲しいばかりに目先のことばかり、大所高所で物事を判断出来ない。

 野党がしっかりしないから与党も甘えてしまうという奇異な構図になっているのかも知れない。
 野党の第一党の党首が仮にも一国の総理をチンピラ呼ばわりするようでは、情けない!
 今更ながら、小沢さんご自身が『民主党には政権担当能力がない』と名言されたことを思い出す。この事実認識は正しかったのでしょうね!
 蝶々が飛ぶような感じではなく、しゃきっとしたと言うか、丁々発止の討論を期待したいものだ。

 ワイドショーではないのだ。
あの 石原慎太郎都知事は、この討論の感想を”福田総理よりは良い”と援護していた確かに、福田さんの時よりはましであるが、銀行問題での参考人招致の問題を控えいつもの石原知事らしいはっきりした意見は聴けなかった。
 日本の中学では『協調力』ということの大切さを教える。欧州の中学校ではPersuasionパースウィジョン『説得する力』の大切さを教える。
 それは互いに反するものではない。 
アイデンティティーの確立がなされてないと
協調は出来ないということでもあると考えるのです。
【2008/11/29 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
大切なもの『福山のとんど』の復活を願う
祇園山笠

早いものでもう週末、今週火曜日博多に参りましたことは報告致しました通り。
 再開発の会議が目的で事前視察の際に博多リバレインから、キャナルシティーを繋ぐ商店街を会議のメンバーと徒歩で視察をした。
 キャナルシティーへの連絡通路の直ぐ脇に博多の街に夏を告げる博多祇園山笠で有名な760余年の伝統を誇る博多祇園山笠が奉納されている、博多の総鎮守・櫛田神社がありました。
 一瞬であったが会議の成功を願い参拝した。
 山笠と言えば7月1日に、福岡市内のあちこちに豪華な飾り山(静の山笠)が公開される。
 博多の街は、山笠一色に染まり、静と動が見事に競演する15日間があります。
 締め込み姿の舁き手の男集に、威勢よく勢い水がかけられ、重量1トンもの(かきやま)をオイサッ!と勇ましい掛け声と供に舁き、後方から勢いよく山を押して博多の街を走りぬける(かき山)。
 緊張感とスピード感にあふれる様子は、麻生総理が今年、この祭に参加した模様が何度もテレビで放映され皆様よくご周知の通り。

 神様の上を人が歩いたりしてはいけないと、街中で様々な工夫がされて、再開発が行われています。


ホテルオークラ通路

 博多リバレインにイーストサイドからホテルオークラへの通路も、この山笠の走り抜ける経路。
 そこには、ホテルオークラの2階外向きにお店を出している区分所有者がおられる。
その2階のショップにお客様が行く為の方法は、イーストサイドの階段から上に上がり、小さな横断橋を渡るのが唯一の手段
 そこを山笠が通る時に、当然その小さな陸橋は邪魔になる。
一年にたった一回の為に、その橋を上空に吊り上げる為のクレーンを設備として作ってあるのです。
 再開発地域にも一部の地権者は上層階に無理やり否、ある種の使命感か喜んでか住まいを構える。
 祭の時の町の当番を大切にしなければならないといった理由である。
 福山にも水野勝成翁が、新たな福山城の城開きの祝いの行事として行った『とんど祭』があった。
福山とんど

福山城
いつしか、福山のとんどの本質が等閑にされて、残念なことに形骸化し、忘れられていった。
 本来なら福山の原点である筈の祭が・・(とんどの話は後日書かせて頂きたい)
 祭の為には、市民は命を懸ける、一年の感謝を全てを投げ出し、否、共存を考え遂行する。
そして自分達を守って来てくれた原点を大切にしようとする。
その心意気が素敵だ!
旧正月に本物の『福山とんど』の復活を願う! 
【2008/11/28 22:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
憲法25条と広辞苑のせつめとふしめ
日本国憲法広辞苑



今朝の、フジテレビ系列の朝のニュースワイド番組
舞鶴の殺人事件の容疑者として別件の窃盗容疑で逮捕・起訴して容疑者宅を家宅捜査が始まったとの内容を男性のレポーターさんが伝えられておられた。
 その家宅捜索は実際は中断、様々な問題もあるようだ。
冤罪が生じないように細心の注意も必要でしょう。
 今回はその事件の話ではありません!
そのレポーターさんは『新たな局面を迎え一つのせつめ(節目)となりそうです・・・・』と原稿を読んでしまった。
 過日、漢字読めない麻生さんのことを取り上げた番組にしては如何なものかと感じてしまった。
安易に人を非難してはなりません!
 何時もなら、この読み間違いを後で訂正コメントでも入れるのですが、番組スタッフは気付かなかったのか気付かない振りをしたのか?
 東京の人は『しかとする』と言うのでしょうか。
人の過ちは数え上げれば限がない。
 こうして、私が重箱の隅をつつくようなことを書いても何も役にも立たない。
 では、この過ちから何を学べばよいのか?
松下政経塾の五誓;万事研修のこと!
 以前英国人の知り合いと食事をしている時に言葉の話になった。
英国は文法を大切にするというか、アメリカ人の英語と比較すると堅苦しい感じもあり、言葉をどのように文法をどのように大切にするのかとの話題になった。
 英国友人の彼は、伝統ある会社の社長であり正真正銘の英国紳士であるが、彼が私にこう言った
『I is a boy』『You is a girl』だって一寸変だと思っても意思は充分に伝わる。
 だから、意思疎通コミュニケーションを図るにはは遠慮しないこと。
 しかし、美しく話そうとすることを忘れてはならないと助言を頂いた。
 何れにしても話し方のプロのアナウンサーはしっかりと漢字を勉強して頂きたい。
 同じ言葉を漢字で読むとのかな・カナで読むのは伝わり方も違うのです
 総理に要求される能力と、話し手に要求される能力は違う!
しかし、政治家は言葉が命でもある!
アナウンサー諸氏は広辞苑を!
麻生総理は、口は災いの元ではありますが、先ずは明日の党首討論、互いの言葉に耳を傾けたい!

そして麻生総理には!
日本国憲法第25条を読み直されたら良いと存じますが・・。
【2008/11/27 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
創業祭開催中!
六法全書


 丁度一週間前、同級生の弁護士先生を講師に招いてのある塾の勉強会に参加した。

 テーマは経営におけるコンプライアンス(法令順守)でありました。
 前半部分は最近の企業の実情例や現状や課題、そしてコンプライアンスプログラムまでの学びを頂いた。
 後半から互いに遠慮なくのディスカッションに、その中で裁判員制度の話や、ファッション業界の話と多岐に亘り意見交換を行った。
 印象に残っているのは、最近の繊維業界の不振の理由の話をして下さった。
 海外からの安い商品に押され日本で作るメーカーさんは利益を確保するのが難しくなって来ている。
そんな遣り取りのなかで、感じたこと!
 昔は私達人間の手によって身に纏う物は丁寧に手を掛け作っていた。
『母さんが夜なべをして手袋編んでくれた・・♪』
最近は『母さんがプリオスに乗ってユニクロで暖かいフリースを買って来てくれた・・・』になっちゃったのでは?
 海外で大量に物を作り、そしてそれが日本に入る。
 ひょっとするとお店でも棚出しする人レジを打つ人以外にはその商品に触る必要なないのかも知れない。
 慈しむように、自分の作った使って下さる方をイメージしながら物は作られないようになったのかも知れない。
 小売業を営む私達は、どのような時代になっても一品一品を大切にして、お客様のお顔を思い浮かべながら仕入れをし、そしてお店に並べさせて頂き、思い浮かべさせて頂いたお客様のご来店をお待ちしたい!
創業

 今週の日曜11月30日まで、
当社の創業祭各店にて開催中です。
各店、真心込めてそしてお買い得商品を満載にしてご来店をお待ちしています
(詳細は、当社ホームページにお立ち寄り下さい)

(天満屋福山店・ハピータウンみどり町店・ポートプラザ・キャスパ・さんすて・フジグラン神辺店)
その中考えた。
創業祭は創業の理念、創始の精神(こころ)を確認しながら
お客様にお喜び頂きくことを改めて誓うことだと!
実意を込めて、全ての商品、お一人おひとりのお客様を大切にすること!
【2008/11/26 23:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ビルの魅力は街の魅力に比例する
博多リバレイン

 (社)全国市街地再開発協会主催の第2回再開発ビルマネージメント会議が、本日、福岡の地、博多リバレイン、博多座13階会議室にて開催され企画委員の一人として出席させて頂いた。

 9月に福山の地にての開催に続いてであります。
今回は訪問をする方でしたが、世界同時不況、そしてショッピングセンターも消費マインドの冷え込みによって参加者達の面持ちは皆真剣そのものであった。
 リバレインの大田社長が半日以上に亘る会議の終わりに挨拶された。

普通この手の会議は・数時間建前論で終わるのだが、この会議は半日以上も掛けて真剣に議論が行われるとは、凄いものだ感激した・・・云々
リバレイン社長挨拶博多座
リバレイン大田社長挨拶         博多座の13階の会議場 


 今回の主たる目的は、福岡市における都市部の現状を知り、博多リバレインを始めとする福岡市における再開発ビルを参考に課題を抽出して各地が次代への答えを導き出すこと であった。
 少し難しい話になりますが、博多リバレインは、ファンドが所有していた床を商業デベロッパーが買い取ったことからスタートしており。
 米国でのサブプライムを尻目に、投資家にとっての魅力的な床とは何か?と多くを学び考えさせられた一時であった。
 それぞれの意見交換の中で、やはりテナントの賃貸率、或いは賃料は、その建物が如何に魅力あるものか
 そして、その為には その街が如何に魅力ある街であるかが一つの答えのようでもある。
 近隣の施設との連携等が課題であると同時に、街として我ビルの役割は何であるかを問い掛けなければならない。
福岡は行政が主導しエリアマネージメント(ビルとビルトを有機的に結びつけている)が推進されていることに驚いた。
 近くに空港があり、ビルを高く作ることが出来ないことを逆手にとった策でもあるようです。
 福山も繊維ビルの再開発が着実に進み、伏見町もこれから進展していくにあたり、それぞれが有機的に結びつき、一つのビルだけではなく、街中組として地域の魅力をどのように高めて行くことが出来るか?
 その連携を行政も含めて既存の大型施設、これから出来ようとする施設等が力を合わせることが、地域財産の保全に繋がるのだと感じた。
街づくり抜きでこれからも商業を語ることは出来ない!
商業は文化にリンクするのであると思う!
詳しくは日を改めて書かせて頂きたい! 
【2008/11/25 23:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
目的は一人でも多くの人に!
明日の神話

今朝、笠岡市会議員の先輩が久方振りに来られて、色んなお話を伺った。

 先輩は年に一度は東京に行くようにしているけれど、行く度に変わって驚くとのこと。
東京駅の中にある店も目まぐるしく素晴らしく変わる。
 先輩は私のブログを読んで下さっており、お目に掛からなくても私の行動をよくご存知である。
『先週の、東京出張では美術館とかには行ったの?』
 
って聴かれたので、 もう一人の太郎さん のお話をさせて頂いた!
 「明日の神話」は、 メキシコ人実業家の依頼を受けた岡本太郎が、今から40年前に何度も現地に足を運んで完成させた作品!
 1970年の大阪万博のシンボルとなった「太陽の塔」と‘対をなす’作品といわれています。
 岡本太郎の最高傑作であり、岡本絵画では最大の作品といわれています。
因みにサイズは縦5.5m、横30m。
 作品は原爆の炸裂する瞬間をモチーフとし、未来に対するメッセージを描いたものです。
 炸裂の瞬間は残酷な悲劇を内包しながら、その瞬間誇らかに「明日の神話」が生まれると信じた岡本太郎の痛切なメッセージ!
 その作品の性格から広島へと誘致合戦が繰り広げられました。
しかし、結局、東京渋谷に決まり11月17日にいよいよ公開になりました。
 それまでには、ニュースにも取り上げらたように凄まじく岡本敏子さん達を中心に『明日の神話 再生プロジェクト』が繰り広げられたことは周知の通り。
太郎の船団

 また、岡本太郎、敏子の友人たちが作る、プライベートな応援団 「太郎の船団(TARO’s Boats)」も結成され、各分野の第一線で活躍する著名人が、それぞれの立場、方法でプロジェクトを支援して一大国民行事に。
  「太郎の船団は、発起人代表の一人である糸井重里氏が命名し、ロゴはアートディレクターの秋山具義氏がデザインしたものです。
 メキシコから35年振りに日本の地を踏むために載ったコンテナーをイメージしたロゴは、赤、青、黄色等の鮮やかな配色を用い、船団が太郎作品の再生にかかわれる喜び を表しています。

 この作品、私も広島が相応しいと思っておりました。
 そして東京渋谷にその設置場所が決まった時に、誠に残念だとつい先日まで思っておりました。
 しかし、先週の東京出張の時に、どうしてもこの『明日の神話』を直接観たいと思い少し遠回りを覚悟して銀座線にて渋谷で途中下車して時間を創って行って参りました。
 井の頭線との連絡通路で実物を目にした時には、流石に感激、感動しました。
 そして、やはり広島より一人でも多くの人の目に触れる場所である方が良い東京渋谷で良かったのだと納得しました。
 何と言っても東京の商圏人口は5,000万人だから!
勿論、広島と原爆との関係は表現しようもないものがあります。
しかし、何でもかんでも欲しがる より、もっと、もっとより多くの人がその平和を感じて下さる機会を創る為には相応しい場所と考えるのが大切でしょう!
どうぞ、皆さん!
上京のチャンスがございましたら、渋谷へお運び下さい

明日の神話 渋谷
【2008/11/24 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
出張明け・週明けは忙しさを楽しむ!
今を最高に喜ぶ!

 私達サービス業は、人様が遊んでおられる時が忙しい!
日曜祭日も基本的にはない。
しかし、お取引先様等が日祭日はお休みなので、お店の仕事に集中出来ることが逆に嬉しくもあります。
 出張から帰ると日常業務が滞ることもあり、仕事が溜まって先ずはそれを片付けることから出張明けの仕事が始まります。
又週末の出張等場合は、特に週明けも重なったりすれば、電話応対等でも通常より忙しい午前中からスタートをします。
 そして、スケジュールを寄せていると会議やミーティング、そして来客や、営業等が集中して週明け、出張明けに重なる
  そして、一日に種類の違う会議に5件も出席したり、一日に7~8名の方とミーティングがあったりするケースもそんなに稀ではない。
 そんな会議やミーティングを抱えた朝
 目覚めて顔を洗いながら、今日はこの方と最初にお会いする、そして次はこの方と思い浮かべ、どのようにしてお目に掛かった方を楽しませようかと考えることにしている。
 同じ会って、同じ時間を使う なら出来るだけ共に楽しくポジティブにエネルギーを与え合いたいと思うのです。

今日の週明けは、勤労感謝の振り替え休日
元気で働かせて頂けることに御礼を申し
今を最高に喜び、そして素敵な週明け月末を迎えたいものです。
祭日明け25日は九州へ日帰り会議の出張です! 
【2008/11/23 23:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
思惑
シャープの電子辞書

オバマ次期合衆国大統領予定者と麻生総理が電話で初会談が通訳を使わずに行うと言うニュースが流れ、ワンダフルと感じる。
 そして今回のAPECで冒頭爽やかにスペイン語でお話になられた!
ご機嫌麗しい!
 麻生総理の英語力は就任早々の国連演説の同時通訳の機器に不具合があった時にも既に証明済み!
しかし、「麻生さん、漢字が読めません」ニュースが大きく取り上げられる。
週末になると一週間のニュースワイドショーをまとめた番組まである!
 やはり、最近のマスコミは如何なものかと、もっと大切なことがありはしないか興味本位と感じる。
どうでも良いニュースを本当にヒンパンではなく、ハンザツに取り上げすぎだ!


 振り返ると、12日の日中関連イベントの席で「これだけ『はんざつ』に両首脳が往来したのは例がない」「(四川大地震は)『みぞうゆう』の自然災害」!「はんざつ」は「頻繁」。「みぞうゆう」は「未曾有」の事。
こうやって私もブログに取り上げてしまう!
一寸恥ずかしい!

麻生さん、これだけで終わらず、
それに先立ち、田母神氏の「日本は侵略国家じゃない」発言に対して「植民地支配と侵略への反省を表明した村山首相談話を『ふしゅう』し・・」と言った一瞬「払拭」?
 後日しっかり民主党議員に「首相が日本語を正しく発音しないのも何ですから『とうしゅう』と読むんだと伝えてほしい」とツッコまれる。
当日夜に間違いの多さを指摘した記者団に平然と「それは単なる読み間違い、もしくは勘違い。はい」と。

 海外生活を麻生総理の場合はアメリカ、英国と3年余り過ごしていたり、或いは日本語から離れているとこのようなことは意外とあるものだと思う。
 別に海外経験がなくても、よく似た例はあるのです!
久米宏さんが、ずっと以前、黒柳徹子さんと話で、私と全く同じことを経験していることを話していました。

『思惑』という漢字、私はずっと『おもわく』ではなく『しわく』だと思い込んでいました。
『思案』こちらは、『しあん』と読むのにね!
久米さんも同じだっと一寸安心した覚えがあります。
友達に塩飽さんという方がいたのは余り関係がないけれど。
 こんな話結構あります。
教養があってもやってしまいそうな話!
あるコミュニティー放送局のアナウンサー『雑木林』を『ざつもくりん』とニュースを読んでいた。
 こんな間違いようがないと本人は分かっていても、そして『ぞうきばやし』という字は、雑木林と書くとちゃんと知っていても、 
 文字原稿を見た瞬間に『ざつ雑・もく木・りん林』と読んでしまうことはあるのかも知れませんね麻生さん

先日、ある方から電子辞書を頂戴した。
第六版の広辞苑もちゃんと収納されている。
 辞書はひくのではなく、叩くものになってしまった!
有り難く使わせて頂きます。
漢字を覚えるのには、しっかり本を読むことの大切さを感じたところです。
そうそう、ある人から聞いた話、若い人のなかで、漢字ではなくかなでも『すみません!』を『すいません』と勘違いしている人がいるようです。
 やっぱり日本は乱れているのでしょうか?
今日のブログは何の思惑もございません!
 
【2008/11/22 23:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
それ色
碁石


無事に昨日は東京から帰還致しました!
赤・黄・白のマグドナルド、それぞれ会社にも組織にもコンセプトカラーなるものがある。
 当社も緋色紺色がコンセプトカラーとしてあります。
 色にも表現出来ない色んな意味がある。
この様々なと粗、同意語としても使われる色々も面白い。
 ○○さん色に染まる とか、あいつはこんな奴だととか色をつけられるとか!
 碁石には黒と白がある、黒白はっきり決着をつけなさいとかとも言う。
 右か左か、良いのか悪いのか、前か後ろかと、人はどちらかをはっきりさせたがる。
 古来、人は相手を倒した論理で自分も倒される、組織で世の中を牛耳った徳川も組織で、信長も秀吉も全て自分が勝ちの残った論理で滅んで行った。
 でも世の中には白と黒以外にも、グレーという色もある!
双方を受け入れる度量が必要だと思う。
グレーがあるからこそ、より一層黒色は黒が引き立つ、白にもベージュや、アイボリーがあるからこそ、白がより白らしくなる! 
大いなる曖昧さも又結構であると思うのです! 


昨日、東京銀座のことを書かせて頂いた。
和光


その銀座四丁目交差点の和光、銀座の時計台、年末の行く年来る年には、全ての番組がこの和光を映し出す!
 その和光さん、お店を改装して見事に新しく出来上がっていた
 今日22日がリニューアルオープン
銀座和光銀座和光2

 光を取り入れた新コンセプトのビルに生まれ変わって、それは圧巻でもあり、昨日は内覧会が行われた。
 新コンセプトになっても、その理念は不変! 
商人としての基本を学ぶことが出来ます
 もう一日東京に滞在して、新たな開店を見たいものであった。
この和光さんは一番人出が多い日曜日が店休日
見事な企業、見習いたいものです!
それぞれ、どこに居ても染まらず素敵な色を持った会社がある!
染まるのも染まらないのも素敵です!
【2008/11/22 07:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ご当地なりに!
金光教銀座教会
銀座教会正面入り口

昨日から久振りに東京に入っています!
 やはり東京には大阪や他の地方都市とは違った色や匂い があります。
 六本木や赤坂がトレンドと言っても、やはり銀座という街には何とも表現出来ないギンザがある。
H&M(ヘネス・アンド・モーリッツ)は海外ではものすごく人気ブランド(個人的には北欧のユニクロって感じ)が、日本上陸、やはり最初に日本に出店したいのは、どのブランドも銀座のようです。 上手く表現出来ないが銀座はギンザなのであります。
 私は東京の中でも銀座が一番好き!
 その銀座のど真ん中に銀座2丁目に金光教の銀座教会があります。
 私がお参りしている尾道の高須教会の親教会で、大正時代首都圏に暮らす人達を助けたい一心で出来た教会であります。
 
 今から10数年前に建て替えられ銀座の風景に相応しい素敵な教会であります。
 先週、大阪に参ります際に龍野に立ち寄ったお話を書きました。
ヒガシマル醤油暖簾

龍野はヒガシマル醤油発祥の地、赤とんぼと醤油の街。
 昔ながらの街並みを残していました。

姫路信用金庫も龍野に来るとこのようなファサードにして街並みの保全に協力する。素晴らしい!
姫路信用金庫


同じような光景をミラノでも観ることが出来ます。

 あのドーモのすぐ脇にある、ガレリアというアーケードに出店している、マクドナルド、そしてあのルイヴィトンだって、街並みに合わせて店のファサード変更している。
何と、看板は黒色に金色!この通りは全てこれで統一されています。
ミラノマグドナルド
ミラノルイヴィトン

 そこに出店しようとる店舗は、その街に副った店創りを要求される!
 自立と調和!
自信がなければ調和は出来ないのかも知れない。
自らのアイデンティティーが明確であれば、
進んで調和出来るだとも思う。
中に入っても調和があっても同化はされない! 
【2008/11/21 01:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
赤と黄色と白の看板
マクドナルド福山さんすて店
福山さんすてマクドナルド

今から10年以上も前、関東地区の商工会議所だったかのアンケートを読んだことがありました。
 質問、あなたは朝家を出る時、今日はどこでお昼ご飯を食べようかと決めていますか?という質問。
 殆どの方は、それを決めないで出掛けている結果だったように思います。
  
 多くの人は、交差点で信号待ちで止まり目の前に赤と黄色と白の看板が目に飛び込んで、衝動的にマクドナルドに入るようです。
 市役所に行き、銀行に行ったついで人は何気なく街中のウィンドウショッピングをしている。
 あの商品が素敵だと潜在意識の中に植え込み、そして週末に買い物に出掛けた時に実際の買い物行動に移すとも言われます。
 人は何気なく色んなことを感じてる、何気なく色んなことを観られている。
 言動もそして仕草も、礼節と実意を常に持ってということが大切だと マクドナルドの看板を観て思った。 
 人は何気なく観られてそれを、植えつけられている!

 マクドナルドはKeep smileの一言の理念で立派に成長した笑顔が一番!
 礼節と実意と笑顔だ!

 そうそう、先日の空気が白いと書いたブログ、後にご指摘を頂いた。空気は白いのではなく、白っぽいのだと!

そして初秋は黄色いのではなく黄色っぽいのだと。
 黄砂でもない限り黄色にはならない! 
白と白っぽいの違いは確かにあります


全然話は噛合わないけれど、マクドナルドは、赤としっかりとした黄色と白色です!
時折頂くフィレオフィッシュは美味しい! 
今日はこれから東京出張です!
【2008/11/20 05:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
角度を変えると非難にも感謝にもなる!
西郷隆盛


もの見方、その角度、考え方によって物事は大きく変わるものだと最近思う。
NHKの大河ドラマ『篤姫』中々の高視聴率。
私も日曜日の8時から観ることが出来ない時の為に念のためBSの6時からの放送を録画して担保しています。
 通称吉之助さんこと、西郷隆盛がここ最近、勝海舟と共に比較的番組の中でクローズアップされている。
維新の三傑と言われる、大久保・木戸さん達と最終的な活躍にこれから西南戦争で敗れるまでが描かれるのでしょう。

この西郷さん、難しい性格だったのか上司に恵まれない環境にあったようでありますが(Oh!人事Oh!人事です)
 番組ではその強引さが強調され、余り良い人ではないように感じ たりもします。
 ドラマの演出の仕方によって、良い人になったり、悪い人になったりもします。
 とても面白い例が、赤穂浪士の討ち入りの怨敵、吉良上野介さん。
 愛知県の吉良町に行けば英雄であり、意地悪い爺さんではない!
 赤穂のテロリスト達の襲撃によって、我領民の為の尽くした吉良公は討たれた・・・ということになる。
 私達が日常の中で気をつけなければならないことがあります。
よくある光景、会議に遅刻する人、或いは何時も中座・早退する人!
 その輩に対して時間通り来て最後まで務める人やその会のお世話をする人は、その遅刻早退者に どのような感情を抱くであろうか? 
 『もう何時も遅刻ばかりして、或いは責任を放棄して勝手に何時も早く帰って』と思ってしまわないだろうか?
 時には口に出して非難をしてしまわないだろうか?

見方考え方を変えると『無理してよくぞ、来て下さった!許せる時間ギリギリ迄いて下さった!有難うございます』と思ってみたら少し変わるかも?
接する、観る角度を変える、自分が変われば何と失礼なが、有難いの感謝にもなる。
そう思わせる、人柄か否かが結構問題な訳ですが!
でも如何なる場合でもせめて、私はそのように思える人になりたい!
自省を込めて、なれるように努力したい!
 

広島県では早くも初冠雪!
皆様、お風邪等召されませんようご自愛下さい!

雪の情景
【2008/11/19 07:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
先ずはアウトプット!Pisa
Pisa

先日の『ぎんがの郷小学校の教育後援会』の発足の前に、教育講演会があり、拝聴させて頂いた。
 校長の青木一義先生が、熱弁を・・迫力があり、然も分かりやすい話であった。

入れる前に出さなければならない・・含蓄のある話であった。
 子供達が雪を見た時、最初のする行動はその雪を投げること、そしてその次にその雪を集めて自然と雪だるまのような物を創り出す!
 最初から雪だるまを作れと指示すると意欲を失う。
自然と雪に馴染ませると、自ずと投げる、そして創作活動にと自然に運ぶようです!
 先ずは出すことが大切だと、それからしっかり詰め込むとのこと興味深い話でした。
 OECD生徒の学習到達度調査( Programme for I nternational Student A ssessment, PISA)というのがあるそうです。
 OECDによる国際的な生徒の学習到達度調査で、日本では国際学習到達度調査とも言われています。
 OECD加盟国の多くで義務教育の修了段階にある15歳の生徒を対象に、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシー、問題解決を調査するもの。国際比較により教育方法を改善し標準化する観点から、生徒の成績を研究することが目的。

 学校のテストの有り様も、私達の子供の頃の、文章題等とは随分と違うようで、子供達に考えさせる様式になっているようです!

 全国233万人が受けた全国学力テストについて様々な議論が沸き起こっています。
 秋田が一番、そして大阪の橋下知事がその成績の公表を言い、物議を!
 文科省との見解の相違は、角度道府県によって違うようです。
 兎に角、人と自分とは違うこを認めることが一番!
勉強が出来ないこと=駄目な子という図式が誤った方向へと導き、成績を非公開とする変な話になっているようです。
 競争力を身につけることは大切なこと、何故ならば、それは互いの価値観を認めることに繋がるからだと私は考えます!

 未だ徒競争を復活させていない運動会があるようです!
 青木校長の話に戻る。
成熟した社会、豊かな社会が教育を崩壊させると
 私達は豊かさを享受する代わりに大切な物を忘れて来ているのかも知れない!
忘れてはならない物を『ぎんがの郷小学校』では
先生や、地域の人たちが応援して、心の忘れ物係りをしている
一つお詫びと訂正、銀河学園って一昨日書きましたが、銀河学院の間違いです。
ご指摘有難うございました。

訂正してお詫び申し上げます。
【2008/11/18 07:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
難しいことを言うな
東大寺、仁王の阿さん!
仁王の阿さん

一昨日、14日ある方の講演を聴くチャンスを頂いた! 
 その方は、浜田さんとおしゃり、素人であるが役者である。

 その方は役を演じるのは何ともないが、人前で話をするのは余り得意ではない とおっしゃった。
 
 その方が当日の講演依頼を受諾した時に色々とお考え になられたようです。
 そして辿り着いたと『あーやこーや言わずに気持ちよく話をさせて頂こう』
 世の中には、あーや、こーや、四の五の、ごねる、岡山県の言葉か否か分からないがネンゴウ言うとか、理屈にへが着いて屁理屈を言うな とかまぁ~色々と表現はあります。
方言は少し怖い感じもあります。
 世の中には難しいことをおっしゃる方がよくおられる。
ここで言う難しいは、学術的に言う難しい難解なことではなく、相手にひっかかるとか、言葉尻を取られて文句を言う、即ちクレームと表現した方が分かりやすいかも知れない!
 私も、よく難しいことを言うとご指摘を受けたこともあり、どちらかと言えば難しいことをいう方のタイプかもしれない。
 今日は一つ会議がある。
 その会の議長はとても柔和で優しく人に接し、中々のリーダーシップのある徳者でもあります。
 しかし、その会議に参加される中には、リーダーに甘えて所謂、難しい方がおられる。
正しく表現すると難しいことをおっしゃる方がおられる!
難しいも結構だが、本質を曲げない正統派の難しさであって欲しいものです。

父親から時折、私もこの年になって訓示を受ける 
難しいことを言う人間になってはいけないぞ

重い言葉を頂戴した! 

肝に銘じたいものです。

 向き合って合掌立ちという言葉あります。
東大寺の仁王さんは外には向き合わず、横を向いて立っておられる!
 口を空けてる仁王様が『阿』
口を閉じておられるのが『吽』!

互いに語らずとも阿吽の呼吸大切なように思います。

東大寺は、施しのお寺と聞きます! 
敢えて外に対して向き合う必要なしということでしょうか?
阿あ! 吽うん! 



東大寺、仁王の吽さん
仁王、吽さん
【2008/11/17 07:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
星に願いを・・!
銀河鉄道の夜

子供の頃、父が私に最初に買ってくれた本が、 『銀河鉄道の夜』
 そして併せて、宮沢賢治のあの『雨にも負けずの詩の盾』をプレゼントしてくれました。
 この銀河鉄道は、孤独な少年ジョバンニが、友人カムパネルラと幻想的な銀河鉄道の旅をする物語で、豊かなイメージに満ちて、未定稿のまま遺されたこと、賢治自身による造語が使われていることもあって様々な解釈が行われていると言われています。
 宮沢賢治 郷土岩手の地を深く愛し、作品中に登場する架空の地名、理想郷を「岩手(いはて)」をエスペラント風にしたイーハトヴ(Ihatov)と名づけた独特の彼の感性が素敵でそして発想がとても面白いと思う。
 昨日、福山市の大門駅に程近い所にある銀河学園の『ぎんがの郷小学校教育後援会』が設立総会が、イーハトブ(小学校の多目的室のこと)で行われ参加して参りました。
 銀河の郷小学校は、今年開学、立派な中学・高等学校が一緒にあります。
銀河の郷小学校

 小学校の校舎は、で周りが囲まれ、正真正銘の校舎なのです。
 児童さんは、従って未だ一年生だけ、これから年を重ねて6年迄が揃い小学校が完成されていきます。
 PTAも保護者会も、そんな関係でその機能を果たせるようになるまで、保護者の方、学校の方、そして地域の方が互いに応援して後援会が設立されました。
 建学の精神「心豊かな人間性を育成し、調和のとれた人間づくりを目ざす」
 基本理念21世紀のグローバル社会に求められる様々なスキルを身につけ、「自ら考える子」「やさしく思いやりのある子」「決してあきらめない子
 コンセプトである『郷』の理念に賛同し『郷土に愛情と誇りを!』
 宮沢賢治の思い宜しく、そのような願いに多くの方がエールを贈る、とても素敵ななことだと感じます。
 平成10年代生まれの子供達に未来が拓かれて参りますように・・!銀河の星に願いを懸けます! 
【2008/11/16 08:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
今日は七五三!子供は何歳まで?
千歳飴


辞典によると旧暦の15日はかつては二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事をするにも吉であるとされた。
 また、旧暦の11月は収獲を終えてその実りを神に感謝する月であり、その月の満月の日である15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになった。とあります。

 3歳は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」
5歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」
7歳は、それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の名残りである。
 文献に副えば、7歳迄が子供ということになるのでしょうか?

7歳になるとふんどし(即ち大人が昔つけていた下着を初めて着ける風習が九州にあるそうです!


 又、記念撮影でお決まりの千歳飴は、江戸時代の元禄の頃、浅草の飴売り・七兵衛が売り出したのが始まりとされている。
 何時の時代も商売につなげるのが上手い人がいますが。

これが数百年の伝統になっているのが凄い!

七五三では、千歳飴(ちとせあめ)を食べて祝う。
千歳飴は、親が自らの子に長寿の願いを込めて、細く長くなって おり(直径約15mm以内、長さ1m以内)、縁起が良いとされる紅白それぞれの色で着色されている。
 千歳飴は、鶴亀(つるかめ)や松竹梅などの縁起の良いデザインが施された千歳飴袋に入れられている。
全てに細かな決まりを作るのが日本人は上手です!

さて、子供は何歳迄との定義、こんな話を聴いたことがあります。
  
子供のことは雛(ひな)と言います!ひな祭りの雛!

 数字をか1から数えると1・2・3をひーふーみーと、そして7は、なーとなる。
 1~7をこの言い方に言い換えると『ひな』となる。
従って、7歳迄が雛で8歳から即ち小学校に入れば一人前の大人に接するような気持ちで子供に接することが大切なのかも知れない!
 小学生はも大人、予備生!
小学生諸君!
素敵な大人になって欲しい!
今日は銀河の郷小学校の後援会の設立総会が行われる! 
【2008/11/15 08:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
見逃せません!エレクトリックタイガーランド
オニツカワールド1オニツカガチャガチャマシーン


11月16日迄さんすて福山1階オニツカタイガーショップエレクトリックタイガーランドが出現!

オニツカタイガーが福山にやって来てお陰さまで一周年!

エレクトリックタイガーランドとは。。。‘
和‘の魂が息づくCOOLな日本を表現した、オニツカタイガーのブランドキャンペーンです。
 Made of Japan に、加えて活気に満ちた東京の夜景と街並みのイメージをプラスしたものが‘Electric Tiger Land`という2008年の新キャンペーン。

 ネオンよろしく蛍光プリントを施したTシャツやシューズは、企画テーマである『TOKYO NIGHT & DAY』が表すとおり、東京の一日をイメージ

 ゆえにベースカラーにはユニークな意味合いも込めて、白=日中、赤=夕方、黒=夜と設定がなされています。

どうぞ、オニツカタイガー福山さんすて店で、
この覗き穴から、あなたの目で直接ご確認下さい! 
オニツカワールド2

ちなみにシューズのベースは、1972年冬季札幌大会で日本選手団のデレゲーションシューズとしてデビューを飾りました。
 第一号SUNOTOREを採用
 雪の進入を防ぐための履き口のゴム素材や積雪面での滑り防止のためのアウトソール意匠など、当時のデザインを忠実に再現している点も見逃せません。

 併せて16日)迄3,000円以上お買い上げの方、全てにガチャガチャマシーンで引き当てて頂いたオニツカタイガーオリジナルグッズを もれなくプレゼントです。
詳しくは電話084-973-2010 
マネージャー藤木までお問い合わせ下さい

オニツカ1   オニツカ2
オニツカ3

【2008/11/14 07:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
美しいということは体にも良い
麻生さんの歩き

私共は足と靴の科学研究所ネットワーク『足と靴の相談室』を開設しています。
 1995年開設ですから、13年になります。
 足や膝、そして腰に障害がある方々に、中底や外底を補正させて頂いて、少しでも歩行が楽に なりますようにと、意を乗せて(祈りを込めて)作らせて頂いています。
 そんな私は最近気付いたことがあります。麻生総理大臣の歩きです!
 麻生総理の歩き方を写真やテレビで観て、これは理想的だと! (写真の足の出し方をご覧下さい!) 
私は商売柄とても良い歩き方をされると感心してこの写真を見ました。
 膝をまっすぐ伸ばして、爪先を少し上げて踵から足をつく、こうすると美しく見えると同時に、膝や腰に負担を掛けない!
 その時に、顎を少し上げて角度で言えば5度程度見上げるような感じが良いと言われます!
 正しい歩き方というのは、指導させて頂いても永年の癖でそう容易くは変えることが出来ない。
習慣とは凄いものです!

 しかし、いつも膝を伸ばして、踵からと思って歩くことが大切です。
 年を取ると多くの人は爪先歩き、すり足のようになります。

すり足になると、一寸した段差につまづいたりします。
 つまずく、転ぶ、骨折をする、動けなくなる、寝込む、そして認知症のように なってしまうという構図があると言われています。
 どうぞ、若い内から、美しい歩き方を!
そして、足の問題でお困りの方は、当所にご相談下さい!
詳しくは、ホームページからどうぞ! 
【2008/11/13 07:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
バットマンとドラゴンフライ!
葛原しげる

私達の福山には神辺町があり、あの有名な♪ぎんぎん ぎらぎら 夕日が沈む♪ 「夕日」 福山の名誉市民・葛原しげる作詞の歌があります。
 子供の頃、この夕日と赤とんぼの歌は同じ人が作ったのかと思っていたことがありました。
そして昨日大阪への車で向かう途中、高速道路の瀧野インターを一旦下りました。
赤とんぼ
三木露風

 三木 露風 作詞 山田耕作 作曲. ♪夕焼け小焼けの赤とんぼ. 負われて見たのはいつの日か. 山の畑の桑の実を. 小籠につんだはまぼろしか .. ..♪
 赤とんぼ、童謡の里、瀧野に立ち寄った!
 ほんの短い時間ではありましたが、心温まる一時に有難うです。
この町、何でもかんでも赤とんぼ、赤とんぼ で町興し、結構なことです。
 地域の特徴を前面に打ち出して活力を再生することは、そこに暮らす人達の誇りにもなり、他のまちに出て行った時に、我まちを説明しやすいというのは、とても素敵なことです。
 そして醤油の町であることを初めて知りました!
醤油の話は、長くなるので機会を改めます!
瀧野

福山は何の町なのか?
私は福山のアイデンティティーは、1622年福山の城開き正月に行われた『とんど』に他ならないと思うのです。
 最近、一寸寂しいと感じることがあります。
 福山にある、こんもりした山、蝙蝠山(こうもり山)福山城があるところは,もとは蝙蝠山、「蝠」は福に通じることから「福の山」福山、水野勝成公が命名。
その蝙蝠と山を象った の福山のマークは何処に行ってしまったのでしょう?バラのマークに追いやられて肩身が狭そう!
ある人が素敵なことを言ってました。

福山はバットマンシティーだって!
 

バットマン
このマーク見る度に喉の奥みたい!
市章


【2008/11/12 09:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
世の中、既にMerry Christmas
クリスマスリース

私は子供の頃は、福山市元町、元町久松通り商店街に暮らしていました。
 当時は、商店で働く多くの人たちは商店の上、裏に住まい をし、商売と生活とが一体となっておりました。
 夜になると、酔っ払いの人たちが通りで喧嘩を始めたり賑やかでした。
 そしてクリスマスともなると、元町、有楽街にあったエンパイア『リオ』の紙の帽子をかぶり、コメットを鳴らし、ケーキとシャンパンを土産に持ったサラリーマンのおじちゃんたちがほろ酔い気分で肩を組んで歩いていた光景を店の2階の窓際に作られて縁側から観ていたことを思い出します。

時代が変わり街の光景も様変わりしました。11月も中旬になれば、ショッピングセンターはどこもクリスマスの装飾が揃い、歳暮商戦へと突入。
 
 色んなイベント利用して販促活動に躍起になっています。
昔、同業の仲間達と丁度この時期11月10日前後にヨーロッパの商業施設そして、ボランタリーチェーンのシステムに勉強にドイツとロンドンに行ったことを思い出しておりました。
 この時期になるとヨーロッパの街並みは見事の一言!
ロンドンリーゼントストリートに施された、リースの電飾はそれは、圧巻で言葉で表現しようがない!
 そこで、一緒に訪れた仲間の一人が『この通りは、どれ位の販促費を使っているのか?』と質問!
 キリスト教徒の方々にとっては、クリスマスは私達、仏教、神道の多い日本人には感性では理解しがたいキリスト様に対する感謝の念がお有りで、販促費のことは多分そんなにお考えではない のではと申し上げました。
 確かにヨーロッパの商人達もクリスマス商戦を有効にとお考えは当然のこと!
 しかしその背景はやはり、神様に対する感謝が最初にあるのではと思うのです!

街に出るとジングルベルが聞こえて来ます!

Merry Christmas

当社も店頭はクリスマスになりました!
皆様のご来店をお待ち申し上げております! 
 



ことしもREGALはテディーベアープレゼントセールをします。
お楽しみに!

クリスマスベアーツリー
【2008/11/11 07:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
黄色や白色にもなる空気!
トイレのひめくり
トイレの今日の日めくり
全ての過去は、喜びの
未来の為の 準備です


私の知り合いに特別に文学者でもないのに時折、巧妙な表現をする方がいらっしゃる。
 過日も空気が白い とおっしゃった!
 この白いというのは、澄んでいる訳でもなく、かと言って澱んでいる感じでもなく翳んでいるというのも一寸違う のですが比較的それに近いというニュアンスが伝わって来る!
 初秋の頃には確か空気が黄色いと言われたようにも思い出す。
 確定や明確な説明は出来ないが、なんとも曖昧な感じがまた素敵だと思う。
 私はこの巧妙、所謂、巧みに粋を感じる
 勝手な解釈ですが、粋と枠、木と米辺の違い、枠にはまったものから一寸した崩し、点を打てば粋に変身!
 とは基本を備え、一寸外したところ にあるのかも知れない。
 紅葉前線も南に段々と南下!
寒さと引き換えに、ちゃんと自然には、木々に実がなり 匂いはきついが銀杏美味しい季節になって来た!
 世の中、厳しいことばかりではない、じっと我慢してると必ず良いことが沢山やって来る!

友達から頂いた、トイレの日めくり、今日はぐっと来た!
 トイレでそっと有難う ございます。

紅葉

確かに空気が白い!  


気持ちは明るく晴れやかに何時も春の気持ちで
今日も、今週もスタートです! 
【2008/11/10 09:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
共に栄える!商売仲間
銀座ヨシノヤ


今日は、お隣のお店のCMをさせて頂くことに致しましょう!
 福山元町、天満屋デパート一階に私共の本店があります
その売り場南側に隣接している、銀座ヨシノヤさんのコーナーがあります。
 私共の競合店という位置づけになるのでしょう。
その銀座ヨシノヤ天満屋福山店が今面白いイベントをなさっておられる。
 組み木で男女の靴を造り、そのサイズはという楽しく素敵なイベントであり、それをご覧になられた多くの方は興味を示されると思います。
 考えてみると同じ屋根の下で同じ形態で隣同士で商売をさせて頂いて10年以上になります。
 
 幸いにも天満屋さんの人達にも支えて頂き共に助け合い頑張らせて頂いて感謝の日々です。
 昔風に表現すると商売敵、競争相手、競合店、しかし、共に栄える精神を大切にするが結果お客様の為になり、一番大切なことであると感じています。
私はいつも、商売仲間だと思っております!

 競合があるからこそ、互いに磨かれお客様にもお慶び頂ける!


ヨシノヤさんの組み木の靴とても興味深い!
 
 
【2008/11/09 09:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
衣替えはいつでしょう?
コスモス畑



元気で11月を迎えさせて頂き、一週間が過ぎました!
旧暦で申せば、今日は10月10日体育の日になります。
そして昨日は立冬、冬支度スタートです!
日本には暑さ寒さも彼岸までという言葉があります。
春は一雨毎に暖かく、そして秋は一雨毎に涼しく、寒くなります。これも情緒のある表現の一つですね!

古来日本人は、春のお彼岸過ぎても未だ寒ければ花冷えとか、雪がそれでも降れば彼岸過ぎの七雪とかと言葉遊び をしながら、自然との共生を図ってきたとてもプラス思考の民族であると思います。

 この時期にも「帰り花」とか、小春日和という言葉ありますが、10月中旬迄は、小日和と言いたい程、暖かい、暑い日が続きました。旧暦の10月は神無月ばかりではなく、小春と表現したようです。

朝夕は冷えるももの未だ、日中は汗ばむことも。季節は恐らく一月半くらいずれているのではと思います。
10月1日は衣替え?

警察官や、ビジネスマンは上着を着用されておられますが、 10月1日だと未だ暑い感じが否めません!

 未だスーツは裏無しでも大丈夫フランネルのジャケット等は如何にいっても未だという感じです。
やはり、生活には旧暦が良いのでしょう!

 衣替えは11月1日5月1日で良いように思います。
日本は三季か?と以前書きましたが、笑い話の中に、
バンコクも季節は三つ だと言います。
それは、Hot Hoter Hotestだと、97年の歴史を持つ老舗宝石商さんは言われました!

さしずめ日本はWarm・ Warmer ・Warmestになってしまったのでしょうか?

コートに皮手袋、そして原色のマフラーをして、お洒落してしゃきっと街をブーツを履いて闊歩する季節も次の角まで来ているようですね!

この秋冬、ブーツを沢山お買い上げ頂けますように・・! 
ポートプラザREGAL SHOES
ポートプラザREGAL SHOESお奨めの今年の新作ブーツ
【2008/11/08 08:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
本質/根本的議論を!
田母神航空前幕僚長


合衆国大統領のニュースで陰になっていた記事
 防衛省の田母神前航空幕僚長が、3日付で定年退職!
 先の大戦に関し政府見解と異なる内容の論文を投稿して更迭された問題で、浜田防衛相は6日、田母神さんに退職金の自主返納を求める考えを示したとの内容でした。

 田母神さんの所感
 『私が民間の懸賞論文に応募したその内容が「政府見解と異なって不適切である」というものでした。

 しかし、私は国家国民のためという信念に従って書いたもので自ら辞表の提出は致しておりません。 
 その結果、解任という事態となりましたことは自衛隊とともに歩んでまいりました私にとりまして断腸の思いであります。
 もとより私にとって今回のことが政治に利用されるのは本意ではありません。
また、航空自衛官、ひいては自衛隊全体の名誉が汚されることを何よりも心配致しております。
 私は常々、 「志は高く熱く燃える」ということを指導してまいりました。志が高いということは自分のことよりも国家や国民のことを優先するということ です。
 
 熱く燃えるということは任務遂行にあたりいかなる困難に突き当たろうとも決してあきらめないということです
 論文に書きましたように、日本は古い歴史と優れた伝統を持つすばらしい国家です。決して「侵略国家」ではありません。

 しかし、戦後教育による「侵略国家」という呪縛が国民の自信を喪失させるとともに、自衛隊の士気を低下させ、従って国家安全保障体制を損ねております。
 
 日本の自衛隊ほどシビリアンコントロール(文民統制)が徹底している「軍隊」は世界にありません。
私の解任で、自衛官の発言が困難になったり、議論が収縮したりするのではなく、むしろこれを契機に歴史認識と国家・国防のあり方について率直で活発な議論が巻き起こる ことを日本のために心から願っておりま』


 少し長くなりましたが、出来るだけ省略をしないで書いた方が、私見が入らなくて良いと思ったからで、お許し下さい。
 この問題、参議院での参考人招致が決まったようです。
退職金の返納を求めるとかいった問題は、ことの本質ではありません。
本当に大切なことは、何か よくお考え賜りたい!
どのような方向に議論が進んで行くのか?
 私は参議員の方々の本質を拝見したい
 特に民主党の各位の質問に耳を傾けたい と思っています。

 象徴的な田母神さんの発言は、「一言も反論できないなら北朝鮮と同じだ」
 この一言だと思います。

 国家公務員は、国の方針に副わないことは、発言してはならないのか?
 国家公務員の人としての尊厳を問うこと ではないかと思っております。
 枝葉末節なことではなく、真の問題
日本人としての歴史認識と国家・国防のあり方も含め
国会では議論して頂きたく願います!
【2008/11/07 07:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
葉隠れ!
葉隠れ入門

学生の頃に読んだ本は忘れないものだと改めて思います。
 三島由紀夫『葉隠れ入門』意味も分からず、中学生の私にとっては、「武士道とは死ぬことと見つけたり」はインパクトがありました。
私はこの度の合衆国の選挙に葉隠れを見ました!

 アメリカ合衆国大統領にオバマさんが決まった。
 オバマさんに決まったことは、事前の予測通りであったと思います。
しかし、アメリカの良識を確認出来て良かった!

とまぁ~マスコミ各社は一応に同じようなコメント、
今朝の新聞も然り!
 
 日本の民主党さんも、これに乗じてチェンジ等と鳩山さんもご発言のようでしたが、そんなに短絡的に結び付けるのは如何なものでしょう。 今の日本に、アメリカのようなあの熱意はどうしても伝わってこないと感じるのは私だけでしょうか?
 少なくとも、先日の文化で述べたように、アメリカ合衆国は、美しく変わろうとしている。
 美しさは武力でも経済力でもなく、真の民主主義ということのようですが、これがアメリカの文化なのでしょう!

それにも益してマケインさんの敗北宣言は、潔さを感じた。
先の参議院選挙での片山虎之助さんも同じように見事な敗北宣言をなさり逆に感動した!
 アメリカにも、葉隠れ があったと感じました!

前の、開票のゴタゴタを思えば、この度は、どちらの勝利であれ、清清しさ を感じます!

 これぞ武士道と思った。
 昔、カーター大統領に敗北した、フォード大統領が敗北宣言すらしなかったことを思えば、その潔さ素晴らしさを改めて感じました。
 演説の上手い、オバマさん、ケネディー、そしてリンカーンに続いて、2009年1月20日にどのような、就任演説をなさるか楽しみでもあります。
 そう言えば1995年、同胞達と真剣に議論し辿り着いた、福山青年会議所の35周年の記念事業のテーマ
 『Yes,We can!』のスローガンを思い出していました。
Yes, We Can

 人は皆やろうと思えば出来る、そして勝ちたいと思う熱意の強い方が勝つ のだと当時思った。
 このアメリカの失われた8年間、個人的な感想で恐縮ですが、史上最悪のブッシュ大統領から解放されるアメリカ合衆国には多いなる未来が拓け、 そして、そこ解放される ことによって世界は少しづつでも良くなると希望を抱きたいと思います!
オバマさん、そして福井県知事さんお目出とうございます!
アメリカの心を感じさせて欲しい! 
 
【2008/11/06 07:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
常識で考えるのか?常識を考えるのか?
裁判員制度


裁判員制度の導入が近づいて来ています。

そのような中、各地の弁護士会の会長さん方にその賛否・問題等をアンケートした記事が昨日の新聞の一面等に掲載されていました。

やはり、この制度にはハードルもあるようです.

その裁判員制度の善し悪しを私は今日は語りたいのではありません。
私の尊敬する感性論哲学芳村思風(しふう)先生が、常識で考えるのでなく常識を考えなさい とおっしゃったことがありました。
 裁判においては、多くの場合、判例よってその事件の量刑或いは、罪の有無を決めることが多いと言われます。
 しかし、同じ犯罪でもその背景等によって善しとはされないまでも、一律に論じられてはならないではと!
 米国等の陪審員制度においては、判例ではなく一人の人間としてこの罪は如何に裁かれるべきであるかと問われます。

 常識はある時は非常識になったり、又その逆も真なることもあるようです。
 私の友達の弁護士が、私にある時言った言葉あります。
 『あなたが、正しいと思ったことは、法律においても正しい』
又、青年会議所の設立当時の宣言文『理性と法に社会の秩序を確立し・・・』という文言がありました。
 理性と法のその相反するもに向き合う知性を問われる時代になったのだと感じます。
 法を司るのは人の心であり、組織の実態は人間関係であると思う次第です。
一斉風靡した小室さんの詐欺事件をニュースで知り夢を与える人の結末に残念に思います。
真なる正義を大切に

 これからも世の為、人の為に

善き仕事に精を出して参りたいと思います。
 
【2008/11/05 07:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
文化と凛
獅子脅し

私は『凛』という言葉が好きです!
しゃきっと!という感じでもない「りりしい」漢字を充てるとと凛々しい だが、何とも表現出来ない、この『凛』には情緒を感じる。
 文字も美しい、凛は凛と立っているように見えるのです!

 昨日は文化の日でした。
 秋も深まると、文化に親しむことも自然と多くなります。
文化とは一体本来の意味はどういう意味なのか?
文化の化はばける、かわると言う意味
 文化の文は人の姿を現す表意文字 ・ に  に  X  の組合せ・は、一は肩の線、Xは胸元襟元を現す。
 以前ネクタイを締め直す ことを書いた。
襟元を正す、即ち美しくあろうとすること
文化とは美しく変わろうとする姿であるのでしょう。
凛として美しく
人は常に美しく変わろうとしなければならない文化の日に改めて感じました!
私は『凛』とした人を知っている。 
【2008/11/04 08:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
敏感力
葦陽ライオンズライトアップ


一昨日は鈍感力について書かせて頂いた。
反対語は敏感力なのだろうか?

一寸尖って痛そうな響きがあります

本日、11月3日に福山葦陽ライオンズクラブが面白い企画をするそうです。

 400年続く福山の老舗の菓子司16代当主から、一枚の招待券を頂戴しました。
 息子が席に参るようです。

文化の日、城見茶会を、福寿会館で行うとのこと、そしてその横の福山城をライトアップさせる作戦をお立てになっているそうです。

 お茶会は17時~20時そして、日没にはこのライトアップ。

水野勝成翁に三河から同行して来た、虎屋さんがいらっしゃる葦陽ライオンズクラブらしい思い入れの会を楽しみにしたい。

 それにしても、ここ最近お茶会にお声掛けを頂きます。

千利休

お茶と言えば、『千利休』

 三浦綾子さんの本等を読むと利休というのは、鋭き者、即ち錐、キリのような尖った物のことを利と表現するようですが、その利がちょっと休んでいる様子を表したものだと言う。

 お茶というのは、そんな心のゆとりを大切にしたものだと・・
「きり」って聴くと先が尖り、痛い感じ、敏感って感じがします!

そして、地元にもう一人面白い利休論と唱える、私の尊敬するコピーライターがいます。

 利休は茶の道を究め、そして全てのことに好奇心旺盛の人であったに違いない。
 彼が生きた時代、外国から様々な文化日本に入り、ワイン等のお酒も沢山入り、あらゆるものに興味津々であった千利休は、洋酒なるもの を頂いたに違いない。
『これは何という飲み物じゃ・・・?』と尋ね、ある者が『これはリキュールにござりまする・・』『何とリキュールとな・・!』等と問答し、リキュールか・・これは面白いということになり、千さんリキュールの虜になり、自分の名前をリキューとしたのではないかと!
私はこの説に大賛成!
ウィットが効いてしかも道を窮めた、洒落た男らしい。
敏感力と鈍感力を兼ね備えた利休に思いを馳せてしまいます!
結構なお手前で・・! 

シャトーマルゴー
【2008/11/03 07:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ゆっくりと静かに遠くまで!
竜安寺


静かに行くものは、遠くまで行く!遠くまで行くものは、ゆっくりと行く! 
 確か、このような諺があった。
フランスの諺だったかも知れない。
 昨日は、私の友達の整形外科の開院10周年の祝賀会に参加させて頂いた。

 彼は市内の某整形外科の副院長を経て、10年前に開業し多くの患者さんを救って来た。
 
そして、今の病院に行くと沢山の患者さんが来院され治療やリハビリをお受けになっている姿に接する。
 そんな優秀なドクターが4年前突然、脳血管が切れて倒れた。
 倒れた日が丁度私の誕生日だったので、その知らせを聞いた日のことをはっきりと覚えている。
彼を見舞った時、彼は私に『頑張りすぎた・・』と口惜しそうに呟いた
 しかし、元気になって自分を待っている患者さんの為に再起を誓う目の輝きを同時に見た時、彼は絶対元気になれると確信を持った。

  そして見事に再起復活した!
自らを元気に出来るドクターが世界最高のドクターでもあると私は思う。 あれから数年、どうも又頑張りすぎている ようでもあります。
 次は20周年を楽しみにしたい。

素敵なドクターは、福山市福山市木之庄町に岩崎整形外科にいる。
やはり、自らを信じると否信じきると必ず道は拓けると確信した。
そして、静かに、ゆっくりと、そして遠くまで
共々に行きたいと願いを掛けました。 

岩崎先生を囲んで
同級生達でお目出とうございます! 

岩崎整形外科


【2008/11/02 07:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
プロフィール

ナカムラキミタカ

Author:ナカムラキミタカ
     株式会社ナカムラロゴ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード